脱パンツ睡眠


土曜日、(さ)です。

今日は「立冬」でしたが、朝は晴れて暖かかったですね。

でも風が強くて不穏な感じ。

すると昼過ぎにまるで日蝕みたいに暗くなり、

雨が降ってきました。

北海道の今日のコロナ陽性者187人で過去最多だそうです。

急激に増えていますね。

昨夜、テレビドラマ「恋する母たち」を見ていたら、赤坂(磯村優斗くん)が

札幌へ出張に行くということで「朝までススキノ」というセリフがあって、

えッ!と思いました。

ドラマでしょ、とすぐ自分にツッコミ入れましたたけどね。

それにしても、ちょっとタイミング悪かったかと…。

 

脱パンツ健康法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日11月6日号の「みんとのひとりごと」でノーパン健康法のことを書きました。

続けていますが、身体がポカポカして湯たんぽは不要になりました。

(実は、9月くらいから湯たんぽ使ってました)

元になった本を探していて、

丸山淳士著『「脱パンツ睡眠」がなぜ健康にいいのか?

--副交感神経力が高まり免疫力も上がる』(笠倉出版社/2012年)

を中古で購入。

その前の本は1991年の

『「脱パンツ」健康法--ゴム紐以前、人はもっと元気だった 』(ノン・ブック)です。

このころ、北海道のラジオ(佐藤のりゆきさんの番組)で話題になって、全国に広まったのでした。

私は当時、神奈川県に住んでいましたが、札幌のお姑さんに勧められて、

しばらく実践していました。

何でやめたんだったか、よく覚えてないけど、記憶には残っていたので、

今回、再び実行した次第です。

若い頃より、リラックス感やポカポカ感がしっかり感じられますし、よく眠れます。

若い頃は眠れないということが、まずありませんでした。

本を改めて読んでみて、

●裸で寝ると体が熱を作ろうと努力する

●きついゴムはもちろん、ゆるいゴムもダメ。紐ならよい

ということが印象に残りました。

北見に来てから、婦人科の先生に、

パンツは鼠径部が圧迫されない形にした方がいいと

アドバイスされたことがありました。

今はふんどし型ショーツとかいろいろあって、

いろいろいろいろ買って試してみましたが、

寝るときには脱ぐ!というのが一番簡単だと思い知りました。

 

 

にんにく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コープきよみ店のご近所野菜コーナーで、

常呂のニンニクの訳あり品が何個も入って1袋150円で売っていて、

おとくー!とビックリして、2袋買ってきました。

にんにくは皮をむいてジップロックに冷凍しておくと、便利に使えますよね。

ところがやり始めたら、もとが不器用なのでイライラしてきて…

夫に頼んで続きをやってもらいました。

* * *

北見では4日に初雪が降ったという噂ですが、私は見ていません。

そろそろ降るかな。

タイヤ交換は終わったので、冬靴の準備です。

初雪の日にサンダルで外階段を下りて、滑って転げたことがあるんです。

何年も後遺症に苦しみました。

なめたらあかん。靴は気を付けないとダメ!絶対。