Archive for 12月 5th, 2020

柿の種の中には…

こんばんは。土曜日、(さ)です。

今日はちょっと暖かいというので、お昼12時台に20分ほど散歩して来ました。

暖かいと言っても、家を出たらやっぱり寒いじゃん!

すれ違う人もいなかったけど、マスクして歩きました。

冷たい風を吸い込まないようにね。

帰ってきて、家の前に吹きだまっている柏の落ち葉を拾いました。

その後、家に入ったら……なにこれ、暑いじゃん !

やっぱり動けば暖かくなるんですね、という話デシタ。

 

富有柿

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜産の富有柿(ふゆうがき)をいただきました。

柿の種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切ったら、柿の種もバッサリ。

柿の種と言っても、中身が空洞のカリカリではありませんよ。

柿の種の中身が見えます。

白いスプーン状のものは「胚(はい)」といって、将来植物の体となる部分だそうです。

膨らんでいる部分は「子葉(しよう)」といって、発芽した際に出る葉となる部分。

その下の棒状の部分は、「胚軸」といって、将来茎になる部分。

さらにその下は「幼根」といって、将来根になる部分。

スプーンの周りの乳白色の部分は「胚乳」。

発芽に必要な栄養分が蓄えられているそうです。

今から、将来、柿になるための準備ができているということですね。

というようなことを調べたら、

バッサリ切っちゃって、すみませんでしたという気持ちに…。

これから柿を食べる皆さん、種が入っていたら、植えてみてね。

桃栗三年、柿八年。

とはいえ、芽が出て、葉が出たら、何か楽しいかも。