まだ先の話しですが。


行きたい場所に行きたいときに行けることが
当たり前ではないと知った昨年。

そして、今年の元日の新聞に掲載されたそごう・西武の全面広告
「百貨店が売っていたのは、希望でした。」という
ネットニュースを読み、
なんだか涙が出ました。

自由に旅行が出来る日のために662人のお客さまがスーツケースを購入
マスクの下でもメイクを楽しみたい76175人のお客さまが口紅を購入

など、様々な制約のある日々の中で、
物を買うという行動に込めた想いについて、
広告制作担当者のコメントなども掲載されていました。

宣伝でしょ、と言われてしまえばその通りなのかもしれませんが、
でも、そこには人の想い、気持ち、叶えたい希望が詰まっています。

〇〇だからできない、と出来ない理由を探すのではなく
来たる日のために準備するって素敵だなぁ、
と感じた年明けなのでした。