Archive for 1月 9th, 2021

日本古来の食事マナー

こんにちは。土曜日(さ)です。

北見も大雪になりました。

一夜明けて、晴天。

雪かきお疲れ様です!

私は昨日、2回目の雪かきが終わったら、頭痛がしてきました。

お風呂に入ったりして、やっとマシに。

雪かきをやると、気分的には暑いんだけど、身体は冷えきっているのではないかな。

がんばりすぎないよう気を付けましょうね。

* * *

昨日発行の「みんと」の2ページ、「みんとのひとりごと拡大版」で、

手話について書きました。

手話は唾が飛ばないから、コロナの時代に安全で便利なのでは?ということ。

そこで思い出したのは、子供の頃のこと。

晩御飯の最中に歌を歌ったら、親にめっちゃ叱られた思い出。

楽しいから歌ったのに、歌って楽しいのに、何で叱るんだ、と

面白くない気持ちになりましたが、今なら分かります(えっ?今ごろ)。

食事のマナーに違反してるからです!

「口に物を入れたまま話をしてはいけない」

耳にタコができるほど言われましたよね。

食べ物が口に入ると、消化のために唾液が分泌されます。

その状態で話をすると、たくさんの唾が、

同席している相手や料理に飛んでしまうわけです。

特に大声になると唾も遠くにたくさん飛びます。

歌うなんてもってのほか!

(でも、これを大声で叱るのも飛沫が…)

日本は高温多湿でカビや食中毒が発生しやすい風土。

さらに、昔は伝染病のワクチンも特効薬もありませんでした。

そういう時代に病気を蔓延させない生活の知恵が

マナーとなって受け継がれてきたのでしょう。

唾以外にも、命に関わる誤嚥の心配もあります。

他にも、箸のマナーもいろいろありますよね。

直箸をしない、取り箸を使う、迷い箸はしない、

箸と箸で食べ物を渡す合わせ箸をしない、などなど。

旅館の会席料理だと、一人ずつのお膳に1人ずつの食器が載っていたりします。

(「載って」は×、「乗って」ですね)

他人のグラスからそのまま口を付けて飲むのも違反ですよね。

食事の場はしつけの場だったわけです。

ところが、いつからか、

「食事は会話をしながら楽しく」

「食事中はテレビを消して家族で会話を」

なんて言われるようになりました。

いったん、そうなった生活習慣を、また昔のマナーに戻すのは大変。

だけど、コロナ対策で、またやらないとね。

学校給食の場では、先生も児童さんたちも神経を使って、

さぞ頑張っていることと思います。

本当にお疲れ様です!

 

福茶のケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、久々にひかりの方面に車を走らせ、

「おかしの家・福茶」さん前を通りかかりました。

北見市春光町、創業71年の老舗です。

庶民的なたたずまい。でも、中に入るとジャズが流れています。

美味しい。でも、庶民的なお値段。

今回は「カシスディジョン」というカシスのケーキ(写真手前)が美味しかった♪

篠根農園さんのカシス(黒スグリ)だそうです。

雪かき(肉体労働)シーズンは、スイーツも遠慮なくいただきます!