Archive for 2月 10th, 2021

道新ぶんぶんクラブ【くらし応援懸賞】に応募しよう!

こんにちは、(榛)です。

北海道新聞社の無料会員サービス「道新ぶんぶんクラブ」をご存知ですか。

北海道新聞の購読の有無にかかわらず、会員になるとさまざまな催しに参加できるほか、道内にある約2400もの加盟店で「ぶんぶんクラブ」カードを提示すると優待などの特典が受けられるお得なサービスです。

今日は、道新ぶんぶんクラブからのお知らせがあります。

ぜひ応募してみませんか!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

道新ぶんぶんクラブ【くらし応援懸賞】に応募しよう!

~総額100万円分の商品券をプレゼント!~

 

ぶんぶんクラブ会員の皆様に感謝の気持ちをこめて

イオン商品券2000円が抽選で500名に当たる「くらし応援懸賞」を本日より実施します。

春のくらしを助けるギフト、ぜひ、ご応募ください!

 

[応募資格]道新ぶんぶんクラブ会員 ※新規入会でもご応募できます。

[応募方法]はがきまたはWEB

[実施期間]2021年2月10日(水)~3月3日(水)

[応募締切]はがき/3月3日(水)必着

WEB/3月3日(水)23時59分締切

 

[賞品]イオン商品券 2,000円分×500名にプレゼント

※イオン商品券は全道のイオン、マックスバリュ、イオングループ各店でご利用できます。

 

[応募方法]

==はがき==

郵便はがきに①郵便番号②住所③氏名④電話番号⑤会員番号(入会申請中の方は「申請済み」と記入の上、下記宛先(住所不要)まで号ご応募ください。

〈宛先〉〒060-8781 道新ぶんぶんクラブ事務局「くらし応援懸賞」係

 

==WEB==

下記アドレスにアクセスし、案内にそって必要事項を入力してください。

〈アドレス〉 https://bunbun.hokkaido-np.co.jp/

 

道新ぶんぶんクラブ

 

 

 

 

 

 

 

[抽選・発表] 期間中に応募された中から厳正なる抽選の上、3月末までに発送します。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

 

《懸賞に関するご注意》

・道新ぶんぶんクラブの会員であることが応募条件です。

・お一人様WEBかはがき1回のみの応募となります。

・商品券は他人への譲渡、換金はできません。

・応募に際して記入(入力)いただく必要事項が満たない場合、無効となる場合があります。

 

《個人情報について》

入会申し込みの際にいただく個人情報は、当社の個人情報保護管理規定に基づき適正に取扱います。詳しくは道新ぶんぶんクラブホームページにある「会員規約」をご参照ください。

 

【問い合わせ】北海道新聞北見支社営業部TEL0157-24-4504(受付/10~17時・月曜~金曜)

同友会セミナー

寒い日が続きますが、先週の金曜日は本来だったら、厳寒焼肉だったんですね~! いい寒さ加減だったのに、残念です。

さて、北海道中小企業同友会オホーツク支部のセミナーが2日に行われました。

最近、コロナのおかげでセミナーなどもオンラインが多くなってきていますが、久しぶりのリアルなセミナーです。

北見市芸術文化ホールの大練習室で距離を十分離して着席するなど、十分な感染対策を取った上で行われました。

この日のセミナーは、一般社団法人ドット道東の代表理事・中西拓郎さんの講演でした。

ドット道東は、昨年発行した道東のガイドブック「.doto(ドット道東)」が日本地域情報コンテンツ2020(日本地域情報振興協会主催)の地方創生部門で最優秀賞を獲得しました。

ドット道東は、文字通り、十勝、釧路、根室、オホーツクの道東に居住するクリエーターたちが参加、道東を盛り上げるたくらみをしている人たちですけど、その代表が北見にいる、というのが驚きです。

中西さんは、「.dot」を作るきっかけとなった「道東誘致作戦」や、参加させたり、投票させたりするクラウドファンディングを駆使した資金集めなど、いろいろ面白い仕掛けで道東をPRする話が聞けて、たいへん面白かったです。

こういう若い人たちの発想が集まり、具体的に行動していく姿は地域の未来を頼もしくさせますね~。

第2部では、中西さんのほか「高校生ビジネスプラングランプリ」を立ち上げるなど創業支援に熱心でオホーツクをこよなく堪能する、日本金融公庫北見支店長の森本淳志さんや、今回のセミナーの発起人、オホーツクの農業を考え、六次農業を考える同友会の農業水産部会「うまいるオホーツク」代表の今井貴祐さんの鼎談でしたが、これも本当に楽しいお話が聞けました。

オホーツクの魅力を語りながら、なかなか前に出てこないことに対してのいらだちも感じられましたが、最後はオホーツクの確かな可能性を信じることができました。

ドット道東代表・中西さん(中央)、日本政策金融公庫北見支店長・森本さん(右)、うまいるオホーツク代表の今井さん(左)の鼎談。面白い話を聞くことができました