Archive for 3月 21st, 2021

オホーツク海に冬の名残が…

こんばんは!3月3回目の日曜日です。

今日の昼間はみぞれ?いや、雨が降ったようですね。

道路にあった雪はすっかりとけて、アスファルトが出ているので

もう、滑って転ぶ心配がないは、うれしいことですです(笑)。

 

そうそう、先日、ちょっとした会話の中で「たんぐつ」という単語が

飛び出して大笑い…。さて、この「たんぐつ」はいくつくらいまで通じるのか?

そこで、さっそく調査しました。50代は、もちろんクリア!

40代前半は、「聞いたことがあるけど、スニーカーのこと?」との返事。

30代は「親が使っていた」そうで、20代は…やっぱ知らないよね(笑)

 

「たんぐつ」=「短靴」、長靴ではなくて冬以外に履く靴。

子どもの頃、短靴を履くと「春になったんだなぁ~」と実感したことを思い出します。

久しぶりに聞いたので、本当に懐かしく感じました。

明日は、短靴で出勤しようかな?(笑)。

 

昨日、21日はお彼岸のお中日、恒例の姉弟3人でのお寺参りに行ってきました。

金曜日に網走の実家に泊まり、昨日は東藻琴にいる妹を迎えに行って美幌のお寺に。

網走の鱒浦から藻琴に向かうオホーツク海の海岸線で、冬の名残を見つけました。

 

 

雪の残った灯台の向こうには斜里岳が

うっすらと姿を見せていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに見えるのは知床半島。

目の前をカモメが横切っていきました。

前浜はすっかり海が開けていて

流氷が遠くに見えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し走るとこんな風景が…

ポツンと置いてけぼりをくったような

流氷がいくつか残っていました。

こちらは、氷平線が見えています。

本当にきれいでしたよ、