Archive for 6月, 2021

明るい介護〜8回〜リモート介護

おはようございます。千葉(有美)です。

真面目なお話し
改めてですが

私がここに書く「明るい介護」は、何かしら介護の「普通」や「常識」など、

基準を決めて、何かと比較して書いていません。

あくまでも、私が直面している「今の介護」です。

「仕事の介護と身内の介護とはまったく違う」
「嫁の立場の介護」
「遠距離の介護」
「家族それぞれの義母介護への思い」など私が感じることを

「こんな介護もあるんだな」と読んでいただけたら…

という思いで素直に飾らず書かせてもらっています。



四十九日で帰省した時のことです。

義妹は留守番カメラなるものを2台用意してきました。

よく留守中ペットの様子とか見るものですね。

そんなものあるんだなー。今流行りの「リモート介護」なのか?!

義妹は別な日にタブレットも用意しました。

「介護」って何だろう?

人と人が向き合って体温を感じながら行うものが「介護」だと思ってきた。

「何の為に付けた?義妹よ」(心の声)

トントンと天井にカメラを固定する義妹を眺めながら聞いた。

「カメラを付けていつでも見られるということは、ママ(義母のこと)が、

ここで倒れたりして、成す術もなくそのまま亡くなる様が見えてしまう…

ってことがあるかもよ。それでもいいの?」と。

即答

いいそうです。

救急車は呼べるくらいは出来ると思うけど。

私は何か違和感を感じました。

「好きなことして好きな家で死んだら、それはそれでいいじゃない」

わかるようなわからないような…

義妹は「自由だけを尊重」します。

それも大事。もちろん大事。

ここで改めて家族それぞれ、義母の介護に対しての思いが見えてきました。

カメラを付けて、タブレットを置き、共通のグループLINEを作り、「皆んな繋がった」と、

安堵な表情していたのは義妹だけ。

この時点で薄々わかってました。

カメラを見て義母を「常に見守り」するのは

きっと私になるだろうなと…

次回の投稿が許されるなら、またこの続きを

お話ししたいと思います。


変わって、私のご飯の写真

津別町の「ナツやさい」さんの「夏は野菜セット」お取り寄せ。

ズッキーニを使ってラタトゥーユのチーズオムライス、付け合わせのサラダ葉物も

「ナツやさい」さんのものです。間違いなく「美味しい」!

アップダウンの竹森巧さんのコラム&雷さま

こんにちは!のんびりとした日曜が終わろうとしています。

6月最後の日曜日、今年も半分が終わろうとしています。

少し前にお正月になって、ほんの少し前に桜が咲いて…

ほんと、月日の経つのは早いもんですよね~。

早いといえば…タイトルにもあるようにアップダウンの竹森巧さんのコラム、

毎月第4週に掲載しているのですが、これを読むと「ああぁ~月末だなぁ~」

と思うと同時に、「1カ月って早いなぁ~」と実感します。

今月の竹森さんのコラムは、金曜日に(榛)も書いていたようにYouTubeのお話です。

右のバナーから飛べますので、ぜひ、クリックして読んでみてください。

 

今日は午後に雷がなりました。実は私は雷が大好き。

ゴロゴロという音が聞こえると、なぜかワクワクします。

そして、ピカッと光る稲妻を見るとその神秘にうっとり…。

ピカッと光った後にゴロゴロと鳴るまでの時間を計って

雷までの距離を測るのも大好きな作業です。

特に夜の雷は大好物!カーテンを開けて稲妻を探したりして…。

これから本格的な夏にはると、夕立や雷も増えてきますね。

私の「お楽しみ」も増えてゆく~。

ただ、以前(有美)から雷が近くに落ちてパソコンやテレビが

ダメになった…と言っていたのですが、それだけは勘弁を…。

原稿がいっぱい入っているパソコンは私の命(大げさ?)。

なので、とりあえずノーパの電源を抜くことは忘れません。

写真は、今日の私の「ブランチ」。(有美)のようにオシャレに盛り付けを

するわけでもなく、ただただお皿の上に乗っけただけですが、

「納豆キムチトーストアボカド乗せ」です。おいしかった~。

 

マヨネーズを塗ったパンをトースト。

納豆をよく混ぜてキムチを加えて

こんがり焼きあがったトーストに乗せます。

最後に潰したアボカドを乗せて

オリーブオイルと黒コショウを振って

出来上がり~。ぜひ、作ってみてね~。

 

 

 

 

 

最後に、今日は北海道コンサドーレ札幌のゲームがあります。

金曜日の記事にあったように、コンサは現在絶好調!

今夜の相手は鹿島アントラーズと強豪ですが、きっと勝ってくれるはず。

18時30分キックオフなので、この後スマホ片手に応援します。

みなさんも応援してくださいね。

がんばれ!北海道コンサドーレ札幌!

北見トンネルと再会

こんにちは。土曜日、(さ)です。

今日は猛暑ですね。

北見の最高気温はNHKのdボタンで調べたら31.6度。

エアコンのない部屋でパソコンに向かっていると

息が苦しくなってきます。

少し下がってきていますが、早く夜になって涼しくなって~

明日も暑くなりそうですので、注意しましょう。

* * *

先日、北見市役所に用事があって出かけました。

そうだ!と思って探してみたら、ちゃんとありました。

北見トンネル。

歩道橋の上から撮影。

この角度、10年ぶりかな?

ここからJR石北線は、しばらく地下へと潜っていきます。

 

北見トンネル1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこからか汽笛が聞こえてきました。

それはトンネルの中からでした。

北見トンネル2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッドタイミング!

列車が顔を見せました。

北見トンネル3

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬で通り過ぎました。

新しい市役所が建って、周辺の景色は変わりましたが、

北見トンネルは元のまま。

コロナでパッとしない日々ですが、

ちょうど列車を見ることができたし、

いいことあるといいなー。

北見市ほか1市7町に配布 みんと6月25日(金)号を発行しました

こんにちは、(榛)です。

1週間があっという間に過ぎてしまい、

予定していたことが終わらないまま、

翌週のTO-DOリストにまた書き込む…。

私の場合、そんな「先延ばしの刑」にあっているのは

書類とか掃除とか、整理整頓が多い気がします…。

誰か代わりにやってくれませんかね~。

 

 

さて、今週もみんとを発行しました。

これに関しては最優先で動けます!

 

今週の1面は、(ぷう)による北海道コンサ―ドーレ札幌の応援日記。

絶好調のコンサの試合を振り返ります。

もうひとつはアップダウンの竹森巧さんのコラム。

毎週火曜日20時から、youtubeチャンネルの生配信を始めた竹森さん。

その苦労と意気込みを語ってくれています。

(やっぱり1週間って早いですよね^^)

 

 

そして、こちらも忘れずに!大人気、クイズ☆ランドのコーナー。

空間認識能力が試される?!

ぜひチャレンジしてくださいね。

 

 

 

4月のドラマがそれぞれ最終回を迎えました。

いろいろ見ましたが

ダントツ!私の心に残った作品はというと、

金曜ナイトドラマ「あのときキスしておけば」でした。

 

みなさんの「おすすめのテレビ番組」は何ですか?

今週のプレゼントの応募テーマになっているので

ハガキやメール、ファックスでぜひ送ってください~♪

 

 

今週もみんとをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

明るい介護〜番外編〜

こんにちは、千葉(有美)です。

前回の「明るい介護」は、義父が亡くなり、初七日も終わり子供達(息子と娘)も

東京、群馬とそれぞれに仕事があるため、認知症の義母を北海道に残して戻ったところまででしたね。

今回は、その続きの前に、早速の介護で週末から昨日まで帰省していたので少し、

そんな直近のお話をしたいとおもいます。

****

金曜日の夜10時過ぎに、夫は新幹線で千葉の家に戻り、

翌朝、4時半起き5時半の高速バスに乗って8時20分発の飛行機で新千歳へ。

私はバスに乗車した時点で疲れていた。

これから義母の家で起こる「自分自身」の「イライラ」と「絶望」と「諦め」が既に予想できていたからだ。

そんなこと予想できて現実に起ころうとも、私はやらなければいけないのだ。

「でも、ん?本当にこれ私がしなくてはいけないことなの?」

と、これについて述べていたら長くなるので、その話はまた今度。

***

ピーポーン♪

玄関のチャイム鳴っても、名前聞かないうちから鍵を開けてはダメよ!

当然、開けるよね…

ダメな理由を説明しても、現に今、開けたこと忘れて「私は開けない」と逆ギレ…。

着いて直ぐお昼ご飯の支度。もちろん、義母は作りません。作れると言うが作れない。

作れない、作っていないことを私が何故わかる?

それは居間とキッチンにカメラが付いているから。

そう、義妹が付けたもの。(このお話は次回の回で)

今回の帰省の前日、カメラアプリを立ち上げて覗いたら、

ちょうど、義妹の置いていった冷凍パンをレンジアップしていたところ。

水分飛んで、フワフワ通り越して、かんからかんに焦げて石のように

硬くなったパン…もはやこれは石炭…

レンジのドアを開けたところで、黒い煙が上がってビックリ、すぐに私は電話してカメラ見ながら換気の指示を出した。

義母は、子供が怒られそうなことを隠すように、何でもないことをアピールする。

カメラから見えてること忘れて、見られてると思っていなく隠すんだろうね。

そんなことがあったので、まだまだたんまりと冷凍されてるパンを少しでも減らすのと

ちゃんとレンジで加熱できるのか義母にやってもらいました。

うん、ダメだね。昔の古いタイプのレンジは庫内の食材を自動で認識して温めてくれない。

スイッチひとつで、小さなパン1個も大きなお弁当サイズも
要は同じ時間加熱し続ける。

こりゃ、焦げるわな…(火事…これ大問題。前から言ってるんだけど…ここの2人の子供に)

夫はこの家に着いて10分でキレるし、もうこの時点でストレス。夫は実子だから余計苛立つんだろうね。

そんな夫をなだめ、言うこと聞かない頑固な義母をなだめ納得させる2泊3日の帰省…

義父の一周忌を目前に、小樽のお墓に行って草むしりして、もちろん墓前で親子喧嘩。

何せ、草のむしり方にも拘りが強く、去年まで毎年1人でお墓のお掃除してたという自負。

その話が何度も何度も何度も。

小樽までの車中、義母のいつも通る道順、スピード出し過ぎ等、道中親子喧嘩。

とーっても夫のフラストレーションわかります。

これが、認知症の基本的な周辺症状のひとつだもの。

傾聴は大事なんだけれど、これ24時間365日出来るのは多分、天使か神だけだと思う。

会話が会話にならないのってお互い悲しいね。

この2人見ていてとてもそう思った。

私とも、もちろん会話にならないことあるけれど、私は「他人」なので

心を「無」にして割り切れば、なんてことない。

そうはいっても、どんなに心を無にしても私は千葉に戻り翌日は必ず体調悪くなる。

このブログもやっと今頃、体を縦にしてあげている。

ただ言えるのは、夜寝る時に人がいるのと居ないのでは義母の不安と寂しいんだろうな…そう私の目には毎回映る。

そして、朝の寝起きの覚醒するまでの、ほわーんとした様子は、

いつ、どのタイミングで勘違いして息子や娘を探しに、外に出て行ってもおかしくないと感じる。

まー、そんな予測や不安は、義妹にはないのだろうけどね…

ほら「ママは何でも出来る神話」だから…。

***

写真は、義母の好物の「カボチャ煮」です。

毎回、帰省すると作っておいてきます。

「ウチのカボチャは甘くて砂糖もいらないから、よそのは食べられない!」と

いつも美味しそうに食べてくれます。

マックスバリュでメキシコ産カボチャ、上白糖ガッツリ入れて作った普通の煮付けですが何か?

と、今回は、直近の帰省話でした。

帰省の楽しみは、新千歳で「かまえいのかまぼこ」買って帰るのと、「きのとやのソフト」食べるのが唯一の楽しみ。

マリリンコラムとお風呂のお供。

こんばんは、すっかり夜になってしまいました。

このところ、パソコンの調子がイマイチで立ち上げてから

このブログを書き始めるまでに30分以上…気が付けばこんな時間に。

パソコンが言うことを聞かないときは、ちょっとイラっとしますよね。

今日は寒くて、短い時間でしたがストーブをつけちゃいました。

6月に入ってストーブをつけると、なぜか「負けた」気になるのは私だけ?

何と戦っているのでしょうね(笑)。

 

戦い…といえば、やっぱり北海道コンサドーレ札幌です。

昨日の大分戦に見事勝利!詳しくは25日号の記事で!

 

前置きが長くなりましたが、本題へ。

カーリングのロコソラーレ代表、マリリンこと本橋麻里さんのコラム

~夢への懸け橋~の最新版(6月18日号掲載分)をアップしました。

いつもステキな言葉でロコソラーレやカーリングのことを伝えてくれます。

右のバナーから飛びますので、ぜひ、ご覧ください。

 

そうして、もうひとつの話題が最近の私の「お風呂の友」です。

私はず~っと入浴時間が短めの「カラスの行水」タイプでした。

長くて15分って感じでしょうか?だけど良い睡眠をとるためには

40度の湯船に15分程度浸かるのが理想的…とテレビで見てから

どうしたらそうできるのか…を模索し、湯船で音楽を聞くことにしました。

以前使っていたスマホを防水のカバーに入れてiPod代わりに。

好きな曲をかけて一緒に歌いながら湯船につかることが多くなりました。

それに最近加わったのが、この美容器具。

 

以前から興味があったのですが、

マスク生活が長引いたことと、

年齢のせいもあり(もちろん)、

顔の筋肉が重力に逆らえなくなってきた

ことが気になりついに購入…。

お風呂でも使えるので一緒に入ることに。

湯船につかりながら顔をコロコロ、お腹をコロコロ…。

これが結構効くんです!

 

 

 

おかげで入浴時間もだいぶ長くなりました。

風呂上りもポカポカで、ぐっすり眠れるように。

一石二鳥?いや、これで顔がシュッとしてお腹の肉が落ちれば…

なんて欲張りなことを考えています(笑)。

その結果は、いずれご報告しますね。

では、今日はこの辺で…

 

鳳龍さんの焼売&小籠包

土曜日、夕方になってしまいました。(さ)です。

今日は家事がいろいろ忙しく、つかれたー。

というか、充実した1日と言いかえましょう。

 

焼売&小籠包

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、こちらは焼売&小籠包。

自分で作ったならすごいんですが、

北見市美山町にある老舗ラーメン店「鳳龍」から

冷凍をテイクアウトです。

みんと6月11日号の「テイクアウトやってます」コーナーでも

ご紹介しました。

北海道新聞に、新聞販売店さん手作りのチラシが

入っていることがあります。

鳳龍さんのテイクアウトも、初めはそれで知りました(写真参照)。

作って食べたら美味しかったので、みんとの記事にもなった次第です。

黒豚のジャンボ焼売が10個600円、

小籠包が10個650円。

本格派なのに、良心的なお値段だと思います。

東京の娘にも、冷凍便を送るときに、

テイクアウトしてこのセットを入れたら、

とっても喜んでいました。

私は最近知ったんですが「焼き小籠包」というのもあるんですね。

フライパンで蒸し焼きにしますが、両面焼くわけです。

私は「蒸し」よりも「焼き」が気に入りました。

============

札幌ラーメン鳳龍 美山本店

北見市美山町南9-36-67

電話 0157-23-3713

営業時間11時~20時

火曜定休日。

事前に電話で注文してから受け取りに行くとスムーズです。

============

鳳龍さんは、ラーメンやチャーハンのテイクアウト、

そして出前もやっていますよ。

最近はラーメンもテイクアウトできるようになったんですね。

技術革新? 今度ためしてみたいです。

***

明日は父の日ですね。

緊急事態宣言最後の日。

おうちでおいしいものを…というご家庭が多いかな。

焼売と小籠包、中華好きのお父さんの一品としていいかも。

うちはどうしましょう?

本人のリクエストは何とステーキ。

日頃、地味なご飯が多いからなあ。でも、

めったに食べないので、うまく焼ける自信がない…(汗)

ではまた来週♪

北見市ほか1市7町に配布 みんと6月18日(金)号を発行しました

こんにちは。(榛)です。

空気は気持ちいいですが、日差しが強いですね。

日焼け対策を怠ると・・・のちのち後悔しそうです。

ということで、いままでは雨傘を代用していたのですが、

日傘というものを人生初で購入してみました。

 

「顔色がきれいに映える」とあったのが決め手で選んだ1本です(笑)。

買い手の気持ちを動かすキャッチコピーですね。しっかり持っていかれましたヨ(笑)。

その名も「ビューティーシールド」。ビューティーでシールドですよ!最強です。

 

日傘~

 

 

 

 

 

 

さて、今週号の特集は「健康生活を送るためにカラダを動かそう」

と題して、北見市内のフィットネスジムやストレッチ専門店をご紹介しています。

健康に必要なのは、食事、睡眠、そして適度な運動と言われています。

設備が整った施設を利用して、運動不足などを解消しませんか。

そのほか、ナンバープレイスやユリアの星占いなど、お楽しみください。

 

 

 

 

 

 

明るい介護〜第7回〜とペヤング

おはようございます千葉(有美)です。

千葉もとうもう梅雨入りしました。癖毛の私にとっては
いや〜な季節です。早く夏来ないかな…。

さて、今日は明るい介護の第6回〜「義母のデイサービスに通う」です。

絶対おかしい…と思って診察を受けるように義妹に言い続けて

4年くらい経つのかな。認定調査受けるまでに2年。介護認定受けてサービス受けるまでに2年半くらいかな。

そんな長い前置きを経て、やっとサービスを受けることとなったお話です。

****

義父の葬儀が終わり、さてどうしましょうか…
物で溢れた家の中では、義母、義妹、主人がやれやれといった雰囲気。

そんな中でも、義母と主人の扇風機止める、付けるの攻防は続き、

何気にこれはひとときの「平和」だと私は思った。

義妹と主人は初七日まで義母と一緒にいられる時間をとってある。私は入院前の最終検査が予定としてあったので

では!と、帰ります。

その前に…

さすがに、言いました。

「あのね、貴方達(主人と義妹)は、あと数日しか居られないんだよね?仕事があるものね。

お義母さんの生活どうするの?このまま1人にして帰れるの?」

主人は群馬、義妹は東京、帰らなくてはいけない。そんなことはわかっているのだろうけど

何をどうしたらいいのかわからないのだろう。

「今日、平日だから直ぐに市役所の福祉高齢課に電話して」と、指示を出し連絡しようとしていたら、

義父の死亡届まだ提出してないのによくわかったこと!2月に認定調査をしてくれた

福祉課の方から主人の携帯に電話がきた。

「介護認定受けてから、サービス受けてないけど、その後、お父さんとお母さんは元気にしてますか?」と。

実は…と、義父が亡くなって今、帰省してる旨伝え、義母が1人の生活になることと、それに際して直ぐに介護サービスを受けたいと伝えた。

待ったなし状態を察して、直ぐに義母に必要な「見守り」をメインに通所介護施設(デイサービス)を緊急を要するという

扱いで、自宅から歩いても15分くらいのデイサービスに週3日(月、火、木)通う事にした。

今までは義父がいてケンカしながらも、何とか(多分)食事も作って(私が思うに義父が殆ど作っていたと思う)いたけれど、

これから義母が1人で、どこまで何を出来るのかを見極めていかなくてはいけない。

義母は自分が認知症だと思っていない。
義母は何でも自分でできてると思っている。
心配だから行ってくれ!こんな子供達の気持ちなんて察してもくれない。

そう思っている義母をいろいろ考えた上、主人は、「デイサービスで詩吟の先生として来てもらって、

詩吟を歌って皆んなに教えてもらいたいんだって」と、義母に説明した。

初日のデイサービスに行くこと(お迎えに来)を見守る事なく、2人は東京、群馬と戻ってきた。

本人から早速、主人達に電話が来た。

もう当然お冠です。

「詩吟の先生に来てくれって言うから行ってやったのに何なの!やれ風呂入れだの体操しろだの、年寄りばっかりの集まりでやんなる!」と

とても元気な義母。

おいおい、貴女も立派な年寄りよ…と、心で呟く私(あくまでも個人の義母に対する感想です。)おさらい、義母は80歳です。

激怒している義母の電話の相手をなんとかこなす、そして翌日もデイサービスのお迎えは来ます。そして怒って電話くる。

毎週月、火、木曜とお迎え来ることは伝えても覚えてられないので、義母にとっては

唐突に朝、見知らぬ人が迎えに来て、おそらく身支度も出来ていない中、声かけされ連れて行かれる。

そして、夜には義母の様子を心配して電話する。激怒する義母の文句を「傾聴」する。

この繰り返しをしながら、こうして、義母の介護サービスを受ける生活が始まった。

因みに、義母はそこそこの詩吟の先生をしており、このあたりの管轄の副会長何ぞという役所にもなっていたため、

まあ、気位が高く。「詩吟を教えられる=認知症になるわけがない」だそうです(義母談)。

義母の詩吟の会は、義母が通うデイサービス等、この界隈のボランティアとして無料で教えに行きますよー的な

自治体の広報誌にも載っていて、本人が連絡先にもなっている。

福祉課の方が持参して介護サービスの種類や

外部ボランティア等が情報として、私たち家へ最初にくれた介護の入口誌。

「私が介護施設に伺い、皆さんのために吟じます!」な人が、「通う人」になってしまいました。

悲しいかなコレが現実。

毎日、私たち3人は遠方より、義母に連絡をこまめにとり、私はデイサービスの管理者に義母の様子を常に確認しました。

突然始まった義母の一人暮らし、突然のデイサービス。

何とかデイサービスと契約したからと、あとはお任せ!そんなことにはなりません。

とりあえずは、何とか買い物して何か食べてるようだ…と、確認。あくまでも本人談。

わかってはいたけど、本人談は信用してはいけない…

不安を抱えながらも、いっぺんに認知症のあれこれを義母の今後を想定して2人に言っても

家族は受け入れられないだろうし、義母はもちろんのこと、問題の義妹の様子見することに。

次、帰省したのは義父の四十九日法要の時です。

もう、この時点で何か肩に背負った感…

確か、主人は私に「親の介護はさせないから」と約束して一緒になったはず…

続く

***

先日、東京の息子にご飯作って差し入れに行った時、

こんな毒が置いてあった。3週間前に顔出した時には無かった。会社の人がくれたとか!

思わず「うちの息子殺す気か!」と、私の作ったご飯と交換して持ち帰りました。

持ち帰ったにはいいけれど、コレどうしましょうか…。

感謝!30万人ご訪問

こんにちは。土曜日(さ)です。

昨日の昼下がり、当ブログをチェックしたら、

合計訪問者数が 300,012 になっていました。

ついに30万を超えました。

少し前から編集部内で「もうすぐ30万だね」と

言っていたのですが、ジャスト30万は見逃し…(残念)

あまりの猛暑に調子狂っちゃったかなー。

昨日は、北見最高気温34・5度。

美幌町の34.6度(秋田県横手市と並んで日本一)に

惜しくも(?)抜かれ、2位になりました。

今日は涼しくなりましたが、風が強くて怖いです。

* * *

思えば、みんとブログが始まったのは2010年11月18日。

今年は11年目に入っています。

どうしん情報紙「みんと」ブログ、はじまります

 

私は初め金曜日の担当でした。

一番思い出深いのは2011年3月11日のもの。

 

北見トンネルを求めて

これは未明にアップしたのですが、

その日の午後、東日本大震災が起きたのでした。

その時を境に、すっかり世界が変わりました。

今読み返しても、北見トンネルを探しに、

ご近所ツアーで喜んでいる自分が

この後何が起きるかも知らずに、のんきだなあと思います。

人生、そういうもんですよね。

上り坂、下り坂、マサカ!

未来は「一寸先は闇」です。

あらためて30万という数字に感謝し、

今現在の平穏に感謝したいと思います。

 

【わが家の庭のオダマキ】

オダマキ