「クロスワードパズル」へのコメントご紹介


土曜日です。(さ)です。

猛暑、続いてますね~

さて、昨日7月16日発行の「みんと」で

7月2日号クロスワードパズルの答えを発表しました。

答えは「半夏生(ハンゲショウ)」でした。

ちょうど7月2日は今年の「半夏生」に当たったので、

それにちなんだ出題。

ヒントは「タコを食べる?」でしたね。

紙面でも予告しましたが、

回答に添えられた読者の皆さんのコメントをご紹介します。

・今夜は五穀豊穣を願い、タコ飯とタコざんぎを作って食べます✨ (60代女性)

・ちょうどいい難易度で、楽しくできました(30代女性)

・偶然帰省した際に、両親と一緒にクロスワードパズルをやりました!(20代女性)

・丑の日は知っていましたが、半夏生は初めて知り、勉強になりました(20代女性)

・パズルが勉強になります。楽しみながら家族でしています。

早速「たこ」を食べなくちゃ(40代女性)

・半夏生にタコを食べるなんて初めて知りました。(80代男性)

・「半夏生」、知りませんでした。さつまいもの別名が「かんしょ」も

わからなかったです。「やきいも」だと思いました(50代男性)

・クロスワードをずっとやってますが、毎年この時季に(半夏生が)出てきます。(60代女性)

コメントは以上です。

「やきいも」、思い当たる人もいるのでは?

幅広い年代の皆さんに楽しんでいただけているようで、

編集部としてもうれしいです。

コメントありがとうございました!

* * *

「半夏生」について簡単に説明します。

「半夏生」は「夏至」から11日目の、

毎年7月2日ごろから七夕(7月7日)までの5日間になります。

「半夏」という薬草が生える時期ということで

「半夏生ず(はんげしょうず)」というのが「半夏生」の由来だと言われています。

(諸説あります)

「半夏」という薬草は「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」などの

漢方薬にも使われていますね。

昔は、農作業で疲れた体を休める期間とも言われていました。

タコを食べる風習は、もともとは関西のもの。

植えた苗がタコ足のように大地にしっかり根付くように願いを込めて、

ということですが、アミノ酸の一種であるタウリン豊富なタコを食べて、

体力を回復しましょう、という意味もあります。

一方、香川県では「うどん」、福井県では「サバ」を食べる風習があります。

北海道では、7月2日が近づくと、スーパーに「タコ」がたくさん並びます。

土用のウナギのように、半夏生のタコは、

この先、北海道で根付いていくのでしょうか?

来年もスーパーにタコが並ぶか、楽しみにしたいと思います。

* * *

明日は7月18日。

三浦春馬さん一周忌。

昨日のNHKあさイチは柳楽優弥さんのプレミアムトークで、

8月6日公開の「太陽の子」の映像が流れました。

思いがけず春馬くんの映像に出会えて、

テレビの前で腰抜かしていました。

というか、かたまって動けなかった。

昨年夏のドラマは見たけど、映画も見たいと思いました。

でも、つらいかな。どうだろうな。

昨日発行の「みんと」「夏休み映画特集(イオンシネマ)」にも

「映画 太陽の子」が取り上げられています。

3ページです。ぜひ紙面をごらんくださいね。

 

顔に見える雲

 

 

 

 

 

 

 

 

【なんとなく顔に見える雲】