Archive for 11月 13th, 2021

マナーとしてのソーシャルディスタンス

こんにちは。土曜日、(さ)です。

昨日11月12日号の「みんとのひとりごと(榛)」を読んで、

先日の出来事を思い出しました。

レジで商品を精算してもらっていたときのこと。

金額が表示される画面に集中していたら、

突然、店員さんの「ご一緒ですか?」という声。

何のこと?と思ったら、横にピッタリ高齢男性が…。

レジかごも私のとピッタリ並べて置いています。

「いえいえいえいえ」と慌てて首を横に振ったら、

その男性はバツが悪くなったのか、別のレジへ移動していきました。

そのお店もソーシャルディスタンスのステッカーが

なくなっていました。

(後で聞いたら、張り替えするそうです)

私がボーっとしていたら、一緒に精算されてしまったのだろうか?

などと恐ろしいことを考えてしまいました。

高齢男性はそういうつもりではなく、

「早く自分の番が来ないか」という一心で、

間隔を詰めただけでしょう。

時々いますよね、こういう人。

レジ籠の中の商品を覗き込んでくる人とかも…。

私は半額とか30%OFFのシールが貼られた物をよく買うので、

覗き込まれたらヤダナーと思いますヨ。

これはコロナ関係なく、ステッカーの有り無し関係なく、

マナー以前の常識ということでよろしくお願いしたいところです。

* * *

秋ドラマ、皆さんは何か見ていますか?

私は金曜日の『最愛』と月曜日の『アバランチ』を

楽しみにしています。

この二つは、いち早くリアルタイムで見たい番組です。

『最愛』は主人公(吉高由里子)とその弟(高橋文哉)が

宮崎刑事(松下洸平)のことを「大ちゃん」と呼ぶとき、

グッと胸が締め付けられます。

『アバランチ』は綾野剛が主演。

最近、正義が通用しない世の中の理不尽さを感じることが

よくあります。

悪いと思われる人が権力に守られていたりしてね。

『アバランチ』は表立って裁かれない悪を

アバランチが制裁するという流れ。

このカタストロフィーにスカッとするんです。

ドラマでスカッとして、現実を忘れるというのは

ある意味、危険ですが…。

ドラマ、ほかは日曜の『日本沈没』『真犯人フラグ』

時間帯的にチャンネル権がないので、

後日Tverで、というのが多いですが。

先の2つのドラマもTverで見た方が、

聞き取りにくいセリフは戻って聞けるので、

いいのですが…。

昨日の『最愛』はTverでもう1回みようかなと思ってます。

 

【黄色い秋、赤い秋】

黄色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色い葉っぱも赤い葉っぱも落ちて、

白い冬が来ますね。

今日あたり、石北峠の3合目から上は雪だそうですよ。

タイヤ交換、まだの方はお早めに!