五里霧+中


こんにちは。土曜日、(さ)です。

暖かい日が続くと早春という感じですね。

この季節は、あちらでもこちらでも雪割り、氷割り。

「雪割(ゆきわり)」は春の季語にもなっています。

ネットで見つけた俳句。

雪を割る人にもつもり春の雪(前田普羅「普羅句集」)

ふわふわ淡雪が舞って、今日はちょうどそんな日でした。

* * *

昨日のみんと3/11号では、漢字クイズの最後の問題とともに、

2/18号の答えを発表しました。

答えは「五里霧中」。

四字熟語の構成としては「五里霧+中(ごりむ・ちゅう)」!

詳しくは紙面をご覧くださいね。

ここでは、掲載できなかった読者の方のコメントをいくつか紹介します。

・よくクイズや学校のテストでも出る「五里霧中」。

「霧」は「夢」じゃないよ、と聞いていて覚えていました。

ずっと先まで霧で見えなくて、すごく迷うことだとだとか(50代女性)

→私もついつい「五里夢中」と書いてしまうんですよー。

意味を考えれば、正しく書けるとは思うんですが…(さ)

・コロナ禍の今まさに五里霧中でしょうか。

早く展望が開けて、安心な日々が送りたいです(70代女性)

→オホーツク地方はだんだん数が減ってきていますが、

ホッとすると、また新しい変異株でガックリ……ということも。

何度もこの繰り返しで、いいかげん疲れますよね(さ)

・毎年、旅行に行って楽しんでいましたが、どこにも行けなくなって…。

東京の街もひとりで目的地に行けたのに、もう忘れてしまいそうです。

旅に行かない生活に慣れてしまうのがこわいです。

→続けていれば、努力なくできることでも、

いったん休むと元に戻るのが大変ですよね。

「こわい」という気持ち、何となくわかります(さ)

・2月に69歳になります。今までの人生、ずーっと五里霧中な感じで

頑張って生きてきました。正しい道に進んできたのか、

まだまだ分かりませんネ(60代女性)

→この文章が強く心に残りました。

正しい道なのか分からないけど、前に進むしかないときもありました。

それは生きてる限り、これからも、ですよね~

・正解して商品券をゲットしたいという下心があるにせよ、

「手書き」条件で、漢字をよく見て確実に書くという時間は新鮮でした。

みんとロス。週末が寂しくなります。

ありがとうございました。(60代女性)

→そう言っていただけて、こちらもありがたい気持ちになりました。

コメント紹介は以上です。

【今日のおやつ】

あずきトースト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんと「わたしのおすすめ」でおすすめしたことのある

イギリス食パン(日糧)に十勝ミックスチーズ(よつ葉)を乗せて焼きました。

トッピングはフジッコの甘さほんのりゆであずき(これも読者の方のおすすめだったかも?)