Archive for category お店情報

味覚園のテイクアウト弁当、「美味しゅうございました」

13日の道新朝刊に掲載されていましたが、9日に行われた、コープさっぽろ・きよみ店での味覚園グループ、特製テイクアウト弁当の販売をみんとでも取材しに行きました。

コープさっぽろさんでは、今回のコロナ禍でダメージを受けている地元飲食店の応援を積極的に取り組んでいて、函館で五稜郭バルの飲食店の弁当販売会を行いましたが、今回は北見で2例目の味覚園グループの特製弁当の販売を特設コーナーで行っています。

9日はその初日で、味覚園の炭火焼カルビ弁当、炭火焼・鳥若の焼鳥弁当、炭炙り鳥そぼろ弁当、そして鳥若定番の炭火焼若鶏の半身焼が販売されました。

取材を終えて、私も炭焼きカルビ弁当と若鶏の半身焼を購入。みんな炭火焼が頭についているように、炭で焼いた肉の香ばしさが口や鼻いっぱいに広がる感じで、病みつきになりそうです。カルビもちょっと脂っぽいかな~、と思いましたがどっこい! 炭火で程よく油が落ちているようで、とてもあっさりした感じがしました。半身焼きは夜のお酒にアテに。半身といっても肉の塊は4つに分かれ、結構ボリュームがありました。大人(高齢者)になったら、もう〇〇タッキーよりもこっちかな~。とってもヘルシーです。

弁当販売は、7月16日(木)、コープさっぽろ・みわ店で(1回目11時30分~、2回目15時30分~)、23日(木)きよみ店(同時間帯)、26日(日)みわ店(同時間帯)、30日(木)きよみ店(同時間帯)、そして最終日は8月2日(日)みわ店(同時間帯)で販売されます。

9日も結構早く売り切れたそうです。お買い求めはお早めに~。

コープさっぽろ・きよみ店の特設コーナー。大好評でした

 

, , , ,

オホーツクで輝く女性たち

こんにちは!6月2回目の日曜日です。

昨日の(さ)のブログにもありましたが、先週の後半から真夏並みの暑さ…。

なので、この週末はあちらこちらで庭で焼き肉をする「のろし」が上がっています。

外で食べるので換気に問題はなし、家族だけなら「蜜」にもならないし、

おいしいお肉を食べてストレス解消!ってところでしょうか。

 

さて、先週12日号のみんとのフロントは、毎月第2週に連載している企画物、

「La Joie de  Vivre~オホーツクで輝く女性たち~」でした。

今回登場してくださったのは、ケーキハウスティンカーベルの黒田有宇さん。

オーナーの柏倉夫妻の娘さんで、販売責任者としてお店を盛り立てている方です。

取材でお店にお伺いした時の印象がとってもよかったのと、てきぱきとした働きぶり、

そして東京からのUターンという話を聞いて、このコーナーに登場してほしい…と

以前から思っていたのですが、今回やっと実現しました。

この企画は、その方の生き方や仕事に対する姿勢や情熱、これからの夢などを

決まった3つの質問でお伺しています。その分、その方の人となりが垣間見えて

毎回楽しく取材させていただいています。この時も1時間以上取材…。

黒田さんのお話がとっても面白いのでぜひ、ごらんくださいね。

こちらは、ケーキハウスティンカーベルさん。この時期はフルーツゼリーがおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ケーキハウス ティンカーベル」北見市高栄西町9丁目1-3、

■0157-24-7780、営業時間10時~19時30分(日祝日は19時)、月曜・第3火曜定休

 

来月はどんな方が登場するのでしょうか。楽しみにしていてくださいね。

サッカー台と作荷台

こんにちは。

金曜日、(さ)です。

みんと5月22日号が発行となりました。

表紙面は「マリリンコラム~夢の架け橋~」など、

中面には私が担当している漢字クイズもあります。

漢字とカタカナを足して四字熟語を作る問題。

かなりの難問。やりでがあると思います。

ステイホームが続いている今、じっくり取り組んでください。

根を詰めると疲れるので、一度にやろうとせず、休み休みで…

ゲームと同じ?!

* * *

昨日、近所のスーパーに行ったら

「臨時作荷台を作ったので、そちらも利用してください」

というような内容の表示がありました。

「密」を避けるためですね。

目が釘付けになったのは「作荷台」という文字。

ずっと「サッカー台」だと思っていましたから。

改めて辞書を調べてみると、やはり「サッカー台」でいいようです。

スポーツのサッカー(Soccer)ではなく、

指サック、リュックサックの「サック(Sack)」に

erを付けた「Sacker」で、袋詰めする人という意味。

[補説]として「作荷台」と当てて書くこともある、と。

すると、「作荷」は当て字なんですね。

それにしても、絶妙な当て字だと感心しました。

「型録=カタログ」並みですね。

中国語の「可口可楽=コカ・コーラ」とかもね。

* * * *

先日、イオン北見店に行ったら、

3階に「おうち」の文字がそこかしこにありました。

おうち時間充実の提案ですね。

文具売り場には、

先週15日号のみんと「わたしのおすすめ」で紹介した

「絵手紙セット」のコーナーができていました。

目を引くのは、売り場の皆さんが描いたのであろうと思われる

絵手紙の数々です。

疫病退散の妖怪「アマビエ」もありましたよ。

添えられた文字は「あなたも誰かのアマビエ」だったかな。

写真で紹介できないのは残念。

こういうことを書こうとすると、

売り場に「密」ができちゃうんじゃないかと

ついつい心配する癖がついてしまいました。

緊急事態宣言の解除も見えてきたような今日この頃。

私はフリーライターで時間に縛られてないので、

スーパーなどに行く時も、このところずっと

①土日は遠慮して、すいている平日に

②混んでいる時間帯を避けて、午後2時~4時に

と、心掛けています。

解除されても、当面はこれを続けようと思います。

 

 

ムスカリ

 

 

 

 

 

 

 

 

庭のムスカリ。

ほったらかしの庭でも毎春、顔を見せてくれます。

みかんの花咲く

こんにちは。金曜日(さ)です。

新型コロナ、北海道も警戒が必要ですね。

今朝の道新朝刊に「北海道からのお知らせ」が折り込まれていました。

鈴木知事の写真が載っていましたが、

やはりマスク姿の方が見慣れてしまってるなと思いました。

手洗い・マスクとともに「密閉・密接・密集の3密を避ける」

ということに尽きると思います。

いまネットでは壇蜜さんの写真つきで「断密・断三」を呼びかける画像が

話題になっていますが、うまい!と膝を打ちました。

* * * * *

さて、みんと4月10日号が本日、発行になりました。

表紙面は津別のコットンコレクション・プチの平塚さん。

こちらのお店は私も大好き♪

私のコレクションを紹介させてください。

 

綿コレクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥のブラウスは平塚さんが生地を選び、中村さんが制作してくれたもの(だと思う)。

もう何年も経つけど、夏に愛用しています。

花柄は刺繍。

生地がパリッとしていて、ノーブラでも分からない(だろう)点が嬉しい。

黄色い帆布ショルダーは、肩ひもが幅広で、掛けやすいです。

茶色と白のチェックは、小袋から出すとエコバッグになります。

軽いけど、ペラペラではないしっかりした生地です。

 

バッグ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番のお気に入りはこちら。

ついつい「どこへ行くのも一緒」となって、ペット状態です。

(以前、撮った写真ですが、なぜ野菜と電卓が…?)

 

バッグ内側

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファスナーで口が閉まるので、

財布、携帯、小物入れ、ティッシュ、ハンカチ…と、結構たくさん入ります。

みんと記事を読んで、また新しい何かが欲しくなりました♪

コットンコレクションさんの詳細は紙面でご確認ください。

新連載「山と星ギャラリー」や、

オリホヴィク美香さんの「ロシアのコロナウイルス事情」など

読みでのある興味深い記事をゆっくりご覧ください。

私が担当している漢字クイズもワイドになりましたので、

頭の体操にぜひチャレンジを!

 

ミカンの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが家の玄関で場所を取っているミカンの鉢植え。

1週間ほど前、4年ぶりに花が咲きました。

20年以上前(北見に来る前)知り合いから小さい木を貰って、

我が家で天井につくほど成長したのですが、花が咲いたのは3度目。

前回2016年4月にも、みんとブログに載せました。

実が生ったことは一度もありません。

家族が調べたところ、たぶん夏ミカンだろうとのこと。

童謡「みかんの花咲く丘」は大好きですが、みかんの花の香りは、

室内だと、さわやかを通り越して正直キツイです。。。

* * *

では皆さん、くれぐれも「断密」ですよ!

これも巣ごもり消費?

こんにちは。金曜日(さ)です。

リニューアルしたみんと1号目が発行になりました。

今後とも、みんとをよろしくお願いします!

* * * * *

さて、2月初旬から不要不急の外出を控え、

もうすぐ2カ月になろうとしています。

外食できない分、お金をためておいて、

新型コロナが終息したら食べに行くよー!と言っていましたが、

家計簿を締めてみたら、2月・3月の食費(外食以外)が多くなっていて、

我ながらアレッという感じです。

子どもが休校で…というわけではないのに。

思えば、海明けの毛ガニも買いました(美味しかった!)

在庫が余って困るということで、知人にも毛ガニ送りました。

「おもしろきこともなき世をおもしろく」と言いますが、

新型コロナで巣ごもり中、食べるものくらい美味しいものを、

と財布が緩んでいたなと思います。

特筆すべきはパンに塗る「ピーナッツペースト」です。

ピーナッツペースト好きなんですが、国産と書いてあっても、

原材料は外国産のことが多く、あまり買ってませんでした。

原料も国産というものもあるにはあるのですが、お値段がよくて

手を出していませんでした。

今回は、その原料の落花生が千葉県産のものを次々と買って食べ比べしたという話。

お値段安い順に

ピーナッツクリーミーバター(池宮商店)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーナッツクリーミーバター(池宮商店)

170グラム・税込626円。

コープさっぽろのトドックで購入。

植物油脂などが多く添加されていて、フワッとした食感です。

 

ピーナッツペースト(池宮商店)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレもトドックで買った「ピーナッツペースト(池宮商店)」。

160グラム・税込648円。

ピーナッツ以外の添加物(油脂)が減っています。

 

ピーナッツペースト(千葉豆乃華)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーナッツペースト(千葉豆乃華)

150グラム・(はっきり覚えていないのですが)1000円くらい

コープのお店で購入。

原料は落花生と粉糖のみ。

油が上に分離して浮いていて、最初バターナイフでよくかき混ぜないとダメ。

一度かきまぜれば、次からは普通に使えます。

食べ比べの結果、原料がシンプルな最後の商品が一番おいしかったけど、

リーズナブルなのは真ん中の商品かなと思いました。

* * *

本なら読み比べ、食品なら食べ比べ。

ちょっとした贅沢タイムでした。

新型コロナへの警戒は緩めてはいけないけど、

そろそろ平常心を取り戻そう。

* * *

新しい朝ドラ「エール」始まりましたね!

福島県の子ども時代、楽しく観ています。

直太朗先生の今日の言葉よかったな。

「人よりほんの少し努力するのがつらくなくて、

人よりほんの少し得意なこと。

それが見つかったらしがみつけ。

必ず道が開ける」

思わずメモしたけど、合ってるかな?

#みなきたみ 助け合って行きましょう!!

いよいよ4月1日。本格的な春の訪れが感じられる日々ですが、どうもうきうきとした気分になれません。

新型コロナウイルス。北見ではなんとかクラスターが潰せたようですが、今度は東京など道外が心配になってきました。また、海外も悲惨な状況が続いている国があり、自分のところがよくても、ほかの地域がよくならなければ、またいつ感染者が出てくるか、心配が尽きません。まさにみんなが幸せでなければ、自分も幸せになれないことを実感します。なんとか収まるのを祈るしかありませんね。

また、自粛で人の動きも止められて、経済も落ち込んだままです。もしかしたら、いままで私たちが経験した以上の状況になるのかもしれません。でも、いつまでも身をすくめてばかりはいられません。

飲食店のテイクアウト情報や在庫SOSなど困っている人たちを救う企画がネットでもいろいろありますが、今、北見市内のいろいろな団体が連携し、市内、市外のたくさんの人に助け合いのきっかけを作るために、企業やお店などの情報をまとめたサイト、「#みなきたみ」が開設されました。(ページには下の写真をクリックしてください)

それぞれがいまできること、やっていることの情報がここにあります。もしみなさんに少しでもできることがあれば、みんなで応えて、みんなで一緒にこのつらい状況を乗り越えて行きましょう!

, ,

常呂の名店、レストランブレが閉店(涙)。

こんばんは!2月最初の日曜です。

つい先日、「明けまして…」と言ったと思ったらもう2月。

本当に月日の経つのが早い…いや、早すぎる。このままでいくと…(涙)。

 

さて、タイトルにもありますが、ちょっとさみしい出来事がありました。

北見市常呂町にあるレストランブレさんが、先月末をもって閉店しました。

ブレは、当時の東急サロマ湖リゾート(現鶴雅サロマ湖リゾート)で、

スーシェフをしていた米本健さんご夫妻が、19年前にオープン。

以来、常呂の食材を使った本格的なフレンチが味わえるお店として、

地元常呂や北見をはじめオホーツクにもファンが多く、愛され続けていました。

みんととのお付き合いも開店と同時に始まり、最初の担当者は(柊)。

その後を私が次いで、お店紹介やライブの告知などをしてきました。

もちろん、常呂で取材があるとおいしいランチを食べに寄ってたっけ…。

左の写真のモデルっぽいポーズをとってるのは(有美)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が閉店の知らせを聞いたのは、昨年の晩秋…。

毎年、年末に同店で開催するオーナーが所属するJAZZバンドのライブの

告知記事を依頼に来られた際に、「1月末で店を閉めるから…」と。

 

記事の中にも書いていいから…とのことだったので、「今年が最後」の

見出しをつけて掲載したところ、「え!ブレさん、お店を閉めるの?」と

同店のファンの(さ)をはじめ。多くの人から聞かれました。

あの記事が出て以来、閉店前にブレの味をもう一度…というお客様で

ランチもディナー予約でいっぱいの状態が続いたようです。

私も最後にお二人の顔を見たい…と思っていたのですが、

知人が「最後にブレに行きたいんだけど、一緒にどう?」と誘ってもらい

なんとか予約もできて、閉店前日の30日(木)の夜に行ってきました。

 

ブレの名物といえば、ママさんのサラダ。

手前にあるダイスのマリネが絶品なんです。

ドレッシングもおいしい~。

 

 

 

 

 

 

私が食べたのは牡蠣のベーコン巻き。

牡蠣がブリップリでソースの相性抜群!

付け合わせの野菜もおいしくて~。

もちろん、ペロッと食べちゃいました。

 

 

 

 

 

 

こちらは、一緒に行った友人がオーダーした

「ビーフシチュー」です。

彼女は、運ばれてきたお皿に目を丸くして、

食べ始めたらた、そのおいしさに無口に…

一心不乱に食べていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

他の2人はハンバーグ、

ソイのポワレバルサミコソースをオーダー。

プラス牡蠣のグラタンをみんなでシェア。

もう大満足で、帰りの車の中は会話が弾む、弾む!

おいしいものって、本当に人を幸せにしてくれるんですね。

 

 

 

 

 

大好きなお店が閉店してしまったのはさみしいですが、

19年もの間、お客様を幸せにしてくれたオーナー夫妻に感謝です。

これからは、ゆっくりとお過ごしくださいね。

 

 

もう2月、まだ2月?

こんにちは、(榛)です。

とうとう本来の?雪景色になってしまいましたね。

昨夜は予定していた車での外出を控えましたが正解だったようです。

朝の状態はこんな感じ。

2月の餌台

 

 

 

 

 

 

鳥さんは不在です。

 

 

 

 

 

実は、数年前の大雪の夜に、私はとても怖い思いをしました。

自宅のそばの道路は幅が狭いうえに坂が多く、

その夜は家を出た20時にはそれほど積もっていなかった雪も

深夜を過ぎて帰る頃には、膝上ぐらいになっていました。

吹雪く中、もうすぐで家というところの角を曲がると車が前に進みません。

ほかに誰かが走った形跡もなく、私の“軽”が道を作るような状態でした。

「これ以上無理して進んだらはまってしまう?」

「もしここをクリアしてもその先にある上り坂は無理かも」

そして、

「こんな夜中では、誰にも連絡がつかない!!汗」

と一気に不安になり、慌ててバックで来た道を戻りました。

幸い自分のタイヤ痕があるからバックは割とスムーズで

大通りまで出て、近くのコンビニに事情を話し、

一晩、車を置かせてもらうことにしました。

車を置いた私はそこから徒歩で家路に。

すでに腰ぐらいまで積もった雪をかき分けるように歩いて10分強。

ブーツの長さよりも雪のほうが深いから靴の中に雪は入るし冷たいし。

視界が悪くて、一人きり。これがまた怖かったー。

何事もなく本当に良かったと思いました。

(電話に出ない家人には不満でしたが・・・)

 

~~~~~

 

さてさて、昨日のみんと「くいしんぼ情報」でご紹介したのは

麵屋はる吉さんの「えび塩らーめん」。

えび塩らーめん

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろなお店でエビ味のラーメンを食べましたが

エビのアクが強すぎたり、逆にエビオイルをかけただけの浅いものだったり

あまりおいしいと思ったことがなかったのですが、

これは本当においしかった!

記事にもあるようにバランスが絶妙!

ぜひ食べてみてくださいね。おすすめです。

 

 

「麺屋はる吉」

北見市中央三輪1-362-8■0157-57-3779

営業時間11時~14時30分、17時~19時30分

毎週月曜(ほか不定休)

 

 

~~~~~

 

2月になりましたね!カレンダーめくりましたか?笑

 

紙幣の人物

おはようございます。金曜日(さ)です。

「雪、少ないよね」

「こんなこと、なかったよね」

「雪かきしなくて済むのは助かるけど…」

「何か…気持ち悪いよね」

北見市民の最近の会話です。

TVニュースでは、畑が雪に覆われないため、

土の凍結などにより農業に被害がでるのではと心配されてます。

雪どころか雨も降らないので、「水不足」は大丈夫なんだろうか、とフト思いました。

雪かきしないと運動不足にもなりますよね。

でも、外は最高気温も氷点下の真冬日で、散歩するには寒いし…。

体育館へ行く、スーパーを歩き回る、室内で体操、

家の掃除(特に拭き掃除が効く!あまりやらないけど!)など

工夫したいですね。

* * *

今日は「みんと」が発行になりました。

私が担当する「手書きで挑戦・漢字クイズ」も1カ月ぶりに掲載です。

コメント欄にも載せましたが

「額に入った紙幣のコレクション」というのがあるんですね。

知らなかったのでグーグルで画像検索して見てみましたら、

ほえー!となりました。

ステキですよ♪

知らせてくれた読者さん、これが家にあるなんて…

文字通り、お宝ですね!

飾っておくのは怖いかな。

時々出してみて、ふふふ…がいいかな。

私個人的には伊藤博文の千円札を見たときに

「きれい!」と思った記憶があります。

急に多色刷りになったような…(トシバレル)。

コメント欄に書いた神功(じんぐう)皇后の紙幣のデザインは

「神功皇后 お札」で画像検索してみてください。

洋風グラマー美魔女で驚きますよ。

明治政府に雇われたイタリア人画家キヨッソーネが描いたものだそうです。

ウィキペディアによると、

キヨッソーネは大蔵省紙幣局の女子職員をモデルに描いたとのこと。

「紙幣デザインが変わる」という突然のニュースがあったのは、

昨年4月のこと。

新元号の発表、新紙幣の発表と続きましたね。

2024年の上半期をメドに、表面の肖像が変わると。

1万円札:福沢諭吉→渋沢栄一

5千円札:樋口一葉→津田梅子

千円札:野口英世→北里柴三郎

このニュースに伴って、「大隈重信じゃないのか」という反応があったと

いうネット記事が印象に残っています。

福沢諭吉→慶応大学創始者、大隈重信→早稲田大学創始者

ということもあり、早稲田大学関係と出身地の佐賀県を

中心に期待されていたようなんです。

そこで、このクイズの答えを見ていただくと…

ガッテンしていただけますか?

皆が大好き「お札」のトリビア話は尽きませんが、このへんで。

興味のある方は、国立印刷局のHPなどを読んでみてね。

***

お正月の東京土産。

まだ1月なのでぎりぎりセーフかな?

令和の初春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港でおなじみ「ねんりん家」のバウムクーヘンですが、

年末年始の期間限定品です。

「令和」という元号の出典が

万葉集「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は(以下略)」

と発表された時から考案してきたのかな?と思いつつ、

美味しくいただきました。

ちなみに、ピンクの部分は苺味?と思ったら、桜風味でした!

他にも「令和」と名付けられた記念スイーツは

全国でたくさん発売されたようです。

ではまた。長々読んでくださってありがとう!

 

横断歩道の白い所

1月10日、金曜日になりました。(さ)です。

スーパーでは、もう「節分です!」「恵方巻の予約です!」と

宣伝してます。

お正月気分を払拭しましょう、ということなのかな。

今日は交通安全の話を。

昨日の昼間、クルマを運転してまして、

赤信号で先頭で止まっていたら、

目の前の横断歩道を歩行者さんが次々と通り、

ひとり、またひとりと滑って転びそうになってました。

中学生、中年男性、いろんな年齢層の人たちでした。

共通するのは、横断歩道の「白い所」を踏んだこと。

今年は雪が少なく、横断歩道も露出してます。

雪で覆われていません。

白い所がなぜ滑りやすいかといというと、

アスファルトと違って水がしみこまず氷の膜ができやすい。

路温も、アスファルトの黒い部分に比べて高くなりにくいので、

氷が解けづらい。

…という理由があるようです。

(追記:もともとペンキでツルツルしているというのもありますね)

畳のへりを踏まないとか、敷居を踏まないとかいう礼儀作法の

言い伝えも、元はと言えば、つまづきやすいからだったのでは?

これと同じで、冬は横断歩道の白い所を踏まないようにする、

というのを心掛けた方がいいんじゃないかな。

雨の日も滑りやすいですね。

かといって車道にはみ出して歩くのも危険だし、

大股で歩いて、白い部分をまたげるかな…?

滑りにくい白い塗料もあるようですが、

これが北国に普及するといいですね。

それまでは、おのおの自衛しましょう!

 

ちょこ畳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは北見のラ・ナチュレーブさんの「ちょこ畳」。

お正月に帰省した子供に「北見で何か食べたいものある?」と聞いたら、

「ナチュレ―ブのちょこ畳ってあったよね」と言うので、

「あった、あった」

というわけで、久しぶりに買ってきました。

こちらは1300円(税別)のもの。

ロングセラー。人気あるからですね。

 

 

 

ちょこ畳断面

 

 

 

 

 

 

 

 

「5つの層のハーモニー」というキャッチフレーズなので、

ぜひ断面を…と思って、緊張して切りましたが、

パリパリチョコの層がパリパリと割れてしまいました。

これは仕方ないのかな。

味は申し分なく美味しかったです♪

***

こんなこと書いてると、またお正月モードに戻りそうになるので、

ネジを巻いて通常の生活リズムを取り戻さなくちゃ…

ともかく、横断歩道の「白」には気をつけましょう!