Archive for category お店情報(食べ物)

ワイン。

昨年今頃、余市にあるワイナリー ・オチガビ (Occi Gabi)の
「ワインの木・オーナー制度」をご紹介しました。

ひと口1万円でオーナーになることができ、
特典として1年に1本、9年間(計9本)プレゼントでいただけることを書きました。

そう、あれから早一年。
今年も特典のプレゼントワインの時期がやってきました。

札幌から車を走らせ、ワインを受け取り、
ついでにランチを済ます。
もちろん〆はデザート!!!

濃厚なチョコレートケーキ、バニラアイス添え。

IMG_6628

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フルーツのタルト、カボチャのカタラーナとともに。
幸せな気持ちになれる味でした。

IMG_6625

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hamu

あ、これはいただいたワインをおいしくいただこうと購入したチーズ。
出してくれた人が「チーズの生ハム巻、イモムシ風でございます」っておい。

ダイエットの敵。

それは己の意志の弱さだけではない。
ここにきて数々の誘惑や心が折れそうな出来事だらけで…。
と、ここまで書いていて気が付きました。

…。自分の意志が弱いだけじゃん!

なるべく歩く、冷たいものは控え、白湯を飲むようにする。
食事の際にはまずは野菜から、炭水化物は最後に。
お菓子は控えめに。

やはり年齢とともに基礎代謝も落ちていて、
筋肉量も減っているからなのか、
ここまでやっても現状維持。

本州からやってきた人との食事は「北海道らしいもの」がキーワード。
今年に入ってからまぁ比較的順調だった「体重の現状維持」が
この「北海道らしいもの」に崩されつつあります。

ラーメン、ジンギスカン、スープカレー…。
外食はどうしてもカロリーオーバーになりがちです。

「たまにはいいか」。
この、たまに、が続いています。
えぇただの言い訳です。

でもせっかく食べるのなら美味しいものを食べたいじゃないですか?

IMG_6530

画像は、私が北海道内で一番好きなラーメン屋さんの「塩らーめん」。
とろりとした鶏スープに柑橘系の香りがいい感じ。
機会があればぜひおためしあれ。

「麺や けせらせら」
札幌市北区太平7-5-2-5
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:45)
17:00~21:00(L.O.20:45)
※但しスープが無くなり次第閉店
011-771-5246
定休日:木曜日 第3水曜

網走湖のワカサギつくだ煮

おはようございます。(さ)です。

昨日から寒さがゆるんでますね。明日はもっと気温が上がるみたい。

でも、日曜から雪みたい。

今日・明日のうちに、しておくことはないかな?

家の周りの雪山を減らして、雪捨て場を確保しておいたほうがいいでしょうね。

とは思いつつ、暖かいと気持ちも緩んで、のんびりしたくなるなあ。

 

ワカサギ佃煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この包装紙、ご記憶のある方もいらっしゃるかしら?

一昨年の「みんとまつり」に出店されていた網走「BUONO(ボーノ)オホーツク」さんですよ。

原料は網走湖のワカサギ。

美味しいのに、お値段控えめの嬉しい一品です。

昨年は「みんとまつり」がなかったのですが、お正月用にどうしても入手したくて、

電話してみたら、取り寄せることができました。

500グラム入り1,450円+税+北見までの送料550円。

1キログラム入り2,600円+税+神奈川県までの送料900円。

神奈川県は義兄(北海道出身)に頼まれて。

ワカサギの佃煮が好きなんだけど、国産はスーパーに売ってない、とのことで、

毎年、網走湖産を確保して送っています。

小分け冷凍して少しずつ楽しんでるそうです。

 
ワカサギ佃煮アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の親戚へのお歳暮にも……と思って、追加注文したけど、完売したとのこと。

また2月頃から販売します、と言われました。

そこで、先日問い合わせてみたら、販売開始してました!

思えば、新物ワカサギですね。

今さかんに釣れてるんでしょうね。

わが家も小分け冷凍したけど、500グラムは1カ月で食べ切ってしまいました。

小腹がすいたとき、口寂しいときに少しずつ食べたいので、常備しておきたい一品です。

工場の方でも買えるみたいなので、そのうち流氷見物がてら寄ってみようかな?

【お問い合わせ先】

BUONO(ボーノ)オホーツク

電話 0152-61-5500

網走市字呼人418番11

不定休(土曜日は原則としてお休みだそうです。買いに行く場合は電話で確認してからですね)

 

ワカサギ釣り風景@網走湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【昨年2月11日のワカサギ釣り風景@網走湖】

昨日は晴れて穏やかな天気でしたが、ちょうど1年前もそうだったんですね~

話題の【店】紹介 長い名前のアンサーさん^^

おはようございます。(榛)です。

北見では昨日「北見厳寒の焼き肉まつり」が開催されました。

札幌などからもカップルやグループが訪れ、

夜の街も賑わっていたようです。

 

引き続き、今日と明日は「北見冬まつり」開催中です。

北見市のホームページにはタイムスケジュールも掲載されているので

参考にしてお出かけしてみてね。

http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011030700042/

 

 

さて、おととい2月4日(木)号のみんとは8ページ仕立て。

読み応えがありますでしょ!(^^)v

まんなかあたりのページでご紹介したお店は、

「ANSWER TO HOUSE OF DREAM」。

長~い名前の雑貨&カフェの店です。

夕陽ヶ丘通りを車で走って、気になっていた方も多いのでは?
外観

 

こちらは、(株)アンサー建築企画運営(店内に併設)の、

インテリアにもこだわりが見られるとてもおしゃれなお店です。

もちろん、インテリア雑貨だけではなく、

コスメや食品などもあり、

ギフトにもおすすめのアイテムなど盛りだくさん。

「マカダミアナッツ(割り器付き)」は

男性に贈っても喜ばれそうですよ。

 

記事には掲載しきれなかった部分もあるので

写真でご紹介しますね。

 

まずは入り口から

 

雑貨コーナー

ピンボケでごめんなさい~

カフェから雑貨コーナーを

カフェのインテリアも全て販売しています。

カフェコーナー

水だっておしゃれ♪

カフェコーナー2

パッサラクアコーヒーも

珈琲も販売

 

メニューは豊富、ランチセットもあります

メニューも豊富

トイレもかわいい!

トイレもおしゃれ♪

 

愛煙家に嬉しい、喫煙室も完備

喫煙室

ギフトにピッタリなものも見つかりそう

answer to house of dream

行ってみてね~

怖い話と和む豆腐

おはようございます。(さ)です。

昨日は立春でしたね。

とはいえ暦の上の話で、オホーツクは流氷接岸シーズン。

冬祭りもあるし、今まさに冬が佳境を迎えるところですね。

でも、昨日は晴れていたので、「2月は光の春」という言葉がピッタリでした。

日差しは、少しずつ春に近づいていきますよね♪ (自分を励ましている)

* * * * *

さて、先週1/28号の言の葉は「替え玉の語源」を取り上げました。

この中で、

人間の「替え玉」は古代メソポタミアの身代わり王の昔からあると言われ、現代でもたびたび噂になります。

と書きました。

そうしたところ、知人に「古代メソポタミアの身代わり王って……?」と質問されました。

実は、私も今回「替え玉」の語源を調べていて知った話なんでです。

ウィキペディアによると……

古代メソポタミアでは、将来を予測するための占いや占星術が盛んに行われていた。

こうした中で王の身に災いが訪れることを示す凶兆(特に日食や月食、気象の異常など)が確認された時、

王を災いから守るために災いに対する影武者とも言うべき王が立てられた。これが身代わり王である。

とのことです。

凶兆が現れると、本来の王は農民などに扮装し、平民としての生活を送るそうです。

そして、凶兆を代わりに受ける身代わり王を即位させます。

凶兆による災いが過ぎたと判断されると、身代わり王になった人物は殺され、王としての葬儀が行われます。

その後、本来の王が復位して、この一連の儀式は終わりとなるそうです。

私が気になるのは、どんな人物が身代わり王に選ばれたか、ということ。

他人の空似のそっくりさんなんでしょうか?

それとも顔の似ている兄弟、親戚とか?

怖い怖い…

(現代の替え玉の噂は、自分で調べてみてね)

* * * * *

北見もめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖い話から一転して、先日、北見駅前パラボにお買物に行き、見つけたお豆腐です。

「北見もめん」というネーミング、この和むデザインにウーンとうなって、「一票」ならぬ「パケ買い」。

私は普段はコープで「江別の大豆で作った木綿豆腐(400グラム入り 140~150円くらい)」を買っています。

(節約気分のときは 売り場の前面にダーッと並んでいる1パック49円くらいのも買います)

原材料:北見産丸大豆とあったら、江別より北見でしょ、と。これが「地元愛」とやらか?

「北見もめん」は、300グラム入りで129円+税。

川東の里「豆ちゃん」の製品。

大町にお店がありますよね。

湯豆腐にして、初めは「これが北見産丸大豆の味か…ふむふむ」などと考えていましたが、

テレビ見ながら食べ始めたら、何も考えず食べ終わってしまいました(汗)

美味しかったです!

ではまた!

追伸)家での制服だけど 「はいてますよ、安心して(笑)」 と(榛)にメールしたら、

「そこはやっぱり 『安心してください。はいてますよ』 と言ってほしかった(大笑)」

と返信が…。うろ覚え・うろ覚え、気をつけなくちゃ(大汗)

ちなみに、はいてるのはパンツというかズボンですよ。

細めだけど、腰や膝に余裕のあるテーパード系が好みです。長い追伸、失礼!

 

らんらんランチ。

24日の(ぷう)のブログにもありますが、
一緒にランチを楽しみました。
 
 
 

行った先は本格ナポリ料理が楽しめるピッツェリア「サルヴァトーレ・クオモ&バー」
(札幌市北区北六条西5丁目1番 サツエキBridge 1階)
ピッツァ、パスタ、サラダ、前菜、デザート、ドリンクなどを味わえる、
ブッフェタイプのランチです。
ディナータイムは多彩な一品料理を愉しむことが出来ます。

 
 

ビッフェスタイルって性格がでますね。
プレートに上品に美しく盛る(ぷう)。
がつがつと「ねぇそれ食べ切れるの?」な量を豪快に乗せていく(柊)。
で、食べ終わる時間がほぼ同じという…。

 
 

よくあるじゃないですか?
9つとか12とかに区切られているプレート。
あれならカラフルに美しく盛れるんです!
でもね、仕切りのないフラットなプレートはどこに乗せたらよいのか迷うんですよ。
 

きっと(ぷう)は空間認識能力に長けているんだ。
と勝手に納得しています。
 

楽しい話は最高のスパイスですね。
気がつけばおかわりのプレートを手にする女二人。
え?画像はどうした?
…恥ずかし過ぎてお見せできません。

 
 

食べ過ぎてしまったので、午後からは札幌モーターショー(1月22日~24日開催)で
ガッツリ歩いてカロリー消費作戦。

 

札幌ドームの最寄駅は福住。
福住駅のある地下鉄東豊線は、札幌地下鉄3番目に開通したこともあって、
地上からかなーり深いところを走っています。
つまり、札幌ドームへの道のりって階段だらけ。

地下鉄への昇り降りはもちろんのこと、
地上に出てから札幌ドームへのアクセスも階段だらけ、
で、札幌ドームについてから展示スペースのある場所へもかなり急な階段。

行くまでは良かったんです。
「わーい、カッコイイ車とバイクだらけ~」とテンションも上がっていましたし。
観終わってからの階段の辛いこと辛いこと。
前日にモーターショーに行っていた(ぷう)からの
「覚悟してね」の意味がよーくわかりました。

 
 

ぜーはー言いながらやっと昇ったと思ったら、また降りる。
そして外に出てさらに降りる。
極めつけは地下鉄駅へ降りるエスカレータ前で
職員さんが掃除をしていてエスカレータを使えなかったこと。

 
 

ちなみに総歩数18498歩でした。
ちょっとは消費できたかな。

 
 

download

寒い日にはあたたかなラーメン。

こんにちは。
寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ダイエット中の(柊)です。
いきなりの挫折に少々自己嫌悪に陥っております。

お野菜たっぷりスープや鶏ハムを作ってサラダに乗っけたりと、いろいろ努力はしてみるものの、やはり「我慢している」感は払拭できず…。たまにはいいか、と週に一度はカロリーや炭水化物を気にしない解禁日を設けてみました。
 
 

ラーメン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

だからっていきなりラーメンかい、という耳の痛い言葉が聞こえてきそうですが。
はい。ラーメンです(笑)
札幌に6店舗、東京に1店舗を展開している「らーめん てつや」さん。
弾力のある黄色の中太縮れ麺に豚骨系スープが絡んで美味しい。

画像は醤油ラーメン。

北見にも美味しいラーメン屋さんがたくさんありますが、もし機会があれば札幌でラーメンもどうぞ試してみてくださいね。

http://tetsuya-noodles.com/

流氷はまもなく?

こんにちは

(さ)のブログにあるように昨日は小正月。

2016年が始まって2週間しか経っていないのに

世間ではいろいろなことが次々と起こり

心が落ち着かない自分がいます。

 

さて、雪が少ないと書いた先週とはうって変わって今週は雪模様の日も多く。

気温も低い日が続き、オホーツク海の冬の風物詩「流氷」も

紋別の沖合90キロまで迫ってきたとニュースでやっていました。

これからが冬本番、北海道の冬の観光シーズン突入ですね。

来週はお天気が荒れるらしいので車の運転などは要注意ですが、

これから予定される冬まつりやイベント等、

たくさんの人が楽しめるものになるといいですね。

冬まつりについてはみんとでもご紹介する予定ですのでお楽しみに。

 

 

紹介といえば、(先週)1月8日号の特集「熱々メニューはいかが?」で

ご紹介した北見市の味覚園栄町店。

こちら、2014年にリニューアルされていたのをご存知でしょうか。

以前は肉を焼くのに無煙ロースターを使っていましたが、

全席七輪に変更されました。

店内中央に設けた「炭庫」で炭を管理しているんですよ。珍しい光景ですね。

s-味覚園炭庫

 

 

 

 

 

 

 

座席も小上がり以外にテーブル席も増えていました。

入り口そばのショーケースは、つい覗き込んでしまいます(笑)

 

s-味覚園店内

 

 

 

 

 

 

熟成和牛専門店としてメニューも工夫していて、

1月は松阪牛が登場するそうです(※取材時のお話)

掲載した「和牛ユッケジャンクッパ」のほかに

お店でおすすめなのが甘口しょうゆ味のトロトロ煮の「もつ煮」。

とろけるホルモンのうま味が味わえます。

 

和牛ユッケジャンクッパ

 

 

 

 

 

 

道新ぶんぶんクラブ加盟店なのでぶんぶんクラブカードを提示すると

氷〆豚ホルモン1人前サービスしてくれますよ。

寒い日にはぜひ行ってみてね。

 

「味覚園栄町店」北見市栄町2-1-7、0157-26-6000、

営業時間/平日11時~14時30分(LO14時)、17時~23時(LO22時30分)、

土曜日11時~23時30分(LO23時)、日・祝日11時~22時30分(LO22時)

 

二度目の登場。

昨日11日は鏡開きでしたが、皆さんお餅は食べられましたか?

本日は、お餅つながりのお話しです。
昨年の7月に紹介した札幌市東区にある人気のお店「かど丸餅店」。
朝早くから行列ができていて、営業時間は朝の6時から夕方16時と
なっているものの、午前10時くらいには完売し閉まっているというお店です。

前から「いちご大福」が気になっていたのですが、
いつ行っても売り切れでなかなか買えませんでした。

いえ、早起きして並べば買えることは分かってはいるのですが、
(柊)朝が苦手なんです。

朝に、その方面に用事があり、「8時かぁ…。あるかな~」と寄ってみたら、
念願叶ってやっと買えました!しかも結構なラインナップ。
いちご大福だけではなく、黒豆大福とくるみ大福も購入し、
ワクワクしながらお茶と一緒にいただきましたよ。

download

やさしい甘さのこしあんと、
程よい酸味と甘さのジューシーないちごとの相性ぴったり!
幸せなひと時を過ごしました。

ということで、本日からダイエット開始します(笑)

「かど丸餅店」
札幌市東区北17条東8丁目2-8
011-711-9420
木曜定休

申年と赤色。

日本各地に伝わる「申年に贈られた赤い肌着を身に着けると下の世話にならない」「赤い肌着を贈る、または贈られた肌着は病が去る」という言い伝え。

北海道では「年下の女性から贈られると良い」とされているそうですね。
(柊)の実家のある宮城県では「身内の女性から贈られた申と書かれた赤い肌着を身に着けると下の世話(寝たきり)にならない」という言い伝えがあります。

そういえば、母が今の私と同じ年齢の時にそんなことを言ってたな、と思い出しました。

だからというわけではありませんが、何かを購入する際には、「赤」も検討したいと思って、昨年末から少しずつ赤色を取り入れています。

これまで白やグレー、黒、ベージュなど落ち着きのある色を好んできたので、あまり積極的に赤を選ぶことはなかったのですが、実際赤を身に着けてみるとちょっとだけ気分があがります。

image

写真はセイコーの時計。電波時計が欲しかったのですが、色&デザイン優先でこの時計に。

左は、お香立て&香皿。
函館と香川に窯を持つ苧坂恒治(うさかこうじ)さんの作品です。丁寧に描かれた「赤絵」と呼ばれる繊細な絵付けが素敵です。
朱色のクルクルがかわいいでしょ?

函館の元町カトリック教会を少し下ったところにある「天然酵母パン tombolo」。ここのイチジクとクルミのパンが好きで、函館に行った際には寄らせていただいています。パンの種類が日替わりなので行くたびに新しい味に出会えるのも魅力。一度しか食べていないバナナのタルトが忘れられません。

こちらの店内には、オーナー苧坂さんのお父様で陶芸家の苧坂恒治さんのギャラリー「Studio Oval」が併設されています。

昨年12月に器を見に足を運んだのですが、これ!というものに出会えずお店を出ようとしたら息子さんに「自宅兼ギャラリーがすぐ近くにあり、そちらでも作品を展示、販売していますよ」と丁寧に地図まで書いていただき、そちらにも伺うことに。息子さんから電話を入れて頂いていたようで、寒い中、版画家でもあるお母様がわざわざ外で待っていてくださいました。

ギャラリーと作陶場でいろいろな作品を見せていただきました。壺などの大型作品もあり、感動!!
営業部長だという看板猫・あずきちゃんもかわいかったー。雪がとけたらまたおじゃまさせていただこうと思っています。