Archive for category お店情報(食べ物)

今年も篠根果樹園へ

こんにちは。やっと腰痛が治った(さ)です。

腰痛の間、家から出ることもなく、骨休めができました。

こんなことでもないと、ちょこちょこ飛び歩いて落ち着かない日常なので。

日にも当たらず、心なしか顔が白くなったような…?気のせい?

それはいいけど、日に当たらないと、「骨」が心配なお年頃!

やはり適度に外出しなくては。

さてさて。

今を去る10月22日道新の夕刊1面に、たわわに実った真っ赤なリンゴの写真が載っていました。

栽培激減 幻のリンゴ 「旭」北見で健在 酸味に根強い人気

という見出しでした。本文中に

「カナダ原産の旭は、英語名をマッキントッシュといい、米アップル社のロゴマークにもなっている」

とあり、へえ!となりました。

実は私、その前日、篠根果樹園さん(北見市昭和)にリンゴを買いに行き、

「旭」と「つがる」を買ってきたのでした。

去年か一昨年は、空のリュックを背負って、歩いて買出しに行きましたが、

今年は腰痛中だったので、車で行ったのが、ちょっと残念かも…。

シノネ果樹園

 

 

 

 

 

 

 

リンゴ@シノネ果樹園

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、見るたびに幸福な気持ちになる

リンゴの木。

りんご直売所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンゴはこちらの建物の中で販売しています。

 

 

 

懐かしいリンゴ箱

 

 

懐かしい感じのするリンゴ箱。

むつ、国光などの文字が…。

収穫したリンゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫したリンゴが並べられていました。

シノネさんのリンゴは、とにかく香りがすばらしい♪

もちろん味もジューシーで美味しかったですよ。

つがるは甘く、旭は甘ずっぱく。

冬になるまでの間、次々といろいろな種類が販売されると思います。

また行きたいけど、週末から札幌へ行く用事があり…。

帰ってきた後も、まだリンゴ買えるといいな。

では、皆さんもよい週末を♪

ザーサイ大好き♪

こんにちは。(さ)です。

ちょっと前に、夏から秋への季節の変わり目と言ってたら、

今度は秋から冬への季節の変わり目になってしまいましたね!

お昼のNHKニュースでは「最低気温、北見市留辺蘂がマイナス2.1度」と全国的に報道されてましたよ。

石北峠などの吹雪、中山峠の積雪、稚内の初雪の映像も出ていてブルブルッと来ました。

私は、季節の変わり目ごとにどこか具合が悪くなってしまうのですが、

今週は腰痛…。早く元気になりたーい。

 

さてさて、今日はザーサイの話を。

たんぽぽ広告

先日、みんとの広告を見てアラマー!と思いました。

ラーメン「たんぽぽ」さんの広告ですが、

「おいしい味付ザーサイ販売いたします」

と遠慮がちに書いてあるではありませんか。

私は、中華料理屋さんに行くと、

ザーサイを味見するのが楽しみです。

お店ごとに歯ごたえや味が微妙に違うんですよね。

先日、カレーラーメンを食べに「たんぽぽ(北見市緑町)」さんに行き、

帰りにザーサイを買ってきました(2回目)。

 

たんぽぽ張り紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たんぽぽザーサイ

ここのザーサイ、歯ごたえはやわらかめで、

味付けが塩辛すぎず、ほんとに美味しいです。

硬すぎる!しょっぱすぎる!ザーサイにばかり

当たる方は、ぜひお試しを。

新米の季節、何はなくともご飯が進みます♪

(いいのか、悪いのか…わからないけど)

 

 

 

 

ところで、ザーサイって元は何なんでしょう?

調べてみると、アブラナ科アブラナ属の「カラシナ」の変種だそうです。

(九州名物の漬物「高菜」も「カラシナ」の変種なんだそうです)

作り方はウィキペディアによると、

「ザーサイの茎の肥大部を天日に干し、一度塩漬けにしてから搾って塩分を抜き、

調味料(塩、唐辛子、花椒、酒など)と共に甕に押しこんで本漬けする。

「搾菜」の名前の「搾」は塩水を搾ることあるいは搾るように甕(かめ)に押しこむところから来ている」

だそうです。

食べるのは、根かと思っていたら、茎の部分だったんですね。

ではでは、季節の変わり目、暖かくして&栄養とって&睡眠とって、元気にお過ごしくださいね。

弱いのよ、限定に。

札幌にある「ミッシュハウス」で、期間限定メニューの「キャラメルナッツパフェ」を食べました♪
本店は伏見にあり、1階は厳選素材を使った手作りアイスクリーム店。
コクがありながらも、さっぱりとした味わいが特徴です。

2階はパフェ専門店。
手作りアイスクリームはもちろんのこと、
パフェに添えてあるあずき・白玉・寒天・ゼリー
ムース・ソースなども全て手づくりだそうです。

伏見稲荷の赤い鳥居と緑の木々を眺めつつ
期間限定メニューをいただきました。

ゆったりのんびり。

住所:札幌市中央区伏見2丁目2-20
電話:011-552-5531
定休日 :毎週月曜日(祝祭日と重なる場合は翌日)
営業時間:
手づくりアイス専門店 ジェラテリア(1F)11:00~18:00
手作りパフェ専門店 パフェテラス(2F)(10月から冬期営業)11:00~18:00/ラストオーダー17:30
http://www.missu-house.com/husimi.html

 

 

うどん・四季料理 御亭茶屋で夕食

曇りで肌寒い北見市です。

今日は敬老の日。

「みんと」に掲載しているクイズの応募者にも年配の方々が多くいらっしゃいますが

今日はどのように過ごしてらっしゃることでしょうか。

ご家族と楽しいひとときを過ごしてらっしゃるといいですね。

 

さて、先日

ひさしぶりに北見市の「御亭(おちん)茶屋」さんで夕食を食べてきました。

ここはおいしい手打ちうどんのお店。

今日は「茶屋セット」というメニューに興味を持ち

少々お高めの値段だけどフンパツして注文してみました。

写真のほかにご飯&みそ汁付き

焼きものは日替わり、この日はサンマ。

右はじは茶碗蒸し、1,680円。(うどんは無し)

レモンをしぼってさっぱりと♪

「冷やし山賊」980円。

うどんはコシがあってツルツル(道産の小麦で手打ち)、

エビ天3本に山菜、細切りの揚げとキュウリがのってボリュームたっぷり。

 

おいしいうどんを食べたくなったらぜひこのお店へ。

日替わりサービスランチもやっています。

 

「御亭茶屋」

北見市高栄東町3丁目20-10 電話0157-26-2083

営業時間11:30〜14:30、17:30〜20:00、火曜定休

http://www3.ocn.ne.jp/~ochin/index.html

 

やっと秋らしくなりましたね。

こんにちは!今日はどんよりと曇っている北見です。

昨日は最高気温が31度超え・・・本当に9月なの?と思わせる気温でした。

しかし、今日は一変・・・20度ちょっと。やっと本来の気候に戻ったのですが、

今までが暑すぎたので、なんだか急に寒くなった感じがします。

日に日に秋の気配が深まって行くことでしょう。

 

14日の金曜号の特集は「和菓子」でした。羊羹に最中、お饅頭などオーソドックスな和菓子、

ケーキ屋さんのオシャレな和菓子と、お菓子によくあうお茶をご紹介しました。

どれもおいしそうでしたが、この記事を改めて読んだ(榛)が、

「お菓子の記事を読んでから、お茶の記事を読むと、ものすごく日本茶が飲みたくなってきた~」

とコメントしていました。それを聞いてうなずく私・・・きっと皆さんも同じだと思います。

このお茶は、記事で紹介した「三香園」さんに取材でお伺いした時に出していただいたもの。

きれいな緑色、口に含むと、ほろ苦さの後に日本茶独特の甘みが広がります。

飲み込んだあとのさわやかさ・・・やっぱり日本茶っておいしいな~って思いました。

これから寒くなって来ると、温かい飲み物が恋しくなってきます。

コーヒーや紅茶もいいけど、日本茶もおススメですよ~。

同店では、販売している全てのお茶を試飲させてくれますので、色々と飲み比べて

好みのお茶を探すのも楽しいかもしれません。

「(株)三香園」北見市とん田西町378-5、0157-23-4280、営業時間/9時~18時、無休

再び川湯温泉駅前 森のホール

暑さが終わったのかと思ったのですが

今日の編集部、蒸してます・・・。1日中雨でしたネ。

 

自分でもしつこいかもと思いつつ、再び川湯温泉駅前のカフェを紹介させてください。

夫が近くの温泉に入っている間に、1時間ほどカフェでお一人様の時間を過ごしました。

森のホール
ここ「森のホール」はカフェ(セルフ式)を併設したケーキ屋さんで

古い民家を改装したらしく、随所にその名残がを残していて

雰囲気のあるステキなお店です。

 

かなりのボリュームですよ。飲み物付きで850円。

その日は絶対ケーキセットを食べようと思って「あそーと」という

お店におまかせのケーキの盛り合わせを注文。

左からアイス、桃のケーキ、モンブラン、エクレア。

楽しいメニュー
「端野町のファーマーズのベーコンを使ったピザ」とか

「小川百商のタマネギを使ったオニオンなんとか(忘れた)」とかメニューにあって

このお店でも北見とのつながりを感じました。

 

しかもわたしがこのお店を気に入った決定的なコトとしては

津別町相生のシゲチャンランド、大西重成さん制作のグッズが

店の奥にさりげなくディスプレイされていること!

いい味出てるんですから〜。

 

また行きたいなあ。 

でも今度は前週のみんとを片手に弟子屈市街地まで足を伸ばそう。

(ぷう)(榛)大大大絶賛の「あいす」も食べてみなくちゃね〜!!

 
森のホール 弟子屈町 JR川湯温泉駅前
http://www.h7.dion.ne.jp/~kawayu/orchard_baraques-cafe.html

 

 

札幌の居酒屋さん

と言っても、サツエキやススキノではありません。
東区元町にある「ビストロ風居酒屋 なごみ屋 元町店」さんのご紹介です。

コチラのお店、北見にある蛍家さん、味覚園さんと同じく
株式会社 ライフコーポレーションさんの系列店。

その名の通り、アヒージョやパスタ、牛の赤ワイン煮などちょっとこじゃれたメニューが並びます。
写真は、「名物!カルパッチョ五点盛」。
タイやサーモン、タコなどのお刺身に
それぞれ異なるソース&トッピングで見た目にも美しい
お料理です。

 

 

 

 

 

 

機会があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。

「ビストロ風居酒屋 なごみ屋 元町店」
011-780-8844
札幌市東区北二十三条東16-6-1

札幌にもできました〜

本日は、「バースデーイヴ 札幌店」さんのご紹介です。

そう、北見市とん田西町、イトーヨーカドーさん向かいのお店

バースデーイヴさんの札幌店が7月にできたんです。

 

建物の道路に面した側がガラス張りのちょっとしたイートインスペースになっており、

「ん?あれ?何食べているんだろう。あ、ソフトクリーム??」といった感じで

クルマでそばを通るとかなり気になります。

 

早速、ケーキとシュークリームとマカロンを購入。

にもかかわらず、さくっとフォークを入れたところで

写真を撮るのを忘れたことに気がつく…。

 

 

写真のマカロンは紅茶とピスタチオ。

お店ではカシスと、ミント&シトロンを試食させていただきました。

どれもおいしかったー。

 

北見店とラインナップが同じなのかが気になります。

 

TEL:011-711-1115

住所:札幌市東区北22条東8-1-1

営業時間:10:00~20:00

定休:水曜日

 

晩ご飯を食べに「たまねぎ食堂」へ

雨が降ったりやんだりの1日でした。

さっき、テレビで今日行われたロンドンオリンピックのメダリストたちによるパレードの報道を見ました。

柔道の上野順恵選手、なでしこの高瀬選手の姿も映っていましたヨ。

二人とも今後いっそうの活躍を期待したいですね。

 

左奥はエビチリソース定食(1080円)

さて先日は、夜の営業を再開した「たまねぎ食堂」さんへ夜ご飯を食べに行ってきました。

しばらく昼のみの営業だったので行けずにいたのですが

7月から夜の営業を再開したようで(7月のみんと広告による)

待望の、といったかんじでお出かけしました。

たまねぎ食堂は小さな(失礼)お店ですが、家庭料理のような温かみのあるご飯を食べさせてくれる定食屋さんです。

壁に道新夕刊の「オホーツ喰(く)ぅ」欄に掲載された「油淋鶏(ユーリンチー)定食」の記事が張ってあったので

わたしも ユーリンチー定食を注文!(950円)

運ばれて来た皿を見てびっくり。こんなにボリュームがあったのか・・・。

さすがに食べきる自信がなく、3分の1ほどを夫の頼んだエビチリ少々とトレード。

(北見産トマトを使ったエビチリソースですってよ!辛みが少なくワタシ向き)

甘酢だれがかかったカリッカリに揚がった鶏肉、おいし〜い!

定食は、ごはんにみそ汁、マカロニサラダと煮物の小鉢付き。

次は何を食べようかな〜。

 

「たまねぎ食堂」北見市西三輪3丁目750-52西9号線・線路近く
営業時間11:30〜15:00(LO14:30)、17:30〜20:00(LO19:30)
電話0157-36-8970、日曜定休

食べたかったのは…

白老にあるマザーズ。定番のたまごから、赤たまご、さくらたまご、

双子たまご、放し飼い有精卵、亜麻仁たまご等のユニークな種類まで、

殻の色や形も様々なものを取り扱う「たまご館」。

そのお隣には養鶏ファームならではの発想から始まった、

上質のタマゴを使ったスイーツが楽しめる

「マザーズスイーツ」があります。

今回は燻タマが食べたくて立ち寄ったのですが、

購入したものは相方のお腹の中におさまり…。

そこでマザーズスイーツで「ミックスシュークリーム180円(1個)」を購入。

青空の下、オープンテラスでおいしくいただきました。

プリンやチュイル、マドレーヌなどもありますので、

機会があればぜひ!

マザーズ

白老郡白老町字社台289番地8
TEL 0144-82-6786
営業時間/AM10:00〜PM6:00
定休日/毎週火曜日 ※だたし、祝日の場合は営業