Archive for category お店情報(食べ物)

晩ご飯を食べに「たまねぎ食堂」へ

雨が降ったりやんだりの1日でした。

さっき、テレビで今日行われたロンドンオリンピックのメダリストたちによるパレードの報道を見ました。

柔道の上野順恵選手、なでしこの高瀬選手の姿も映っていましたヨ。

二人とも今後いっそうの活躍を期待したいですね。

 

左奥はエビチリソース定食(1080円)

さて先日は、夜の営業を再開した「たまねぎ食堂」さんへ夜ご飯を食べに行ってきました。

しばらく昼のみの営業だったので行けずにいたのですが

7月から夜の営業を再開したようで(7月のみんと広告による)

待望の、といったかんじでお出かけしました。

たまねぎ食堂は小さな(失礼)お店ですが、家庭料理のような温かみのあるご飯を食べさせてくれる定食屋さんです。

壁に道新夕刊の「オホーツ喰(く)ぅ」欄に掲載された「油淋鶏(ユーリンチー)定食」の記事が張ってあったので

わたしも ユーリンチー定食を注文!(950円)

運ばれて来た皿を見てびっくり。こんなにボリュームがあったのか・・・。

さすがに食べきる自信がなく、3分の1ほどを夫の頼んだエビチリ少々とトレード。

(北見産トマトを使ったエビチリソースですってよ!辛みが少なくワタシ向き)

甘酢だれがかかったカリッカリに揚がった鶏肉、おいし〜い!

定食は、ごはんにみそ汁、マカロニサラダと煮物の小鉢付き。

次は何を食べようかな〜。

 

「たまねぎ食堂」北見市西三輪3丁目750-52西9号線・線路近く
営業時間11:30〜15:00(LO14:30)、17:30〜20:00(LO19:30)
電話0157-36-8970、日曜定休

食べたかったのは…

白老にあるマザーズ。定番のたまごから、赤たまご、さくらたまご、

双子たまご、放し飼い有精卵、亜麻仁たまご等のユニークな種類まで、

殻の色や形も様々なものを取り扱う「たまご館」。

そのお隣には養鶏ファームならではの発想から始まった、

上質のタマゴを使ったスイーツが楽しめる

「マザーズスイーツ」があります。

今回は燻タマが食べたくて立ち寄ったのですが、

購入したものは相方のお腹の中におさまり…。

そこでマザーズスイーツで「ミックスシュークリーム180円(1個)」を購入。

青空の下、オープンテラスでおいしくいただきました。

プリンやチュイル、マドレーヌなどもありますので、

機会があればぜひ!

マザーズ

白老郡白老町字社台289番地8
TEL 0144-82-6786
営業時間/AM10:00〜PM6:00
定休日/毎週火曜日 ※だたし、祝日の場合は営業

道の駅ハウスヤルビ奈井江

こんにちは。金曜担当・言の葉ミニレッスンの(さ)です。

今日も冷たい麺がおいしい日になりましたね!

今週の言の葉ミニレッスンは、「素麺と冷麦」と題して、その違いを考察しています。

あなたは素麺派?冷麦派?

私は…うーん、迷うなあ。それより…冷やし中華派(ゴメンナサイ)。

漢字クイズは2回連続で五輪クイズ。昨日26日号の問題はもう解けたかな?

(※北見以外の方は本日の道新朝刊折込ですね)

同じく昨日の紙面で7月12日号の漢字クイズの答えも発表しましたが、

北海道の市町村名に「奈井江」という名前が入っています。

というのは、(さ)が個人的に「奈井江」に親しみがあって…。

自分一人で札幌⇒北見を運転して帰るとき、奈井江の道の駅に必ず寄るから、ということなんですけどね。

※札幌⇔北見で私は高速利用せず(苦手&節約)毎回休み休み7時間前後かけて帰ってきます。

奈井江町は空知管内で、国道12号線の日本一長い直線道路区間(29.2キロ)中間点にあります。

かつては炭鉱で栄えた町ですが、今は農業中心の町で、北電の石炭火力発電所もあります。

町名の由来は、アイヌ語で「その川」を意味する「ナイェ」だとする説がありますが、定説はまだない、とのこと。

今を去る7月18日(水)、札幌から帰る途中、1時間半~2時間くらい走った所でお昼になり、ここでひと休み。

ハウスヤルビ奈井江

 

ログハウス風の道の駅「ハウスヤルビ奈井江」という名前。

はじめ「カルビハウス」?と思いました。

※これは(さ)が川崎時代によく行っていた焼肉店名(笑)

ネットで調べてみたら…

「奈井江町の友好都市提携をしているフィンランドの

ハウスヤルビ町(フィンランド語: Hausjarvi)に由来する」

とのことです。

意味がわかってみると、ずいぶんとしゃれた名前ですよね~。

 

 

 

カレー@ハウスヤルビ奈井江

いつも道の駅内の喫茶店「木菟(みみずく)」でカレーセット(650円)を頼みます。

カレーにゴロンゴロンと入っている椎茸が美味しいし、コーヒーも好みの味。

コーヒーでしっかり目を覚まして、これからの長距離に備えます。

カレーの写真の横にあるチラシ、この日(7月18日)、

奈井江小学校のお子さんたちが入口で配っていたもの。

すごーく暑い日でしたが、課外学習だそうで、

何人かの子に取り囲まれ、

「ちょっといいですか?私たちの話を聞いてもらえませんか」と渡されたんですが、

話の後に「聞いてくれてありがとうございます!」とたくさんの子に丁寧にお礼を言われ、

お安い御用なのに、面映い気分になりましたよ。

チラシには…

「おいしいトマトジュースを道の駅ではんばいします。ラベルは奈井江小4年生みんなで作りました。

7月26日木曜日午前10時からです。おいしいトマトジュースなので、ぜひのんでください」

と書いてあります。あっらー、昨日でしたね!失礼失礼。

久しぶりに小学生とお話をして、気分が若返った(?)日でした。

 

ハウスヤルビには、他に「ないえ炭坑食堂29.2」というお店もあり、気になってます。

名前と一致しませんが、本格中華料理のお店だそうで、

大丸札幌店8階レストラン街にある中華レストラン「京花樓」の系列店だとか。

今度はぜひこちらへも行ったみたいと思ってます。29.2は日本一直線道路の長さですね。

 

また、ここの道の駅では、握りたておにぎり、焼きたてパン、ソフトクリームなども買えます。

全部買いたいけど、食べ過ぎると眠くなるので、今回はおやつ用にパンだけ買いました。

 

高速を使わないでオホーツク・札幌を往復するのは、今や少数派かもしれないけど、

あちこちの道の駅、それぞれに工夫を凝らしていて、面白いですよ♪

機会があったら寄ってみてくださいね!

『ハウスヤルビ奈井江』

・所在地   北海道空知郡奈井江町字奈井江28番地

・TEL 0125-65-4601

なんだか食べてばかりの週末…

適度な運動で筋肉をつけることを夢見つつw
本格的な夏に向けダイエットもちょこっと気にしつつも
週末ごとにおいしいもの探検隊になっている(柊)です。

さて、今回ご紹介するのは
「アルトラーチェ デザートアンドコンフェクションズ」さん。
おいしいジェラートやシュークリーム、焼き菓子などがいただける
ステキなお店です。

アイフォンのナビにちょっとだまされつつ
ほんの少し迷子になりながら行ってきました。

連れが財布ごと(免許証入り)忘れたことにこの場で気がつき
帰りは(柊)の運転でした。

画像は「アフォガード」「ベリー&ヨーグルト」のダブル380円。
おいしかったですよ〜

アルトラーチェ デザートアンドコンフェクションズ
住所:北広島市西の里798-5 Farm SALLUZA
電話:011-374-3636
定休:月・火曜
時間:11:00~18:00
http://www.salluza.com/artlacze/index.html

天然酵母もデニッシュ系も

美味しいパン屋さんがあると聞けば
多少距離があってもいそいそと出かける(柊)。

今回ご紹介するのは、特にクロワッサンがおいしいパン屋さん。
実は、人に教えたいような教えたくないような複雑な心境のお店…
「boulangerie Paume」。

こちらのお店、天然酵母を使ったハード系のパンも
デニッシュ系もすっごくおいしいんです!

もちろん店員さんの対応もGOOD!
でもね、こじんまりとしたお店なので
あんまり人気が出過ぎて、
混み混みになって欲しくないなぁというのが本音。

先週の土曜日はバイクで行ってみました。
ハードな革ジャンがごつくて目立ったのでしょうか。
お店のスタッフさんに、
「遠くからいらしたんですか?」と声をかけられちゃいました。
「いえ、近所ですwww」。

パンを袋に詰めてもらう間、しばし雑談。
店内写真も撮らせていただきました。
また行こうっと。

boulangerie Paume (ブーランジェリーポーム)
011-764-3039
札幌市北区新川4条4丁目1-65
営業時間: 9:00~19:00
定休日: 火曜日
http://paume2012.web.fc2.com/

楽天華の冷やし担々麺うまし♪

「寒いね♪」が挨拶がわりのこのごろですが・・・

夏のおいしいメニューを食べてきました。

奥のシューマイは、スタンプカード満欄のサービス♪

楽天華さんの夏限定メニュー「冷やし担々麺」。

肉みそ&お野菜たっぷり。

ごまの風味が食欲を誘って、美味しかったですよ〜!

ワタクシ的に「楽天華」といえば「あんかけラーメン」か「あんかけ焼きそば」。

固執するタイプなので、基本的にあまり冒険しませんが

楽天華さんはいつも新しいことにチャレンジしていて

メニューに遊び心が感じられます。

新しいものを食べてみたいのに

同じものを注文しちゃうんですけどね・・・

せめて夫が冒険家なら新メニューのつまみ食いもできるんですが

夫婦そろって、固執タイプで。

習慣を破るには決めることが大切!

今回はお店に行く前から「冷やし担々麺」を食べようと決めていました。

オススメです!

あ、ひとつ言わせていただけるなら・・・

スープに沈んだ肉みそがすくいづらかったな〜。

スプーンを借りるべきだったかな。

 

「中華料理店 楽天華(らくてんか)」
北見市寿町2丁目2-17中央通沿・交番斜め向かい
電話0157-57-4525
営業時間11:30〜14:30、17:00〜20:30(各LO30分前)
不定休

 

さて、今日は6/14(木)号を発行しました!

言の葉ミニレッスン&漢字クイズの掲載号です。

おいしーい♪

スイーツ好きの(柊)。
「あー、おいしいパフェが食べたいなぁ」と
ネット検索。。。

イチゴ農家の作るパフェ発見!
早速ドライブがてら行ってきました。

行く途中、やたらと対向車がパッシングしてくる…。
ひょっとしてこれは???

やっていました、取り締まり。
そんなにスピードは出していなかったけれど
ありがとう、対向車の方たち。

で、これ。

『四季なりイチゴパフェ』
イチゴがたっぷり入って500円なり。
イチゴソースも自家製だそう。

酸味の強いイチゴに甘めのソフト。
んまぁーい♪

自然満喫倶楽部
011-883-6886
札幌市清田区有明187番地
http://www12.plala.or.jp/daikaen/

優雅な時間の流れるランチタイム

職業柄なのか、性格なのか
はたまた環境なのかは定かではありませんが、
おそらく(柊)のご飯を食べるはやさは
同年代の友人たちに比べかなりはやい。。。

そんな私も一応は
「あ〜、ゆっくりしたいなぁ」と思うこともある訳で。

で、ランチに行ってきたのが
フレンチ「ジャルダン・ポタジエ・テラニシ」。

店名は、「寺西さんちの野菜畑」という意味だそうです。
その名の通り、お野菜をふんだんに使った
お料理を楽しめるお店です。

この日、食べたのは
「ポタジエランチ  1,600円」、
アミューズ・小前菜種盛り合わせ・野菜料理とメイン料理に
デザート盛り合せ・自家製パン・紅茶をいただきました。

盛り付けがとっ〜ても美しく、
どのお料理も美味しかったです。

気持ちを豊かにしてくれる時間って大切ですね。

■札幌市手稲区富丘6条7丁目4-13
■☎(011)691-8313
■月曜定休(月曜日が祝日の場合は翌日定休)
ランチ 12:00~ (L.O.15:00)
ディナー 18:00~ (L.O.21:30)

心もお腹も

以前勤めていた会社の元上司から連絡があって、

女性3人で食事に出かけました。

 

元上司は、とってもパワフルでフットワークの軽い女性。

同席した元取引先の女性は、なんだかんだで10年来の友人。

気の置けない仲間との語らいはとっても楽しく

アッという間に時間が経っていました。

 

 

襟裳産の食材を使った新鮮な肴を愉しめる

大人のためのダイニング「えりも亭」。

札幌駅の北口にあり、ドスパラ店舗横の路地を入ったところに

佇む情緒ある建物です。

 

モダンなデザインのエントランスを抜けると

半地下のバーカウンターが左手に見えます。

 

ランチもやっていて

お天気の良い日に中庭のテラス席だと

気持ちよさそう。

 

 

実はこのお店、

中央区南3条に2001年オープンした

「和風ダイニングバー忍月・創作和食忍月ガーデン」が前身。

 

よく行っていたお店なのですが

おいしそうだなぁ〜と気になっていて、

でもいつもおなかいっぱいで

食べる機会を逸していたメニューがありました。

 

そうこうしているうちにお店が閉店してしまい

結局食べられなかったんです。

 

 

それが写真の「サーモンと帆立のタルタル重ね寿司」。

 

 

 

 

 

 

 

念願かなって実に10年の時を経て食べることができました!

本当においしかったです♪

心もお腹も大満足の日でした。

 

えりも亭

札幌市北区北7条西5丁目11

011-708-5544

ランチ11:30~14:00(日・祝休)
ディナー17:00~23:00(日曜定休)

きびご飯に蕗味噌

金曜担当(さ)です。

先週の土曜日(14日)、春風に誘われて女満別方面へドライブしてきました。

女満別道の駅

目的の一つは大空町の道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」。

写真は裏手から撮ったもの。

みんと4/6号の「ひとりごと」に書いた

「女満別・激ウマ届け隊・青大豆甘納豆」

の買出しです。

青大豆甘納豆

女満別の青大豆甘納豆じゃーん!甘納豆です。

あまり甘くないのが味の秘密。

このお店では1袋300円。

生産者の方の写真・名前入り。

いろんな方のお名前があり、

全種類集めたくなります。

道の駅のアンテナショップ「ほのか」には

大空町の特産品がたくさん並べらています。

 

甘納豆の他にも、いろいろ美味しそうなもの、面白いものがあり、

目移りして大変でした。

女満別いなきび

「いなきび」500グラム630円。

雑穀のひとつ。きれいな黄色です。

夫の亡き父が

「(昔食べた)きびご飯が食べたい」

とよく言ってたらしく、

ためしに買ってみました。

ご飯に少し混ぜて普通に炊くのですが、

ふっくらもちもちご飯になりましたよ。

ほのかに味わいもプラスされて…。

きびご飯

※後日談:

何度かきびご飯を食べたあと、

普通の白米だけを炊いたら、

味気なく感じるほど。

やばい、これはクセになりそう。

別にやばくないか…

 

 

蝦夷鹿肉缶詰

蝦夷鹿の缶詰。3缶セットで2,500円。

これは今回は写真だけ。

 

あと買ったのは

採れたて新鮮なアスパラと、

ピンクがかったニンニク。

 

「しじみ醤油」も買ったつもりが、

帰宅して調べると、なぜかナシ。

買い忘れたようです…。

女満別メルヘンの丘道の駅の名前にもなっている

女満別メルヘンの丘。

国道39号線沿い。

フォトスポットになっていて、

駐車スペースが用意されています。

畑の雪はどんどん解けてゆきます。

 

 

さて、女満別へは水芭蕉を見に行ったはずなのですが、

初めに水芭蕉群生地ではない女満別湖畔に立ち寄ったら…

網走湖4月20日

今年は春が遅いようで、

湖がまだこんな状態…。

昨年の今ごろは、

とけた氷が海の方面へ

どんどん流れていて、

見たこともないような風景だったのですが。

 

 

水芭蕉は次回の楽しみにとっておくことにし、

別の目的地(能取湖経由常呂方面)へ回りました。

水芭蕉はこの土日、次の土日あたり、見頃なのではないでしょうか。

ふきのとう

今時期、

ふきのとうがたくさん出ていますね。

ドライブの途中で摘んで

(まだ開く前の若いものに限る)、

夕飯のきびご飯のおかずに、

アスパラとともに天ぷらにしました。

 

 

例年通り、蕗味噌も作りました。

調味液(味噌・みりん)を混ぜる前のふきのとうは、

今まで一度湯がいてから刻んで炒めていましたが、

生を細かく刻んだあと、

時間を置かず、大急ぎで炒めてしまえば(私は白ごま油を使用)、

苦味が緩和されることがわかりました。

いなきびご飯に蕗味噌、それはそれは食が進みます。

というわけで、雪解けとともに、いろいろと楽しみな季節が始まりますね。

よい週末を♪