Archive for category お店情報(食べ物)

アレンジ力 

おはようございます。

息子の高校が始まり、またいつものようにお弁当作りに励んでいる、
いえ苦労している?(榛)です。
少ないレパートリーの中から、いかに同じパターンにならないかを
無い頭で考える…。
そこでアレンジする能力というものが必要になるのですね(泣)

「アレンジ力(りょく)」…
「消臭力」がふと頭をよぎります。

(その程度の頭です、私の頭は…はい。
しかしあのCMの少年が話題になっているのにはオドロキ!!)

横道にそれました。

数ある街の料理店のそれぞれが「うちの味」としてメニューに注ぐ力。
アレンジ力をどれだけ発揮するかがオリジナリティーのあるお店作りに
つながるのかもしれません。
それこそが肝で、また、すごいパワーなのだと思います。
私のお弁当なんぞとはスケールが違いますが。

パンも同じ。
19日金曜号のみんとで紹介させていただいた
「ぱん家こまつ」の「トマトとバジルのパン」(2個入り200円)。
桃太郎トマトとフレッシュバジルを練りこんだパンで
お水は一切使わずトマトの水分だけで作っています。
だからトマトのオレンジ色がとても鮮やか!
バジルの香りが生きるので、焼かずにそのまま食べるのがおすすめです。
8月末までの期間限定商品。

ぱん家こまつ「トマトとバジルのパン」

「ぱん家こまつ」は、素材選びにもこだわりを持ち、
アレルギー対応のパン作りにも力を入れるなど、
お客さんの立場に立って商品作りをしていると感じるパン屋さん。
シンプルなパンだからこそ感じる、ほかに無い「うちの味」。
次はどんなパンが出来るのかな。

【ぱん家こまつ】
北見市寿町5丁目7-11、0157‐31‐6900
営業時間9時~18時、水曜定休
※ぶんぶんクラブ加盟店につき、ぶんぶんクラブカードの提示の上、
1000円以上の購入で100円引き。

カラフル野菜もりだくさん

 

札幌・円山にある「やおやの食堂 Valo (バロ)」へ。

場所柄、駐車場の無いお店が多かったりするのですが

こちらはお店の目の前に3台ほどのスペースがあります。

 

 

 

 

 

エントランスには野菜の販売コーナーもあり、

珍しいお野菜も並んでいたりと

みているだけでも楽しい♪

 happy01

 

 

 

 

いただいたのは、「やおやのサラダ定食」。

野菜たっぷりスープに、小鉢(この日はラタトゥユ)、

五穀ごはんかフォカッチャが選べて

ドリンク付きで1280~1480円。

前菜盛り合わせとデザートつきは1980円です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくカラフルでボリュームたっぷりのお野菜が

生だったり、焼かれていたり…
見た目もとっても華やかです♪

 

 






(柊)は、「Bランチ」の「ホタテとベーコンのサラダ定食」。

さっとローストされたホタテと、香りのよいベーコン、

ピリッとスパイシーなマスタードのソースが

野菜の甘みを一層ひきたててくれる一皿です。

 

 

 

 

 

 

連れがオーダーしたのは「Cランチ」の

「チキンときのこのサラダ定食」+お野菜の前菜盛合せとデザート。

 

 

チキンもキノコも好物でオーダーしたのに

メニュー表を眺め、ややしばらくして

「これ、ポン酢のソースって書いてある…」。

あぁ、キミ確かポン酢が苦手だったね(笑)

 

 

 

 

 

結局、それぞれが頼んだものを半分ずつおいしくいただきました。

ちなみに苦手だと思っていたポン酢、調理法によっては大丈夫だった、とわかったそう。

 

 

大人になって苦手なもの克服できるなんて、貴重な体験だね~と笑いながら

お店を後にした(柊)なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

【やおやの食堂 Valo (バロ)】

 

 

●札幌市中央区北1条西24-2-8

  MYプラザ円山公園1F

011-622-4808

●営業時間

[月・水~土]
11:30
15:00 (LO14:30)
17:00
23:30 (LO22:30)
[
日・祝日]
11:30
15:00 (LO14:30)
17:00
22:30 (LO21:30)

●火曜定休

 

 

 

道新日曜navi(ナビ)に「紀の里」掲載

今朝、うちの近所のホテルから

石北公園に向かう学生らしき男の子の集団を見かけました。

いよいよラグビーの合宿でも始まったのかしら?

朝の公園でよく体操をしています。

けっこう声が響くんですがそれも風物詩みたいなもの。

夏休み時期おなじみの光景です。

旬の野菜を使ったおいしいパスタがおすすめ♪

さて、おととい(7/31)発行の北海道新聞日曜版に

訓子府町のレストラン「エルミタージュ紀の里」が掲載されていました。

気づかなかった方、紙面を探してみてくださいね。

自家製の野菜やハーブを食べさせてくれるお気に入りのお店です。

今季、初まるももくん!!

今朝の曇天(しかも寒い)がウソみたいに、晴れ渡った現在の北見市です。

ここ最近、寒いか暑いかってかんじですが

体調を崩してしまった方がいらっしゃるんじゃないでしょうか?

でも夏はまだこれから!道東のイベントもまだまだ続きます。

みんと紙面でも紹介してゆきますので、紙面チェックお願いします。

今日は7月21日(木)号を発行しました。

クロスワードファンの皆様、パズルタイムを掲載しましたヨ

 

さて、北見にはおいしいお菓子やさんがたくさんありますが

この時期になると食べたくなる季節限定のスペシャルなお菓子がありますshine

まるももくんは1個420円 その価値有り♪

パティスリー ラ・ナチュレーブの「まるももくん」。

まるごとの桃にカスタード&生クリームがたっぷり詰め込まれたお菓子で

桃の季節にだけ販売されます。

今年のまるももくんもおいしいですよ〜happy02

 

「パティスリー ラ・ナチュレーブ」

北見市高栄東町1丁目3-55電話0157-24-8820

営業時間9:30〜19:30、7/21(木)は休み※休みはHPで確認を

http://www.la-natureve.com/

長谷川育子さんの「酒器とりどり」

こんばんは。(さ)です。

昨日、道新文化センターのピアノレッスンに行った帰り、

同じフロアーの陶芸教室にお邪魔して、講師の長谷川育子さんとちょこっと立ち話。

用件とは別に、

あさって23日から27日までの5日間、札幌の居酒屋さんで

お酒にあう器の陶芸展をされると聞いたので、

ブログで紹介させていただきます。

長谷川育子陶芸展「酒器とりどり」

【場所】居酒屋ゆかり

    札幌市北区北18条西5丁目2-3高田ビル1F

    電話 011-717-0148

【日時】7月23日(土)      17時~21時

     24日(日)~26日(火) 11時~21時

     27日(水)       10時~13時

長谷川育子さんは常呂(北見市常呂町岐阜613-2)で

陶芸工房「育む窯」を営むかたわら、

北見道新文化センターや網走、美幌などでも陶芸講師をされています。
 
みんとのエッセイコーナー「こころの万華鏡」にも時々登場して下さっています。

「居酒屋ゆかり」さんとは、どういうご縁で?とお聞きしたら、

何と!

常呂にある東大文学部の考古学の研究所(北海文化研究常呂実習施設)で

東大教授を退官された宇田川洋(うたがわ・ひろし)さんが店主なのだそうです。

※おりしも、北海道新聞夕刊「私のなかの歴史」が、

アイヌ考古学研究者・宇田川洋さんですよね!今日が連載7回目。

長谷川さんは、宇田川さんが常呂にいらした頃の「飲み仲間」だったとか!

へえ×3。縁は異なもの…ですね。

「居酒屋ゆかり」さんでは、常呂直送の海の幸も味わえるそうです。

美味しい手打ちうどんもメニューにあるとか…。

また、長谷川さんの陶器もお店で使われているそうです。

近隣の方、ちょうど札幌へ行く予定のある方、

陶芸好きの方、考古学ファンの方、オホーツク地方が懐かしい方、お酒が好きな方、

気が向いたら、ぶらっと立ち寄ってみてくださいね。

作品展開催期間中は、長谷川育子さんもお店に顔を出しているそうですよ。

bottle fish bottle cancer bottle

シカ肉料理を初体験

金曜担当、言の葉ミニレッスンの(さ)です。

sun
昨日の北見は暑かったですね!

今朝の道新によると、昨日の北見の最高気温は31.5度(平年より8.2度高)。

網走も31度で、平年より11.5度も高かったんですね。

昨日、(さ)は朝から、5歳年下のお友達と、某病院へ乳がん健診に出かけました。

北見市の場合、4月1日時点で40・45・50・55・60歳の女性市民は、

無料で健診(マンモと触診)が受けられます。

該当年齢の方には、先月あたり無料クーポンが郵送されてきているはずですよ。

大仕事(精神的に…)を終え、二人でランチに行きました。

おしゃべりが弾みすぎ、気がついたら夕方!

日中をクーラーの恩恵の中で快適に過ごさせていただきましたが、

外に出てもまだ暑かった!

暑い日はお外でランチ。暑さに弱い方にはおすすめです。

一人だって平気へいき。

ゆっくり読みたいご本でもお供に。

restaurant cafe cake

さて、話変わって、今日の話題。

皆さんは、エゾシカ肉を食べたことありますか?

私は先日、屈斜路湖畔の「レストランぽんと」にて、初体験。

※「ぽんと」の場所はココから ☆ルートマップをクリックして。

エゾシカ料理「エスカロップ」@屈斜路湖半レストラン「ぽんと」

エシカ(蝦鹿)ロップ・価格1,000円。

メニュー名は根室名物料理「エスカロップ」のもじり。

コーン入り塩味ピラフの上にエゾシカのカツを乗せ、

デミグラソースをかけたもの。

おそるおそる一口食べ…あれ?ウマイ!

特有の臭みがあるとも聞いていましたが、

このお店のは全く感じませんでした。

 

鹿肉はフランス料理では高級食材だそうですね。

脂肪が少なく、カロリーは牛肉の3分の1程度、鉄分も多く含まれるそうです。

まさに女性のミカタかも?

pencil

エゾシカは北海道では増えすぎて、樹木を食い荒らし、

農業被害も年間50億とか…。

50おくですよ!50億円!1億の50倍。

つまり森林や人間にとって、今やエゾシカは害獣化しています。

美味しく食べて、「森の幸」として資源化できたら、いいですね。

皆さんも、機会があったら、エゾシカメニューにチャレンジしてみてね。
 

book おまけ

ところで、根室で昭和38年頃に考案されたという

「エスカロップ(略してエスカとも)」。

ちょっと語源が気になります。

調べてみたら、フランス語の「エスカロープ」 escalope (肉の薄切り)

という説が一般的。

そういえば、「ぽんと」の「エシカ(蝦鹿)ロップ」も、分厚いカツではありませんでした。

「肉をたたき、やわらかくして、塩コショウの下味をつけフライにし…」

とメニューに作り方の説明がありましたっけ。

楽天華の火曜日限定「楽弁当」!!

暑い日が続きますsun

TVコマーシャルを見て俄然「おそば」が食べたくなり

夕ごはんは外食に決定していた昨日の(じ)宅(といっても夫婦二人)。

気持ちは完全に、大盛りのおそばで知られたあのお店へ・・・となっていたのですが

火曜の夜だったことを思い出し、急きょ中華料理の楽天華さんへ・・・。

お店のメニュー

なぜならこの火曜日限定のお弁当が気になっていたからheart01

この春まで火曜日は定休日だった楽天華さんは、看板息子くんの新入学にともなって不定休となったとか。

その記念として火曜日しか食べられない、しかも昼夜各5食限定の「楽弁当」を販売。

おそばに比べてハイカロリーな食事・・・ということは無視して、2つ注文。

暑い日だったから、食欲は無いはずなのに?!sad

「楽弁当」ごはんは少なくしてもらったの。

おかずの種類の多さったら、ハンパないですよ?!

エビ率が高いのも(じ)宅には好評shine

うまい、ヤバイsweat01(食べすぎがネ)の間で揺れる妙齢の(じ)でした。

 

「楽天華」

北見市寿町2丁目2-17電話0157-57-4525

営業時間11:30〜14:30(LO14:00)、17:00〜20:30(LO20:00)

大好きなパン屋さん

大好きなパン屋さんをご紹介します。

 

札幌市中央区にあるパン屋「Kokopelli-ココペライ」さん。

以前は手稲区にあって、そちらへも通ってはいたのですが

2007年、中央区に移転してからは通う頻度があがりました。

 

 

自宅から車だと10分ほどの距離。

お天気のよい土曜日などは、散歩がてら

北大キャンパスを自転車で走りぬけて行くこともあります。

 

 

さて、こちらのお店、

天然酵母系のハード系も

サクサクのデニッシュ系も

キッシュなどの惣菜系も

総じてどれもオイシイ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(柊)のお気に入りは

サクサクのクロワッサン

これまで食べたクロワッサンの中で一番好きかも♪

 

ルヴァン(天然酵母)のパンもオススメです。

素朴な味わいでほんのりとした酸味と

香ばしい香りが何ともいえない。

 

プレーンもおいしいのですが

いちじくが入ったものはワインにもぴったり。

カレンズとクルミ入りのものも、かみ締めるほどに深い味わい。

クリームチーズを塗って食すのがオススメですが

ついつい食べ過ぎてしまうのが難点です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中でパン屋さん選びの基準のひとつに

「包材は紙」というものがあります。

 

焼きたてのパンをビニール梱包してしまうと

蒸れてしまってせっかくのパリパリ感が台無しに。

 

パンのサイズや形状によってケースバイケースですが

基本的には、蒸れてしまわないようにパンを包む素材が紙である、

というのが(柊)のこだわりだったりもします。

 

お店の方の対応がまた素敵なんです。

いつもにこやかで、とても穏やかで。

 

機会があったらぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

Kokopelli-ココペライ

札幌市中央区北7条西18丁目4-10
TEL:
011-887-8118
FAX:
011-887-8119
営業時間/9:00~18:00(火~土、完売で早く閉店する場合あり)

日・月休み

http://www.kokopelli-bread.com/

道新ぶんぶんクラブの加盟店にて

おいしいものを食べるためには

多少の距離があっても出かける(柊)です。

 

とんでもないくらいの方向音痴なので

よく迷子になり、迷った道で素敵なお店発見!っていうことも多々。

昨年、気に入って3回ほど足を運んだ真狩のパン屋さんは

なんと3回とも迷子に…coldsweats02

 

 

 

といっても今回は自宅から車で20分ほどの距離なので

迷うはずもないのですが…coldsweats01

 

 

写真は、札幌の宮の森北24条通沿いにある

カレー屋さん『温故知新ブルックスカレー食堂』の

とろ~りカスタードのエッグタルト」(290円)です。restaurant

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


北海道アイスクリーム人気の火付け役「長沼アイス」と

共同開発したタルトだそうで

道産素材にこだわったサクサクのタルト生地と

とろけるような食感の濃厚プリン&カスタード。





あ、カレー屋さんなので

スタンダードなカレーはもちろん、
トマトを加えた「フォンデュトマトスタイル」、
スープカレー系の「ポタージュスタイル」、
道産小麦の生めんを使用した「ヌードルスタイル」など、
多彩なラインナップのカレーがありますよ。

 

 

道新ぶんぶんクラブの加盟店ですので

来店の際はぶんぶんクラブの会員証をお忘れなく♪

 

 

『温故知新ブルックスカレー食堂』

札幌市東区伏古83-1-25 マサミツビル1F

[平日]11:0015:0017002100(L.O.2030)
[
土・日・祝日]11002100(L.O.2030)

011-785-5766

http://www.oncochishin.com/

ぶーるのイートインプレート

こんにちは!

週末になるとお天気のご機嫌が悪くなるようです。

5月も20日を過ぎたというのに、まだストーブのスイッチに手がのびる~。

 

5月20日号のみんとでご紹介した街の小さなケーキ屋さん「ぶーる」。

地元の食材を使い、ご夫婦二人で頑張っているかわいいお店です。

もちろん味にもこだわっていて、ひとつひとつ丁寧に作られるケーキはどれもGOOD!

記事にもありましたが、お店の中にイートインコーナーがあって、

そこでしか食べられない3つのプレートがありますので、少し詳しくご紹介しますね。

まずは、これ「ケークサレプレート」。「ケークサレ」とは「塩味のケーキ」という意味。

 

パウンドケーキには、ピーマン、玉ネギ、チーズなどが練りこまれていて、

デザートというよりは、「オードブル」に近いかな?もうひとつの「キッシュドロレーヌ」も

野菜と卵を使ったタルトで、両方とも温められてサーブされます。

自家製のバニラアイスとの相性もバツグン。健康志向の一皿です。

 

次はコレ。「ハニートースト風プレート」。

 

自家製のイギリスパンをトースト、自家製バニラアイスを乗せ、

さらに北見産のビートを使ったシロップときなこをトッピング…おいしそうでしょ?

とろ~りととろけるアイスを絡めながら、サクサクのトーストをいただきます。

 

そして最後がコレ!「バニラシフォンとアイスのプレート」

 

ふわふわのバニラシフォンケーキの横には、北見産のフランボワーズを使った自家製ソルベ(シャーベット)。

このソルベが甘酸っぱくて、フルーティでたまりません。

フルーツと生クリーム、バニラアイスと様々な味が楽しめるデザートプレートの王道?

どれもコーヒー、または紅茶がついて680円とお値段もお手頃。

コーヒーはサイフォン、紅茶もティーメーカーで淹れてくれるのでおいしいですよ。

 

イートインスペースは、カウンター5席とテーブル2席と小ぢんまりとしています。

あたたかな午後、ティータイムを過ごすにはぴったりですよ。

ただし、各プレート1日5皿の限定なので、早めに行くか、電話で予約をるすのがオススメです。

 

「菓子工房ぶーる」北見市とん田東町617-172、0157-24-9333、

営業時間/10時~19時、月曜定休(祝日の場合は翌日)