Archive for category お店情報

クリンソウ、見たい方は今週ぜひ!

金曜担当の(さ)ですが、月曜日にこんにちは。

昨日の日曜日、津別のクリンソウを見てきました。

あちこち回って、現場についたのは5時過ぎでしたが、

夏至が過ぎたばかりの夕刻は、まだまだ大丈夫。

(でも、もちろんフェスティバルは終了後でした…)

ここは森林セラピー基地として整備されています。
 

津別「ノンノの森」案内看板

 

 

 

 

 

 

 

 

「ノンノの森(ノンノはアイヌ語で花)」と名付けられた湿地帯に、

木道が渡してあり、その左右には無数のクリンソウが…!

津別「ノンノの森」のクリンソウ
 

予想していたより、かなり大規模な群生地でした。

近くを流れる清流は、ところどころ小さな滝になっていたりして、

心がシーンとなるような神秘的な風景。

まさに別世界です。

 

「ノンノの森」のクリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

他の野草も咲いていますし、ウォーキングコースも整備されているので、

クリンソウの時期が終わっても、また必ず来よう!と思いました。

クリンソウ、今週はまだ大丈夫だと思いますので、

興味のある方は、ぜひ行ってみてください。

蚊にさされないよう、ミントスプレーなどで虫除けをしっかりね。

場所ですが、津別「21世紀の森」のあたりかな?

と、私は全く勘違いしてました(汗)。

津別峠のふもとあたりから、津別の町中と反対側へ向かいます。

「奥屈斜路温泉・ランプの宿・森つべつ」を目標に行けば、

森入り口はすぐ目の前です。

    北海道網走郡津別町上里738
    電話01527-6-3333
    公式ホームページはこちら

以前「津別温泉・ホテルフォレスター」だった場所、といえば、

ピンと来る方も多いでしょう。

2010年4月~リニューアルオープンしています。

ちなみに、ホテルで昼食や夕食をいただくこともできます。

温泉とセットのお得なメニューもあります。

こちらのHPは「ノンノの森」へのアクセス方法もわかりやすく載っているので、

詳しくはHPを見てね。

クリンソウ情報もありますよ!

さわやかなミント&ハッカの香りで防虫も

 

 

金曜担当、言の葉ミニレッスンの(さ)です。

みんと6/16号のユリアの星占いによると、

今日17日は私のラッキーデー!

ラッキーポイントは「さわやかな香水」!

そこで、今日はさわやかなミント&ハッカの話題を。

sun

北見はハッカの街。

昨日、1週間ぶりにおひさまが照ったら、うちの庭のミントの花も1コ咲きました。

今日は、私が日ごろ愛用しているハッカ製品を紹介させていただきます。

まずはコレ。

ハッカスプレー

ハッカ油スプレーです。

私はもっぱら「ミントスプレー」と言ってますが。

この季節、庭の草取り、山歩きには長袖・長ズボン・帽子がお約束。

その上へ、これをシュッシュッとスプレーします。

(副次的効果で、鼻がスーッと通って気持ちいい)

化学的な防虫スプレーはどうも抵抗があって使いたくないので、もっぱらこれです。

蚊などにやられると、すごく腫れる体質なんですが、

やられるのは、たいがいスプレーし忘れた時です。

忘れないよう、目に付く玄関やバッグに使いかけを常備してます。

夏場のお土産にもおすすめ。

先日、千葉県の人に贈ったら、すでに知ってて、

「これ好きなの!」と言ってもらいました(嬉)。

(ちなみに冬のお土産はオニオンスープね!)

ハッカ油スプレーは北見市内では、

北見駅構内のキヨスク、北見パラボ、イオン北見店、お土産物の北都などで買えます。

製造元:(株)北見ハッカ通商 0157-66-5655

http://www.hakka.be/

bud

もうひとつはコレ。

ハッカ結晶

ハッカ結晶です。

ティッシュに少し包んで、セロテープで止め、タンスや衣装箱に入れておくんです。

やはり、一般的な防虫剤に抵抗があるので、これを使っています。

今のところ、衣類は虫にやられてません。

しかも、着替えの時、あまりにいい匂いで「はあ~」となります。

この毎朝のシアワセ感は何だろう、と考えてて、ある日わかりました。

「カルミン」の匂いなんです。

昭和30~40年代、遠足のお菓子として欠かせなかったアレです。

ちなみに「カルミン」という名前の由来は「炭酸カルシウム入りミント」の短縮形。

同名の「カルミン」という着色料もあるそうですが、無関係とのこと(よかった)。

ハッカ結晶は、北見市仁頃の北見田園空間情報センター「にっころ」で買いましたが、

北見駅隣の北見観光協会、北見パラボ、ハッカ記念館蒸留館などで買えます。

販売元:豆とハッカの日本農産物㈱ 0157-24-5165

http://www4.ocn.ne.jp/~nichino/

ハッカ油スプレー(定価1050円税込)とハッカ結晶(定価1365円税込)は

ネット通販でも買えるようですね。

ぜひためしてみてね!

カルミンの匂いにガッテンしてくれるといいな。

clover

津別町・道の駅「あいおい」で見つけました

ようやく太陽sunさんが顔を出しました!

久しぶりの青空です。

今日は6月16日(木)号を発行しました。

19日(日)の「父の日」に先駆けて、みんと読者から寄せられたメッセージを掲載しましたヨ。

皆さんに人気のクロスワードパズル「パズルタイム」も掲載です。

もちろん「ユリアの星占い」も見逃せませんネ。

ストラップの種類は柿の種、やかん他いろいろ

写真は、先日行った道の駅「あいおい」(こちら)で偶然見つけた

ミニチュア作品制作で知られる造形作家、アトリエNONNONの井内法子さんの

ストラップコーナー。

思わず「エッ」とつぶやいてしまった。か、かわいい。

黄色い台紙のが、相生名物「クマヤキ」のストラップ。

クマヤキストラップなり

皮のミミ部分、アンコのはみ出加減が絶妙なんですから。

井内さんの食べ物のミニチュアは、どれも美味しそうなんですが

クマヤキもおいしそう!パッケージもかわいいなあ。

木製の台もミニのぼりも井内さん制作です。

ヒグマ&シロクマ

こちらは(みぃ)撮影の(取材時)本物の「クマヤキ」。道の駅あいおいで販売されています。

クマの形をした鯛焼き風、オススメですよ。1つ120円。

このクマのデザインは、シゲチャンランドの大西重成さんによるもので

大西さん自身も商品開発にも関わったとか。

道の駅「あいおい」、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。おそばもおいしいですよ。

happy01

上記とは関係してはいないのですが、

明日発行のみんと、特集記事は「道の駅」です。お楽しみに〜

道新ぶんぶんクラブの加盟店で その2

少し前の話になりますが、

」家族あてに「AOKI」からDMがきていました。

 

スーツを新調する予定も無かったので

そのままシュレッダーにかけようかと思ったら

「本状ご持参のうえ税込み100円以上お買い上げの方に

スヌーピータンブラープレゼント」の文字が。shine

 

あぁ、暑くなるこれからの時期にぴったりのノベルティ…

 

ということで、DMと道新ぶんぶんクラブの会員証を持って

シャツと靴下を買いに行ってきました!

 

 

ぶんぶんの会員証掲示し

購入金額から5%引きにしていただき、

もちろんしっかりとタンブラーもゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに(柊)が行ったのは札幌のお店ですが

北見市中央三輪2丁目にも「AOKI北見店」があります。

 

こちらも「道新ぶんぶんクラブ」加盟店で

会員証掲示でお買い上げ総額の5%引になります。

AOKI発行のDM・チラシ・HPのクーポン券と併用可なのも

うれしいですねhappy01

大好きなパン屋さん

大好きなパン屋さんをご紹介します。

 

札幌市中央区にあるパン屋「Kokopelli-ココペライ」さん。

以前は手稲区にあって、そちらへも通ってはいたのですが

2007年、中央区に移転してからは通う頻度があがりました。

 

 

自宅から車だと10分ほどの距離。

お天気のよい土曜日などは、散歩がてら

北大キャンパスを自転車で走りぬけて行くこともあります。

 

 

さて、こちらのお店、

天然酵母系のハード系も

サクサクのデニッシュ系も

キッシュなどの惣菜系も

総じてどれもオイシイ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(柊)のお気に入りは

サクサクのクロワッサン

これまで食べたクロワッサンの中で一番好きかも♪

 

ルヴァン(天然酵母)のパンもオススメです。

素朴な味わいでほんのりとした酸味と

香ばしい香りが何ともいえない。

 

プレーンもおいしいのですが

いちじくが入ったものはワインにもぴったり。

カレンズとクルミ入りのものも、かみ締めるほどに深い味わい。

クリームチーズを塗って食すのがオススメですが

ついつい食べ過ぎてしまうのが難点です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中でパン屋さん選びの基準のひとつに

「包材は紙」というものがあります。

 

焼きたてのパンをビニール梱包してしまうと

蒸れてしまってせっかくのパリパリ感が台無しに。

 

パンのサイズや形状によってケースバイケースですが

基本的には、蒸れてしまわないようにパンを包む素材が紙である、

というのが(柊)のこだわりだったりもします。

 

お店の方の対応がまた素敵なんです。

いつもにこやかで、とても穏やかで。

 

機会があったらぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

Kokopelli-ココペライ

札幌市中央区北7条西18丁目4-10
TEL:
011-887-8118
FAX:
011-887-8119
営業時間/9:00~18:00(火~土、完売で早く閉店する場合あり)

日・月休み

http://www.kokopelli-bread.com/

道新ぶんぶんクラブの加盟店にて

おいしいものを食べるためには

多少の距離があっても出かける(柊)です。

 

とんでもないくらいの方向音痴なので

よく迷子になり、迷った道で素敵なお店発見!っていうことも多々。

昨年、気に入って3回ほど足を運んだ真狩のパン屋さんは

なんと3回とも迷子に…coldsweats02

 

 

 

といっても今回は自宅から車で20分ほどの距離なので

迷うはずもないのですが…coldsweats01

 

 

写真は、札幌の宮の森北24条通沿いにある

カレー屋さん『温故知新ブルックスカレー食堂』の

とろ~りカスタードのエッグタルト」(290円)です。restaurant

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


北海道アイスクリーム人気の火付け役「長沼アイス」と

共同開発したタルトだそうで

道産素材にこだわったサクサクのタルト生地と

とろけるような食感の濃厚プリン&カスタード。





あ、カレー屋さんなので

スタンダードなカレーはもちろん、
トマトを加えた「フォンデュトマトスタイル」、
スープカレー系の「ポタージュスタイル」、
道産小麦の生めんを使用した「ヌードルスタイル」など、
多彩なラインナップのカレーがありますよ。

 

 

道新ぶんぶんクラブの加盟店ですので

来店の際はぶんぶんクラブの会員証をお忘れなく♪

 

 

『温故知新ブルックスカレー食堂』

札幌市東区伏古83-1-25 マサミツビル1F

[平日]11:0015:0017002100(L.O.2030)
[
土・日・祝日]11002100(L.O.2030)

011-785-5766

http://www.oncochishin.com/

ぶーるのイートインプレート

こんにちは!

週末になるとお天気のご機嫌が悪くなるようです。

5月も20日を過ぎたというのに、まだストーブのスイッチに手がのびる~。

 

5月20日号のみんとでご紹介した街の小さなケーキ屋さん「ぶーる」。

地元の食材を使い、ご夫婦二人で頑張っているかわいいお店です。

もちろん味にもこだわっていて、ひとつひとつ丁寧に作られるケーキはどれもGOOD!

記事にもありましたが、お店の中にイートインコーナーがあって、

そこでしか食べられない3つのプレートがありますので、少し詳しくご紹介しますね。

まずは、これ「ケークサレプレート」。「ケークサレ」とは「塩味のケーキ」という意味。

 

パウンドケーキには、ピーマン、玉ネギ、チーズなどが練りこまれていて、

デザートというよりは、「オードブル」に近いかな?もうひとつの「キッシュドロレーヌ」も

野菜と卵を使ったタルトで、両方とも温められてサーブされます。

自家製のバニラアイスとの相性もバツグン。健康志向の一皿です。

 

次はコレ。「ハニートースト風プレート」。

 

自家製のイギリスパンをトースト、自家製バニラアイスを乗せ、

さらに北見産のビートを使ったシロップときなこをトッピング…おいしそうでしょ?

とろ~りととろけるアイスを絡めながら、サクサクのトーストをいただきます。

 

そして最後がコレ!「バニラシフォンとアイスのプレート」

 

ふわふわのバニラシフォンケーキの横には、北見産のフランボワーズを使った自家製ソルベ(シャーベット)。

このソルベが甘酸っぱくて、フルーティでたまりません。

フルーツと生クリーム、バニラアイスと様々な味が楽しめるデザートプレートの王道?

どれもコーヒー、または紅茶がついて680円とお値段もお手頃。

コーヒーはサイフォン、紅茶もティーメーカーで淹れてくれるのでおいしいですよ。

 

イートインスペースは、カウンター5席とテーブル2席と小ぢんまりとしています。

あたたかな午後、ティータイムを過ごすにはぴったりですよ。

ただし、各プレート1日5皿の限定なので、早めに行くか、電話で予約をるすのがオススメです。

 

「菓子工房ぶーる」北見市とん田東町617-172、0157-24-9333、

営業時間/10時~19時、月曜定休(祝日の場合は翌日)

遠軽町 456<ジゴロ> 長崎海鮮ちゃんぽん

本日は遠軽町のグルメをご紹介。
先日「みんと」への広告営業で遠軽町にお邪魔しました。
到着したのはちょうど正午過ぎ。
腹が減っては戦はできぬということで・・・以前から気になっていたお店へ腹ごしらえにいきました。

そのお店とは・・・


中国家常酒家 「456」!!

なんて読むのかわかりますか?

正解は「ジゴロ」と読むのです。ユニークな名前♪
実はこのお店、北海道新聞の毎週金曜日夕刊に掲載されている

管内のおいしいグルメを紹介するコーナー「オホーツク食う」で取り上げられ、(ど)もずっと気になっていたのでした。
その時紹介されていたのが、写真の「長崎海鮮ちゃんぽん」(1,000円)
昨年の11月からメニューに登場しており、今やお店のNO.1人気メニューになっています。

まろやかな風味が特徴の豚骨スープに、たっぷりの野菜や豚肉、エビやイカなど

色とりどりの具がちりばめられ、まさに食の宝石箱状態(○゜ε^○)

シャキシャキの野菜と、素揚げをし一手間加えられたエビや豚肉、

ツルツルモチモチの本場ちゃんぽん麺の珠玉のハーモニーを堪能しました。

ちゃんぽんのほかにも本格的な中華料理がたくさんあり、どれもおいしそうでした。
お得なランチセットもあり、人気を呼んでいます。

みなさんも遠軽町へ行かれる際はぜひチェックしてみてくださいね。

中国家常酒家 456    

遠軽町大通北3  TEL 0158・42・5180

ランチは午前11時半~午後2時半、夜は午後5時半~同10時半。月曜定休

5月の桜

おはようございます。土曜日担当の(榛)です。
私の連休ももう終わり。
月曜日からまた頑張るために、
そろそろ頭を仕事モードに切り替えねばなりません(汗)
楽しい時はなぜ早く過ぎるのでしょうね。教えて~先生!

さて、昨日6日発行の「みんと」はご覧いただけましたでしょうか。

坂森ナミさんの「ふぉと日和」にある桜を見て
早くお花見がしたいなあと思いました。
なかなかすっきり晴れないこのところの北見に、
桜のつぼみも開くのを遠慮してしまいそう。

日本列島を北上する桜前線。北見に到着するのは5月。
桜とともにいろいろな花が一気に咲き出すのはこの地ならではですね。
 

5ページでは、仕事に打ち込む姿が魅力的な“みんと的イケメン”
を紹介するコーナー「ロックオン」を掲載しています。
今回は、北見市の「green and cocochi」のスタッフ、
青山さんにスポットを当てました。

RNAやjohnbullなど大人のカジュアルウエアが揃う同店は、
上質かつシンプルで長く愛用できる服が多く、
私が好きなお店のひとつです。
取材に行くとついつい自分の欲しいものを探して長居してしまいます。
着こなしのアドバイスもしてくれるのがうれしいお店です。

【green and cocochi(グリーン&ココチ)】
北見市中央三輪7丁目446番地55、℡0157-36-1777、
営業時間11時~20時、木曜定休(祝日の場合は営業)

5月。
花の季節って、暑すぎず寒すぎないからおしゃれを楽しめる季節でもありますよね。

5月6日号

カレーラーメン

金曜当番の(さ)です。

子供たちが進学のため、家を離れて、1年がたちました。

夫婦2人になって一番変わったことは夕食の献立かも…。

和食の回数が多くなり、カレーライスをトンと作らなくなりました。

末っ子(息子)がカレー好きで、カレー頻度が高かったのですが…。

このためか、ときどき無性に「カレー食べたい!」と思います。

だからと言って、そこから作っていたのでは間に合わないのがカレーライス。

家で作る昼食はカレーチャーハン。

外食ランチでは、カレーライスやスープカレー。

というように、機会があれば「カレー分」を補うよう努めています。

そんな私が最近はまっているのがカレーラーメン。

最近はインスタントもありますが、

一番好きなのは北見「たんぽぽ」さんのカレーラーメン(750円)。

カレーラーメン

ここはよく行くラーメン屋さんで、カレーラーメンがあるのは知ってたんですが、

今年の2月ごろ、みんとの紹介記事で読んで、初めてチャレンジしてみました。

まず、ス―プをひとくち。

こくがあって美味しい。

ベースは味噌、というのが味のポイントなのかも。

次に麺を。

すると懐かしいような気のする麺の香りを感じました。

というわけで、「たんぽぽ」のカレーラーメンのリピーターになっています。

週に1~2度、カレーを食べる習慣は認知症予防に役立つ?!

という説もあります。

カレー粉に含まれるウコンの成分クルクミンがいいらしいですよ。

カレー好きの方、近ごろカレー不足と思ってる方、一度ためしてみてね。

メニュー♪

「たんぽぽ」北見市緑町3丁目8-2 電話0157-36-8008