Archive for category お店情報

寝ながら本を読む眼鏡

こんにちは。(さ)です。

9月から10月にかけて、北見→札幌→北見→東京→北見という生活で落ち着かず、

何回かブログをお休みしていました。

さて、読書の秋ですね。

最近読んだ本は… ノーベル賞でも芥川賞でも直木賞でもなく…

 

 

東京島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『東京島(とうきょうじま)』

桐野夏生(きりのなつお)著、新潮文庫

第44回谷崎潤一郎賞受賞作です。

無人島に流れ着いた男たちの中に女が1人いたら、どうなるか?

という思考実験のような小説です。

戦後すぐ、マリアナ諸島のアナタハン島で実際にあった「アナタハンの女王事件」を

モデルに創作された作品だそうです。

先に映画(木村多江、福士誠治、窪塚洋介ほか)を見たのでした。

後半、『探検バクモン(NHK総合)』のレギュラー、サヘルちゃんが出てきて

アッと驚きました!

これ以上はネタバレになっちゃうね。ゴメンナサイ!

 

こういう先が気になる小説は、飛行機の待ち時間とか、長く乗る電車の中などに読むと、

時を忘れられていいですね。

 

でも、寝るときはもっとおっとりした感じの読み物がいいですね。

たとえば『オホーツク街道(司馬遼太郎)』とか…(笑)

最近は寝付きがいいので、なかなか読み終わりません。

枕元に寝るときの読み本が何冊か置いてあります。

さてさて、寝ながら本を読むのは、私にとって就眠儀式なのですが、

老眼なので、それもつらくなりました。

通常の老眼鏡をかけると、フレームがゆがむので、

腕を布団から出して伸ばして裸眼で読んでいたのですが、

もうこれ以上、腕が伸びない!というところまで老眼が進んでしまいました(泣)

どうしたものかと考え、

JINS(ジンズ)というメーカーで出しているツルが短いタイプのものを買ってみました。

 

JINS(ジンズ)の眼鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のJINSのショップで、検眼して作りました。

スマホなどを見る人はブルーライトカット機能レンズがいいようですが、

私は本を読むので、その機能がついていると視界が暗くなるということで、普通のレンズです。

代金は7560円でした。

確かに、寝ながら本を読む分にはいいのですが、起き上がるとズルッと落ちます。

横になっているとき限定です。

 

 

 

美容院の眼鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは行きつけの美容院(夕陽丘通り・双葉町、サクセス)で貸してもらった眼鏡。

やはりツルが短く、こめかみで止まります。

かけている姿を見ると笑いがこみ上げてきますが、

髪をやってもらっているときに週刊誌を読むことができるので便利。

しかし、この眼鏡を寝ながら使ったことがないので、自分の目的にあっているかどうかは不明。

 

その後、夕陽丘通り(北進町)の眼鏡の玉屋さんに行く機会があったので、いろいろ相談してみました。

(「ホルモンマジック」の小野さんが久方ぶりに夕陽丘店にいてビックリ!)

ツルの部分がゴムになっているスポーツ用眼鏡とか、ツルが外せる眼鏡の片方を外すとか、

いろんな方法があることがわかりました。

私は全部買って試してみたい!という性格なのですが、それはあまりにお金がかかる!! ので、

JINSの度が合っているうちはJINSで行きます。

さらに老眼が進んで、度が合わなくなったら、違う眼鏡を買おうと思います。

老眼が進むのはガックリだけど、新しい眼鏡はワクワク♪

 

では、寒いですので、お互い風邪に気をつけて過ごしましょう!

うちはだいぶ前から軽く暖房してますが、昨日から湯たんぽも入れました。

オイシイイタリアン。

札幌 円山近郊の宮の森にある隠れ家的なイタリア料理のレストラン「デッラ・アモーレ」。

道産小麦を使用したオリジナルの生パスタが自慢のお店なのですが、
先日いただいたパスタ「クルミとキノコのクリームソース」は
本当に美味しかった!

モチモチのコシ、生パスタから生まれる独特なとろみ。
クリームソースとの絡みの良さったら。

前菜で頼んであたりだったのが
「梨のサラダ。ゴルゴンゾーラチーズソース」。
秋の一皿!って感じでした。

札幌市中央区宮の森1条4-1-21 パナシェ宮の森
011-826-6770
11:30~15:00(L.O.14:30)
18:00~23:00(L.O.21:00)
水曜定休

秋のひまわりとまわらない寿司

こんばんは、(榛)です。

大学時代の友人Gちゃんから

友だちが横浜から「オホーツク網走マラソン」に参加したと報告がありました。

ゴール地点で撮影したひまわりの写真が見事!

網走のひまわり

網走市三眺、大曲湖畔園地のひまわりです。

マラソンのゴール地点になっているそうです。

地元の私が知らず・・・ちょっと恥ずかしかったです(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~

 

一方こちら。

北見の隠れ家的お寿司屋さん「すし家たむら」。

カウンター席と小上がりだけのちいさなお店の店内は清潔感に溢れていました。

何を注文していいのかわからず、大将にお任せして

いつもよりちょっとだけ「大人しく」(笑)、お酒とともにおいしいお寿司をいただきました♪

 

 

たむら 炙り

 

 

 

 

 

 

中トロ(だったかな)の炙り

 

 

 

 

 

絶品あなご

 

 

 

 

塩でいただくあなご これが絶品!ふっくらとしたあなごが口の中でとろけます!(写真が残念)

 

 

 

 

 

 

 

鉄火巻き

 

 

中落ちの鉄火巻き!

 

 

 

 

 

 

 

よそさまの分

 

他にも、うに、いくら・・・色々いただいたのに写真なし(苦笑)

これは、よそ様のご注文(まぐろづくしだ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「すし家たむら」
北見市北6条西4丁目11番地7、0157-22-3434、営業時間/17時30分~23時、日曜定休

昼魚、夜肴。

 
 
 

家から頑張れば徒歩でいけない距離でもないけれど、
雨の日や雪の日は地味につらいな、的距離にある
「indigo maruyama」さん。
 
円山動物園のすぐそば、山麓通りに佇む『ナカヤマビル』の1階にあるお店です。
 
気になってはいたものの、中々行けずにいたのですが、
先日やっと行く機会に恵まれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「昼魚、夜肴」がキャッチコピー。
ランチでは脂の乗った鯖や紅鮭、的鯛などの焼き魚定食、
留寿都豚の定食など和食のランチを楽しめます。
ちなみにこの定食、夜も同じ値段で食べることができます。
エリア特性を考えると、夜は+1000円~、というお店が多い中、
良心的なお値段での提供でうれしいです。

炭火で焼き上げたギンダラ西京焼き定食と、
食後にはとうきび&北海道ミルクジェラートを食べ、
心もお腹も大満足!

木と鉄が融合したスタイリッシュ空間。
機会があったら足を運んでみてください。

 

indigo maruyama (インディゴ マルヤマ)
札幌市中央区円山西町1-5-1 ナカヤマビル 1F
11:00〜21:00(LO 20:30)
http://indigo-maruyama.com/

おいしいお茶でほっとひと息

こんにちは!9月3回目の日曜は3連休の中日。

秋らしい高い空が青くてきれいです。

台風が近づいているようですが、本当なの?というくらい。

でも、明日は荒れるようですね。北見の敬老会、大丈夫かな?

 

金曜号のみんとは、おいしいお茶とお菓子の特集でした。

実は、これは隠れ敬老の日の企画で、おいしいお茶とお菓子を囲んで、

おじいちゃん、おばあちゃんと楽しい時間を過ごしていただけたらなぁ~

というみんと編集部の思いが込められたものでした。

 

お茶は、(株)三香園の日本茶インストラクターの小林さんに紹介していただきました。

ひと口に日本茶といいますが、記事にも書いたように産地で味が全然違います。

取材時に、実際に飲み比べをさせていただきましたが、本当に違うんですよ~。

静岡の掛川のお茶は、どっしりとして「THE お茶!」という感じ(わかりますか?笑)

佐賀県の嬉野茶は上品ですっきりとしていて、口の中にふわ~と甘さが広がります。

福岡県の八女茶は、口当たりがよくて何杯でも飲めそうです。

そして、私が普段愛飲しているのが、このほうじ茶です。

 

90gで1080円。ほうじ茶に1000円?高いんじゃない?

と驚かれるかもしれませんが、そうでもありません。

大きな急須で3回でるので、私は保温ポットに入れておいて

持ち運んだり、テーブルの上に置いて飲んだり、

夏は水出しにして飲んだりしていますが、

ほとんど、1日1回淹れるだけでOK!

何よりおいしい!一度飲むとわかりますよ~。

三香園さんは、店内のお茶をどれでも試飲できるので、

飲み比べてお好みのお茶を選ぶことができます。

 

 

「(株)三香園」北見市とん田西町378-5、0157-23-4280、

営業時間/9時~18時、無休。※店内のお茶は全て試飲ができます。

 

 

 

5つのお菓子は、どれもおいしそうでしたね。私の担当はラ・ナチュレーブさん。

「和(なごみ)」(12個入り各550円)というクッキーです。

洋菓子屋さんですが、このクッキーは和のテイストがきいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほろほろと口のなかでほどけるクッキーの周りには、

味つきのお砂糖がまぶしてあってお茶ともよく合います。

味は、抹茶、梅いちご、そしてきな粉。

パッケージの中にはお砂糖が入っていて、お好みで甘さを追加できます。

パッケージもステキですよね。プレゼントとしても喜ばれそうです。

「ラ・ナチュレーブ」北見市高栄東町1丁目3番55、

0157-24-8820、営業時間/9時30分~19時、不定休(HPで確認を)

 

 

明日は敬老の日、おいしいお茶とお菓子を持って

おじいちゃんおばあちゃんに会いにいってみてはいかがですか?

私はもう既に、祖父母は4人ともお空の上に・・・なので、代わりに私自身が食べようかな(笑)。

おっと!その前に溜まっているお部屋の片づけがあったわ~(涙)。頑張らなくちゃ~。

月見…

 

こんにちは、(榛)です。

台風18号の進路が気になりつつも

今日の北見は快晴。気持ちの良い秋晴れです。

 

9月16日の空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月16日未明の空

 

 

 

 

 

 

 

そして夕べは三日月がとてもきれいでした!

スマホでの撮影はこれが限界ですが、星もたくさん!

冬の星座、オリオン座もお月さまのすぐ右にありました。

 

 

 

今週のみんとはご覧いただけましたか?

おいしい日本茶とお菓子。

私が担当した「バースデーイヴ」では

紹介したマロンパイのほかに和栗を入れた栗のマドレーヌも発売中。

どちらもほどよい甘さと栗のまろやかな味で、お茶によく合いますよ。

マロンパイ&栗のマドレーヌ

 

 

 

 

 

 

 

 

「バースデーイヴ」

北見市とん田西町218-43、0157-22-5108、営業時間10時~20時、水曜定休

 

 

 

~~~~~~

 

 

先日のランチは「CARRY NO CHIKARA」へ。

ランチと言ってもタイミングを逃してしまい

お店に着いたのは14時過ぎ。

それでもお客さんは途切れずに訪れていました。

 

 

チーズキーマカレー

 

 

 

 

 

 

 

これは、「チーズキーマカレー」。

満月のように黄身が鎮座しています♪

丁寧に作っているなと感じるキーマでした!満腹。

 

「CURRY NO CHIKARA」本店/北見市常盤町4丁目16‐3トキワビレッジ、0157‐69‐7878、営業時間11時~20時30分(20時LO)

三輪店/北見市中央三輪4丁目511‐17、0157‐69‐7900、営業時間11時~22時(21時30分LO)、ともに無休

 

ぶんちゃんDINER。

9月30日まで開催中の「さっぽろオータムフェスト2017」。
このイベントの4丁目会場に、
オータムフェスト開催10回と北海道新聞社創業130年を記念した企画店舗
「ぶんちゃんDINER」が出店中!

 

開拓期をイメージした道産野菜のスープや、
130周年にちなんだ130円のみそおでんなどを味わえます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

画像は太麺の焼きそば!
 

8丁目会場では北海道の市町村が期間中4期に分かれて出店し、
自慢の特産品販売などが行われます。

第2期[5日間]9月15日(金)~19日(火)には、
オホーツクビール樽生、オホーツク北見塩やきそばが登場!

第4期[3日間]9月28日(木)~30日(土)に出店する
訓子府町のくんねっぷ・たれカツ丼も久々に食べたいと思っています。

9月23日(土・祝)、24日(日)には、
11丁目会場の「秋の全道高校収穫祭 チャレンジオータム」に
北見北斗高校の生徒さんたちがやってきます。
これは道内の高校が「地元を元気にしよう!」と
地元食材を活用した商品を企画開発し、
加工して販売するものです。

さっぽろオータムフェストは、
石狩川流域をはじめ北海道全域の農産物、
秋の海産物を集めて、生産者や料理人、
醸造者などの作り手の顔が見えてくるぬくもりあふれる祭であり、
その旨い食べ方を知っている市民、
そしてここを訪れる方々がこの街の生活を祝う祭です。

ぜひ足を運んでみてくださいね!

http://www.sapporo-autumnfest.jp/

お茶パフェ。

札幌に本社のあるお茶の宇治園。
北見、帯広、旭川にも営業所がありますが、
直営店は札幌と函館のみ。

カフェ併設は札幌だけで、
こちらではお茶屋がこだわった本格的濃厚抹茶アイスや
抹茶をふんだんに使った抹茶パフェ、
お茶大福、抹茶ラテなどを味わうことができます。

お店に足を踏み入るとお茶のいい香りがします。
茶葉やお茶菓子、茶器などの販売スペースがあり、
その奥がカフェスペースになっています。

画像は「ほうじ茶パフェ」。
ほうじ茶アイスに白玉団子、
小豆、クッキーがのった
ほっこりする味。

おすすめです。

宇治園 札幌直営店
札幌市中央区北2条東10
011-231-7225
[月~金] 10:00~18:00 [土・日] 11:00~18:00
http://www.ujien.co.jp/

仕込み 

こんにちは、(榛)です。

昨日のみんとは、「9月4日は串の日」ということで

串料理のあるお店を特集しました。
串料理と言っても、焼き鳥、串揚げ、おでん、串焼きなどなど色々あります。

おやつなら串だんごもそうですね♪

片手で手軽に食べられる串ものは、みんな大好きですよね。

 

そういえば大学時代の友だち(女子)は

焼き鳥を食べる時、串をタテに口に入れるって言ってて驚いたことがあります。

最初のほうはタテでも途中から横にパクつきますよね、普通?

のどが深いの?!(笑)

刀を喉に刺す芸(?)を思い出します。

 

 

 

掲載にあたり、取材でお店にお話を伺うと

それぞれ仕込みに時間をかけているようでした。

おいしいものは手間を惜しまないものなのですね。
今回ご紹介したのは

「鳥やそーせー」

「黒いおでんden」

「鉄板バル 花鳥風月」

「サムライ十兵衛」

「かまくら番長」

(順不同)
どこも個性的なお店なので、ぜひ足を運んでみてね。

 

鳥やそーせー持ち帰り

 

 

 

これはそーせーさんのお土産。

パッケージも凝っていますね♪

 

 

 

 

 

 

 

仕込み・・・といえば、もう9月ですよ。そろそろ仕込みの季節ですよ。

え?何をかって?

それは、忘年会等で歌うカラオケ(笑)。

 

レパートリーを増やさなきゃ!今年を象徴する歌を練習しなきゃ!

という時季になってきましたよ!(笑)

最近はダンス付きが断然楽しいし、盛り上がりますね!

昨年スマッシュヒットだった星野源の「恋」は

ドラマスタートと同時に、ひとりハマって、

その分、早く練習しすぎて、

みんなで歌う頃には忘れてしまったという・・・無念を味わうことに(大笑)。

(昔のように1日では覚えられない、しかも2日経つと忘れてしまう

というのはやっぱり、年齢のせいでしょうかね)

 

 

そんな私が懲りずに今狙っているのが

「超特急」が歌うドラマ「警視庁いきもの係」の主題歌「My Buddy」!

ドラマのエンディングでは動物の着ぐるみ(中は超特急の面々)と

橋本環奈ちゃん、渡部篤郎さんらが踊っています。

 

なんとか、これを覚えて・・・・さ、仕込み仕込み・・・っと。

 

(他にやることあるでしょうにね)

 

 

では、良い年末、じゃなかった週末を~!

 

 

 

 

見目麗しい。

ショコラ、焼き菓子、ケーキはもちろん、
パンも購入できるショコラティエ マサール。

エスタ店や三越店には併設されていませんが、
本店のサロンでは濃厚なショコラドリンクや季節限定のパフェ、
焼き立ての温かいチョコレートスフレやフォンダンショコラなど、
専門店ならではのチョコレート菓子を味わえます。

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

画像は、期間限定のパフェエキゾチック。
柑橘系のアイスやクリーム、ジュレ、フレッシュなオレンジやカリカリのクルミ、爽やかな香りとやさしい口どけのパフェです。上に載っているクルクルのオレンジ色のはホワイトチョコレートです。
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
機会があればぜひ味わってみてください。

ショコラティエ マサール 本店
札幌市中央区南11条西18丁目1-30
TEL011-551-7001
店舗営業時間10:00~19:00
サロン営業時間10:00~18:30(ラストオーダー18:00)
火曜定休