Archive for category お店情報

入手困難な新千歳空港土産。

新千歳空港内の「JAびえい 美瑛選果」のパンをご存知ですか。
ブーランジェリー「VIRON」(ヴィロン)とコラボした空港限定パン、
「びえいのコーンぱん」「びえいのまめぱん」。

 
 

「びえいのコーンぱん」は、水と砂糖は一切使用せず、スイートコーンの水分と甘さで焼きあげた贅沢なパン。
小麦粉100に対して、コーン250って、比率おかしいやろ!と突っ込まずにはいられません。
割ると、コーンの間に生地が見える感じなんですよ。

 

「びえいのまめぱん」は、美瑛産の5種類の豆を使用した、表面だけでなく中もぎっしりのパン。
いずれもばら売りはしておらず、1箱5個入りで1080円で販売されています。
 

美瑛でも東京でも手に入らない、新千歳空港限定商品のこのパン、
コーンパンは日に何度か焼き上げられるので、食べたことがあったのですが、
まめぱんは1日1回朝8時のオープン時のみ、30箱の限定らしく、
いついっても売り切れ状態で「まめぱん売り切れました」というポップしか
見たことがありませんでした。

 

先日、友人を迎えに新千歳空港へ行くことになり、
8時30分ころ着陸予定だと聞いていたので、
美瑛選果のオープンに合わせ8時前に空港へ。

 

…。10分前に到着したのに、すでに大行列。
 
コーンパンは売り切れで、次回9時5分の焼き上がりを待たなくてはいけない状態。
かろうじてまめパンは購入できました。
いやぁ本当に幻のパンです。

焼き立てのパンを空港の待合で頬張りながら
友人の到着を待ちました。

 
小豆・黒大豆・手亡・金時豆・青えんどう豆。
美味しかった~。
チャンスは少ないかもしれませんが、
皆さんも機会があればぜひ味わってみてください。

 
JAびえい 美瑛選果 新千歳空港店
営業時間8:00~20:00
http://www.bieisenka.jp/

 

キーマカレー。

取材で由仁町に行った時のこと。
クライアントの方に人気のうどん店をおすすめされたのですが、
残念ながら定休日(うー、食べたかった。絶対リベンジしてやる)。

近くのお店は、と調べてヒットしたのが
洋食のお店TANTO(タント)。

メニューには平飼い卵を使ったオムライスや
ハンバーグ、シチューなど定番メニューのほかに
ボルシチなどなかなか見かけないメニューも。

カメラマンさんたちと三人で伺ったのですが、
ハヤシライス、煮込みハンバーグ、キーマカレーとバラバラなオーダー。

(柊)はキーマカレーを頼みました。
スパイシーな香りとピリッとした風味。
由仁町産生姜がたっぷり入ったルーで食べた後は体がポカポカ。
添えてあったアーリーレッドという品種の玉ねぎピクルスも
美味しかった~。

TANTO (タント)
夕張郡由仁町東栄97-10
0123-83-3033
営業時間11:00~17:00(毎月第3水曜日は15:00閉店)
木曜定休

安彦良和原画展は11/26まで

週の始まり月曜日。

今朝は寒かった・・・・真冬並みの寒波でしたね。

冬が来るのが早い・・・(泣)

さて、先週末は網走市立美術館で開催中の

安彦良和原画展を再度観賞に行ってきました。

初日は落ち着いて見られなかったので

今回はじっくりと見てきました。

このオホーツクで安彦氏の原画を見られる機会はもう無いかもしれません。

まだの方はぜひ!

ガンダムファンで無い方もぜひ。

撮影可能のお部屋もあります。
 

帰りに美幌町でお昼ごはんを食べました。

待望の「カフェ•レストラン きんぎょ食堂だいず」さん。

ミックスグリル 1300円のぜいたく

総菜の小鉢がた〜っぷり6種類。

玄米ご飯もおいしいかったです。

(榛)の取材したお店ですが、やっと足を運べました。

大満足!

美幌町東2条北2-19  電話0152-73-4464
営業時間1:30~14:00 17:30~20:30 火曜定休

豆乳シフォン。

建築設計会社が運営しているカフェ。
スタイリッシュな空間は女子率高めです。
土曜日の14時頃に伺い、
4人がけのテーブル席に案内されました。
ざっと見た感じ、9割女子!って感じです。

店内を見渡せば、カウンターのスツール席以外は埋まっていました。

夜ご飯がガッツリ系だと決まっていたので
おとなしめにシフォンケーキをオーダー。
セットのコーヒーは森彦さんのおいしいコーヒーです。

おしゃれな雰囲気とゆったり時間を味わってきました。

Atelier-D
札幌市東区北19条東20丁目1番13号
TEL:011-299-8187
営業時間11:30〜22:00
定休日毎週水曜日

ある日の昼食

ネタの盛りがいい♪

以前から噂をきいていた

持ち帰り専門の海鮮丼屋さんに

先日やっと行ってきました。

メニューはすべて500円(税別)。

追加料金を払うとネタとご飯の量を増やせます。

(写真の手前はネタの大盛り)

満足度高し!!

「北の魚河岸 丼丸 北見店」
北見市中央三輪東4丁目511-5サロマ鮮魚店

ラーメン。

大好きだったラーメン屋さんが、休業になって約半年。
偶然、お店の前を通りがかったら、再開していました!
しかも長蛇の列。

雨のぱらつく中、気温もどんどん下がり
おそらく8~9度という中、40分ほど待って
待ちに待った愛しのラーメンを食べることが出来ました。

スタッフさんの顔ぶれが若干変わっていたものの、
ラーメンのお味は以前と変わりなく。
前は昼営業と夜営業を行っていたのですが、
昼間の時間帯だけの営業に変わったようでした。

本州に住んでいる友人が札幌に来るたびに食べていて、
休業中は「けせらせらロス」とまで言わしめたラーメン。
もちろん画像付きでラインしました。
来月には札幌に来るそうなのでまた一緒に楽しめそうです。

【麺や けせらせら】
札幌市北区太平7-5-2-5
011-771-5246
営業時間11:30~15:00(L.O.14:45)
※但しスープが無くなり次第閉店
定休日木曜日、第3水曜

もみじ饅頭。

広島の人気のお土産といえば「もみじ饅頭」。
様々なメーカーさんからいろいろなお味の商品が販売されていますが、
お店ごとに個性が出ていてなかなかユニークですね。

粒あんやこしあんなどの定番はもちろん、
お店によってはチョコやキャラメル、ブルーベリーなど
洋菓子かと思うようなラインナップ。

 

 
 

画像はクリームチーズ。
ほかの商品に比べ、お日持ちが短め、
ふんわりした生地の中にほんのり甘いフィリングで
おいしくいただきました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そしてもうひとつ。
紅葉堂の「揚げもみじ」。
宮島と広島駅でしか食べることのできない商品です。

 

 

紅葉堂のもみじ饅頭に独自の衣をまとわせて揚げたもみじ饅頭。
外はサクサクで、中はアツアツもっちりの新食感が楽しめます。
宮島のお店には、あんこ・クリーム・チーズの3種類があります。
広島駅店はこのほかに季節限定のお味があり。
この秋は「やきいも」でした。

北海道からだとなかなか遠いのですが、
もし機会があればぜひ味わってみてください。

富里湖の秋

こんばんは。(さ)です。

初雪の便りも聞かれる今日この頃、何かと慌しい日々を送っております。

しかし忙中閑あり、先週の土曜日(14日)、

「せっかく10月なんだから、軽く紅葉見物したいね」という話になり、

北見から車で20分の富里湖に行ってきました。

 

 

富里湖1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボート乗り場付近から橋方面。

釣り人がいます。

キャンプもしてました。

 

 

富里湖2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対側を向いてもう1枚。

左手の山はもう日が翳ってきていました。

右側の紅色がアクセント。

 

帰りは、中央三輪に移転した「はる吉」さんへ。

昼食にしては遅いから空いてるかな?と思いましたが、まだ結構こんでいました。

寒いけど、週末もお天気は良さそう。

また軽く紅葉見物、行きたいです♪ せっかくの10月なので。

寝ながら本を読む眼鏡

こんにちは。(さ)です。

9月から10月にかけて、北見→札幌→北見→東京→北見という生活で落ち着かず、

何回かブログをお休みしていました。

さて、読書の秋ですね。

最近読んだ本は… ノーベル賞でも芥川賞でも直木賞でもなく…

 

 

東京島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『東京島(とうきょうじま)』

桐野夏生(きりのなつお)著、新潮文庫

第44回谷崎潤一郎賞受賞作です。

無人島に流れ着いた男たちの中に女が1人いたら、どうなるか?

という思考実験のような小説です。

戦後すぐ、マリアナ諸島のアナタハン島で実際にあった「アナタハンの女王事件」を

モデルに創作された作品だそうです。

先に映画(木村多江、福士誠治、窪塚洋介ほか)を見たのでした。

後半、『探検バクモン(NHK総合)』のレギュラー、サヘルちゃんが出てきて

アッと驚きました!

これ以上はネタバレになっちゃうね。ゴメンナサイ!

 

こういう先が気になる小説は、飛行機の待ち時間とか、長く乗る電車の中などに読むと、

時を忘れられていいですね。

 

でも、寝るときはもっとおっとりした感じの読み物がいいですね。

たとえば『オホーツク街道(司馬遼太郎)』とか…(笑)

最近は寝付きがいいので、なかなか読み終わりません。

枕元に寝るときの読み本が何冊か置いてあります。

さてさて、寝ながら本を読むのは、私にとって就眠儀式なのですが、

老眼なので、それもつらくなりました。

通常の老眼鏡をかけると、フレームがゆがむので、

腕を布団から出して伸ばして裸眼で読んでいたのですが、

もうこれ以上、腕が伸びない!というところまで老眼が進んでしまいました(泣)

どうしたものかと考え、

JINS(ジンズ)というメーカーで出しているツルが短いタイプのものを買ってみました。

 

JINS(ジンズ)の眼鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のJINSのショップで、検眼して作りました。

スマホなどを見る人はブルーライトカット機能レンズがいいようですが、

私は本を読むので、その機能がついていると視界が暗くなるということで、普通のレンズです。

代金は7560円でした。

確かに、寝ながら本を読む分にはいいのですが、起き上がるとズルッと落ちます。

横になっているとき限定です。

 

 

 

美容院の眼鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは行きつけの美容院(夕陽丘通り・双葉町、サクセス)で貸してもらった眼鏡。

やはりツルが短く、こめかみで止まります。

かけている姿を見ると笑いがこみ上げてきますが、

髪をやってもらっているときに週刊誌を読むことができるので便利。

しかし、この眼鏡を寝ながら使ったことがないので、自分の目的にあっているかどうかは不明。

 

その後、夕陽丘通り(北進町)の眼鏡の玉屋さんに行く機会があったので、いろいろ相談してみました。

(「ホルモンマジック」の小野さんが久方ぶりに夕陽丘店にいてビックリ!)

ツルの部分がゴムになっているスポーツ用眼鏡とか、ツルが外せる眼鏡の片方を外すとか、

いろんな方法があることがわかりました。

私は全部買って試してみたい!という性格なのですが、それはあまりにお金がかかる!! ので、

JINSの度が合っているうちはJINSで行きます。

さらに老眼が進んで、度が合わなくなったら、違う眼鏡を買おうと思います。

老眼が進むのはガックリだけど、新しい眼鏡はワクワク♪

 

では、寒いですので、お互い風邪に気をつけて過ごしましょう!

うちはだいぶ前から軽く暖房してますが、昨日から湯たんぽも入れました。

オイシイイタリアン。

札幌 円山近郊の宮の森にある隠れ家的なイタリア料理のレストラン「デッラ・アモーレ」。

道産小麦を使用したオリジナルの生パスタが自慢のお店なのですが、
先日いただいたパスタ「クルミとキノコのクリームソース」は
本当に美味しかった!

モチモチのコシ、生パスタから生まれる独特なとろみ。
クリームソースとの絡みの良さったら。

前菜で頼んであたりだったのが
「梨のサラダ。ゴルゴンゾーラチーズソース」。
秋の一皿!って感じでした。

札幌市中央区宮の森1条4-1-21 パナシェ宮の森
011-826-6770
11:30~15:00(L.O.14:30)
18:00~23:00(L.O.21:00)
水曜定休