Archive for category お店情報

ブラッと仁頃へ

真夜中ですが、金曜日になりました。(さ)です。

十五夜さんは、あいにくの雨。

今はほぼ上がりましたが、残念ながらお月様は見えませんね~

* * * * *

先週の土曜日は、仁頃へ行ってきました。

野菜直売所の「とうきみ(トウモロコシ)」を買いに。

1本100円で味がいいので。

この日は5本買ったところで、新しいのが到着。

新鮮なのはさらに美味しいはずと、2本追加。

食べきれない分は冷凍しておきます。

一粒ずつ外すのは手間なので、まず半分に折って、垂直に立て、包丁で上から削ぎ切りにします。

食パンに乗せて、マヨとチーズを乗せて焼いたり、炒めてバター醤油味にしたり、重宝します。

とうきみの他に、とうがらし、ししとう、なす、きゅうり、セロリ、白いタマネギを買いました。

カープ優勝ということで、赤い皮のお芋(レッド…何だっけ?)が大安売りでしたけど、

家にも頂き物があったので、それはナシ。

 

 

 

仁頃ハッカ御殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜を買った後、はっか公園へ。

こちらはハッカ御殿です。

公園のお花畑にチョウチョやトンボがたくさん来てました。

雲も秋の雲になってきて、つくづく「サワヤカっていいなあ」と思いましたワ。

いやー、まれにみる蒸し暑い夏でしたね~

 

 

白いタマネギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のみんとの「ひとりごと」に台風とタマネギのことを書きましたが、

こちらは仁頃で買ってきたタマネギ。

白いタマネギなんですが、写真だと普通のタマネギみたいですね。

横浜の姉が「こっちじゃタマネギが1個100円になるって話もあるよ」と

恐ろしげに言ってました。

マジですかっ?!

この日は仁頃で安く買えて、有難かったです。

ではまた♪

 

 

みんとまつりで出会ったモノ・人

こんばんは。(さ)です。

みんとまつりから明日で1週間なんですね。

 

米夢館さんの「米屋の北海道おはぎ」美味しかったなあ。

3個中1個は月替わりおはぎだそうで、9月は「栗のおはぎ」でした。

 

米屋の北海道おはぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

話かわって、

みんとショップに、遠軽の「ハナノ工場」さんの寄木細工の作品が展示してありまして。

通りかかった皆さん、興味深げにごらんになっていました。

そこへお母さんと一緒に来た女の子、

寄木細工を覗きこんで「なつかしい」と切なげにつぶやいたので、ビックリ!

「何歳ですか?」と聞いたら「5歳」。

昔、どこかで見たから、という年齢でもないなあ。

なぜ、なつかしい???

帰宅後、ふと思って、「なつかしい」という言葉の語源を調べてみたら、

こりゃまたビックリ。

もともとは「なつく」が形容詞化された言葉で、

「慣れ親しみたい」「身近に置いておきたい」「かわいらしい」「手放したくない」という

意味で用いられていたらしい。

中世頃から、現在と同じ用法の「過去の事柄が思い出されて心が惹かれる」という

意味で使われるようになったのだそうです。

5歳の女の子の「なつかしい」は「かわいい」と同義だったのかな~

何とも不思議な、賢そうで、かわいらしい女の子でした。

* * * * *

いつも、みんとまつりで服を買って、それを目撃されている私、

今回もコットンコレクションさんのステキな麻ブラウスをチラチラ見ては

「まだある、まだ売れてない、大丈夫」とか思っていたのですが、

あるとき突然消えていて、頭が真っ白…。

いつまでもあると思うな、デスネ、全く。

でも、コットンコレクションさんのファン仲間が一人増えたと思えば嬉しいです。

(負け惜しみ)

みんたまちゃんのTシャツは買ったしね。

(まだまだ、負け惜しみは続く)

* * * * *

また大雨で災害が心配です。

みなさま、安全第一で過ごしましょう。

 

(榛)の今日の一杯

こんばんは。(榛)です。

夕方から急に涼しくなってしまいましたね。

明日の北見の予想気温は15、6度とか・・・。

薄手のコートが要るかもしれませんね。

 

 

ちょっと涼しくなると、お酒が飲みたくなります。

 

ということで今宵のおすすめは・・・

 

まずはかわいいものをご紹介します。

ズバリ!パンダです。

パンダのお酒

 

 

 

 

 

 

パンダのイラストが女子受け間違いなしの日本酒です。

「たけのその」、味もグッドでついつい飲みすぎちゃいます(笑)

(GENTAにて)

 

 

 

次はダイナミックなお料理を。

「生ダコの炭火焼き」

 

生ダコの炭火焼き

 

 

 

 

 

 

 

タコ足1本、切れ目こそあれど繋がったままでてきます!

塩コショウの下味が効いていて、ヨダレもののおいしさ。

(やん衆 まほろばにて)

 

 

暑い日のビールもいいですが

これからの季節は、日本酒もいいかも。

天高く(榛)肥える秋  ルンルンはしご酒。

 

甘味処。

こう毎日暑いと食欲がちょっと…という方もいらっしゃるのでは?
そんな時でも、冷たい物や甘いものは別!という方も多いはず。
 
 
 
 

外

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

写真は「神宮前茶寮 こう 」。
札幌・円山公園のすぐ側にある甘味処です。

古民家をそのまま生かした建物で甘味を味わえます。
和文具や和雑貨なども販売していて、ちょっと面白い空間になっています。

お伺いした日はランチをたらふく食べた後だったので、飲み物だけでしたが
道産原料を使った手づくりあんみつや、だし巻き卵を挟んだたまごサンドなど
おいしそうなメニューラインナップでした。

 
 
 
 
 
 
 

コーヒー

画像はコーヒーフロート。
あしらいの千代紙の鶴がかわいらしいです。
一緒に行った友人はクリームソーダをオーダーし、
あしらいは千代紙の紙風船でした。
こういった心遣いはなんだかホッとしますね。

神宮前茶寮 こう
札幌市中央区北一条西28-2-16
011-644-8068
営業時間 11:30~18:00
月曜定休

元タマネギ倉庫。

日本一のタマネギ生産地・北見。
北海道産タマネギの日本におけるシェア率は約54%。
北見市は北海道産タマネギの約40%を生産しています。
日照時間が長く、寒暖差があるために良質のタマネギになるそうです。

タマネギが北海道で本格的に栽培されるようになったのは、1878年頃。
アメリカの農学者、ウィリアム・P・ブルックスが札幌村(現在の札幌市東区)で栽培を開始、
タマネギ栽培の基礎が築かれたと言われています。

本日ご紹介するのは、タマネギ栽培の発祥の地、札幌市東区の住宅地の一角にある「プー横丁」。
タマネギの貯蔵倉庫を改装したレストランです。
店内は倉庫なだけあって天井が高く、開放感があります。

インテリアはレトロでユニーク。
店内に三輪自動車!があったり、電話ボックスがあったり、
広さを生かしたディスプレイ。
幼児向けの絵本を加工してメニューを貼り付けてあるメニュー表など、とにかく個性的。

お料理は種類が豊富で、ピザ、グラタン、カレー、スパゲティやポーク、チキン料理などがあります。
これだけだと「少ないじゃん?」と思われるかもしれませんが、いやいや。
チキンだけでももろみソース、香草焼き、レモンバターソース、ガーリックステーキ、トマトソース煮、クリーム煮、赤ワインソース煮などがあり、メニュー選びにかなり迷います。

IMG_6898

プー横丁
札幌市東区北二十三条東22-2-12
011-785-1538
営業時間 11:00~22:00
不定休

超濃厚ヨーグルト酒。

名前の通り、濃厚でクリーミーなコクのある飲み口。
まるで飲むヨーグルトのような、トロリとした美味しいお酒です。
ロックで飲むのがオススメです。

IMG_6849

新澤酒造店の超濃厚ヨーグルト酒、(柊)の地元である宮城県のお酒です。
新澤酒造店と聞いてピントきたそこのアナタ!相当な呑べいさんですね。

そうです。「食中酒」というジャンルを確立した蔵元ともいわれている「伯楽星」をつくっている蔵元です。

株式会社新澤醸造店は、宮城の地酒銘柄としてファンを増やしている「伯楽星」、「愛宕の松」の蔵元。創業は明治6年。
本社の所在地は宮城県大崎市三本木ですが、先の震災で蔵が壊滅的な被害にあい、現在は三本木から約70㎞離れた川崎町に川崎蔵で酒づくりを行っています。

このヨーグルト酒、きちんとした温度管理の元で保存しないと再発酵して炭酸ガスが発生、ビンが破損することがあるそうです。

なので(伯楽星もそうですが)、きちんと温度管理の行き届いた特約店のみで購入可能。北海道は残念ながら1軒のみの取り扱いです。通信販売でも入手できるらしいので、機会があれば飲んでみてください。

サロマ湖100kmウルトラマラソンは明日

こんにちは。雨女返上?の(榛)です。

昨日は午前中、本当にさわやかな晴天に恵まれたのですが

今日はまた雨になってしまいました。不安定な北見です。

 

明日は「第31回サロマ湖100kmウルトラマラソン」の開催日ですね。

お天気が悪そうなので、参加される方は準備がいろいろと必要です。

 

昨日は、本州からこの大会に参加されるという方と

たまたま出会いちょっとお話をしました。

「思った以上に寒くて驚いた」

と、北見について“鉄板な”感想もいただきました(笑)。

サロマ当日も気温によって服装も考えないといけないなあと、

初の100kmということで完走できるか心配もあり

家族は呼ばなかったそうで、何でも一人でやらなきゃいけないみたいで。

それでも、走るのがとても好きな様子。

サロマ湖100kmは、ウルトラマラソンで初めて日本陸上競技連盟の

公認レースになった大会で

サロマは「ランナー憧れの地」とその方もおっしゃっていました。

そういえば、横浜の友人も、知人が参加すると言っていましたっけ。

全国的に周知された大会なのだと改めて思いました。

北見周辺に宿泊して明日に備えている方も多いと思います。

お天気に負けず頑張って完走を目指してくださいね。

応援しています!

 

 

 

さて、先週から今日まで息子が帰省していました。

としお

 

 

 

 

 

 

北見らしく「焼き肉」を息子と食べに行きましたよ!

山下通りにある「和牛焼肉 としお」です。

写真奥の塊は、サガリのステーキですぞ。

すて~き(素敵)でしょ(笑)・・・。

 

こちらに行ったらぜひ店主にうんちくなど聞きながら

牛に思いを馳せてみてね(なんのこっちゃ・(笑))

それくらいおいしいのです♪

 

和牛焼肉 としお

北見市北7条西4丁目2-2、0157-25-1040(予約しての来店が良いようです)

、営業時間17時~24時、日曜定休

 

 

フレンチ技法のラーメン。

先日、白石区と清田区方面に用事があり、
途中、蝉吟(せんぎん)に寄りました。

お店のジャンル的にはラーメン屋さんなのですが、
ラーメン屋さんだと思って入ってはいけません。

メニューは、海老つけ麺、海老和え麺、味噌の3種。
他にご飯と「バニラパン」。
え?バニラパン?

おつまみは、え?おつまみ??
ピーナツとクリームチーズとミントのオイル漬け、
イタリア産オリーブ2種盛り、干しエビとマヨネーズリキッドエストラゴン風味。
ドリンクメニューはカヴァ。
夜に飲みに来たいぞ、ここ。

創作系麺処とでも表現したらよいでしょうか。
同行者から「エビラーメン食べに行くよー」の情報しかなかったので、
メニューを見て驚きの連続です。
もともとフレンチのオーナーシェフだった店主がオープンしたお店だそうです。

 

 

IMG_6928

 

ステキな盛り付けの写真は、
海老つけ麺(オマールエビの冷たいソースで)780円。
さすがです。盛り付けがめちゃくちゃ素敵です。
付け合せは鶏ハム、トレビス、ネギ。

奥の器に入っているのは、オマールエビのつけ汁。
クリーミーで濃厚なオマールの甘みとコクが半端ない。
先のバニラパンは、この汁に浸けて食すのが正しいらしい。

(柊)家からは若干遠いのですが、
地下鉄駅からは徒歩10分以内なので、
いつか飲みに行ってみようと思っています。
 
 
 
 

蝉吟
札幌市白石区本郷通9北4-26
011-558-9114
営業時間11:30~14:30、17:30~21:30
火曜定休

お弁当生活

こんにちは。水曜ですが(榛)です。

晴れれば暑く、曇れば寒い。

そんな北見の天候にもだいぶ慣れましたが

今日はまさにそんな一日でしたね。

 

さて、最近はお弁当を作っています。

ちょっとかわいいお弁当箱を購入し

テンションを上げれば続くのではないかと思った次第で。

 

「どうだ頑張っているでしょ!」と

ちょっとブログで自慢しようっと思った

私の魂胆を見抜いたのでしょうか・・・

 

 

お弁当2日目の夜に、愛犬のラブが中蓋をかじってぼろぼろにしてしまいました。

 

チーン・・・(魂が抜ける音)

 

2段式の中蓋をかじられたら、もう使えません(泣)

 

 

かくして私のお弁当生活は終わりを告げました。

写真すら、ない。

 

 

そんなラブにちょっと仕返し。

「君にはあげませんよ」

 

たい夢のたいやき

 

 

 

 

 

 

先週のみんとでご紹介した「たい夢」さんのたいやきです♪

しっぽまであんこがぎっしり詰まっていました。あんこ大好き♪

ぜひどうぞ。

たい夢北見店/

北見市常盤町2丁目1-71、0157-31-5662、10時30分~19時、無休

清水の舞台から。

すし善。札幌で最高峰と称されるお鮨屋さん。
本店が家の近所にあるので、散歩の際に通り掛かるのですが…。

ナントも風情ある趣きのこのお店の前には、
お高級な車や、黒塗りハイヤーが停まっていて、
すごいなー、高いんだろうなー、と横目でチラチラしながら
「あー、いつかここで心ゆくまでお鮨を味わって日本酒を飲みたいなぁ」と思っています。

公式ホームページに参考価格の記載があるのですが、
15000円~。
ちょっとイイお酒を飲んだらアッという間に諭吉さんがひらひらーと
飛んで行きそうです。

何店舗かあるのですが、本店とすすきの店、銀座店はよほどのことがないと
行く機会が無いと思いますが、大丸店は比較的足を踏み入れやすい価格だということで、
誕生日のプレゼントを買った帰りに娘と食事に行ってみました。

IMG_6911 (1)

 
 

すっごい豪華ラインナップ。
これにサラダとデザートがついて一人4860円也。
まぁ普段の外食としてはお高いのですが、
ランチはもう少しリーズナブルなので、機会があればぜひ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お店の壁に豪華漫画家さんの寄せ書きが飾ってありましたよ~。
 

IMG_6914

すし善 大丸店
札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店 8階
TEL 011 – 828 – 1068
営業時間 11:00~22:00