Archive for category みんと記事のこと

「甘酒」への思いあれこれ

金曜日になりました。(さ)です。

しかし、よく降りますネエ。雪ゆき雪。

 

昨日は第4木曜でしたが、言の葉ミニレッスンと漢字クイズは休載でした。

前回の漢字クイズの解答と当選者発表だけ2ページ目に載っています。

そのコーナーでお知らせしましたが、

回答葉書・FAXに書かれた読者の皆さんからの

「甘酒」に関する気持ち、思い出などをご紹介します。

・これから寒い時期いいですね。好きな飲み物です。(北見市/60代男性)

・甘酒の季節ですね。先日のテレビで美容と健康に良いと言ってたような。

昔は義母のために酒かすで作っていました。(網走市/60代女性)

・昔は好きじゃなかったけど、今は缶の冷やし甘酒、大好きです。(置戸町/50代女性)

・熱い甘酒で心も身体もホッとするひと時を楽しんでいます。(遠軽町/70代女性)

・身も心も温めてくれる甘酒。板粕(酒かす)より麹が好きです!

生姜を少し入れてホッコリします。特に雪かきの後は美味しい!(北見市/60代女性)

・米麹から作る甘酒が良いらしいですね。味が苦手であまり飲みませんが、

体のためにチャレンジしてみます。(北見市/女性)

・子供の頃、冬に家で飲んでましたが、あの口に残る不気味さで私の苦手な物の一つです。

それ以来飲んでません。今では缶に入っているので、少しは違うカナ?(遠軽町/50代女性)

・若い頃はあまり好きではなかったのですが、健康に良いと聞いてから

美味しく感じるようになって、飲めるようになりました。(遠軽町/60代女性)

・大好きです。寒い日でなくても作って飲んでいます。

塩の量で甘みが違い、目分量で作るので一定の味にはなりませんが、

濃い目で甘目で飲んでいます。(訓子府町/60代女性)

・私はアルコールに弱いため「甘酒」も「粕漬け」も少ししか食べられません。

でも甘酒には二男が大学受験勉強中の思い出が…。(22年も前の話です)

夜中に「たまに甘酒が飲みたい」と言うので、作ってあげたら喜んで、

フーフーと冷ましながら嬉しそうに飲んでいました。

もちろん北見工大に合格しました。嬉しかったです!!(北見市/60代女性)

・すっかり甘酒の季節ですよね。甘酒に入れる酒に気を使って(笑)、

今は獺祭(だっさい)で作っています。(北見市/40代女性)

※以上,お便り紹介でした。モレがあったらゴメンナサイ!

* * * * *

甘酒好きな方、苦手な方、酒かすで作る方、麹で作る方、十人十色。

それにしても、獺祭(だっさい)には驚きました!高級感あふれてますね。

近年「甘酒は飲む点滴」なんて言われて、気持ちがひかれます。

私は、麹は手間がかかりそうで、時々、酒かす(旭川の男山酒造です!)で作ってます。

* * * * *

冬至は過ぎました。後は、夏至に向かって日が長くなる一方。

寒さから身を守って、つつがなくクリスマス&お正月を迎えましょう。

※次回の言の葉ミニレッスン&漢字クイズは1月12日号です。

 

 

北見市ほか1市7町に配布 みんと12月22日(木)号を発行しました。

2016年、最後のみんとを発行しました。

年末が押し迫ってきましたが

読者の皆さまはいかがお過ごしですか?

これから荒れるという天候、

ノロウイルスやインフルエンザの流行も気になります。

あと9日間、元気で師走を乗り切りたいですね!

(まずは明日、あまり吹雪きませんように)

メリークリスマス!

さて、発行のお知らせです。

明日12/23は祝日のため休刊いたします。

その後1週間ほどお休みをいただきまして

1/1元旦号を発行します。

1/5(木)は休刊し、1/6(金)号から通常発行となります。

1月のパズルタイム(クロスワード)は、1/6号掲載です。

北見市ほか1市7町に配布 みんと12月16日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました!

特集記事は(みぃ)による「オホーツク 豆の話」第3弾。

今年は「国際マメ年」でしたがご存知ですか?

最終回の今回は、訓子府町の「とら豆」を取り上げました。

地元でとら豆の栽培をしている石川さんにお話をお聞きし、

レシピの公開もしています。

オホーツクのとら豆をもっと身近に感じていただけると嬉しいです。

 

石川さんが国際マメ年のために制作した動画はコチラ。

パート1 https://youtu.be/LN-P7tsMTaU

パート2 https://youtu.be/YY6fuvOE80M

石川さんのマメへの愛があふれています。

焼肉のマチ北見、ということで…

金曜日になりました。(さ)です。

来週はテレビドラマの「最終回」が目白押しですね。

といっても私の場合は「真田丸」と「逃げるが恥だが…」ですけど。

「真田丸」では、上杉謙信の後を継いだ上杉景勝(遠藤憲一さん)が面白かったです。

いい人なんだけど、いいこと言うんだけど、肝心のところで腰が引けるというか…。

初めはイライラして見てましたが、だんだんそれが可笑しく感じるようになり、

遠藤憲一さんが登場するだけで、「出たー」と嬉しくなるようになりました。

徳川家康の息子・秀忠は星野源さん。

江(ごう)に発破かけられて、だんだん頼もしくなってきましたね。

(5年前の大河では、上野樹理さんが江で、秀忠が向井理さんでした)

その星野源さんが出てる「逃げ恥」も欠かさず見てますよ~

映画(2013年)「箱入り息子の恋」が面白かったので、

また同じ路線かと楽しみに見始めて、はまりましたよ。

ダンスはどうしても踊れないけどね。

* * *

さて、テレビと言えば---(長すぎる前振り終わり)

今、北見に、STVどさんこワイド「どさんこぶらり旅」コーナーの取材班が入っているそうですよ。

「焼肉女子が行く!北見の旅」というテーマで、収録は15~17日だそうです。

どこかで焼き肉してる北見の誰かが収録されるかな?

放送は来週22日(木)15:48~19:00

およそ2時間の放送時間の中で、12~13分の放送だそうです。

楽しみですね。どうぞご覧ください。

* * *

このことを教えてくれたのは、みんと連載中の「ブラキタミ×ラブキタミ」でおなじみ

北見市役所内市史編纂の斉藤さん。

新北見市史を作っている事務局の主幹です。

前回11月のブラキタミ(第5回)はタマネギの話でした。

掲載後、読者の皆さんから反響のお便りがあり、嬉しく拝見しました。

 

「タマネギの歴史を見て、とても誇りに思います(70代の方)」

 

「このごろ楽しみにしている記事はブラキタミ×ラブキタミです。

5回目には、昭和39年の冷害のときに耐冷性が立証された旨、載っていました。

私が20歳の頃で、農業を営んでいた親戚もお米や豆の不作で大変だったことを思い出しました。

タマネギは血液サラサラ効果などもあり、わが家の冬の消費量は2人暮しでも30kgを超えます。

これからも地域に根ざした記事を楽しみにしています(70代の方)」

 

「タマネギの記事を読ませていただきました。タマネギ農家でした。

木で造った乾燥機の片方の枠を外してザーッとタマネギが流れ落ち、一玉一玉、手で選別したものです。

(写真の)働いている女の人のかぶりものがとっても懐かしいです。

記事を切り抜いておきました(80代の方)」

 

皆さん、直筆で書いて下さったお手紙。

こういう思い出も歴史の裏づけになるのでしょうね。

ありがとうございました。

北見市ほか1市7町に配布 みんと12月15日(木)号を発行しました。

毎日冷え込みますが、読者の皆さま体調はいかがですか?

インフルエンザも流行っていますのでお気をつけください。

うがい手洗い湿度管理ですよ〜。

  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

さて、木曜号を発行しました!

数字のパズル「ナンバープレイス」を掲載しました。

ナンプレ初心者の私(じ)ですが

今回対角線ルールに初めて挑戦しました。

(編集者の特権で読者より一足お先に・・・)

苦戦しましたがなんとか解きましたよ!

数字は苦手ですが、脳トレだと思ってがんばりました。

皆さまのご応募をお待ちしています。

  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

年末が近くなってきましたネ。

年内「みんと」の発行は12月22日が最終です。

23日は祝日のため発行を休ませていただきますのでご了承ください。

「難」はムズカシイ

こんばんは。

毎日すぐ暗くなってしまいますね!

もうすぐ冬至(今年は12月21日水曜日)だから仕方ないか。

でも、冬至が過ぎれば、1日ごとに日がながくなるから、もう少しの辛抱ですね。

昨日みんと12/8号で発表した漢字クイズの答えは「難攻不落」でした。

【みんとがチェック!解答について】の欄にも書いたように、

今回は「難」の誤字が目立ちました。

文字通り、というか漢字の意味の通り、ムズカシイ字ですよね。

日頃、パソコンやケータイで文字を打つことに慣れている人ほど、

手書きしようとすると、アレアレ?どう書くんだっけ?と

「漢字書けない症」になってしまうんじゃないかと思います。

「難」の誤りは右のフルトリではなく、左の部分です。

分解すると、 草かんむり+口+夫 となります。

この「夫」が曲者なんです。

口の上から突き出してしまったり、

はらいがなくて、「土」になってしまったり。

また「勤」の左側になったり。

この機会に、二度と間違わない書き方を考えてみました。

「野菜、口から出さないで、夫よ」

どうでしょ???

映像としては、夫が牧草を食む牛のような感じ?

実は、私も時々「漢字書けない症」にかかってしまうのですが、

そういう時はインターネットの「漢字の正しい書き順」というサイトや、

下記の字典にお世話になっています。

 

 

手書きのための漢字字典

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手書きのための漢字字典(第2版)

編者:財前謙(書家・美術評論家)

明治書院 2,052円(税込み)

 

内容(「BOOK」データベースより)

パソコンやケータイの普及に伴って、手で文字を書くことが少なくなった今、いざ漢字を書こうとしても迷うことが多い。本字典は、手書きと印刷文字の違いを知ることで、漢字の運用に自信を持てる実用的な字典。日常生活に密着した常用漢字が正しく書け、また教えることに関わりのある人にとって必携の書。

* * * * *

みんとの漢字クイズは、12年前の開始以来、「手書き」で応募がルールです。

最低、月に2回は、字を手書きする機会にしてほしいと思って。

手書きの場合だと、ハラウかトメルかなどいろいろな書体があり、

認められる違いと、認められないケースがあるので、

漢字クイズの採点をする上でも、この字典を参考にしています。

* * * * *

あーあ、今日は雪が降っちゃいましたね。

雪かき、がんばりましょう。

といっても、あまり無理せずに。

体力を温存しつつ、適当に。

北見市ほか1市7町に配布 みんと12月9日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました。

今号では、表紙と中面でクリスマスの情報を特集しました。

美しいツリーやイベント、ケーキもオードブルも網羅していますよ♪

日本野鳥の会オホーツク支部長の川崎さんによる連載コラム「オホーツク四季鳥々」は最終回。

最終回ならではの特別な野鳥を紹介してくださいました。

読者のお便りで作る「みんとくらぶ」も掲載しています。

星占いもお見逃し無く〜!!

北見市ほか1市7町に配布 みんと12月8日(木)号を発行しました。

北見市、今朝はまさかのマイナス20度超えでした・・・。

真冬としても相当の寒さですよね〜。(・・・。)

今日の全国最高気温は沖縄の26.2度だそうです。(・・・。)

 

さて、(気を取り直して)今日は木曜号を発行しました。

言の葉ミニレッスン&漢字クイズの掲載号です。

そして久しぶりに登場の「食卓にプロの味を!」。

季節の台所・彩の宮田シェフによる白菜と豚バラを使った

カンタンでおいしいお料理のレシピを掲載しています。

寒い日にピッタリのメニューですよ!

そのほかイベント情報も掲載しましたので、

12月のお出かけ計画の参考にしてくださいね!

 

今週末は「北見市高校生美術展」開催!

12月10日(土)、11日(日)は、北網圏北見文化センター(北見市公園町1)で

北見、美幌、訓子府の高校美術部員による作品展が行われます。

約150点の展示は壮観! 

フレッシュで豊かな感性が作品に反映されて見応えがありますので

ぜひ会場に足を運んでご覧ください。入場無料。

新店舗情報掲載店募集中!

こんにちは、(榛)です。

昨日のみんとの特集は「新年を迎える準備」の提案でした。

予定表は各ご家庭で予定を書き込み、冷蔵庫などに貼ってご活用くださいね。

 

2ページには「新店舗情報」コーナー。

月に一度、オープン間もないお店をご紹介しています。

お店側から掲載したいと申し出がある場合もありますが

実際に街を歩いて見つけたお店に

こちらから声を掛けさせていただく場合もあります。

 

2日号の紙面に載りきらなかった部分をここでご紹介します。

 

★「らーめん縁(えにし)」

ここには(ぷう)とふたりで行きました。

店主は「黒山」というお店で修業したオホーツク出身の方。

ラーメン激戦区(?)の北見で勝負ということです。

私は縁味噌をチョイス、とてもおいしかったですよ。

お店のロゴがかわいいのでぜひ見てみ♪

駐車場は店の前と、双葉町商店街駐車場が使えます。

北見市双葉町1丁目1-19、0157‐88‐0819、営業時間11時~15時30分(LO15時)、17時~20時30分(LO20時)、不定休

らーめん縁 (2)

らーめん縁 (1)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

★「すし家たむら」

10月にオープンした寿司店です。

店主は北見の老舗に長年勤めた方で、

お会いしたのはオープン準備に忙しくされているタイミング。

真新しい寿司飯台やカウンターが小規模ながら素敵なお店になる予感。

近々改めて取材させていただきますね~♪

北見市北6条西4丁目11番地7、0157‐22‐3434、営業時間17時30分~23時30分(ネタが無くなり次第終了)、日曜定休

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

★「ぎょぎょうま屋」

稲荷神社のすぐ隣にある、魚料理をメインにした居酒屋です。

ここには、私が一人でフラッと立ち寄ってみたのですが、

アットホームな感じでついつい長居しました(笑)

締めにおすすめの「あさりめん」は、ビーフンを使った変わり種。

この日のあさりは超大粒で店主も驚いていましたが(笑)良いダシ出ていました!

北見市幸町5‐5‐6、0157‐33‐4003、営業時間 17時30分~24時、月曜定休

ぎょぎょうま屋 (2)

ぎょぎょうま屋 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

「新店舗情報」欄に掲載を希望される方は、紙面をご覧の上、

みんとまでご連絡くださいませ~。

飲食店以外ももちろんOKですよ!

 

北見市ほか1市7町に配布 みんと12月2日(金)号を発行しました。

いよいよ12月に突入しましたね!

金曜号を発行しました。

みんとでは早々に、新年を迎える準備を提案させていただきました。

予定表付きですので、ぜひご家庭でお役立てくださいませ!

また、冬季休園中のシゲチャンランドですが

大西重成さんのコラム「シゲチャン日誌」を掲載しました。

今の季節にぴったりなあの料理の話が・・・・。

読者のお便りで作るページ「みんとくらぶ」も掲載していますので

週末のお供に「みんと」、宜しくお願いします!!