Archive for category みんと記事のこと

ツツジ&アマビエ

こんにちは。金曜日(さ)です。

本日、4月24日(金)号みんとが発行になりました。

新しいクイズも登場。どうぞお楽しみください。

 

ツツジ開花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、エゾムラサキツツジが開花しました。

わが家の庭では21日(火)に1輪2輪つぼみが開き、

今日は三分咲きくらい。

ちょっと肌寒いせいか、花びらが縮こまっています。

これからは、そこらじゅうツツジでピンクに彩られますね。

* * *

4月4日(土)の道新夕刊1面に「アマビエ」の記事が出てましたけど、

見て覚えている人かな?

アマビエは江戸時代に登場した妖怪で、長い髪とくちばしのような口、

うろこ状のもので覆われた体と3本足が特徴。

肥後(今の熊本県)の海に現れ、

「今年から6年間は豊作が続くが、病も流行する。

早々に私の姿を写して人々に見せよ」

と語り、海の中に去ったとか…。

アマビエの絵とそういう説明の書かれた1846年の

瓦版(当時の新聞のようなもの)が現存するそうです。

江戸時代には、描き写すことで疫病を防げると告げる妖怪が

複数存在し、アマビエもその一つだそうですよ。

他を調べたら、

白澤(はくたく・人語を解し万物に精通するとされる聖獣)

件(くだん・顔は人間、身体は牛)などだそうです……。

いずれ劣らぬ不気味さで、アマビエが一番愛嬌があるかな。

ネットではコロナ終息を祈願して、

アマビエの自作のイラストを投稿する動きが広まってるとかで、

確かに「アマビエ」でグーグル画像検索をすると、

いろんなアマビエがたくさん出てきます。

道南方面の和菓子屋さんでは「アマビエ」の創作菓子を

売り出したとニュースになってました。

……ということで……

私も描いてみました!

「人々に見せよ」ということなので、恥ずかしながらアップしますよ。

 

アマビエ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご利益ありますように。

皆さんも良かったら描いてみてね!

 

みんと 楽しいコンテンツ続々と

4月から紙面をリニューアルした「みんと」。

新しい連載がいくつか始まり、

今まで以上に楽しめる紙面を目指しています。

 

先週(4/17発行号)のみんとには、

マリリンこと本橋麻里さんのコラム「~夢への架け橋~」が掲載になりました。

2児の母でありながら、カーリングチームの運営や、選手の育成などで

ご活躍されている本橋さん。

1年間でどんなお話が読めるのか、楽しみですね。

 

このブログ内でも、バックナンバーを読むことができますので、

見逃した!という方はぜひご覧ください。

 

布マスク特集への反響が!

おはようございます。(榛)です。

17日号の特集「布製マスクを使ってみませんか」はご覧いただけましたか?

手作りの布製マスクなどを販売しているお店を3つご紹介し、

あわせて、自分で作りたいという方に向けて

型紙と別ページには作り方を掲載しました。

お店によるとさっそく問い合わせが多数来ているとのことで

タイムリーな企画を読者の皆様にお届けすることができて

よかったなと思いました。

(一部、電話がつながりにくいようですが、時間をおくなどしてみてください)

抗ウイルス効果は期待できませんが、咳エチケットや保湿保温対策に気軽に使えるので、

ファッションアイテムとして定着するかもしれませんね。

 

 

メガネは顔の一部…というCMがありましたが

マスクも顔の一部、いや、半分ですかね(笑)

 

 

 

紙面掲載のうち、regaさんで取り扱っている「ハンカチマスク」。

ハンカチマスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこれが気になり購入しました。

このハンカチタオル、よく見ますよね。

こちらを製造しているメーカーが提案したのが

靴下製造時に出る端材の「わっか」を活用した簡易マスク。

お店によると、わっかはあくまで端材なので、

ハンカチのおまけなんだそうです(ハンカチの種類は一例です)。

 

手持ちのハンカチ(私の場合はバンダナサイズがいい?)でも使ってみようかと思います。

 

ハンカチマスク (1)

 

 

 

 

 

手作り布マスク

金曜日(さ)です。

4/17号のみんとが本日発行になりました。

新連載「マリリンコラム」が始まりました!

そして、今日の特集は布製マスク。

今月になって政治家の方々がマスクをするようになりましたね。

サージカルマスクが多かったところ、首相が白い布マスクで登場、

さらに手作りらしき布マスクの方もじわじわ増えてきましたね。

小池都知事は「ご近所の方が作って下さって…」とおっしゃってました。

札幌市長も柄物ですよね。

テレビでマスクをジーッと見ちゃって、話の内容が頭に入らないことも…(汗)

ウィルスを防ぐ機能はサージカルマスクに多少劣るようですが、

飛沫を防ぐ効果や喉を潤す効果はあると思うので、

TPOに合わせて布マスクも積極的に使って行きたいと思います。

一体いつまで必要なのか、先が見えないだけに、サージカルマスクは

通院とか、いざという時のために取っておきたい気持ちもあります。

* * *

さて、東京の娘が布マスクを手作りしたそうで、写真を送ってきました。

手作りマスク2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りマスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下は男物?娘の弟たちや父の分らしいです。

慣れてくると面白くて、どんどん作りたくなるものだそうです。

本物も「送るねー」と言うのですが、なかなか届きません。

送る作業って手間がかかりますからね。

うちのミシンは娘の所に行っているので、うちは無理…と思っていましたが、

手縫いでもいいみたいですね。

 

 

 

白い八重桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京の八重桜の写真も送ってきました。

白い八重桜? 珍しいし、キレイです。

* * *

今日の「みんとのひとりごと」、私が書いたときから

あれよあれよという間に状況が進み、

北海道も緊急事態宣言が出てしまいました。

とにかく気をつけるしかありませんね。ではまた。

新コラム「山と星ギャラリー」

こんにちは、(榛)です。

今日は曇り空。気温も現在、私のスマホでは0℃(体感温度-4℃)だそうで…。

まだまだ寒い北見です。

山と星1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日発行のみんとはご覧いただけましたか。

中面で新シリーズが始まりました。

「山と星 GALLERY」

星が大好きすぎて、道内はもとより本州へも、

撮りたいと思ったら即行動、撮影に出かけていくという方の写真コラムです。

以前から仕事の関係でこの方の写真を見る機会があり、

なんというかシャープでクールで、かっこいい作品が多くて

素晴らしいと感じていました。

今回、オファーをかけたところ快諾してくださり、コラムが実現しました。

 

星を撮るために山に登る。

おのずと山にも詳しくなっていきました。

そして星が一番きれいに見える新月が近づくと

「天気が気になって仕方ない(笑)」

打ちあわせの時に楽しそうに話してくれました。

 

第1回目は、雌阿寒岳です。

タイトル下のイラストも雌阿寒岳のカタチをデザインしています。

毎回変わるのでここも要チェックですよ。

山は道内の初心者でも比較的チャレンジしやすいものを選び

登山の難易度、体力度を表記していきます。

登ったことがある方にとっても、星景写真家の目線でとらえた山の風景は新鮮かも。

ぜひこのコーナーで楽しんでいただければ嬉しいです。

 

写真はこちらでも公開しています。

https://toy-s.co.jp/

 

みかんの花咲く

こんにちは。金曜日(さ)です。

新型コロナ、北海道も警戒が必要ですね。

今朝の道新朝刊に「北海道からのお知らせ」が折り込まれていました。

鈴木知事の写真が載っていましたが、

やはりマスク姿の方が見慣れてしまってるなと思いました。

手洗い・マスクとともに「密閉・密接・密集の3密を避ける」

ということに尽きると思います。

いまネットでは壇蜜さんの写真つきで「断密・断三」を呼びかける画像が

話題になっていますが、うまい!と膝を打ちました。

* * * * *

さて、みんと4月10日号が本日、発行になりました。

表紙面は津別のコットンコレクション・プチの平塚さん。

こちらのお店は私も大好き♪

私のコレクションを紹介させてください。

 

綿コレクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥のブラウスは平塚さんが生地を選び、中村さんが制作してくれたもの(だと思う)。

もう何年も経つけど、夏に愛用しています。

花柄は刺繍。

生地がパリッとしていて、ノーブラでも分からない(だろう)点が嬉しい。

黄色い帆布ショルダーは、肩ひもが幅広で、掛けやすいです。

茶色と白のチェックは、小袋から出すとエコバッグになります。

軽いけど、ペラペラではないしっかりした生地です。

 

バッグ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番のお気に入りはこちら。

ついつい「どこへ行くのも一緒」となって、ペット状態です。

(以前、撮った写真ですが、なぜ野菜と電卓が…?)

 

バッグ内側

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファスナーで口が閉まるので、

財布、携帯、小物入れ、ティッシュ、ハンカチ…と、結構たくさん入ります。

みんと記事を読んで、また新しい何かが欲しくなりました♪

コットンコレクションさんの詳細は紙面でご確認ください。

新連載「山と星ギャラリー」や、

オリホヴィク美香さんの「ロシアのコロナウイルス事情」など

読みでのある興味深い記事をゆっくりご覧ください。

私が担当している漢字クイズもワイドになりましたので、

頭の体操にぜひチャレンジを!

 

ミカンの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが家の玄関で場所を取っているミカンの鉢植え。

1週間ほど前、4年ぶりに花が咲きました。

20年以上前(北見に来る前)知り合いから小さい木を貰って、

我が家で天井につくほど成長したのですが、花が咲いたのは3度目。

前回2016年4月にも、みんとブログに載せました。

実が生ったことは一度もありません。

家族が調べたところ、たぶん夏ミカンだろうとのこと。

童謡「みかんの花咲く丘」は大好きですが、みかんの花の香りは、

室内だと、さわやかを通り越して正直キツイです。。。

* * *

では皆さん、くれぐれも「断密」ですよ!

一回目がいちばんいい

おはようございます。(榛)です。

パソコンを新しくしたらサクサク動くので気分がいいです♪

(先週はブログをアップするのに3時間費やした・苦笑)

 

昨日の(さ)のブログを読んで思い出したのが

これまでの生涯で一番おいしかったと言っても過言でないもの。

 

それは、息子が高校生の頃に一緒に家で食べた「担々麺」。

市販のピーナッツバターで作るというレシピ(ネット検索)を見ながら作ったのですが

それがパーフェクト!最高の仕上がりに!

料理好きとは言えない私が作ったその味に息子も感激していました。

それで次の週末も作ろうと思いましたが…それ以降同じ味にはなりません。

 

だいたい、いつもそうです。

初めて作った料理はうまくいくのに二度目以降は続かない。

だからますます料理に興味がなくなる…。

あの担々麺に勝るおいしいものには出合えて(作れて?)ない気がします。

ああ、もう一度食べたいなあ。

 

 

 

 

私も「エール」見ています。

(さ)と同じ言葉に感動しました!

 

コロナウイルス感染拡大は、テレビ界にも影響が出ていますね。

家でテレビを見て過ごそうと4月クールのドラマを楽しみにしていたのですが

放送延期も多くとても残念です。

ヒットドラマの再放送はウエルカムです!

特になかなか見られない昔の作品、やってくれませんかね。

今ふと頭に浮かんだのが「ちょっとマイウエイ」(桃井かおり主演)。

レストランが舞台で、そのお店のコロッケだったでしょうか、

あれがとてもおいしそうで、桃井かおりさんの声とコロッケの香り(しないけど)が

私の中ではセットで記憶されています。かおりと香り…(笑)

 

 

~~~~~~~~~~

昨日発行の特集で撮影したサクラを最後にご紹介。

本格的な春が待ち遠しいですね。

 

サクラを飾ろう1

 

 

 

 

 

 

サクラを飾ろう2

 

 

 

 

 

3月最後の金曜日

こんにちは。金曜日(さ)です。

東京が大変なことになっていますね。

うちも身内が住んでいるので、何かと心配しています。

現行パターンでの最後のみんとが本日、発行になりました。

さて来週4月からは金曜号のみの発行となり、

私の担当する漢字クイズは月1回になりますが、

その分パワーアップするつもりです。

今まで通りよろしくお願いします。

「手書きで」は変わりません。

クイズの当選者のお名前を発表するのも今号が最後です。

さみしい気もしますが、これも時代の流れで仕方がないですね。

* *

最後と言えば、NHK朝ドラ「スカーレット」も明日が最終回ですね。

最終回では、時が流れて武志と真奈が赤ちゃんを抱っこして工房に現れる…

そんなシーンを期待する声もネットにはあります。

新型コロナの閉塞感真っただ中だからこその期待感ですよね。

史実にある八郎の駆け落ちシーンも、ドラマでは回避されました。

あれは1月でしたか。

忖度したのかしないのか、すごくいいタイミングでしたよね。

頼みますよ、NHKさん!

さてどうでしょう。

* * *

この1週間で明るいニュースもありました。

朝乃山関が大関昇進決定と。

挨拶は「愛と正義」。含蓄あるお言葉でした。

* * * *

最後に、最近寝る前に読んでる本です。

 

〆切本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〆切本・裏表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「〆切本」左右社(2016年初版、2300円+税)

息子から「面白いよ」と貰った本。

明治の文豪から現代作家まで、〆切にまつわる悲喜こもごもが

手紙やエッセイ、漫画で綴られています。

宿題やってないときとか、身に覚えのある言い訳のオンパレード。

帯に「なぜか勇気がわいてくる」とありますが、

確かに文豪でさえこうなのね、と親しみがわきます。

可笑しくて爆笑してしまうのもあるのですが、

うまく話を盛っていて、それに私が引っかかってるだけかも?

特に横光利一「書けない原稿」。

何回も読み返しては笑ってます。

寝る前に笑うと興奮して寝つきが悪くなるかな?と思うかもしれませんが、

寝つきは大丈夫です。

では、また来週。

北見市ほか1市7町に配布 みんと3月27日(金)号を発行しました。

年度末、3月最後の発行です!

今号の表紙面はアップダウン竹森巧さんのコラム「あの空よりも、高く。」です!

中面では漢字クイズ(4月からは月1回掲載、ボリュームアップします!)、

ユリアの「星占い」を掲載しました。

北見市ほか1市7町に配布 みんと3月19日(木)号を発行しました。

明日が春分の日と祝日のため、本日みんとを発行いたしました、

来週の発行も変則となりまして

3月26日(木)号を休刊し、27日(金)号のみの発行となります。

よろしくお願いいたします。

 

今号の表紙面は「お昼ごはんお助け企画」。題して「簡単手順で豪華ランチ!」。

中面ではナンバープレイス、お店情報やおすすめ情報などを掲載しています。

 

子育ておしゃべり広場「あおぞらカフェ」は今回が最終回となります。

長い間ご愛読いただきましてありがとうございました。

お便りやお子さんの写真などは引き続き募集していますので

今までと変わらず投稿をお願いします。

4月からはみんとくらぶと統合して新しい投稿コーナーを始める予定ですので

よろしくお願いいたします。