Archive for category みんと記事のこと

常呂の名店、レストランブレが閉店(涙)。

こんばんは!2月最初の日曜です。

つい先日、「明けまして…」と言ったと思ったらもう2月。

本当に月日の経つのが早い…いや、早すぎる。このままでいくと…(涙)。

 

さて、タイトルにもありますが、ちょっとさみしい出来事がありました。

北見市常呂町にあるレストランブレさんが、先月末をもって閉店しました。

ブレは、当時の東急サロマ湖リゾート(現鶴雅サロマ湖リゾート)で、

スーシェフをしていた米本健さんご夫妻が、19年前にオープン。

以来、常呂の食材を使った本格的なフレンチが味わえるお店として、

地元常呂や北見をはじめオホーツクにもファンが多く、愛され続けていました。

みんととのお付き合いも開店と同時に始まり、最初の担当者は(柊)。

その後を私が次いで、お店紹介やライブの告知などをしてきました。

もちろん、常呂で取材があるとおいしいランチを食べに寄ってたっけ…。

左の写真のモデルっぽいポーズをとってるのは(有美)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が閉店の知らせを聞いたのは、昨年の晩秋…。

毎年、年末に同店で開催するオーナーが所属するJAZZバンドのライブの

告知記事を依頼に来られた際に、「1月末で店を閉めるから…」と。

 

記事の中にも書いていいから…とのことだったので、「今年が最後」の

見出しをつけて掲載したところ、「え!ブレさん、お店を閉めるの?」と

同店のファンの(さ)をはじめ。多くの人から聞かれました。

あの記事が出て以来、閉店前にブレの味をもう一度…というお客様で

ランチもディナー予約でいっぱいの状態が続いたようです。

私も最後にお二人の顔を見たい…と思っていたのですが、

知人が「最後にブレに行きたいんだけど、一緒にどう?」と誘ってもらい

なんとか予約もできて、閉店前日の30日(木)の夜に行ってきました。

 

ブレの名物といえば、ママさんのサラダ。

手前にあるダイスのマリネが絶品なんです。

ドレッシングもおいしい~。

 

 

 

 

 

 

私が食べたのは牡蠣のベーコン巻き。

牡蠣がブリップリでソースの相性抜群!

付け合わせの野菜もおいしくて~。

もちろん、ペロッと食べちゃいました。

 

 

 

 

 

 

こちらは、一緒に行った友人がオーダーした

「ビーフシチュー」です。

彼女は、運ばれてきたお皿に目を丸くして、

食べ始めたらた、そのおいしさに無口に…

一心不乱に食べていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

他の2人はハンバーグ、

ソイのポワレバルサミコソースをオーダー。

プラス牡蠣のグラタンをみんなでシェア。

もう大満足で、帰りの車の中は会話が弾む、弾む!

おいしいものって、本当に人を幸せにしてくれるんですね。

 

 

 

 

 

大好きなお店が閉店してしまったのはさみしいですが、

19年もの間、お客様を幸せにしてくれたオーナー夫妻に感謝です。

これからは、ゆっくりとお過ごしくださいね。

 

 

もう2月、まだ2月?

こんにちは、(榛)です。

とうとう本来の?雪景色になってしまいましたね。

昨夜は予定していた車での外出を控えましたが正解だったようです。

朝の状態はこんな感じ。

2月の餌台

 

 

 

 

 

 

鳥さんは不在です。

 

 

 

 

 

実は、数年前の大雪の夜に、私はとても怖い思いをしました。

自宅のそばの道路は幅が狭いうえに坂が多く、

その夜は家を出た20時にはそれほど積もっていなかった雪も

深夜を過ぎて帰る頃には、膝上ぐらいになっていました。

吹雪く中、もうすぐで家というところの角を曲がると車が前に進みません。

ほかに誰かが走った形跡もなく、私の“軽”が道を作るような状態でした。

「これ以上無理して進んだらはまってしまう?」

「もしここをクリアしてもその先にある上り坂は無理かも」

そして、

「こんな夜中では、誰にも連絡がつかない!!汗」

と一気に不安になり、慌ててバックで来た道を戻りました。

幸い自分のタイヤ痕があるからバックは割とスムーズで

大通りまで出て、近くのコンビニに事情を話し、

一晩、車を置かせてもらうことにしました。

車を置いた私はそこから徒歩で家路に。

すでに腰ぐらいまで積もった雪をかき分けるように歩いて10分強。

ブーツの長さよりも雪のほうが深いから靴の中に雪は入るし冷たいし。

視界が悪くて、一人きり。これがまた怖かったー。

何事もなく本当に良かったと思いました。

(電話に出ない家人には不満でしたが・・・)

 

~~~~~

 

さてさて、昨日のみんと「くいしんぼ情報」でご紹介したのは

麵屋はる吉さんの「えび塩らーめん」。

えび塩らーめん

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろなお店でエビ味のラーメンを食べましたが

エビのアクが強すぎたり、逆にエビオイルをかけただけの浅いものだったり

あまりおいしいと思ったことがなかったのですが、

これは本当においしかった!

記事にもあるようにバランスが絶妙!

ぜひ食べてみてくださいね。おすすめです。

 

 

「麺屋はる吉」

北見市中央三輪1-362-8■0157-57-3779

営業時間11時~14時30分、17時~19時30分

毎週月曜(ほか不定休)

 

 

~~~~~

 

2月になりましたね!カレンダーめくりましたか?笑

 

北見市ほか1市7町に配布 みんと1月31日(金)号を発行しました。

昨日今日と雪が降り続いているオホーツクです。

今号のみんとは表紙面で各地の冬まつりを特集しました。
中面には「漢字クイズ」やミニチュア造形職人の井内法子さんのイラストコラム「おもしぇーの見えだげ?」、
「ユリアの星占い」ほかを掲載しています。

今週も家族の真ん中に「みんと」♩
楽しんでいただけるとうれしいです。

北見市ほか1市7町に配布 みんと1月24日(金)号を発行しました。

今号の表紙面で「飾り巻き寿司」を特集しました。

中面では、今後の催しなどを網羅した「いろいろインフォメーション」、

北見出身、サハリン在住の筆者オリホヴィク美香さんが執筆しているコラム

「ロシア通信 サハリンよりプリヴィヤト(こんにちはの意)」、

ユリアの星占いほかを掲載しています。

新年号【漢字クロス】&炎鵬!

こんにちは。1月4回目の金曜日(さ)です。

昨日は4週目だったので、「みんと」が発行になり、

「新年号お正月クイズスペシャル」の当選者と解答が発表になりました。

私が担当したのは漢字クイズ。

こんな問題でした。

新年号漢字クロス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんと配布地域外で、クイズ好きの皆さん、

いっちょチャレンジしてみますか?

※写真をクリックして拡大すると、見やすくなります。

それぞれの答えは後回しにして、

紙面に載せた第3問「漢字クロスワード」の別解について説明します。

②に入る漢字の正解は「神」です。

タテは「神仙」、ヨコは「神様」となります。

神仙(しんせん)の意味は「不老不死で、神通力をもつ人。仙人」。

②にはいくつかの答えが寄せられまして、

紙面にもあります通り「仏・上・大」を別解として掲載しました。

「仏」だとタテ「仏仙(仏教的な仙人)」、

ヨコ「仏様(ほとけさま)」

「上」だとタテ「上仙(仙人になること)」、

ヨコ「上様(うえさま。貴人などの尊称)」

「大」だとタテ「大仙(尊い仙人)」、

ヨコ「大様(おおよう。小さいことにセコセコしないさま)」

②の件は以上です。おかげさまで勉強になりました!

【漢字クロスワード】の他の答え:

①大 ③小 ④子 ⑤内

【有名人クイズ】の答え:「十」

【漢字福笑い】の答え:「令和」

ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。

* * * * *

ここ最近、何が楽しみかといって、もう「炎鵬」です!

大相撲です!

身長168cm、体重99kgの小兵ながら、

でっかい力士を投げ飛ばす、転がす、押し出す。

負けた力士には悪いけど、見ていて痛快。

「柔よく剛を制す」という言葉が浮かびます。

負けると「キャー!かわいそう!」と悲痛な声が出てしまいます。

千秋楽まで残り3日しかない。

炎鵬ロスになる人も多いのではないかな~(淋)

今日勝てば勝ち越しだ!がんばれ、炎鵬。

北見市ほか1市7町に配布 みんと1月23日(木)号を発行しました。

今日発行の「みんと」は表紙のアップダウン竹森巧さんのコラム「あの空よりも、高く。」と

イラストコラム「北野えるかの風便り」が目印です。

中面にはクイズ「頭の体操1・2・3 ナンバープレイス」と

子育ておしゃべり広場「あおぞらカフェ」を掲載。

そして、新年号「お正月クイズスペシャル」の当選発表と解答を掲載しました。

今週も家族の真ん中に「みんと」♩

よろしくお願いします!

紙幣の人物

おはようございます。金曜日(さ)です。

「雪、少ないよね」

「こんなこと、なかったよね」

「雪かきしなくて済むのは助かるけど…」

「何か…気持ち悪いよね」

北見市民の最近の会話です。

TVニュースでは、畑が雪に覆われないため、

土の凍結などにより農業に被害がでるのではと心配されてます。

雪どころか雨も降らないので、「水不足」は大丈夫なんだろうか、とフト思いました。

雪かきしないと運動不足にもなりますよね。

でも、外は最高気温も氷点下の真冬日で、散歩するには寒いし…。

体育館へ行く、スーパーを歩き回る、室内で体操、

家の掃除(特に拭き掃除が効く!あまりやらないけど!)など

工夫したいですね。

* * *

今日は「みんと」が発行になりました。

私が担当する「手書きで挑戦・漢字クイズ」も1カ月ぶりに掲載です。

コメント欄にも載せましたが

「額に入った紙幣のコレクション」というのがあるんですね。

知らなかったのでグーグルで画像検索して見てみましたら、

ほえー!となりました。

ステキですよ♪

知らせてくれた読者さん、これが家にあるなんて…

文字通り、お宝ですね!

飾っておくのは怖いかな。

時々出してみて、ふふふ…がいいかな。

私個人的には伊藤博文の千円札を見たときに

「きれい!」と思った記憶があります。

急に多色刷りになったような…(トシバレル)。

コメント欄に書いた神功(じんぐう)皇后の紙幣のデザインは

「神功皇后 お札」で画像検索してみてください。

洋風グラマー美魔女で驚きますよ。

明治政府に雇われたイタリア人画家キヨッソーネが描いたものだそうです。

ウィキペディアによると、

キヨッソーネは大蔵省紙幣局の女子職員をモデルに描いたとのこと。

「紙幣デザインが変わる」という突然のニュースがあったのは、

昨年4月のこと。

新元号の発表、新紙幣の発表と続きましたね。

2024年の上半期をメドに、表面の肖像が変わると。

1万円札:福沢諭吉→渋沢栄一

5千円札:樋口一葉→津田梅子

千円札:野口英世→北里柴三郎

このニュースに伴って、「大隈重信じゃないのか」という反応があったと

いうネット記事が印象に残っています。

福沢諭吉→慶応大学創始者、大隈重信→早稲田大学創始者

ということもあり、早稲田大学関係と出身地の佐賀県を

中心に期待されていたようなんです。

そこで、このクイズの答えを見ていただくと…

ガッテンしていただけますか?

皆が大好き「お札」のトリビア話は尽きませんが、このへんで。

興味のある方は、国立印刷局のHPなどを読んでみてね。

***

お正月の東京土産。

まだ1月なのでぎりぎりセーフかな?

令和の初春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港でおなじみ「ねんりん家」のバウムクーヘンですが、

年末年始の期間限定品です。

「令和」という元号の出典が

万葉集「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は(以下略)」

と発表された時から考案してきたのかな?と思いつつ、

美味しくいただきました。

ちなみに、ピンクの部分は苺味?と思ったら、桜風味でした!

他にも「令和」と名付けられた記念スイーツは

全国でたくさん発売されたようです。

ではまた。長々読んでくださってありがとう!

 

年内発行終わり。クリスマスはまだ来ない

こんにちは、(榛)です。

今日は12月21日、今年もあと10日となってしまいました。

昨日の20日号でみんとの年内の発行は終わり。

今年一年、

平成から令和に変わる時代の節目に、

読者の皆様が少しでも笑顔になってくれたら嬉しいと

明るい話題、おいしい話などを紙面で提供してまいりました。

 

来年は1月10日号から通常発行。

でもその前に・・・

毎年ご好評をいただいている「新年号」を発行します!!

 

表紙は、あの方の・・・

大人気のクイズブロックにはあのヒーローも・・・

 

ぜひ配布をお楽しみに!

 

 

 

 

そういえばまだクリスマスも来ていないのですよね。

編集部は、すでに新年号の作業もほぼ終えていて

事務所内は大掃除(今年は高所作業に強力な助っ人もいる!)も始まっているので

クリスマス気分を感じる間もなく日々を過ごしています。

 

さてあと10日、何しよう・・・。

ちょっと温泉にでも行ってこようかな♪

 

クリスマスイルミネーション

 

 

 

 

 

 

写真は私がひいきにしている美容室「Ri-re」さんです。

トナカイがキラキラ~★

配置にセンスを感じます。

もっと遅い時間帯にも撮影したのですが、夕暮れ時のこちらのほうがなんとなく良かったので

あえてお店が営業中で店内の灯りが漏れている方をアップしました♪

 

 

今年の読書、オー!

こんにちは。金曜日(さ)です。

今年最後の「みんと」が発行になりました。

次の「みんと」は新年号です。

どうぞお楽しみに♪

さて、今日のみんと、ページをめくってオー!と思ったのは

(榛)の「みんとのひとりごと」。

ボ・ク・シ・ン・グ…⁈

ちっとも知りませんでした。(詳細は本紙を見てね)

そこで思い出したのは荻原浩(おぎわらひろし)著「冷蔵庫を抱きしめて」。

これは短編小説集で、中でも「ヒットアンドアウェイ」が好き。

DV夫から娘を守るため、主人公が密かにボクシングの特訓をするんですけど、

とにかく読後感が痛快。

日々、何となくどんよりしてる方、これはおすすめです!

月曜日の(みぃ)のブログを読んで、

今年はどんな本を読んだのかな~と振り返ってみたのでした。

先日、国際学力テストで、

日本の子供(15歳)の読解力が弱いというニュースが駆け巡りましたが、

まずは「本読まないからでしょ。スマホばっかり見て」と思いました。

先日、夕飯で外食したとき、若い人同士の組み合わせだと

向かい合ってスマホに目を落としている。

それを???と思う私は時代遅れなんだろうな~

子供が本を読まないだけじゃない。

大人も読まなくなってる。

大人が読まないから子供も読まない。

かくいう自分も、読書量が年々右肩下がりだ。

(何してる?そりゃあ、パソコンで何か読んでるんでしょうね~)

少ない読書の中でも、今年読んだ本で印象に残っているのは、

小説部門で「コンビニ人間(村田沙耶香)」と「平場の月(朝倉かすみ)」。

18日(水)の道新朝刊を開いてオー!と思いました。

「平場の月」映画化決定‼ という広告を見て。

この小説の舞台が埼玉県の朝霞、新座、志木といった

東武東上線周辺と知って読み始めた私。

ちょっとだけ土地勘があるもんで、面白いかと。

50歳前後の男女の恋愛小説ということで不倫?

と思いがちですが、そういう話ではなく、

ふたたび出会った昔の同級生同士の切ない物語です。

読み終わって、ここ北見でも、こういう物語が現在進行中の人っていそう、と思いました。

東京、札幌という大都会じゃなく、

大都会に出た人が、事情があって戻ってくる地方都市こそが

舞台になれる物語だと思いました。

朝倉かすみさんは小樽生まれだけど、小樽でもいいのかも。

映画、誰が出演するのか、発表が楽しみ。

想像して待ってようと思います。

夕暮れの北見

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は夕暮れの北見。月は出てないけど。

コンサの選手が大活躍しています!

こんばんは!12月3回目の日曜です。

今年もあと2週間あまりで終わり…本当に早いものです。

先週は札幌からのバスの中からの更新、結局1時間遅れで到着しました。

ブログを読んだ何人かの知り合いから「大変だったね…」と言われました。

確かに6時間は長かった~。ほとんど寝ていたんですけどね(笑)。

 

13日号のみんとの「コンサドーレ応援日記」はご覧いただけましたか?

今回も札幌のドームの中をウロチョロしながら頑張りましたよ。

3月の開幕戦以来なので集合写真はバッチリでしたが、それ以外の写真がイマイチ…

16年やっても上達しない私って…(涙)。次回はもっとがんばります!

 

その記事の中にもありましたが、コンサの選手が日本代表として頑張っています。

12月10(火)~18日(水)の日程で韓国で開催されているE-1選手権2019。

日本、韓国、中国、香港、台湾などが参加している東アジアのNo1を決める大会です。

その代表選手に、北海道コンサドーレ札幌から鈴木武蔵、菅大輝、来季から入団する

田中駿汰の3名が選出され、大活躍をしています。

鈴木武蔵が中国戦で代表初ゴールを決め、昨日の香港戦では菅大輝と田中駿汰が代表初先発。

初先発、初ゴールの菅の決めた豪快なボレーシュートを皮切りに5-0の快勝!

田中も守備に攻撃にと縦横無尽にピッチを走り回っていました。

18日は韓国との優勝決定戦。韓国チームにはコンサのゴールを守るク・ソンユンが

いるので、コンサの選手同士の対決も楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、さっぽろ東急百貨店で見つけたコンサの展示です。

進藤のスパイク。武蔵のサイン入りボール、菅とチャナティッのサイン入りユニフォーム、

そしてルヴァンカップの準優勝メダルが展示されていて、写真もい~っぱい!

たくさんのコンサファンが集まっていました。

 

紙面にも書いてあったように、ミシャ監督は「来季は衝撃を与える」と言ってくれました。

どんなチームになるのか、本当に楽しみです。みなさんも応援してくださいね。