Archive for category イベント

七夕まつりが行われました

7月に入り1週間、暑さも最高潮ですね!

 

そんな暑さの中

昨日、一昨日と北見中心商店街の銀座通りでは

「七夕まつり」が行われました。

IMG_1233

IMG_1207

園児たちが願い事を書いた短冊がかわいらしい。

IMG_1212

軽いノリの織姫&彦星だね。

IMG_1209

若者や家族づれが多く、パフォーマンスを楽しんでいます。
IMG_1229

素人縁日も店がずらり。

今後はオホーツク各地でお祭りが続きます。

それぞれ地域色豊かなイベントですヨ!

みんと紙面でも順次紹介して行きますので、お楽しみに!

てしかがアートフェスティバル2013

2月最後の土曜日。おはようございます、(榛)です。
道内各地で冬を楽しむイベントが行われていますが、
道東、弟子屈町ではこんな催しが…。
てしかがえこまち推進協議会主催の「てしかがアートフェスティバル2013~Arctic cold Tesikaga」。
3月9日(土)から19日(火)までの11日間開催されます。
この催しは、弟子屈町内8ヶ所を会場に、地元や全国の作家たちにより、音楽、美術、食文化、温泉、自然を複合的なアートで表現するイベントで、
3月11日をはさむことで東日本大震災のチャリティーイベントとして「てしかがのこころ」を全国に発信するものです。

参加は無料(一部を除く)で各所に募金箱を設置。
収益金の全額を4月に石巻市で行われる「石巻に故郷の歌を~ピアノで織り成す東北民謡コンサート~」の開催支援費として寄付します。
あの俳優、吉田栄作さんのコンサートもありますよ!

詳しい内容は、
てしかがえこまち推進協議会事務局(弟子屈町役場観光商工課内)
015-482-2940へお電話を♪
 

 

 

 

■イベントスケジュール■

【吉田栄作弟子屈チャリティーコンサート】3/9(土)14時開演(道の駅摩周温泉)共演:柳澤英毅

【作家が造る泊まれるアート「MASHu7ROOm7DAYsMUSEUm」】(ホテル摩周2F特設会場 弟子屈町湯の島2-3-22■01548-2-2141)
3/11(月)~3/15(金)15時~20時
3/16(土)10時~20時
3/17(日)10時~18時
3/16(土)・17(日)20時~翌10時(宿泊体験、費用1人3000円、要予約)

【摩周アートロード】3/11(月)~3/17(日)、会場:道の駅~湯の島公園周辺)

【石巻現状報告会&ミニライブ】3/9(土)19時(ホテル摩周/湯の島)
 (吉川美由紀/東北救済プロジェクト 秋吉文絵/ミュージシャン) 

【震災追悼の鐘をならそう】3/11(月)14時46分(なんだろう橋/湯の島) 

【自然&食ワークショップ】3/12(火) 9時30分 (KUSSHARoARtPROJECt/屈斜路)

【エネルギーセミナー】3/16(土) 14時(摩周観光文化センター2階視聴覚室)

【アイスキャンドル大行進】3/16(土) 18時30分(道の駅摩周温泉足湯広場/湯の島)

【ti-daBAND コンサート】3/16(土)19時30分(プカプカ/湯の島)

【屈斜路露天風呂大会議】3/17(日)19時
(KUSSHARoARtPROJECt/屈斜路)屈斜路の露天風呂に入りながらアートを論じる大会議。

【第4回弟子屈フォトコンテスト入選作品展示会】
     3/1(金)~4/30(火)9時~17時(道の駅摩周温泉/湯の島)

JRタワー10周年記念 第7回JRタワー映画祭

JRタワー10周年記念 第7回JRタワー映画祭

シネマと鉄道 ― 森繁久彌生誕100年

自分の中で「森繁久彌」という人物のことで知っていることと言ったら、

俳優で、歌も歌えて…程度の知識しかありませんでした。

 

『屋根の上のヴァイオリン弾き』を演じた人、

「知床旅情」を作詞作曲し自ら歌うシンガーソングライター。

(柊)の知っていることといったらそのくらい。

 

喜劇役者としても活躍し、後にシリアスな演技派俳優への移り変わりは

やはり森繁さんの才能だと思います。

 

 

通勤途中にJRタワー東コンコースを通ります。

 

2013年2月23日(土)~2月28日(木)までの期間、

札幌シネマフロンティアにて、

JRタワー開業10周年を記念したJRタワー映画祭が開催され、

森繁久彌さんの大ヒット喜劇、「駅前シリーズ」12本を上映するそうです。

(1作品:一般・シニア1,000円、学生500円 各税込)

http://www.jr-tower.com/topics_detail/312

 

 

関連企画として、2月28日(木)まで、JRタワー東コンコース1階で

「森繁久彌生誕100年の足跡パネル展」が開催されています。

駅前シリーズのポスター及び「地の涯に生きるもの」のスチール写真を展示など

ファンにはたまらない貴重な企画だと思います。

 

北海道氷彫刻展冬季北見大会を拝見

今日は建国記念日、三連休の最終日です。

網走の断水のニュースを見ました。

対象地域の皆さんはさぞ不自由な思いをされていることでしょう。

お見舞い申し上げます。

※なるほど(ぷう)のバイタリティーはお母さんゆずりだったか・・・

 

さて、昨日はパラボに行く用事があったので

再び北見冬まつりへ行ってきました。

力作なのです
パラボを出たら目の前は「北海道氷彫刻展冬季北見大会」の会場。

氷彫刻がズラリと並んでいました。

透きとおって美しいのです。

巳年にちなんだのかな

りっぱなコブラ。北海道新聞社賞です。

クネクネ

体をくねらせるイカ!躍動感たっぷり。

 

みんとロード(中央プロムナード)を通って冬まつりメイン会場へ。

快晴の日曜日、まつり会場は大にぎわい。

かわいい!!

北見のキャラクター、ミントくん発見!

ドアップ。

ミントくんのガールフレンド、ペッパーちゃん。

のんたくんや塩やっき(オホーツク北見塩やきそばのキャラクター)も登場していて、

子供たちは大喜び。大人も抱きついたり、写真を撮ったり。

 

会場で買ったアメリカンドッグ、おいしかったです(もち砂糖でね)。

カラリとした揚げ具合がお見事でした。

他に焼き鳥や唐揚げなどいろいろ買って、家で昼ご飯となりました。

 

 

まさに厳寒!焼き肉まつり

おはようございます。風の強い朝となりました。土曜日担当(榛)です。

さて、冬のイベント真っ最中の北見です。
昨日の金曜日は、北見の冬の代名詞?
「厳寒の焼き肉まつり」が開催されました。
私も行ってきましたよ。
といってもまつりの風景写真を撮影しただけでしたが・・・。

会場の北見芸術文化ホール駐車場に車で向かったのですが
面白いもので東4丁目通りから小町泉通りを曲がり
ホール駐車場入り口に入ったとたん「あ!焼き肉の臭い!」・・・。
それまでは全く気配がなかったので
ちょっとホッとした自分がいました(笑)。

 

今年も全国からこのまつりに参加している方々がたくさんいたようです。
そして地元らしい方々には、毎年のこと慣れたものと
みなさん持ち道具に工夫があり・・・。
ひざ掛けなど防寒対策はもちろんの事、
手元を明るくするためのランタンを用意している方、
(会場全体も昔に比べたら充分明るいですが)
アルミのお皿(鍋焼きうどんサイズ)にお水を張ったものを
焼き網に乗せて、その中で飲み物を温めている方、などなど。
みなさん寒いことをより楽しむためのアイデアで臨んでいましたよ。

昨日は予報どおり?時折、地吹雪が舞い、幾度かダンボールのゴミ箱を飛ばしていました。

細かい雪が降っています
カメラも風でぶれる(いや、これは私の技術か)ほどで
大きな風が吹くたび「うおー」という歓声があがっていました。

 

 

おまつりってやっぱり楽しんだもの勝ちですよね♪

 
来年は私も参加するぞー!
と考えながら、煙がモクモク立ち込める中、
コートについた臭いだけをお土産に帰路につきました。

 

「第64回さっぽろ雪まつり」

2013年2月5日(火)から11日(月・祝)の7日間、開催される

「第64回さっぽろ雪まつり」。

 

大通公園西1~12丁目で大小さまざまな雪像を楽しめる「大通会場」、

すべり台やスノーラフトなどのある「つどーむ会場」、

大・中の氷彫刻や氷彫刻コンクール作品などの幻想的な氷像が展示されている「すすきの会場」。

各会場それぞれに趣向を凝らし、楽しめる工夫がされています。

 

 

雪まつりのはじまりは、1950年に、地元の中・高校生が

6つの雪像を大通公園に設置したことがきっかけだったそう。

こんなに大規模な世界的に注目されるイベントになるとは

想像していなかったかもしれませんね。

 

 

今朝、テレビで放映していたのですが、

大通5丁目会場では、国の重要文化財に指定されている「豊平館」の大雪像に映像を映し、

幻想的な世界を表現する催しが行われているそうです。

 

また、大通公園西4丁目の広場内に設営されている特設ブース「Audi Booth」では、

坂を駆け上る「Audi A6 allroad quattro」を雪像で再現。

会期中は18時~22時まで、15分間隔で

真っ白なボディに幻想的な映像を投影する

「プロジェクション マッピングショー」を上映するそうです。

 

今日の夜にでもその様子を見に出かけたいと思います!

地域によって

 

 

 

 

 

 

仕事で帯広に行ってきました。

宿泊したホテルの窓から

すっきりと晴れ渡った「十勝晴れ」をパチリ。

ちなみに左手奥のベージュの外観のビルは道新帯広支社です。

 

 

帯広・音更・広尾を周ったのですが、仕事の話ではなく

食べ物の話をさせてくださいね。

 

(柊)の中で毛ガニの旬は春先!というイメージでした。

なぜなら、オホーツクでは、流氷が去り春の訪れとともにやってくるものだと思っていたから。

 

 

 

先週、シーサイドパーク広尾特設会場にて「広尾毛がにまつり」が行われたと聞き、

「そうかぁ、こちらでは12月頃が旬なのね」。勉強になりました。

やはり、地域(海)によって違うんですね~

 

 

 

 

 

 

 

取材の途中、関係者様のご実家に寄らせていただいたら

ナント「毛がに」登場!!

 

「今朝あがったばかりでさっき茹でたんだから食べていきなさい」と

勧められ、昼からおいしくいただきました。

なんて贅沢(できれば夜に日本酒のみながらならなお嬉しい…)。

 

ちなみに広尾の「恋人の聖地広尾サンタランド」では、美しいイルミネーションが点灯中。

12月31日までの期間中、メインツリーや大丸山森林公園一帯が15万球もの光に包まれるそうです。
残念ながら観光する時間はなかったのですが

ぜひ見てみたいなぁと思いました。

 

http://www.town.hiroo.lg.jp/

浜茹での毛ガニだなんて、うらやましすぎる!! (じ)

あさっては「高校生美術展」開催

雪景色の北見市です!
ぼったんぼったん降っていた雪は止んだようです。
道内では大荒れの地域もあるそうですが
ここはおだやかな天気です。

今日は12月6日(木)号を発行しました。
数字のパズル「ナンバープレイス」を掲載しましたので
クイズファンの方、楽しんでくださいね。

週末に「北見市高校生美術展」が開催されます。

北見市をはじめ、美幌、訓子府の高校生による作品約160点を展示。
フレッシュな感性の作品群は今回もパワーに満ちて
来場者を迎えてくれることでしょう。

12/8(土)14時から、北海道新聞北見支社報道部・梁井記者による
ギャラリートークも行われます。

はこだてクリスマスファンタジー

 

道内いろいろなところでクリスマスイベントが開催されていますね。

 

本日ご紹介するのは、函館のベイエリアで12月25日まで開催の

「はこだてクリスマスファンタジー」。

 

 

 

 

 

 

海に浮かぶ幻想的なクリスマスツリー。

ツリーの点灯とともに打ち上げられる花火…。

美しく、ロマンティックな思いに浸れますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもやっぱり、花より団子!という人も多いのでは?

そんな時は、メインストリート特設会場にて販売されているスープを味わってみて!

 

函館市内にある各店が趣向を凝らしたオリジナルのスープは

身も心もぽっかぽかに温めてくれるはず。

 

たらふくスープを味わった後にスペイン料理をコースで食べて

おなかポッコリになった(柊)なのでしたwww

 

 

http://www.hakodatexmas.com/

札幌に行ってきました

こんにちは。札幌に行って帰ってきて、ホッとしている(さ)です。

札幌には5泊6日滞在しましたが、毎日雨で、晴れたのは5日(月)だけ。

その気持のいい秋晴れの昼下がり、北海道立近代美術館に

「藤田嗣治と愛書都市パリ―花ひらく挿絵本の世紀―」

という美術展を見に行きました。

美術展

大正から昭和にかけての時代に、パリで

才能を開花させた画家の藤田嗣治(つぐはる)さん

=レオナール・フジタは、

本の挿絵を多く手掛け、

自身も愛書家だったそうです。

その藤田画伯を中心に、シャガールなど

20世紀前半のパリで活躍した画家たちによる

挿絵が見られるという美術展でした。

道新にたびたび広告が出ていましたね。

札幌へ行くなら…と(じ)のおすすめで、

久々に美術展に足を運び、しばし「芸術の秋」に

ひたってきましたよ。

※しかも、ぶんぶんクラブ会員証の提示で入場料も200円引きだったし(嬉)

 

 

 

 

知事公館

こちらは、近代美術館の隣にある「知事公館」。

裏手の庭からの眺めです。

道路から見えるきれいな紅葉に誘われて、

お庭に入ってみました。

この日は、お天気がよかったので、

お姑さんも散歩がてら同行してくれていて、

札幌の中心部で、

はからずも紅葉見物ができたと喜んでいました。

人影もまばらで、気持のいい深呼吸ができました。

 

 

 

 

 

 

 

知事公館・白い石

大きな白い石のオブジェにビックリ。

 

知事公館の中は靴を脱いで見学もできるので、

道民として一度は…と入ってみました。

知事公館といっても、

高橋はるみ知事が住んでいるわけではなく、

中の大小10くらいのお部屋は

すべて会議室になっていました。

管理の方にお聞きすると、

知事が来客と会うときに、

時々使用されているとのことでした。

昭和11年に建てられたものということで、

レトロな雰囲気が素敵でしたよ。

入場無料ですので、皆さんも機会があったらぜひ。

* * * * *

北見も雨が続きますね。。。

天気予報では日曜日だけお日様マークが出ていたので、日曜日がとっても楽しみ。

皆さんも健康のため、晴れたら外に出て陽に当たりましょうね♪