Archive for category レジャー

お盆にストーブつけたひと~

金曜日になりました。(さ)です。

雨降り、4日めですか?

昨日の朝は寒くて、ついにストーブつけました。

暑い後の寒さはこたえますね。

特に、雨に当たったりすると、後からザワッと来ます。

昨夜の夕飯は、水炊き鍋!

食べてるときは暖まりましたけど、しばらくするとやっぱり寒くて、ストーブ…。

重ね着してホッカイロまでしてるんだけどなあ。

料理とか家事して動いているときはいいのですが、

パソコンの前にじっと座ってると、冷えてきます。

(パソコンは2階、ストーブは1階だし…)

低気圧のせいか、頭痛もします。

この天気もあと1日の辛抱かな?

お盆にストーブつけた人どのくらいいるか、緊急アンケート実施してほしいなあ。

 

 

 

 

エゾニュウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、エゾニュウ登場です。

8月初めに久々に常呂へドライブしてきたのですが、途中で出合いました。

嫌いな人も多そうだけど、私はこの不思議な植物になぜか心惹かれます。

はっきりいって好きです!

「ニュウ」はアイヌ語らしいです。

茎に甘味があり食用・薬用になることに由来しているとか。

山菜として、こんなに大きくなる前に採る人もいるようですが、

私は食べたことないなあ。

 

 

 

ワッカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワッカ原生花園です。

中でも、ここは大好きな場所。

オホーツク海側のサンゴソウコーナー。

真ん中付近に鳥がいます。アオサギか?

クマが出たそうで、この日、竜宮街道の途中の海辺には立ち入りできませんでした。

 

ノコギリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマナスやエゾカワラナデシコ、いろんな花が咲いていましたが、

今回はノコギリソウをピックアップ。

というのは、わが家の庭に西洋ノコギリソウが蔓延(はびこ)っていまして。

他の植物を追いやって、ひどいことになっています。

根から取らないと増えるので、まるでスギナみたいです。

いやスギナより頑固。根が取りづらくて。

というわけなんですが、ワッカで見るノコギリソウは

西洋じゃないから種類が違うんでしょうか。

他の植物を追いやってるふうでもなく、

可憐に見えるんですよ。

ほんと不思議だわ。

今ネットでノコギリソウの種類を調べていたら、

なんと、押し花が販売されていました!

ノコギリソウの花をバラバラに、ひとつひとつにして、押し花にしたもの。

手芸とか、何か芸術作品のパーツなんでしょうかね。

いやー驚いた。

* * *

ワッカをブラブラ散歩してたのが10日ほど前だなんて…

信じられないほど遠くに来てしまった気がします。

 

 

刷毛雲

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の気配?

「刷毛(はけ)雲!」と私は思うけれど、「巻雲」と言うのかな。

これも今から10日ほど前の空。

ではでは、暖かくして過ごしましょうね。

特にスーパーの食品売り場は寒いので、上に1枚プラスしようね!

 

化石&天体 夏休みに出かけよう

こんにちは、(榛)です。

 

本州は今日も猛暑日のようですね。

「痛い暑さ」と耳にしましたが、先日の帰省でよくわかりました。

どうぞご注意を。

そんな中、こちら北見は

朝晩は涼しく、昼間はそこそこ暑い。

ようやくいつもの北見らしい「夏」になったような気がしています。

朝の涼しいうちに植えっぱなしの葡萄の木をなんとかしようと思っていたのに

気付けばもう太陽さんは真上。

毎週末こんな感じです。やりたいことはたくさんあるのに

週末は一週間の疲れがどっと出る。起きられない・・・。

ほかのひとが午前中にやることを夕方以降にやるしかなくなる。

 

はっ!これが「夜型人間」か!

そうか、こうして夜型人間が創られるのか。。。

 

 

 

さて、子どもたちは夏休みですね。

7月27日号のみんとの特集「自然科学の楽しさを知ろう!」の中に登場したうち2つの施設をここで改めてご紹介します。

夏休みの宿題に役立つのはもちろん、大人も楽しめるスポットです。

□□□□□□□□□□□□□□□□

「足寄動物化石博物館」

足寄町内で産出した海生哺乳類の化石などを展示し、その進化や地球の歴史を探る博物館です。

絶滅した古代獣「デスモスチルス」やその先祖になり足寄町で発見されたことからその名がついた「アショロア」のコーナー。

足寄動物化石博物館

 

 

 

 

 

 

 

「束柱類」の名はこの歯から

絶滅した「束柱類」の特徴は「歯」。

 

 

 

 

 

現存するクジラの大きな化石を展示コーナーでは、そのクジラが実は陸で暮らしていた?など解説パネルを読むのも楽しいですよ。

ぜひ「最初のクジラ」を見て!衝撃です。※個人の感想です。

 

 

恐竜や古代生物はすでにこの世にいないわけで、想像の域を超えません。それでもその想像を地道に裏付けることで、地球を知ることができます。ロマンがありますね。

館内にはいつでも参加できる「ミニ発掘」など体験コーナーも充実しています。

 

 

北海道は海だった?

 

 

 

 

 

 

<お知らせ>

同館は今年開館20周年、これを記念して明日8/5(日)に

恐竜図鑑等でおなじみの小林快次氏による講演会「恐竜研究最前線」が

あしょろ銀河ホール21(足寄町北1条1丁目1)で開催されます。

恐竜研究最前線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「足寄動物化石博物館」足寄町郊南1丁目、0156-25-9100、9時30分~16時30分、火曜休館(夏休み期間8/31までは無休)、一般400円、小中高生・65歳以上200円

 

 

★★★★★★★★★★★★

 

地球の次は宇宙に思いをはせよう!

「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」

日本最大級の大型天体望遠鏡「りくり」。これを目の当たりにすると気分はもうSFの世界です。

りくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眺める星座を狙ってグイーンと方向を変える様はかっこいい!

館内にはテントサイズのプラネタリウムがあるので

上映内容や時間等はホームページで確認してください。

https://www.rikubetsu.jp/tenmon/

 

8月11日(土・祝)~13日(月)は「ペルセウス座流星群観望会」もありますよ。

 

 

 

銀河の森天文台館内

 

 

 

 

 

 

 

「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」陸別町宇遠別、0156-27-8100、月・火曜休館※8/13、14、9/24は特別開館、9月までの開館時間および入館料、14時~18時:大人300円、小・中学生200円、18時~22時30分:大人500円、小・中学生300円

 

川越氷川神社縁むすび風鈴

こんにちは、(榛)です。

暑い日が続きますので、ちょっと涼しげな写真を。

 

 

川越氷川神社

帰省した折にふらっと寄ってみたのが川越の氷川神社。

「縁むすび風鈴」(9月9日まで開催)というのがあるのを

東武東上線の中吊り広告で見つけて行ってみました。

 

 

 

この日は38度くらい?猛烈に暑かったのですが

週末ということもあって人だらけ。結婚式もおこなわれていました。

 

 

 

 

 

縁むすび風鈴

インスタ映えする風鈴やおみくじに、

カメラ女子・男子がわんさか。

写真に人が写らないように頑張るもこれが限界でした。

風鈴の短冊に願いを書き込み、吊るします。

 

 

 

 

 

 

 

 

あい鯛 釣りおみくじ

 

 

あい鯛、一年安鯛

 

かわいい鯛のかたちのおみくじ。

ピンクは「あい鯛」、赤は「一年安鯛」(笑)

私は赤を。なんと”大吉”!

 

ふたりの友人&息子のための縁むすびお守りもいただいてきました。

叶うといいな~

 

 

 

 

今日はビール日和!絶対(笑)

午後も仕事して、心おきなく飲むぞ(決めています・笑)

皆さんも涼しい工夫をして夏を楽しみましょう。

札幌に行ってきました

金曜日、(さ)です。

まるで先日のみんとの特集に合わせたかのように

先週木曜~日曜、所用のため札幌に行ってました。

大雨になる前です。暑かったです。

先週金曜日は、エスタのラーメン共和国に遅いお昼を食べに行きました。

壁にこのようなものが…

 

ラーメン共和国

 

 

 

 

 

 

 

 

と言っても、北見のラーメン屋さんがあるわけではなく…

「吉山商店」に入り、「焙煎ごまみそらーめん」を注文しました。

こくがあって美味しかったです。

後で、エスタで爆発事故があったとニュースで知りました。

お店を出て、帰り道だったので、何も知りませんでした。

* * * * *

土曜の夜は高校時代の友達4人で食事に。

友達に岩見沢のノースファームストックのドレッシングをもらいました。

 

ドレッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右(間違い!左)からキャロット・オニオン・トマト。

好きなの選んでいいよ、と言われて迷っていたら、

「北見の人はタマネギはいらないよね?」と。

そしたら俄然タマネギを選んでしまった。

条件反射? アマノジャク?

でも、オニオンドレッシング美味しかったですよ!

他のも食べてみたいけどね~(未練)。

この会社のHP見てたら、見覚えのある「北海道バーニャカウダ」が

ありました。

北海道バーニャカウダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この会社だったんだ!とびっくり。

これも美味しいですよね。

自宅用に買ったり、プレゼントにしたりしています。

* * * * *

日曜日は、高速に乗らず、下の道を走って一路北見へ。

途中、旭川・上川で雨がひどかったけど、石北峠に入ったら

マシになりました。

家に着いたら、留守中に花が咲いてました!

ラベンダー咲いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤーズカモミール?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダーと黄色いカモミール(ダイヤーズカモミールというのかな?)。

 

うちの庭の様子も変わりましたが、「半分、青い。」も急激に雰囲気が変わりましたね。

舞台も登場人物も変わり、まるで別のドラマが始まったみたい。

まあ、人生ってそういうものかも。

律の奥さんって、もう出てこないの? 尻切れトンボ感があるんだけど。

札幌に行ってる間に見逃したのだろうかと思うほど。

結婚の案内状のエピソードとかは、ずっと先で回収されるのだろうか?

* * * * *

大雨のニュースが続いています。

川の氾濫、がけ崩れ、心配ですね。

早く収束しますように!

 

河西牡丹園

おはようございます。(さ)です。

猛暑が終わるのはいいとして、急激な寒さはこたえますね。

厚着はもちろん、軟弱なので暖房もしたいです。

* * * * *

さて前の日曜日、家族で河西牡丹園(北見市)に行ってきました。

入園料は200円ですが、カフェレストラン遊木民族で食事をすれば無料で入園できます。

われわれはランチをいただいてから、昼下がりの散歩でした。

 

 

河西牡丹園

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日でしたが、森の中って感じで心もちヒンヤリ。

空気も清浄な感じです。

 

エゾムラサキと黄色いツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾムラサキ(通称・忘れな草?)群生地に黄色いツツジが…。

 

 

ツツジアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色レンゲツツジというのでしょうか?

わが家の庭にもありますが、これはひときわ美しいです。。。

 

 

エゾムラサキアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可憐なエゾムラサキもアップで!

ファンが多い花ですよね。

私も好きです!

 

 

 

 

アケボノセンノウアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

アケボノセンノウもアップで!

 

 

 

アケボノセンノウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡丹園にはアケボノセンノウも群生しています。

漢字だと「曙仙翁」。

ナデシコ科の花で、花言葉は「明るい気持ち」だそうです。

何か、いい花言葉ですね!

明るい気持ち、大事にしたいです。

 

 

牡丹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡丹園なので牡丹も。

少なめですが、咲いていました。

牡丹は育てるのが難しい花だそうですね。

 

 

牡丹アップと蜂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップにすると、蜂がお仕事中。

牡丹の花言葉は「風格」「高貴」だとか。

なるほど~ 「花の王様」と言われていますからね。

ホームページを見ると、「平成の牡丹祭り」は去年で終了したそうですが、

今の季節、いろいろなお花が見られますので、

お食事がてら、ブラッと歩いてみてね。

常呂はホントによいところでした!

こんばんは!5月最後の日曜日です。

このところの寒暖の差のせいなのか、ちょっと風邪気味・・・。

今週はちょっと遠出の予定があるので、今日はひたすら寝て治す!

ってことで、昼間から湯たんぽを抱えてベッドの中にいたので、

昼間のお天気がちっともわかりません。でも、今は寒くてストーブをON!

もう5月も終わりなのにね・・・。お~い!お日様や~~~~~い!

 

さて、金曜号の特集は今注目の「北見市常呂町」でした。

同じ北見市とはいえ、車で1時間ちかくかかるので中々足が向きません。

でも、用事があって行くたびに「いいところだなぁ~」って思います。

食べ物はおいしいし、食べ物はおいしいし、食べ物はおいしいし…ってこればっか?

そんなことはありません!とってもステキなところがいっぱいありますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは栄浦地区にある「遺跡の森」です。取材時は、名残の桜が咲いていました。

あいにく、曇りで雨もポツポツと落ちていましたが、散った桜の花びらが地面を埋め尽くし

ピンクの絨毯ができていました。近くの小川も花びらがたまっていてきれいでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは森の中で出合った花と木。森の中はやっと葉が芽吹き出したばかり。

ちょっとさみしい感じでしたが、木の根元には小さな花々が咲いていました。

右の写真は、偶然見つけた木。右がねじねじと曲がっています。

どうやったらこんな風になるのかな?と取材に同行した(ど)の(な)と首を傾げました。

森の中にはさまざまな鳥の声が響いていて、まるで別世界のよう。

何羽か鳥を見つけましたが、名前がわからない・・・。

姿は見えませんでしたが「ホー、ホケキョ!」と聞こえたので鶯がいた?

短い間でしたが、森の中を歩いて癒やされました。

森の入り口にある「ところ遺跡の館」の前にはこんなものが・・・

 

 

親子3人で記念撮影できる顔出し看板。

自称「顔出しニスト」の(有美)にこの写真を

送ったら「なんで、顔を出さないんですか!」

「そこに看板があったら出すでしょ!」と

お叱りを受けました(笑)。

だって、私は「顔出しニスト」じゃないもん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーリングおみくじで注目の「常呂神社」です。

寄った時はちょうど前日におみくじが入荷した…とのことで、たくさんありました。

なので私もありがたくご拝受いただきました。おみくじの中身は・・・ナイショ!

パシフィック選手権で戦ったLS北見と富士急のメンバーが奉納した絵馬もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーリングおみくじとストーン型の絵馬は、行ってみてあったらラッキー!

売り切れの場合は、その場での予約ができますが電話予約はNGとのこと。

「運試し」に行ってみるのもいいかも~。

 

 

こちらは、交通ターミナルの先の海。

結構波が強かったです。

「ザブ~ン、ザブ~ン」という波の音が

耳に心地よかったですよ。

写真に写っているのは(ど)の(な)です。

 

 

 

 

 

そして、お待たせの食べ物を~

こちらは、「レストハウスところ」さんの「帆立づくし定食」

 

帆立のお刺身に貝焼き、フライト甘露煮

帆立の耳のキムチ、稚貝のおみそ汁と

本当に帆立づくし~。

これを食べた(ど)の(な)はとっても

幸せそうな顔をしていました(笑)。

 

 

 

 

 

 

こちらは「生帆立丼」です。

熱々ご飯の上に、新鮮な帆立のお刺身が

た~っぷり乗っています。

甘めのタレがかかっていて、ご飯が進む進む・・・

ご飯は酢メシと白米から選べ、私は酢メシで~。

本当においしかったですよ。

 

 

 

 

帆立好きの方はもちろん、ホッキづくしやお寿司もありますよ~。

ぜひ、行ってみてくださいね。

「レストハウスところ」北見市常呂町土佐16-13、0152-54-2339、

営業時間11時~14時(L.O)、17時~19時(L.O)、水曜定休。

 

次は、こちら!「ところほたてやみつきまんじゅう」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、帆立の貝柱がゴロッと1個入ったおまんじゅうです。

てっぺんにはかわいい帆立の焼印。味は甘めで帆立の旨みがた~っぷり。

食べていくうちに、もっともっと食べたくなるような不思議なお味!

ワッカネイチャーセンターとたかおか食品の直売店で購入できます。

こちらもぜひどうそ!

「たかおか食品」北見市常呂町484-2、:0152-54-2501

営業時間:9:00~17:00、月曜日定休。

 

6月に入るともっとあたたかくなるはず・・・

どこかに出かけたいな~と思ったら、常呂に行ってみてはいかがですか?

カタクリ群落(旭川&端野)

おはようございます。金曜日(さ)です。

今日は「みどりの日」で祝日。

みんとの発行はお休みです。

わが家は毎晩「世界卓球」に釘付け。

そういうご家庭も多いかな?

男女ともスピードが凄くて、台に入ったか入らないか見えないほど!

「世界卓球」見て、翌日サークルで卓球ができると「幸せだなあ、嬉しいな」と思います。

思いなしか、自分含めて動作がキビキビ。

中高年サークルですけどね。

目で見て、少なからずイメトレになっているんでしょうか???

これが続くといいんですけどね~

それにしても、女子の部で韓国と北朝鮮による合同チームが

急きょ結成されたと発表があったのには驚きました。

大会の途中で、そういうことってアリなのか?

このチームが今日の日本女子の相手です。

* * * * *

先週は札幌に行って来ました。

帰り、27日(金)旭川の男山自然公園のカタクリ群落を見てきました。

男山公園1

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは期間限定ですが、自由に散策することができます。

軽食やおみやげ物のお店も出ています。トイレもあります。

 

 

男山公園2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男山自然公園は、突哨山(とっしょうざん)という名前の山にあります。

斜面一帯がカタクリやエゾエンゴサクで埋め尽くされていました。

今までもGWに何度か足を運んでいますが、今年は一番!

咲いたばかりの初々しいカタクリでした。

 

男山公園3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男山公園4

 

 

 

 

 

 

 

 

カタクリとエゾエンゴサクのツーショット。

 

ザゼンソウ@男山自然公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ。水芭蕉のアズキ色版。珍しいです。

* * * * *

さて、次はわが北見市端野町です。

カタクリは北海道の西側には多く生育しているのですが、

大雪山、日高山脈より東側にはほとんど生育していないそうです。

端野町のカタクリ群落は、東の分布限界にあると言われています。

絶滅しないよう、また盗掘被害にあわないよう大切に保全されていて、

自由に立ち入ることはできません。

毎年行われる【たんのカタクリ観察会】でしか見ることができないのです。

観察会は今年は4月30日(月)~5月2日(事前の申し込みが必要)でした。

30度近い暑さになった30日(月)に、初めて参加してきました。

端野図書館での説明会の後、「たんのカタクリと森の会」の皆さんの案内で、観察場所へ向かいます。

参加者は市の車に分乗して移動。車を降りてからは山道を歩きます。

参加者の皆さんは、長袖・長ズボン・帽子・ズック靴または長靴という軽登山のいでたちでした。

 

 

 

端野カタクリ群落1

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう斜面にひっそりと咲いていましたよ。

 

 

端野カタクリ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯葉を突き破って、懸命に咲くカタクリ。

 

端野カタクリ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

端野のカタクリは花をつけるまでに10年ほどかかるそうです。

厳しい自然環境の中で生き残るため、独自の性質を獲得した個体群と考えられ、

研究対象になっているそうです。

会の皆さんは一生懸命にこの自然を守ってくれているのだと感銘を受けました。

ほかにも、知らないところで、自然環境保護のため頑張ってくれている人たちが

たくさんいらっしゃるんでしょうね。

。。。。。ということを考えさせられる一日でした。

この日は午後1時に気温30度、午後3時に15度という気温急降下の日でした。

山越えの熱風がオホーツク海からの風に切り変わったのが原因だと

天気予報で言っていましたよ。

雨が降ったり寒かったりのお天気ですが、

せっかく自然豊かな土地に住んでいるので、

晴れ間には自然の中に出かけて英気を養いたいものです。

花の季節、開幕ですね

おはようございます。金曜日(さ)です。

漢字クイズの応募葉書に、

「4月12、13日、網走への往復で、JR車内から、女満別~網走間の水芭蕉を堪能!(北見市/60代女性)」

というコメントがありました。

今年は早いみたいですね。

俄然、女満別湖周辺に行きたくなりました。

「JR車内から」というのも、何かステキですね♪

 

昨日26日号の言の葉は「ルール・マナー・エチケット・モラル」。

それぞれの語源と使い分けを取り上げました。

そこで、いま読んでる本。

 

 

人生はマナーでできている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『人生はマナーでできている』

髙橋秀実(たかはし・ひでみね)著

集英社 (2016/4/26)刊

人生いたるところにマナーあり。マナー大国ともいえる日本のさまざまなシーンを取材しつつ、

著者が放つ、おもしろおかしいニッポンのマナー論。(amazonの内容紹介より)

確かにおもしろおかしくて、声だして笑ってしまうのよ。

「第1章 おじぎで鍛える」では、武家の礼法(立ち居振舞い)というものが、

常に身体を鍛錬する目的で考えられたというのが、へー!でした。

武士たるもの、体幹を鍛え、ぶれない身体をキープして、いつ何時くるかもしれない有事に備える。

一例を申せば、姿勢よく過ごすことが、そのまま筋トレになる。

これは、いつでもどこでもできる。

しかも見た目も良いですしね。

 

この人の作品を初めて読んだのは20年位前の『素晴らしきラジオ体操』でした。

(今は文庫本で新しく出されています)

着眼点も文体も、とても面白かったので、時々読んでましたが、

しばらくチェックしないうちに、たくさん出版されていました。

タイトル見ると、全部読みたくなる!

一気に頭にスキャンして、爆笑したくなる!

……と言っても、無理なので、ボチボチですな。

* * * * *

昨日26日号のブラキタミは、「温根湯温泉のツツジ山は天然記念物だってホント?!」でした。

大正12年に起きた山火事の後、火防組合長がツツジの保護を訴えたという歴史に感銘を受けました。

 

 

つつじ山@おんねゆ

 

 

 

これは以前、行ったときの写真。

今年は5月3~6日「おんねゆ温泉つつじ祭り」です。

先日の「夏の暑さ」で、北見市内、家々の庭のエゾムラサキツツジも咲いてきましたが、

天然物の迫力をぜひ肉眼でご覧ください!!

 

 

海明けの常呂町

こんばんは。金曜の夜、(さ)です。

今日は近所の小学校で入学式があったようです。

せっかくの入学式なのに、寒かったね!

午後からは細かい雪が降ってました。

日曜まで寒いみたい。早く春がまた戻ってきてほしいですね。

寒いと腰痛になったりするし、どうもパッとしません。

でも今週は、大谷選手の活躍がパッとしてましたね!

* * *

さて、先週の土曜日はお天気につられて、

久々に常呂にドライブしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道の市。毎年恒例の海明けの毛蟹です。

北見は暖かかったけど、常呂は寒かった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛蟹、帆立、ウニ、蜆、と常呂名物の旬が張り出してありました。

が、ホッカイシマエビの名前がない。

今年は禁漁だそうですね。

資源保護のため。去年も水揚げが少なかったようで。

何とか回復してほしいものです。

 

道の市3@常呂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシン。鰊。春告魚(はるつげうお)。

1匹50円!に心が動きました。

 

 

早春の常南ビーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常南ビーチ。流氷は去り、春の海。

でも、残雪はあり、早春の浜辺。

風が冷たく、長くはいられませんでした。

 

 

 

ブレ@常呂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとブレさんでランチタイム。

チキンのキエフ風、だったかな?美味しかったです。

特にサラダは、いつも感動の美味しさ。

ランチの後は、セゾンさんで大好きな「カーリング焼き」を購入。

表面がカリッとしてるフワフワのカステラ+ちょっと塩味のバタークリーム。

美味しいんですよね~♪

そういえば、常呂町のあちこちに「おめでとう!LS北見」のポスターが張ってありました。

 

柳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道で見つけた柳が一斉に芽吹く風景。

大地はまだ雪に覆われているけど、白銀に輝く無数の花芽。

言葉にならない美しさでした。

* * *

では、おやすみなさい。

明日は、私の身体がサクサク動く日ですように。

そうだ、寝る前に日記を書くんだったわ(忘れてばっかり…汗)。

富里湖の秋

こんばんは。(さ)です。

初雪の便りも聞かれる今日この頃、何かと慌しい日々を送っております。

しかし忙中閑あり、先週の土曜日(14日)、

「せっかく10月なんだから、軽く紅葉見物したいね」という話になり、

北見から車で20分の富里湖に行ってきました。

 

 

富里湖1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボート乗り場付近から橋方面。

釣り人がいます。

キャンプもしてました。

 

 

富里湖2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対側を向いてもう1枚。

左手の山はもう日が翳ってきていました。

右側の紅色がアクセント。

 

帰りは、中央三輪に移転した「はる吉」さんへ。

昼食にしては遅いから空いてるかな?と思いましたが、まだ結構こんでいました。

寒いけど、週末もお天気は良さそう。

また軽く紅葉見物、行きたいです♪ せっかくの10月なので。