Archive for category レジャー

仁頃山初登山。

この週末は絶好調の天気でしたね。

私、日帰りハイキングが好きなのですが、このいい天気にいても立ってもいられず、初めて仁頃山に行ってきました。北見で登山と言えば、必ず勧められる山だったのでいつかは登ってみたいとも思っていました。

登山ルートもいくつかあるようですが、ちょっと冒険して「東尾根ルート」を選択。距離は長いのですが、尾根歩きならだらだら登っていけばいいかな、と軽く考えたのが大失敗。山頂までにはいくつも谷越えがあって、補助ロープが張られているような急坂も結構たくさんありました。ピークを登り切っても山頂はまだ向こう、また下るという場面が何回かありました。

でもおかげで山歩きをしっかり楽しめました。あまり人が通らないルートのようですが、しっかり藪払いがしてあって、案内板も分かりやすく道迷いすることはありませんでした。

やっとたどり着いた山頂は、風がとても気持ちよくて、少しもやっていましたが、大雪山系から斜里岳、サロマ湖も一望できて、最高の眺めでした。

下りは時間短縮で管理者道で帰りましたが、まだ登ってくる人にも結構会いました。道脇の草にもところどころ名前の札が付けられていて勉強にもなりましたし、何よりも大事にされている山だな~と感動しました。私も好きな山のひとつになりそうです。

登山初心者にもオススメですし、ちょっと山歩きが好きな人も楽しめます。でも、山登りの際は、クマ、ダニ、ハチにはくれぐれも気をつけてくださいね。

東尾根道入り口付近で二輪草の群落に迎えられましたが、その後は・・・

やっとついた頂上。吹き渡る風が心地よくオホーツクを一望できる風景に癒されました

, , , ,

コンサ、平成最後のゲームに勝利!公式戦5連勝~!

こんにちは!いよいよ大型連休が始りました。

(榛)も書いていましたが、10連休の方もたくさんいることでしょう。

みんと編集部も5月2・3日号が休刊なのでカレンダー通りに10連休です。

でも、私のお休みは、諸事情により5月1日までなのであと3日。

最初の2日は、今までの寝不足?を取り戻すようにひたすら寝ました。

2日間とも起きたらお昼過ぎ…1日の半分が終わっていました(笑)。

残り3日は、こちらもたまっている家のお片づけを少しでもやらなくちゃ。

でも、できるのだろうか・・・なんせ、意思が弱いもので~(苦笑)。

 

さてさて、先ほどうれしい知らせが飛び込んで来ました!

北海道コンサドーレ札幌が2-1でジュビロ磐田に勝利!

これでJ1リーグ3連勝!リーグ戦の合間に行われるカップ戦の

ルヴァンカップの2連勝を含めると、なんと公式戦5連勝となりました。

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2連勝の後の3連敗…どうなるかと思いましたが、ちゃんと立て直してくれました。

さすがミシャ監督!

前のゲームのヒーローインタヴューで、チャナティップが

「3連敗して、ミシャ監督がすごく怒っていたのでがんばった」

と答えていたのには。あまりにも正直で笑ってしまいました。

 

平成最後のホームゲームもアウェイゲームも勝利できました。

次は「令和」最初のホームゲームです。

相手はイニエスタやビジャ、ボドルスキーなどのスター選手がそろった神戸!

コンサも神戸もスポンサーにお菓子メーカーがついていることから

「スイーツ対戦」と銘打っています。詳しくはこちら→スイーツ対戦

GW中のイベントのひとつとして、札幌ドームに行くのもよさそうですよ。

ぜひ、足を運んで応援して欲しいです。

私は、残念ながらお仕事・・・北見から応援しま~~~~す。

 

 

今日も2点目をアシストした福森選手。

福ちゃん、また、いいキック頼むよ~

 

 

 

 

 

 

朝市。

石狩市浜益区浜益で毎年4月下旬から5月下旬にかけて
毎週日曜日の午前中に開催されている
「浜益ふるさと市場」(朝市)。

初めて行ったのは5~6年前(記憶が定かではない…)。
その時は、購入したホタテを、
その場で漁協の人に焼いてもらって食べたっけ。

自分は友人と車で行ったけれど、
現地集合したほかの友人たちはバイクで来ていて、
凍える手をバーベキューコンロで温めながら、
焼きたての魚介類を頬張っていたなぁ。

札幌からだと約70㎞、1時間半ほどのドライブです。
4月下旬はさすがにバイクではきついと思ったので、
車で行ってきました。

大きな真ガレイ4匹で500円、
ホタテの稚貝1袋に約100枚入って200円という激安ぶり。
稚貝は毎年買っていて、購入したその日は酒蒸し、
あとは蒸して貝から外して冷凍、
使いたいときにクラムチャウダーや
かき揚げなどで美味しくいただいています。

帆立稚貝はこのボリュームで200円です。

立派なヒラメも1匹500円以下だったのですが、
上手にさばける自信がなくて購入をあきらめました。

とても良いお天気でドライブ日和でしたが、
途中カーナビが「いつもの道は工事してて混んでるからこっちの道がいいよ」、
というので従ったら、かなりの遠回りを強いられたというおまけつき。

帰りの道は「この先は工事してるから~」というナビを信じずに、
進んでみたら、ん?工事ってこれのことかい?的な規模で、
まったく混んでいませんでしたとさ。

浜益漁港内荷捌所(石狩市浜益区浜益2)
2019年4月21日から5月26日までの毎週日曜日
7時から12時頃まで
※時化(しけ)など荒天により休漁でお休みの場合があります。
カレイ類、ヒラメ、タコ、ソイ、ホタテ、加工品(糠ニシンなど)

冬を楽しむ①

流氷も順調に下ってきているようです。雪は少ないものの、寒さは例年通りでしょうか。

私は道産子ですので、暑さは苦手なんですが寒いのはある程度大丈夫です。

冬は冬なりの楽しみ方があるので、暖かくなってくるとちょっと寂しい気がしてしまうくらいです。

この間、北見・東稜公園で「歩くスキー」をしてきました。道立北見体育センターでは、歩くスキーの貸し出しを行っていて、なんと無料で借りられるんですよ。

この冬は雪が少なくて、ようやく1月に入ってから貸し出しが始まるようになりました。体育館の窓口に言えば、ストック、靴、スキー板がセットで借りられます。体育館の玄関口に並んでいますので、そこから自分にあったスキーを選びます。

コースは陸上競技場内のトラックか、駐車場脇の林の中でみなさん楽しんでいるようです。

歩くスキーと言っても、結構板は細くて、初めての方はバランスを崩して転ぶこともあると思います。右左に体重を乗せるコツが分かれば、スピードが乗って気持ちがいいですよ。

調子に乗ると太ももがかなり張って、筋肉痛に悩むことになるのですが、冬のいい運動になりますよ。

レンタルスキー。写ってませんが、靴も借りられます

東陵公園の陸上競技場。雪原を行くようで壮快で

, , , , ,

師走の空とオジロワシ

こんにちは、(榛)です。

今日から12月。とうとうカレンダーも最後の1枚となってしまいました。

まだまだやることがいっぱいで今年を振り返る余裕もありません!(><)

 

 

今週は私、2度にわたってお仕事で小清水町に行きました。

町内のあちこちを行ったり来たりしながら、ふと空を見上げると野鳥の姿が。

時間調整もあって、濤沸湖東側の橋のあたりに立ち寄ると

たくさんの野鳥が水面で羽を休ませています。

ところが残念なことに、双眼鏡も持ってないし、スマホのズームも限界で

なんの鳥なのかがわからない。もっと近くで見たいな~。

ということで湖の反対側にある「濤沸湖水鳥・湿地センター」に行ってみる事に。

 

トウフツコ水鳥・湿地センター

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~
野鳥の宝庫、小清水には何度も足を運んでいるのに

私が今だかつて見たことがないのがオジロワシ。

施設内に設置された立派なスコープならもしや会えるカモと・・・

期待しましたがうーん、カモばかり?(笑)

白鳥はすでに数える程しかいません。

見えるのは鴨ばかり?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、ガラス越しの暖かい屋内で野鳥が見られるなんて贅沢な空間です!

しばらく観察して、施設を後にしようとした時・・・

 

 

あ、いた!

オジロワシ!

 

 

 

受付嬢のオジロワシ

 

 

でーん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ)「これは施設の受付嬢なんです!^^」
(榛))「えっ!受付鳥でしょ?(笑)」

スタッフ)「・・・。」

と、こんなやりトリのあと話を伺うと

これは、野鳥好きな方たちが手作りしてセンターにプレゼントしてくれたものだそうで

背の高さは本物のオジロワシと同じ、等身大に作ってあるんだとか!(横幅も?!)

なんとデカイこと!!

ムギュ―っと首に抱きつきたくなる大きさです。(わかる?)

写真では見えないけれど、

スタッフ)「ちゃんとオジロワシの特徴をとらえて、尾も白いんです」

(榛))「面白い!(笑)」

スタッフ)「・・・。」

 

 

ぜひ、キュートな受付嬢(と、まじめなスタッフさん)に会いに、

そして本物も探しに行ってみてね。

いつか私も会えますように。

 

濤沸湖水鳥・湿地センター

 

 

紅葉狩り(小町川・緑ヶ丘)

おはようございます。(さ)です。

今月2回目の「漢字クイズ」は、みんと木曜号の3ページ目にあります。

ページをめくって、チャレンジしてみてくださいね!

前回の答えは「温泉卓球」でした。

この1週間、土曜日には地上波で映画『ミックス。』の放映があり、

週が明けて火曜日には福原愛さんが引退会見し、

水曜日にTリーグ(卓球リーグ)が開幕。

と、卓球の話題が多かったです。

個人的には『ミックス。』を見てたら、急にやる気が出てきて、

動きたくなりました。

水曜の卓球サークルが待ち遠しかった。

けど、それが終わったら、落ち着いてしまった…。

何事もモチベーションを維持するのは大変ですね!

『ミックス。』は蒼井優&広末涼子が面白かった!

主役2人を食ってました、この2人(個人の感想です)。

永野芽郁ちゃんが出てたのには驚いた。

****

さて。

日曜日のお昼に、ラーメンを食べに行った帰り道。

車を停めて紅葉狩り。

 

小町川

 

 

 

 

 

 

 

 

夕陽丘通りから昭和通へ左折した橋の上です。

 

小町川下流方面

 

 

 

 

 

 

 

 

小町川、下流方面。

春には桜がきれい、秋にも桜がきれい。

 

 

小町川上流方面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小町川、上流方面。

のどかな川なのに、時々、氾濫注意情報が出てびっくりします。

 

 

小町川河畔の道(上流方面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小町川(上流方面)の河畔の道。

ステキでしょう?

 

緑ヶ丘展望台から

 

 

 

 

 

 

 

 

小町川から昭和通沿いに緑ヶ丘の墓地に移動しました。

上の方に展望台があります。

雌阿寒、雄阿寒、藻琴山、斜里岳などが見えるということで

案内板があります。

北見市を一望できる素晴らしいロケーション。

ストレス解消の方法として「高い所に上る」というのがあるけど、

空から(宇宙から)エネルギーをもらうためなんでしょうね、やっぱり。

では、皆さんも良い週末を。

龍宮の碑

金曜日、(さ)です。

先週書いた「オホーツクの湖めぐり」の続編です。

 

鶴沼から登栄床を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

サロマ湖鶴沼でサンゴソウを見た後、

サロマ湖をはさんで対岸へ行ってきました。

遠くに白く家々が見えるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1河口の湧別側の砂州です。

住所は北海道紋別郡湧別町登栄床(トエトコ)三里浜(サンリハマ)

フリガナがないと声に出して読めない地名です。

夏はキャンプで賑わったようですが、今はもう秋なので、誰もいない海。

空の下の濃い青がオホーツク海です。

 

サロマ湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはサロマ湖側。

一度に海と湖の両方を見ることができる場所です。

 

龍宮台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

龍宮台展望台です。奥に見える濃い青もオホーツク海。

ここには、いろいろな石碑があるのですが、興味深いのが奥の石碑。

 

龍宮の碑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

龍宮の碑です。碑文を要約すると……

昭和の初め、鮭の定置網に大海亀がかかった。

漁民はめでたいことだと、その大海亀にお酒を飲ませ、海に戻した。

その秋、鮭の大群が押し寄せ大豊漁となった。

これは龍宮城からの贈り物ではないかと、

鳥居などを建て、大海亀の再来を祈った。

要約、以上です。

亀が自主的にお酒を飲むわけもないから、

大海亀の口に一升瓶を突っ込んで日本酒を飲ませたのだろうか?

調べてみると、漁師にとって亀は神様、龍宮のつかいなので、

逃がすときにお神酒を飲ませるという風習はあちこちにあるようです。

うちにも亀がいて、たまに刺身の切れ端をやることもありますが、

お酒なんて……大丈夫なんだろうか。

 

レイクパレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三里浜からちょっと戻ったところに、ひっそりとステキな建物が。

帰宅後調べたら、宿泊施設レイクパレスというそうです。

湧別町のHPに載っていたから、町営なのかもしれない。

周りは公園のようになっていてトイレもあります。

 

ナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマドが紅葉。赤い実も成ってました!

タンポポとナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節はずれのタンポポ?

と思ったら、「ブタナ」だそうです。

(同行の植物男子=夫いわく)

ブタナにはタンポポモドキという別名もあるそうで、

確かによく似ています。

サロマ湖、いつもはワッカ原生花園に行くことが多いですが、

湧別側もいいですよ。

大自然の中で英気を養えて良かったです。ではまた。

 

10月ですね

おはようございます。(榛)です。

10月に入り4日号からみんとの紙面が少しだけ変わりました。

一部文字が大きくなり読みやすくなったのではないでしょうか。

 

また、大・大人気のクイズコーナーは中面に移動、

クイズを解きながら他の記事にも目を通してもらっちゃおう!

(10月4日号で言えば、パズルタイムを楽しんでいると

隣の「サムライ」のラーメンの写真が気になってくるでしょ・笑)という

サブリミナル効果?を狙った紙面構成に!!

(ほんと?)

10月からの紙面

 

 

 

 

 

 

なにはともあれ、少しでも良い紙面になるようにと

進化していく「みんと」にご期待ください!

 

 

紅葉のシーズンですね。

先週、私は大雪山黒岳に出かけてきました。

黒岳

 

 

 

 

 

 

ここで紅葉を眺めたのは実に12年振り。

山頂へは初。ロープウエイとリフトを乗り継いでからの登山でしたが

とても良い運動になりました!

この日のために夏の終り頃に新調した登山靴がけっこう調子が良くて。

私は何でもやりたい派。

ただ、カタチから入るタイプ(笑)なので、

今度はウエア類にも凝ってみたいな~なんて思っています。

 

三連休、最終日は「体育の日」。

 

イベントも予定されていますが台風25号の動きが気になります。

気をつけてお過ごしください。

お盆にストーブつけたひと~

金曜日になりました。(さ)です。

雨降り、4日めですか?

昨日の朝は寒くて、ついにストーブつけました。

暑い後の寒さはこたえますね。

特に、雨に当たったりすると、後からザワッと来ます。

昨夜の夕飯は、水炊き鍋!

食べてるときは暖まりましたけど、しばらくするとやっぱり寒くて、ストーブ…。

重ね着してホッカイロまでしてるんだけどなあ。

料理とか家事して動いているときはいいのですが、

パソコンの前にじっと座ってると、冷えてきます。

(パソコンは2階、ストーブは1階だし…)

低気圧のせいか、頭痛もします。

この天気もあと1日の辛抱かな?

お盆にストーブつけた人どのくらいいるか、緊急アンケート実施してほしいなあ。

 

 

 

 

エゾニュウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、エゾニュウ登場です。

8月初めに久々に常呂へドライブしてきたのですが、途中で出合いました。

嫌いな人も多そうだけど、私はこの不思議な植物になぜか心惹かれます。

はっきりいって好きです!

「ニュウ」はアイヌ語らしいです。

茎に甘味があり食用・薬用になることに由来しているとか。

山菜として、こんなに大きくなる前に採る人もいるようですが、

私は食べたことないなあ。

 

 

 

ワッカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワッカ原生花園です。

中でも、ここは大好きな場所。

オホーツク海側のサンゴソウコーナー。

真ん中付近に鳥がいます。アオサギか?

クマが出たそうで、この日、竜宮街道の途中の海辺には立ち入りできませんでした。

 

ノコギリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマナスやエゾカワラナデシコ、いろんな花が咲いていましたが、

今回はノコギリソウをピックアップ。

というのは、わが家の庭に西洋ノコギリソウが蔓延(はびこ)っていまして。

他の植物を追いやって、ひどいことになっています。

根から取らないと増えるので、まるでスギナみたいです。

いやスギナより頑固。根が取りづらくて。

というわけなんですが、ワッカで見るノコギリソウは

西洋じゃないから種類が違うんでしょうか。

他の植物を追いやってるふうでもなく、

可憐に見えるんですよ。

ほんと不思議だわ。

今ネットでノコギリソウの種類を調べていたら、

なんと、押し花が販売されていました!

ノコギリソウの花をバラバラに、ひとつひとつにして、押し花にしたもの。

手芸とか、何か芸術作品のパーツなんでしょうかね。

いやー驚いた。

* * *

ワッカをブラブラ散歩してたのが10日ほど前だなんて…

信じられないほど遠くに来てしまった気がします。

 

 

刷毛雲

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の気配?

「刷毛(はけ)雲!」と私は思うけれど、「巻雲」と言うのかな。

これも今から10日ほど前の空。

ではでは、暖かくして過ごしましょうね。

特にスーパーの食品売り場は寒いので、上に1枚プラスしようね!

 

化石&天体 夏休みに出かけよう

こんにちは、(榛)です。

 

本州は今日も猛暑日のようですね。

「痛い暑さ」と耳にしましたが、先日の帰省でよくわかりました。

どうぞご注意を。

そんな中、こちら北見は

朝晩は涼しく、昼間はそこそこ暑い。

ようやくいつもの北見らしい「夏」になったような気がしています。

朝の涼しいうちに植えっぱなしの葡萄の木をなんとかしようと思っていたのに

気付けばもう太陽さんは真上。

毎週末こんな感じです。やりたいことはたくさんあるのに

週末は一週間の疲れがどっと出る。起きられない・・・。

ほかのひとが午前中にやることを夕方以降にやるしかなくなる。

 

はっ!これが「夜型人間」か!

そうか、こうして夜型人間が創られるのか。。。

 

 

 

さて、子どもたちは夏休みですね。

7月27日号のみんとの特集「自然科学の楽しさを知ろう!」の中に登場したうち2つの施設をここで改めてご紹介します。

夏休みの宿題に役立つのはもちろん、大人も楽しめるスポットです。

□□□□□□□□□□□□□□□□

「足寄動物化石博物館」

足寄町内で産出した海生哺乳類の化石などを展示し、その進化や地球の歴史を探る博物館です。

絶滅した古代獣「デスモスチルス」やその先祖になり足寄町で発見されたことからその名がついた「アショロア」のコーナー。

足寄動物化石博物館

 

 

 

 

 

 

 

「束柱類」の名はこの歯から

絶滅した「束柱類」の特徴は「歯」。

 

 

 

 

 

現存するクジラの大きな化石を展示コーナーでは、そのクジラが実は陸で暮らしていた?など解説パネルを読むのも楽しいですよ。

ぜひ「最初のクジラ」を見て!衝撃です。※個人の感想です。

 

 

恐竜や古代生物はすでにこの世にいないわけで、想像の域を超えません。それでもその想像を地道に裏付けることで、地球を知ることができます。ロマンがありますね。

館内にはいつでも参加できる「ミニ発掘」など体験コーナーも充実しています。

 

 

北海道は海だった?

 

 

 

 

 

 

<お知らせ>

同館は今年開館20周年、これを記念して明日8/5(日)に

恐竜図鑑等でおなじみの小林快次氏による講演会「恐竜研究最前線」が

あしょろ銀河ホール21(足寄町北1条1丁目1)で開催されます。

恐竜研究最前線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「足寄動物化石博物館」足寄町郊南1丁目、0156-25-9100、9時30分~16時30分、火曜休館(夏休み期間8/31までは無休)、一般400円、小中高生・65歳以上200円

 

 

★★★★★★★★★★★★

 

地球の次は宇宙に思いをはせよう!

「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」

日本最大級の大型天体望遠鏡「りくり」。これを目の当たりにすると気分はもうSFの世界です。

りくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眺める星座を狙ってグイーンと方向を変える様はかっこいい!

館内にはテントサイズのプラネタリウムがあるので

上映内容や時間等はホームページで確認してください。

https://www.rikubetsu.jp/tenmon/

 

8月11日(土・祝)~13日(月)は「ペルセウス座流星群観望会」もありますよ。

 

 

 

銀河の森天文台館内

 

 

 

 

 

 

 

「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」陸別町宇遠別、0156-27-8100、月・火曜休館※8/13、14、9/24は特別開館、9月までの開館時間および入館料、14時~18時:大人300円、小・中学生200円、18時~22時30分:大人500円、小・中学生300円