Archive for category レジャー

流氷と桜

こんにちは。金曜日の(さ)です。

いやー、寒いですね!

昨夜7時半ごろ、仕事から帰宅した夫が「車の温度計、マイナス19度だぞ」と。

これじゃ最低気温はマイナス30度近くになっちゃうのでは?と早々に布団にもぐりこみました。

最低気温はマイナス22度くらいだったみたいですね。

うちは風邪予防のため寝る前に洗濯物や濡れバスタオルを室内に干すので、

窓ガラスが結露して、朝はそれが凍り付いています。

その面積が今朝はひときわ広かったです。

今の時間になると、使ってない部屋の西側の窓を除き、すっかり蒸発しちゃってます。

(その前にふき取りましょう、って話ですが)

この一層の寒さ、きのう17日に流氷接岸初日が出たせいもあるのでしょうか。

平年より16日早く、昨年より31日早い観測だそうです。

春が早く来るならいいのですが、2月になってもっと寒くなるのが怖いようです。

能取岬よりオホーツク海

能取岬より知床連山

写真は、12日(先週土曜日)の能取岬です。

沖に流氷の白線が見えるというので、夫とひとっ走り行ってみたのですが、うっすら見えるような見えないような…。

右の写真、奥に見えるのは光り輝く知床連山。

能取岬はいつ行っても風が強く、海に飛ばされそうでキャーキャー言っちゃうのですが、

この日は不思議なほど風がなく、暖かく(といってもマイナス4度、12時半ごろ)穏やかでした。

この数日後に流氷が押し寄せるとは…!

あの日聞こえていた波の音も、

流氷に埋め尽くされた今日は聞こえてないんですね。

このあと、天都山へ行けば、流氷の「白線」が見られたのでしょうが、

お昼ごはん目指して、常呂へ向かってしまいました。

ロケ地看板@能取岬

そうそう、能取岬に、この地でロケが行われた映画の記念碑

(看板)が4本建てられていました。

右から、中国映画「狙った恋の落とし方」(原題「非誠勿擾」)、
堺雅人さん主演の「南極料理人」 、

「子ぎつねヘレン」、

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」。

俳優の高良健吾くんはこのうちの2本に出ていることがわかりました。

 

常呂川の川霧@端野

 

 

 

 

 

 

常呂川の川霧@端野20130112

写真は網走へ行く途中の端野です。午前11時頃、マイナス18度でした。

網走・能取岬の気温とはえらい違いです。

川霧、樹氷…。冬ならでは!端野ならでは!の美しい風景でした。

 

 

常呂の太陽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは常呂からの帰路。

午後、曇ってきて太陽がはっきり見えました。

何とも幻想的で、心がシーンとなりました。

1日でさまざまな景色を見せてくれるオホーツク地方・小さな旅でした。

 

桜咲く@世田谷区、2013年1月12日

帰宅後、東京の息子から携帯の写メールが…。

12日、大学構内にもはや桜が咲いていた、

メジロも来ていた、と。

南北に長い日本列島ならではの話ですね。

しかし、この後、東京も雪に見舞われましたね。

この桜、どうなったかな?

 

まあ、確実に春は近づきつつある!!

ということで、

私たちは、もうしばらく美しい雪景色の中で暮らしましょう。

 

明日はセンター試験。

札幌方面、大雪で下見も大変ですね。

受験生の皆さん、ご家族の皆さん、いよいよ本番ですが、

ゆっくり腹式呼吸をして、何はなくとも平常心でネ。

いつかそれぞれの桜が咲く日を信じてね。

 

オホーツク海岸の石

こんにちは。金曜日の(さ)です。

胆振地方の停電、今日の午前にほぼ復旧したそうで、よかった!

冬の停電は、北海道では大変なことになりますね。

今朝の道新1面に出ていた「明暗」というタイトルの登別の写真には見入ってしまいました。

昨日の(みぃ)のブログを開いて「あっ」と思ったのがカセット式ガスストーブ。

わが家はオール電化ではないのですが、電気がないと動かない石油ストーブなので、品物があるうちにと思い、

コレを9月に買いました。小さいし、取り扱いも簡単ですよ。

しかし、実際にこう寒くなってみると、コレでは足りないかなと思い、石油ポータブルストーブも買うことにしました。

まだ届いていませんが、届いたらお知らせします。「在庫なし」の連絡が来るのが恐怖だわ…。

もちろん「即、避難所へ行く」という選択もあるとは思います。

* * * * * *

今となってはノーテンキな話題ですが、先週土曜日に斜里までドライブしてきました。

目当ては、斜里町立知床博物館で開かれている「オホーツク海岸の石」展(12月22日まで)。

「石」好きな夫が喜ぶかなと思って、お天気もよかったので気分転換に出かけました。

オホーツク海岸の石たち

夏、オホーツクの海岸に行くと、

きれいな石がたくさんあって、

ついつい拾ってきてしまいます。

家に帰ってくると、ナンで拾ってきたんだろう?

と思うのですが、その場の気分で

宝物のように見えるわけです。

 

 

行きは北見→美幌→網走→斜里という経路。

いつも流氷見物をする場所で一休み。

もちろん流氷はまだ。

海がけっこう荒れていました。

釣りをしている人がいました。

北浜

 

 

 

 

 

 

 

北浜の釣り人

 

 

 

 

 

 

 

 

斜里町の国道沿いにあった「里味(さとみ)」というお店で昼食。

地図帳に「つぶのかき揚げ丼が名物」とあったので、それを注文しました。

つぶやたまねぎなどが入ったかき揚げで、背が高いのが面白い。

650円だったかな?美味しかったですよ。

里味@斜里町

 

 

 

 

 

 

かき揚げ丼

 

 

 

 

 

 

 

里味のメニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博物館に到着。

JR釧網線斜里の駅から車で5分くらいウロウロ探しました。

知床博物館@斜里町

 

 

 

 

 

 

 

 

「オホーツク海岸の石」展は無料ですが、博物館は入場料300円。

古い時代の土器コーナー、鉄道の歴史コーナー、動物の剥製コーナーなどがあります。

ドキッとしたのがここ。剥製収納室でしょうか。

リアルぬいぐるみコーナーのようでもあり・・・(ないか)

知床博物館

 

 

 

 

 

 

 

 

「オホーツク海岸の石」展を見て、

帰りは斜里→小清水→美幌→北見、と内陸経由で帰宅しました。

最後の写真は斜里岳です。美しく輝いていました。

斜里岳

 

 

 

 

 

 

 

 

* * * * *

また現実的な話ですが、北見地方、昨日の風はすごかったですね。

公園の柏が一斉に大きな葉を落とし、そこらじゅうでバサバサ音を立てて舞い上がってました。

夕方風がおさまってから拾いましたが、まあすごい量。

オレンジ色の有料袋でごみに出すのももったいなく、

今日は市役所サービスセンター(ナプスビル1階)で青いボランティア袋をもらってきました。

(補足ですが、パラボ5階でももらえるそうです。もちろん無料。書類に名前や目的を書きます)

週末は、これに入れ替える仕事が残ってマス。

ではまた♪ 平穏無事な週末でありますように。

遠軽「かにめし」が復活してました

おはようございます。(さ)です。

朝おきたら、庭に雪が少し残っていました。

昨夜の冷え込みで、うちのイチョウが昨夜どっと葉を落としてしまい、

少し拾いましたが、手がかじかんできて、いったん休憩。

今日はまさに小春日和、気持ちがいい日ですね。

先週、札幌に行ってきたと書きました。

今回はJRの特急オホーツク(女性50歳以上につき往復9100円ね♪)で楽に行ってきましたが、

遠軽のかにめしが復活していたので、びっくり!

 

 

 

 

 

えんがるかにめし2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、2月にオホーツクに乗った時(大雪のため旭川で12時間カンヅメになった時)には、

販売されていませんでした。

その時は、かにめしやさんが火事になり、復活の見通しが立っていないとのことでしたが…。

復活、よかったですね。おめでとうございます。

ということで、かに飯ファンの私は、車中で買って美味しくいただきました。

御代は900円なので、乗車券とあわせてちょうど1万円となりました。

もしや、これを見越しての9100円という値段設定なのか…?!

北見出発後、「遠軽のかにめし…」と車内アナウンスを聞いた気がしたので、

もしやと思い、通りかかった車内販売のお姉さんに

「遠軽のかにめし、復活したんですか?」と聞いたら、

「はい」

「いつから?」

「ひと月くらいになりますね」

「注文したいんですが」

と言ってみたら、遠軽到着後、席まで届けてくれました。

車中のパンフレットには「北見駅に着くまでに注文してください」と書いてありますが、

北見から乗った私には無理な相談。

ぜひ食べたい方には、おすすめの方法ですよ。

最近おばさん化に磨きがかかって、何でも聞いてみる&言ってみることができるようになりました♪

ではでは、皆さん、よい週末を♪♪♪

(明日は必ずタイヤ交換しなくっちゃ!)

札幌に行ってきました

こんにちは。札幌に行って帰ってきて、ホッとしている(さ)です。

札幌には5泊6日滞在しましたが、毎日雨で、晴れたのは5日(月)だけ。

その気持のいい秋晴れの昼下がり、北海道立近代美術館に

「藤田嗣治と愛書都市パリ―花ひらく挿絵本の世紀―」

という美術展を見に行きました。

美術展

大正から昭和にかけての時代に、パリで

才能を開花させた画家の藤田嗣治(つぐはる)さん

=レオナール・フジタは、

本の挿絵を多く手掛け、

自身も愛書家だったそうです。

その藤田画伯を中心に、シャガールなど

20世紀前半のパリで活躍した画家たちによる

挿絵が見られるという美術展でした。

道新にたびたび広告が出ていましたね。

札幌へ行くなら…と(じ)のおすすめで、

久々に美術展に足を運び、しばし「芸術の秋」に

ひたってきましたよ。

※しかも、ぶんぶんクラブ会員証の提示で入場料も200円引きだったし(嬉)

 

 

 

 

知事公館

こちらは、近代美術館の隣にある「知事公館」。

裏手の庭からの眺めです。

道路から見えるきれいな紅葉に誘われて、

お庭に入ってみました。

この日は、お天気がよかったので、

お姑さんも散歩がてら同行してくれていて、

札幌の中心部で、

はからずも紅葉見物ができたと喜んでいました。

人影もまばらで、気持のいい深呼吸ができました。

 

 

 

 

 

 

 

知事公館・白い石

大きな白い石のオブジェにビックリ。

 

知事公館の中は靴を脱いで見学もできるので、

道民として一度は…と入ってみました。

知事公館といっても、

高橋はるみ知事が住んでいるわけではなく、

中の大小10くらいのお部屋は

すべて会議室になっていました。

管理の方にお聞きすると、

知事が来客と会うときに、

時々使用されているとのことでした。

昭和11年に建てられたものということで、

レトロな雰囲気が素敵でしたよ。

入場無料ですので、皆さんも機会があったらぜひ。

* * * * *

北見も雨が続きますね。。。

天気予報では日曜日だけお日様マークが出ていたので、日曜日がとっても楽しみ。

皆さんも健康のため、晴れたら外に出て陽に当たりましょうね♪

清里町・聖地3カ所めぐり

こんにちは。

千歳(なお)さんによる長万部のかにめしの写真(10/2当ブログ掲載)に、

チョットオ、うらやましーじゃん!!!となっている(さ)です。

私は道南出身なので、子供の頃はよく長万部経由で札幌へ向かった(「汽車」でネ)のですが、

長万部駅で買うかに飯駅弁が大大大好物でした。

母親と一緒だと笑いながら買ってくれるのですが、じいちゃんと一緒だと買ってくれない。

当時350円だったかな?

明治生まれのじいちゃんは「子供に贅沢させたらいかん」というのがポリシーで、

そば弁当か稲荷ずし&海苔巻き弁当か、どっちか選べ、と言われ、

どっちかは選んだと思うけど、そのあと札幌まで、ずーっとふくれていた、

そして車(汽車)酔いした、という記憶があります。

あれから何十年経っても忘れないんだから、ほんとに食べ物の恨みは恐ろしいですわ。

長万部といえば・・・。

箸袋か何かに書いてあった「そばもよし かにもまたよし おしゃまんべ」とかいう俳句(?)を

覚えて家でつぶやいたら(※追記「かにもよし そばもまたよし おしゃまんべ」だったかも…)、

母親が「この子、天才…かもしれない!」と言って大騒ぎになってしまい、

出典を言い出せなくなって(汗)困った思い出もあります。

ほんと、母親というのは有難い存在です。

ちなみに、じいちゃんも母親も、もうこの世にいません(合掌)

* * * * *

10/2(火)にあったNHKのど自慢予選会in北見後半はもちろん見ましたよ。

選ばれなかった人たちも上手だし、応援の皆さんもすごくがんばっていましたね。

選ぶ人も大変だなあ…と変な同情しながら見ました。

その数日後、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の最終回が、

梅ちゃんの父がのど自慢に出る!だったのには本当にビックリしました。

当時の映像との合成でしたが、このアナウンサー誰だっけ、懐かしいんだけど…と思っていたら、

(じ)のご主人が宮田輝だと言ってたと聞き、ガッテンしました。

(じ)のご主人、私と同じ年頃のはずですが、記憶力まだまだイケマスネ!うらやましい~

今週新しく始まった「純と愛」ももちろん見てますよ。

脚本が「家政婦のミタ」の遊川和彦さんだそうで、期待してます!

* * * * *

さてやっと本題。

もう半月も前になってしまいましたが、清里町にある聖地(?)を3カ所まわりました。

さくらの滝

【さくらの滝】

(夫が)何枚も撮った写真の中に、

滝登りにチャレンジするサクラマスが写ってました。

じっと見てると泣きそうになります。

 

 

 

 

神の子池

【神の子池】

いつ見ても美しい青い泉。

心が美しくなれますように。

この青にそっくりの色の物を身につけた

若くすてきな一人旅らしき女性を見かけました。

この場所がお気に入りなんだろうな。

 

 

 

 

裏摩周

【裏摩周】

私が行くとき摩周湖は晴れていることが多く、

霧の摩周湖は久しぶり。

静かで神秘的な湖の姿にしばし佇みました。

 

 

 

 

室蘭コークスストーブ

 

裏摩周の駐車場横にある売店兼お休みどころにあったストーブ。

ムロランコークスストーブと読めます。

TETSUGEN=てつげん というのはメーカー名ですね。

コークスは石炭から作られる燃料。

懐かしい響きのある言葉です。

 

以上、清里町3カ所めぐりでした。

昨日の(みぃ)の紅葉写真を見てハッとなったのですが、

この3カ所も、もうすでに紅葉してるんでしょうね。

たった半月ですが、夏から秋に、季節は確実に変わりました。

今月はあまりあちこちに行けそうにないので、北見の紅葉を楽しみます。

では、8日、みんとまつりで会いましょう♪

私はまた井内NONNONさんのアクセサリーに目が釘付けだろうなあ。

 

サクラマスの滝登り、スーパーショット! ストーブはまるで井内さんの作品のようにも見えますね!趣があってステキ〜(じ)

あこがれの地、コムケ湖

おはようございます。金曜担当(さ)です。

実はこの7月、新しいパソコンにしたのですが、先週の土曜日に突然それが起動しなくなって

かなりあわてました。

データがなくなったら、もう仕事もできなくなるかと思い半泣き状態でしたが、

昨日、出張修理に来てくれてマザーボード交換で直りました。入院も必要なし。

これでもうトラブルないといいのですが…ちょっと疑心暗鬼になっちゃいます。

ブログ更新も急に休むこともあるかもしれません。

ともかく皆さんもお気をつけて!バックアップとりましょうね。

* * * * *

今月前半は息子が大学夏休みで帰省してきていて、またあちこちドライブしました。

先日は常呂までランチをしにいき、サロマ湖を見ていたら、突然コムケ湖のことを思い出し、

もう夕暮れになりそうでしたが、足を延ばしました。

コムケ湖はサロマ湖から国道を紋別方面に行ったオホーツク海沿いにあります。

フラミンゴ飛来で話題になったコムケ湖ですが、

私がコムケ湖に行ってみたいと思ったのは、今を去る8月29日(じ)さんのブログ

「福山雅治、コムケ湖でCMロケ」という記事を読んだから。

SK-Ⅱのサイトに飛んで見てみたら、まあ、何て美しい風景…

私は、広くて人がいなくて水がある風景には無条件にジーンと来ます。

そこで夫に「私、コムケ湖に行ったことある?」と聞いたら(聞くなよって話ですが)、

「ある。何もなかった」との答え。

「何もないってことないでしょう」と言って、いろいろ思い出していくうちに、

2年前の10月に、通りすがりに寄った場所であることを思い出しました。

アオサギ@コムケ湖

さて、まずはキャンプ場の近くの駐車場に

止めて、フラミンゴ探し。

「あ、いたいた!」

よく見ると、アオサギでした。

そう簡単に見つかるものでもないですね。

(写真じゃ小さくて見えないでしょうね)

 

 

コムケ湖の水路

次はオホーツク海との間の水路の近くに

車をとめました。

夕暮れが近い時刻。

海からどんどん水が入ってきていました。

これが満ち潮ということでしょうか。

フラミンゴではなく、カモメがたくさんいました。

 

 

 

エゾノキツネアザミ@コムケ湖

かわいい花、発見。

エゾノキツネアザミというそうです。

暑くてもやっぱり秋ですね。

花も終わってきています。

 

 

 

 

橋の上から@コムケ湖

水路にかかった橋の上に立って、

海と反対側を眺めていたら、

この風景が目に入りました。

何かとても幻想的。

もしかして、ロケ現場はここなのでは?

いや、そうに違いない。確信しました。

あの突き出した半島状のところにピアノを置いて、福山さんが弾き語りしたんだろう。

ひたひたと達成感のような幸福感のようなものが、私の胸に満ちてきました。

 

コムケ湖の小道

帰りには、わざわざ車をとめて、

あの半島へ続く小道を撮影。

ここを福山氏やスタッフが歩き、

ピアノや機材を運び入れたのでしょう。

なーんて妄想していたら、キタキツネが

目の前を横切りました。

 

 

 

しかーし…

家に帰ってもう一度、SK-ⅡのCMを見てみたら、場所違うじゃん、ということが判明(ガックリ)

また、行かなくちゃ。

どうしても、あの現場を押さえたい。

すごい執念ですが、コムケ湖は逃げないので、まあ、そのうち、ということで。

聞くところによると、ロケは今を去ること7月上旬に夜中の1時から22時まで行われたようですね。

道新には時々、コムケ湖のフラミンゴの写真が載りますが、

まあ、こちらは生き物なので出会えたらラッキーということで。

* * * * *

やっと北見もさわやかになってきましたね。

行楽シーズン到来ですが、庭の草取りも気になるし、週末はどう過ごすことになるかな。

ではまた♪

涼を求めて…山の水族館へ

またまた金曜担当の(さ)です。

博物館網走監獄へ行こうと思ってたのに、実際に向かったのは「山の水族館」でした。

あまりに蒸し暑い日で、涼しい気分になりたくて。

(博物館網走監獄も十分涼しそうですが…)

今年7月7日にリニューアルオープンしたばかりですが、ほんの2、3日前に入館者10万人突破!

すごいペースですね。

北見の友達2人に「もう行った?」と聞いたら、2人とも「行ったよ!」との答え。

1人は「年間パスポート(1000円)を買ったんだけど、もう4回行っちゃって。

申し訳ない気分…」とのこと。

このように、私の身近でもこんなに人気ですものね~

山の水族館入り口

おんねゆ温泉「山の水族館」入り口。

「道の駅・おんねゆ温泉」の奥まったところ、「果夢林」の横ですよ。

以前の場所より少し横方向へ移動しています。

 

 

 

 

 

滝つぼ水槽

入ってすぐ目が釘付け。

日本初!滝つぼを見上げる水槽。

 

 

川が凍る水槽

世界初!川が凍る水槽。

今はもちろん凍ってません。

冬にまた行かなくては…

イトウの水槽

 

 

 

最大2メートルにもなる日本最大の淡水魚イトウ。迫力あります。息を呑みます。

 

 

 

 

熱帯魚コーナー

おんね湯の温泉水を利用して、熱帯魚もたくさんいますよ。

写真はその中のひとつ。アフリカンシクリッドたちの水槽。色がきれいです。

金魚の万華鏡

 

 

 

金魚の万華鏡。

うつくしい…おもしろい…

いつまでも見飽きません。

 

 

 

 

 

 

道の駅・おんねゆ温泉

出口は果夢林ショップへ続いていて、そこでもしばし寄り道。

外に出たらすっかり夕暮れの空。

空気も涼しくなっていました。

道の駅・おんねゆ温泉の全景です。

晩夏であり、初秋であり…

晴れた日の夕方は雲が変化があってきれいですよね!

皆さんも、山の水族館にぜひ行ってみてね!

オンネトー湯の滝

こんにちは。金曜担当(さ)です。

よいお天気、いささか続きすぎ!皆さん、夏バテしてませんか?

私は…もう…くたびれ果ててます。

このパソコンのある2階の仕事部屋、日当たり良すぎて!

先週末、どこか野山へ行きたいな、と書きましたが、オンネトー湯の滝(足寄町)へ行ってきました。

北見からチミケップ湖→あいおい道の駅経由でオンネトーへ。

クマヤキ@あいおい道の駅

クマヤキ@あいおい道の駅

 

 

 

 

 

オンネトー

オンネトー。いつもきれいな水の色。

空気もひんやり涼しい。

 

 

 

 

 

バイオトイレ@オンネトー

オンネトー名物?バイオトイレのある駐車場に車をとめます。

 

 

 

 

 

林道入り口

湯の滝への林道

 

 

 

 

 

 

 

ハンゴンソウ@オンネトー

 

湯の滝までは林道を20分ほど歩きます。

車では入れません。

ほとんど傾斜がないので

普通の靴の人も多いですが、私は登山靴。

やはり楽です。

黄色のハンゴンソウがたくさん咲いていました。

ハンゴンソウ、漢字で書くと反魂草。

強い香りで死者の魂を呼び戻す花、だという説もあります。

湯の滝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯の滝看板

湯の滝です。温泉が滝になって流れていて、下が池になっています。

ここにいつか誰かが放した熱帯魚が…。テラピア、グッピーなど。

この魚たちがマンガンを作る大事な藻を食べてしまうため、

定期的に駆除されています。

昨年10月に行った時にはほとんどいませんでしたが、

今回はいっぱい泳いでいました。

以前は小さな露天風呂がありましたが、

マンガン保護のため今は廃止されています。

 

オンネトー湯の滝、年に一度は訪れたいお気に入りの場所です。

* * * * * * * * *

こちらは北見美山小学校の近くのお庭(オープンガーデン)

美山のオープンガーデン

中標津のゆめの森公園

こんばんは。
夏休み真っ只中、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

わが家では先日、中標津の道立ゆめの森公園に行って来ました。
公園に到着すると、まず目に入るのがこの卵形のドーム。

 
ここは滑り台やらボールプール、三輪車などで遊べるアリーナになっています。

天候に関わらず遊べるのですが、お天気の時には断然外がオススメ。
外は親水公園のような感じで、噴水やら小川、池などで、
思い切り体を使って遊ぶことができるんです。
「池なんて危なくないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
50cmぐらいの浅い池なので大丈夫。
いかだなど、日頃体験できないような遊具が揃っていて、
子どもたちは大はしゃぎしていました。

  ← 水遊びのできる広場

 ← 裸足で入っても痛くない。きれいな小川

 ← 池の上を渡る遊具

 ← 屋外のカラフルな遊具

 ← 屋外のトランポリン

機会があれば、ぜひまた行ってみたい施設の一つです。

南丘のウサギ

こんにちは。金曜担当・言の葉ミニレッスンの(さ)です。

今日は、編集部で7/26号の漢字クイズの応募葉書・FAXを拝見してきました。

ロンドンオリンピック関連クイズ第2弾なので、

皆さんからの熱い応援メッセージもたくさん書かれていましたよ。

私も、クイズに登場していただいた9人の選手の活躍が気になって、

今回のオリンピックはいつになく熱心にチェックしてます。

節電期間なのが悩ましいですが…。

今回一番印象に残っているのが、柔道女子の松本薫(かおり)選手。

闘志を全身で表現する姿に、初めはあっけにとられましたが、

勝って見せた泣き顔と笑顔にホッとしました。

もしかして、松本選手のあの姿は、ハンマー投げの室伏選手の雄たけびに通じるものがあるのかも。

全力を出すためのスイッチということで!

……とめどなく長話になりそうなので、オリンピックの話題はこのくらいにして。

南丘から望む北見市

北見市の南にある南丘(みなみがおか)森林公園から見た北見市です。

藻琴山登山のあと山に行っていないので、例の登山靴をはきたいばかりに行ってみました。

 

 

林道を歩いていたら、こんな動物に出会いました。

ウサギ@北見市南丘

 

 

 

 

 

 

こ、これって、飼いウサギでは???

逃げ出したペットでしょうか?

※写真をクリックすると拡大するので、わかる人みてください。

近づいても逃げることなく、置物のようにじっとしていました。

どうしよう…と思いましたが、どうしようもないので…通り過ぎました。

私は、どうすればよかったのでしょうか。

南丘の看板

 

 

 

 

 

 

 

看板アップ・カラマツくん

 

 

 

 

 

 

看板アップ・シラカバさん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よーく見ると、看板から木が生えてます。

カラマツとシラカバではないでしょうか?

何とはなしにホノボノなごみました。北見って、いいところ。

ではまた来週♪ よい週末を♪