Archive for category レジャー

帯広 陶・食・祭 総合アート展&紫竹ガーデンへ

蒸し蒸しの月曜日、7月も残すところ2日ほどですね。

今週のみんとは8月1日と2日号ですが

なんかちょっと、考え違いをしそうでコワイです。

気分的にはまだ今週は7月のような・・・。

・・・より慎重に、気をつけなくちゃ!!

 

さて、昨日は帯広へ行ってきました。

なんの用事かというと

北愛国交流広場で行われた陶芸のイベントに、かねてより作品を見たいと思っていた

ニセコのATELiER SiMASiMAさんと札幌の闇月創房さんが出展するので、それを見に。

アトリエしましまさんのかわいい器たち

SiMASiMAさんの器はいろいろなシリーズがありますがかわいい絵付けが特徴的。

グラフィックを勉強しその道のお仕事をされていたそうで

かわいいだけでなくさりげなくデザイン的です。

もっと他の作品も見たかったけれど、きっと前日に売れちゃったんでしょうね。

ステキな闇月作品。まさに「やみつき」

闇月創房さんのブースでは

小鳥、かえる、イモリ、ロボット・・・・真鍮で作った作品が並んでいました。

真鍮の板を切り抜いて作っているのかな。

フォルムに無駄が無いのに、どこかユーモラスで。

この催しにはオホーツクから置戸町、遠軽町、大空町の工房や窯元が参加していました。

どのブースも個性的でおもしろかった!

もの作りのパワーを感じてきました。

 

その後足を伸ばして紫竹ガーデンへ。

雨上がりの庭は魅力的でしたヨ。

バラはほとんど終わっていて、クレマチスが最盛期、ユリが咲きかけというかんじ。

IMG_1824

 

IMG_1835

とにかく広い

馬橇かな?

 

植物の名前がわからないんだな・・・。

丸瀬布昆虫生態館

金曜日。言の葉ミニレッスンの(さ)です。

水曜日の(ど)さんの野菜の写真、構図が静物画のよう…

二十日大根の赤色に見入ってしまいました。

さて、こちらもステキ。

えはがき

正解!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日(7/25)付「みんと」で発表した漢字クイズの答えは「丸瀬布昆虫生態館」でしたが、

その応募葉書の中に見つけた1枚です。

あまりにもピッタリなので、紙面は無理でもブログで紹介したいと思い、差出人の津別町・Kさん(50代女性)に突撃お電話を。

(さ)「(前略)Kさんが描かれたものですか?」

(Kさん)「いえいえ。母に貰ったものなんです」

描いたのはKさんではありませんでした。詠み人知らずならぬ描き人知らず…

ありがとう、Kさん。急にお電話して失礼しました。

丸瀬布昆虫生態館のチケット

丸瀬布昆虫生態館のチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸瀬布昆虫生態館、私も行ったことがあります。

去年2012年のゴールデンウィーク。

北見から札幌へ行く途中に寄ったのでした。

その後、高速には乗らず、初めて北見峠を走りました。

車もほとんどいなくて、よかったですよ~

……そのときのチケット、ずっとファイルしてありました。

いつか漢字クイズで出題したいと。

漢字がたくさんつながってる言葉を見ると、とにかく反応してしまいます。職業病(?)というわけ。

丸瀬布昆虫生態館

丸瀬布昆虫生態館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口です。

 

オオゴマダラ

オオゴマダラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢字クイズコメント欄で北見市/Nさんのお便りを紹介しましたが、

オオゴマダラはこの蝶だと思われます。

 

蝶のお部屋

蝶のお部屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この温室の中で蝶が放し飼い(?)になっています。とにかくたくさんいます。

「虫除けスプレー」とかして入らないでね。

 

エゾサンショウウオ

エゾサンショウウオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の目的はコッチでした。

わが家にサンショさんがいた頃、

「一斉に同じ方向を見てる姿がかわいいので、ぜひ行ってみて」

と勧められたことがあったのでした。

フグ@丸瀬布昆虫生態館

フグ@丸瀬布昆虫生態館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなかわいい魚もいますよ。フグの仲間でしょうね。

※追記:サカナ好きの息子(大学生)に「ミドリフグかな?」と電話で問い合わせたら、

「ブロンズパファー」という名前の淡水フグだろうとのこと。

グーグルの画像検索をしたら、確かにそうみたい。

実物を見てないのに、よくわかるもんです。超能力?(親バカ)

 

SL@丸瀬布

SL@丸瀬布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昆虫ファン、生き物好き、鉄道ファン、森の空気が吸いたい人、ただ単にのんびりしたい人、

大人・子供問わず、夏休みに行ってみてね♪

行ってきました、阿寒湖に

こんにちは!言の葉ミニレッスン&漢字クイズの(さ)です。

昨日付けみんとで、世界遺産漢字クイズ(勝手に命名)の答えを発表しました。

世界遺産を消して行き、残った文字を組み合わせて、まだ世界遺産になっていない場所を答えるという問題。

答えは「阿寒湖」です。

すでになっていたと思っている読者サンもいたりして、灯台下暗し?(ちょっと違うかな)

ということで、先週の土曜日(7日)のドライブは「阿寒湖に行くしかないでしょう!」って感じで出かけました。

夫が前から「久しぶりに阿寒湖のボッケに行きたい」と言っていたこともあり。

ボッケはアイヌ語で煮えたぎる意味だとか。

火山ガスが湧き出し、熱した泥が吹き上げている場所。

地獄谷ならぬ地獄沼…

 

熊出没@阿寒湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、着きました、阿寒湖。

勇んでボッケに向かおうとしたら、熊が出たそうで、ボッケ方面散策路は立入禁止。

熊が出たのは、私たちが着く1時間ほど前でした(汗)

今回は出発が遅いのが幸いして、「ある日、森の中、熊さんに…♪」という事態にならなくてよかった!とも言えます。

ガックリして、湖畔方面へ移動。こちらにも立入禁止のお知らせが…。

DSC06408-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

係の人が「わけのわからない熊が出たようで…」と言ってました。

わけがわからない=いま話題の新世代ベアーズ  でしょうか。

大規模駆除の時代以降に生まれ、人を怖がらないというヒグマ。

 

仕方がないので、ボーッと湖を眺めます。

阿寒湖畔

 

 

 

 

 

 

 

 

ボートや遊覧船が見えます。遊覧船には「ましゅうまる」と書いてありました。

チュウルイ島のマリモ展示視察センターなどをまわるそうです。

マリモは国の特別天然記念物。

しかも、世界のマリモの起源が阿寒湖のマリモ!と最近、遺伝子調査で分かったそうですね。

それで一躍、阿寒湖を世界遺産に!という動きになっていると、先日、道新で読み、

世界遺産漢字クイズの答えが決まった次第。

 

 

やかたぶね

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか屋形船ふうの遊覧船もありました。

クラス会とか、団体で貸切は楽しいかも知れませんね。

 

お昼時だったので「味心」という食堂で豚丼を。

ここは前に来たときも外国人が多かったですが、今回も多数いらっしゃいました。

 

豚丼

 

 

 

 

 

あじしん1あじしん2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターから見ると、大鵬を初めとするお相撲さん、今は亡き赤塚不二夫先生の色紙が…。

 

 

 

駐車場への帰り道、ダメ押しの立入禁止。

阿寒湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北見への帰路、津別町チミケップ方面で見つけた花たち。

まず、ハシドイさん&そのアップ。ライラックと同じみたいです。

ハシドイ

 

 

 

 

 

 

 

ハシドイアップ

 

 

 

 

 

 

 

次にホザキシモツケさん&そのアップ。

ホザキは「穂咲」ですが、どうしても「あほなことをほざくな!」の「ほざく」を連想してしまいます。

でも、大好きな夏の花。1年経つと、名前を忘れて、また野草マニアの夫に聞きます。

ホザキシモツケ

 

 

 

 

 

ホザキシモツケアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のお土産は津別町相生のみちの駅にて購入。

無料のおからほしさに買った豆腐にガンモに油揚げ。

「シゲチャン」デザインの袋が嬉しい。

おから

 

 

 

 

 

 

 

 

ハチミツ好きな本州の人へのプレゼント。津別産ハチミツ2種。

アカシア蜜とシナ蜜。

 

はちみつ

 

 

 

 

 

ということで、阿寒湖紀行を終わります。ではまた♪

 

シャコタンブルー

シャコタンブルー

 

積丹の独特の海の色・シャコタンブルーをご覧になったことはありますか?

オホーツクブルーもとてもステキですが、

透明感ある神秘的なシャコタンブルーも

なかなか素敵です。

 

写真は「島武意海岸」。

透明度が高く「日本の渚百選」にも選ばれた神秘的な美しさをたたえた海岸です。
初夏には断崖が、積丹の町花・エゾカンゾウで彩られるそうですが、

残念ながらまだ時期が早く、見ることはできませんでした。

 

断崖や奇岩が続く海岸沿いの道、

ぜひシャコタンブルーを楽しんでみてください。

 

IMG_0914

 

クリンソウとイソツツジ・道東小さな花の旅

金曜日になりました。(さ)です。

今週火曜日、札幌から無事帰宅しました。

札幌も行った日(先週金曜日)は寒かったのに、翌日からどんどん暑くなって、

服装の調節に困りました。

クーラーの効いたお店は寒いほどですしね。

クルマじゃない場合、旅の荷物は極力少なくしたいので、

何を持っていくかには、毎度のことながら悩みます。

タンスごと持って行きたいほど。

考えに考えて持っていっても、天気に裏をかかれ、暑すぎたり、寒すぎたり…。

もうちょっと上達してもいいんじゃないの?と自分に突っ込みたくなりますヨ。

おっと、今日は札幌話ではなく、今を去る6月23日(日)の出来事です。

お天気がいいので、どこか行こうという話になりました(夫と)。

津別ノンノの森の「クリンソウ」経由・硫黄山山麓の「イソツツジ」 と話が決まって出発。

毎度、朝になってから相談するので、すでに10時でした。マッ、いつのものこと。

津別クリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

津別ノンノの森。

「くりんそうまつり」をやっていて、ここでは見たこともないほど人がいっぱい。

観光バスも止まっていました。

先日、みんと紙面でも紹介していましたが、かなりメジャーな観光地になりつつありますね、ここは。

でも、あまり人のいない林道も見つけたりして、面白かったです。

ちょうどお昼ですが、先を急ぎます。

(お腹すいた~)

津別峠から見た屈斜路湖

 

 

 

 

 

 

 

 

夏場しか通れない津別峠を通って屈斜路湖へ。

途中、峠の展望台からの眺めです。

今年はシカがいなかったなあ。

占いのおじさんは今年もいたけど。

前は「そば・うどん」の幟があったけど、今年はない。

(あ~、お腹がすいた~)

はなこや

 

 

 

 

 

 

 

 

屈斜路湖から硫黄山へ向かう途中、初めて入ったお店「はなこや」さん。

(弟子屈町屈斜路原野201)

カレー美味しかったです。店内もくつろげる雰囲気。

やっと満腹~♪

釧路川

 

 

 

 

 

 

 

 

先を急ぐといいながら、釧路川に寄り道。

屈斜路湖から始まり、釧路湿原を通り、釧路で太平洋まで流れている川。

この源流の美しさは息を呑みます。

魚が泳いでいるのが橋から見えます。

うぐい?それにしては大きい。

イソツツジ大群落

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイ、着きました。硫黄山山麓のイソツツジ大群落です。

2年前にも来て、ブログにアップしました。

去年は来てないみたい。何をしていたのか…記憶レス。

われわれは道路脇の「P」に車を止めていたのですが、そこから

この群落の中を散策している人たちを発見。

でも、入り口がわからない。

硫黄山の駐車場あたりにあるのかもしれません。

イソツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

イソツツジさん、アップ。

高山植物ですが、ここでは山登りしなくても見られるのです。

来年はぜひ群落の中を散策したいものです。

小清水ハイランド近く

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは、東藻琴経由。

明るいうちに北見に帰ろうと言いつつも、小清水ハイランド近くの「P」に停車。

屈斜路湖が一望でき、津別峠とはまた別の趣きですが、

立ち枯れた木が多く、気になりました。

最近あまり聞かないけど、酸性雨のせい?

東藻琴芝桜公園のシバザクラはすっかり終わっていました。

ここがまた来年ピンクに染まるんだなあと想像しながら通過します。

朝10時北見出発、夕方4時半北見帰宅、クリンソウとイソツツジを見る小さな花の旅でした。

イソツツジは7月中旬まで咲いているようです。

皆さんも機会があれば行ってみてね。

ではまた♪

カッコウの初鳴き?

こんにちは。金曜担当(さ)です。

いいお天気ですね~

今朝、カッコウの鳴声で目を覚ましました。

ついにカッコウの初鳴きか?! 豆蒔かなきゃ!

と思いましたが、後で、ご近所の方と話したら、数日前にも町内で鳴いてたし、

早い人では5月24日(だったかな?)に聞いた、とのことでした。

そうなんだ…とガックリしている私に、

ご近所さん「いいお天気だから、ついパン焼いちゃった。食べる?」と、

バターロールをくれました。

バターロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝ごはん食べたばかりなのに、1個だけ、2個だけ、といただきました。

美味しかった♪ さんきゅー。

美味しいものを食べてすっかり元気になるはずが、今ひとつ調子が出ません。

もしや、今朝NHKの「あさイチ」で竹中直人氏を見たからかも…。

だいぶ前の映画『無能の人』のインパクトが強すぎて、この人を見ると、

脱力モードになってしまうのです。

奥さん役が風吹ジュン、ゴンチチのウクレレ…

ところで竹中直人って結婚してるんだっけ?と思って、ついつい検索したら、

奥さんは、あの木之内みどりさんなんですね。

女優の木内みどりさんじゃなくて、元アイドル歌手のみどりさんですよ。

小樽出身だったんですね。

皆さん、私とほぼ同年代。いろいろあったんだろうなあ…

なんて、しばし感慨にふけってしまいました。

感慨にふけってないで、天気がいいとついついやってしまう布団干し&洗濯の続きしまーす。

(※追記:布団干しって、行きはヨイヨイ、帰りは…状態になりがちな私で、

それを忘れて、ついやってしまうのでした)

* * * * *

最後に、先週土曜日(6/1)に行った摩周湖の写真で、さわやかにお別れを。

暑いくらいの日でしたが、摩周湖は涼しかったですよ。まだフキノトウ出てたし。

湖面から霧が生まれてくるようなドラマチックな風景で、みんな見入っていました。

摩周湖

 

 

 

 

 

 

 

 

では、また♪

首長竜の如く・・・

これぞオホーツクブルーの空!
北見市の今朝は快晴となりました♪
おはようございます、(榛)です。
ようやく、ようやく北海道らしいさわやかな気候になりました!
こんなお天気を皆さんも、首をなが~くして待っていたのではないでしょうか?

 

我が家の近くの中学校では運動会の真っ最中。
アナウンスが聞こえてきます。
(昨日は、学校周辺の道路に「駐車禁止」看板を立てる先生?
のお姿が・・・お疲れ様です)

 
今日はまさに運動会日和ですね。
ケガしないように楽しい思い出を作ってくださいね~。

 
さて、今日から6月。
そして今日1日は「映画の日」です。
ワーナー・マイカル・シネマズ北見では
1000円均一で映画鑑賞ができます。

 

今日から公開の映画もありますね。

 

 

 

 

ということで私が観たいのは「リアル~完全なる首長竜の日~」です。
佐藤健くん、綾瀬はるかさん主演で話題になっていますが
「このミステリーがすごい!大賞」を受賞した乾緑郎の
「完全なる首長竜の日」が原作の近未来サスペンスです。
佐藤健くん“押し”の私としては、出演が決まった時点で
原作を読み、早くこの日が来ないかと待っていました。

はい、首長竜に負けないくらい首をなが~~くして(笑)

 
今日は、仕事や家事を片付けたら午後から映画館に走ります!
運動会の子ども達に負けないくらい全速力で走ります!!
皆さんも思い思いの楽しい週末を♪

桜の季節も終わり…

おはようございます。

今週初めは急に30度超えが続き、あわてて夏物を引っ張り出したものの、

また寒い日もあったりして、衣替えがまだ全然終わらず、部屋に服が散乱している(さ)です。

衣替えのついでに、増殖した服を少し減らそうと思っており、これがまた悩ましく、めっちゃ頭を使うので、

気持ちを集中してやる必要があると思うのです。

今まで、トキメかないからとエイヤーと捨てて、また同じようなものを買ってしまい、結構後悔してるので…。

昨日は雨の予報だったので、絶対やろうと前夜決めて寝たのに、

曇り空で涼しいので庭仕事(というか、家の周りの掃除)をしてしまい、

それが終わったら、前の晩に「ためしてガッテン」で見たお好み焼き粉のダニアレルギーのことを思い出して、

台所の片付けにも手をつけてしまい、

やはり服は散乱したまま、今日を迎えました。

今日は予定がいっぱいで、これから大急ぎで外出です。

どうも「今日はコレをやろう!」と決めると、全く違うことを熱心にやってしまう傾向があるようです。

みんなもそうなのかなあ。天邪鬼な私だけ?

50代になっても、まだ反抗期が続いてる?

庭仕事も台所の掃除もやった方がいいこと(むしろ遅すぎる)なので、もちろんやってOKなんですけどね~

こんなことで、何かクヨクヨしてしまう性格です。クヨクヨしない!

あ、ダウンは昨日やっとクリーニングに出してきました。

 

エゾヤマザクラ

先週日曜日は、お天気に誘われて、野山に出かけました。

まずは南が丘方面。

山にエゾヤマザクラのピンクが

ところどころポッポと見えている風景が大好きです。

近づいてみると、桜は葉っぱが出ていて、

2、3日遅かった…という感じ。

むかし「花は遅かった」という歌がありましたね。美樹克彦。関係ないけど。

 

さらに近づくと…美しい…目の保養。

 

桜アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南が丘を後にし、仁頃経由で常呂方面へ。

写真はサロマ湖畔のオオバナノエンレイソウ群落です。

オオバナノエンレイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

「清楚」という言葉がピッタリのお花。

見るだけで心がきれいになるような気がします。(気のせい?)

花言葉は「奥ゆかしい美しさ、落ち着いた美しさ」だそうですからね。

漢字で書くと「大花延齢草」。

心がきれいになるだけでなく、見ると寿命も延びるのかな。

* * * * *

週末もお天気が良さそう。また野山に出かけそう。山菜が私を待っている…

衣替えはいったいいつ終わるのか。

このまま夏が去り、秋が来たらいやだなあ。

だから、がんばるぞ!できるだけ…(弱腰)

では♪

 

襟裳の春は…

おはようございます。言の葉担当(さ)です。

みんと23日号の漢字クイズ、やっていただけましたか?

「人柄四字熟語」、探し出すとたくさん見つかるので、第3弾も計画中。乞うご期待♪

さて、今日は…

 

空から見た襟裳岬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

襟裳岬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2枚の写真。はい、襟裳岬です!

上の写真は、3月に東京へ行ったとき、JALの機内から撮ったもの。

この日はお天気が良く、とがった先端が見えて興奮しました。

時間的にはこれより前になりますが、

十勝側から近づいたときの日高山脈がまた、かっこいいんですよね~

ゾクゾクします、はい。

* * *

下の写真は、ゴールデンウィーク。

空から見た襟裳岬に、実際に行ってみました。

北海道の背骨・日高山脈最南端の続きの岩が、このように点々と見えるわけです。

札幌へ行くのに、北見→足寄→広尾→黄金道路→襟裳岬→ と回って行きました。

北見を朝出て、札幌に着いたら、もう真っ暗。11時間くらいかかりましたね。

岬は雨こそ降っていないものの曇天。

とにかく風が強くて、吹っ飛ばされそうでした。

風が強いため、「風の館」という施設につい吹き寄せられるように入ってしまったのですが、入場料大人300円、小人200円。

いろんな会員割引があり、コープの会員証(クレジットカード)でも割引になったのにはビックリ。

その後、気を取り直して、遊歩道から岬の先端まで風に負けないようガンバッテ歩いて行きました。

落ちそうで怖いので、あまりしっかり海を見られませんでしたが、話題のゼニガタアザラシは発見できず。

夏場の方が見ることができるようです。

森進一さん「襟裳岬」(1974年、吉田拓郎作曲、岡本おさみ作詞)の、

の~んびりした雰囲気とはかけ離れたサバイバル体験でした。

でも、襟裳岬、道民なら一度はぜひ!

北海道旅行の際は一度はぜひ!

本当はGWよりも後の「新ひだか町静内二十間道路桜並木」の季節に合わせるといいんでしょうね。

今年は開花が遅かったから、ちょうど今ごろかな。

近くの新冠「レ・コード館」も面白いので、立ち寄ってみては?

古いレコードジャケットもたくさんあって、しばし昭和にタイムスリップできますよ。

私も、晴れた日に再訪したいです、襟裳岬。

ではでは。この土日は、北見でもやっと桜見物ですね♪

〈追記〉なんという奇遇!

このブログをアップしてから、近所の人と立ち話をしたら、

19日(日)に天馬街道を走って、新ひだか町の桜並木に行って来たそうです。

まだ満開ではなかったものの、やはり素晴らしかったそうですよ。

いつか行ってみたいな~。

温根湯つつじ山のインド孔雀

金曜日です。

寒さのせいか、この10日ほど神経痛(肩こり?)に悩まされている(さ)です。

先週土曜日(11日)、温根湯温泉のエゾムラサキツツジ大群落「つつじ山」に

開花チェックに行ってきました。

わが 家の庭のつつじはよく咲いているので…と思ったのですが、

こちらは三分咲き程度でした。

今年はすべて遅いですね。

エゾムラサキツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

観光客の誰もいない貸切のつつじ山を登って下りると、温根湯神社がありました。

突然、聞きなれぬ鳴声がするので、見回すと小屋があり、行ってみると

クジャクがいました!

インドクジャクでしょう。

しばらく見ていたら、突然…

インドクジャク

 

 

 

 

 

 

 

 

このように羽を開いて見せてくれたのです。

もしかして「あっち行け」と威嚇されたのかなと思いましたが、

近くにメスのクジャクがいたので、求愛行動だと思われます。

春ですものね♪

クジャクって羽を開いた後、シャラシャラと羽を震わせるんですね。

思わず「あ、セクスィー部長!」と声をかけてしまいました。

NHK「サラリーマンネオ」のセクスィー部長(沢村一樹さん)が

腕を広げてする小刻みな動きにそっくりだったから。

というか、このクジャクの動きを真似したんだな!とピンと来ましたヨ(なーんて、真実はいかに?)

帰宅後調べたら、クジャクの繁殖シーズンは2月から8月頃までだそうです。

北海道ではどうなのかわかりませんが、ちょうど温根湯の山につつじが咲く頃、

クジャクの春も来るということかな。

つつじは三分咲きでしたが、クジャクに楽しませてもらいました。

お天気も良くなりそうですし、皆さんも、土日にいかがですか?

北見から国道39号線を行くと、

山の水族館のある「道の駅おんねゆ」の約1.6km手前を右折です。