Archive for category レジャー

ワッカ原生花園のセンダイハギ

おはようございます。

金曜当番・言の葉ミニレッスンの(さ)です。

先週のブログに、道新の写真を見てワッカ原生花園に行ってみたい気持ちに…と

書きました。

写真は、最近まで北見支社にいらした北波記者によるものでした(出張?)。

そして、実際に翌日6/16(土)に行ってきました。

ワッカが工事中で龍宮街道に入れないため、あまり人が来ていないかなと思いましたが、

カメラを持った人がたくさん来ていましたよ。

たまたま話をした方は、兵庫県からと日高地方からいらした方々でした。

そして、新聞の通りセンダイハギが四方八方に咲き乱れていました。

センダイハギ群落@ワッカ

センダイハギ@ワッカ原生花園

芝桜公園とかチューリップ公園、それとか耕した黒土の畑、麦畑などを見ると、

「すごいな、人間の力って」と驚嘆するのですが、

こういう天然の群落を見ると、「!!!」と嬉しくなるのみ。

でも、この状態を保つための人間の縁の下の努力はあるのだと思います。

外来種の問題など。

ところで、センダイハギ。

漢字で書くと「仙台萩」かな?とずっと思っていました。

『龍宮花道・ワッカ原生花園ネーチャーガイド(常呂町発行・平成9年3刷)』を見ると、

「千代萩」となっています。

他を当たると「先代萩」と書く場合もあるそうです。

仙台を舞台にした歌舞伎「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」にかけてついた名前と言われているので、

「仙台萩」でも、あながち間違いではないのかな?

ですが、「船台萩」とも書くらしく、本来は船を修理する台(船台)の周りに咲く萩ということからついたものだという説もあります。

普通のハギは秋に咲きますが、こちらは春ですし、同じマメ科の植物ですが、

属がちがいます。ハギ属とセンダイハギ属。

ワッカの工事も予定通り今月中には終わるようで、7月からは龍宮街道も歩くことができそうです。

(確か)去年いなかった親子馬(じゃなくて観光馬車)も復活するそうで、楽しみです。

おととし生まれた子馬の「華姫」も戻ってくるかな。

どんよりしたお天気で、お日様が待たれますが、よい週末を♪

小清水原生花園

おはようございます。金曜担当・言の葉ミニレッスンの(さ)です。

最近、涼しすぎた北見、久々に初夏らしさが戻ってきました。

今朝の道新に、ワッカ原生花園(北見市常呂町)でセンダイハギが見頃を迎えたという

写真入り記事が載っていましたね。

工事のため、今月一杯はネイチャーセンター周辺しか歩けませんが、

行ってみたい気持ちがそそられました。

さて、5月31日に出題した【漢字クイズ】の答えは「小清水原生花園」。

小清水原生花園

 

 

 

 

 

 

小清水原生花園(花)

 

 

 

 

昨日発行のみんと6/14号でも予告しましたが、

応募葉書(FAX)に書かれた小清水原生花園についてのコメントを紹介します。

1番バッターはズバリ観光案内を書いてくれた方!

・小清水原生花園は北海道を代表する海浜公園で、オホーツク海と濤沸湖に挟まれた約8㎞の細長い砂丘全体が天然の花畑。網走国定公園。平成16年10月に「北海道遺産」に選定。(北見市/40代男性)

・29年北見に住んでいますが、見に行ったことがなかったです。天気の良い日にでもドライブしに行こうかな。(北見市/20代男性)

・小清水原生花園に初めて行ったのは、九州で暮らしていた小学生の頃です。ハマナスの花が咲き誇っていたのを今でも思い出します。その頃からきっと北海道にあこがれを持っていたんでしょうネ。(美幌町/30代女性)

・きれいな花、かわいい花、いろんな花がありますよね~(北見市/20代女性)

・美しい花が咲き誇っているのでしょうね。しばらく行ってないなあ。(美幌町/50代女性)

・そんなに遠くないのにもう何年も行ってないですね。(北見市/60代女性)

・原生花園ではヒオウギアヤメやエゾキスゲが咲きだしている頃でしょうか。(北見市/70代男性)

・今年は寒いと思う日が多いので、まだエゾスカシユリやエゾノコリンゴ咲いてないかな? 色鮮やかな花々で賑わうと良いですね。ドライブコースです。(訓子府町/50代女性)

・ちょうど今年は家族で行ってみたいと思っていた場所でした。(遠軽町/30代女性)

・原生花園の思い出!! 小学校3、4年生の頃、友人が「明日、家族で小清水原生花園へ行くんだ~」と教えてくれたのですが、その当時の私は、その存在すら知らなくて、ずいぶんと長い名前の所へ行くんだな。何?それ?と疑問に思いながらも、友人に「何?どこ?」とも聞かずに終わり、その後、存在を知ったのはずいぶんと後の事でした。昔、ベスト10♪でトシちゃんが原生花園から生放送をした時には、テレビを見ていてウォー!近くに来てるんだ…と、ちょっぴりエキサイトしたのも覚えています!以上、原生花園の思い出でした。(北見市/40代女性)

以上、読者のお便り紹介を終わります。

最後の方のお便り(前半)を読んで、あるある!こういうこと!って嬉しくなりました。

私は今シーズンまだ行っていないのですが(写真は以前撮影のもの)、

小清水原生花園の海岸は「日本最北鳴り砂浜」ということになっています。

ぜひ海岸まで足をのばしてみてくださいね。

小清水原生花園鳴り砂浜

 

 

 

 

 

 

鳴り砂看板@小清水原生花園

 

 

 

釧網線(小清水原生花園)

 

 

 

 

 

 

 

 

網走からの釧網線が走っていて、シーズン中だけ「原生花園」駅がオープンします。

最初の写真の看板の向こうが駅舎で、記念グッズなどが販売されています。

 

 

とうふつ湖方面

こちらは濤沸湖方面。

天然のお花畑に馬の放牧…

 

 

気持ちがほどけていくような眺め。

 

 

 

日本中から観光客の訪れる小清水原生花園です。

まだ行ったことのない方、この夏はぜひ行ってみてくださいね♪

チミケップからノンノの森へ

おはようございます。金曜担当(さ)です。

こうお天気がいいと、庭仕事したいな~30分だけ・・・

なんて外に出たくなります。

と、私らしくないことをつぶやいてしまうのは

『雑草と楽しむ庭づくり』という本を読み始めちゃったから。

いいですよ、この本。内容はまたの機会に。

まずは仕事仕事。

在宅勤務はこのような誘惑との闘いです。

だから、天気の悪い日に仕事しとけって言ってるでしょ!

と自分にツッコミますが、天気の悪い日はやる気がイマイチで…

さてと仕事仕事。

先週のブログに「この土日はどこへ行くのかな~。他人事のようですが、いつも当日の朝、決定なので…」と書きましたが、

結局、土曜日(2日)は山菜探しがてら、今年初めてのチミケップ湖へ。

チミケップ湖

素晴らしいお天気。

キャンプや釣りをしている家族連れがいました。

 

 

 

 

 

 

その後、津別町でラーメン昼食。

すると店内に「くりん草フェスティバル(祭り)」のポスターが…。

あッ、ノンノの森!

去年初めて行き、当ブログでも紹介した津別町内のクリンソウ群生地を思い出しました。

フェスティバルにはまだ早いですが、クリンソウ咲いてるかも…と思い、

一路、津別峠方面の「くりんの里・ノンノの森」に向かいました。

ノンノの森の清流

いつまでも見ていたい清流です。

 

 

 

 

 

狸@ノンノの森

狸を発見!

かなり太ってて、のそのそ歩いています。

途中で振り返ってこちらをチラッと見たりして、

パーッと逃げるという気配がありません。

ゆうゆうと去っていきました。

クリンソウ@ノンノの森

クリンソウ、遊歩道の奥の方で

咲き始めていました。

今月下旬には、ここがクリンソウで一杯になるんですよね。

2012くりん草まつりは6/16(土) ~2012/7/1(日)

会場 オホーツク管内津別町上里 ノンノの森 ランプの宿 森つべつ

※ノンノはアイヌ語で花の意味

 

各種イベントや送迎バスの運行については下記に問い合わせてくださいね。

津別観光協会事務局(津別町役場) 0152・76・2151

わが家、日曜日はまた別の場所に行ったのですが、続きはまた後で。

 

漢字クイズ応募葉書から

金曜担当・言の葉ミニレッスンの(さ)です。

こんな時間に・・・眠れないわけじゃなくて、

明日は朝からいろいろ予定があるため、大事をとって早め更新です。

さて6月に入りましたね。北海道の一番いい季節(かな?)

この頃、めっきり日がながくなったなあと思ったら、あと20日経ったら夏至(今年は21日)。

そこから10日経ったら今年も半分終わり。

まあ「あと半分も残ってるよー!」ということで、気を取り直しましょう。

漢字クイズの応募葉書に、こんなコメントがありました。

「老化は十分しているのですが、

これよりひどくならないようにと楽しませていただいています。

以前、私より年上の方も参加しているというのを読んで、私もまた、

たまには頭を使おうと考えました(北見市・Kさん・女性)」

エッ?おいくつかな、と思ったら、65歳の方。

いやいや、まだまだ…。

毎回、応募ハガキの年齢別内訳を編集部(榛)が出してくれているのですが、

ちなみに、今回(5/31号)発表した応募総数136通の内訳は、

10代以下:3通

20代:6通

30代:5通

40代:13通

50代:27通

60代:45通

70代:29通

80代以上:8通

でした。

だいたい毎回【60代】が応募数最多です。

頭の体操にチャレンジしている、とハガキ(ファクス)に

ひとこと書いてくださる方はとっても多くて、

月に2回とはいえ、漢字クイズ、少しは役に立ってるかな、と嬉しく思っています。

第1週はナンバープレイス、第3週はクロスワードパズルがあるので、

毎週チャレンジすれば、けっこうな運動量かな(頭の…)

※ちなみに、私はまだ解けません、ナンバープレイス(ぐすん)

解くだけでなく、葉書に手書きで書いて、〆切に間に合うように

歩いて郵便ポストまで行ってポンと入れる、

この手間のかかる行動もいいと思うんです。

「いい」というのは、若さを保つ秘訣になってるんじゃないかな、ということ。

Kさん、あと20年続けてくださいね。

20年後も【漢字クイズ】があれば…の話ですが(汗・汗・汗)

私もガンバリマス。

♪ ♪ ♪

先週のブログに、屈斜路湖に行った時の写真を載せましたが、

屈斜路湖まで行くと、どうしても行きたくなるのが摩周湖。

20120520摩周湖

 

 

 

息を呑む美しさでした(5月20日)。

※クリックで拡大します。

まだ少し雪が残っていて、フキノトウが顔を出していましたよ。

下界とは季節がちょっと違うんですね。

さて、この土日はどこへ行くのかな~

他人事のようですが、いつも当日の朝、決定なので…。

皆さんも、楽しい週末を♪

津別21世紀の森

おはようございます。
週末の寒さには本当に参ってしまいましたが、
今日はどれくらい気温が上がるのでしょうか?
寒いのはもうこりごりの(みぃ)です。

 

先週、「道立津別21世紀の森」へ行ってきました。
この時期、芝桜を見に東藻琴や訓子府、滝上に行く方も多いと思いますが、
実は、21世紀の森の芝桜もかなりきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なだらかな丘陵地に広がる芝桜。
周りの緑と青空とのコントラストがとてもすてきなんですよ。

 

芝桜以外にも、丘を登って行くと鐘を鳴らせる「開基100年記念塔」があったり、
ユニークな木製遊具が揃ったトリムコースがあって、
この21世紀の森はわんぱくなお子さんに特におすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内には、森林散策路やキャンプ場などもあって、
1日たっぷりと遊べるので、お弁当を持って行くと楽しいと思います。

 

屈斜路湖

こんにちは。金曜担当(さ)です。

日曜日(20日)、よいお天気に誘われてドライブしてきました。

美幌峠より屈斜路湖を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

美幌峠より屈斜路湖を展望。

「美幌峠駅伝」というのが行われていて、

美幌峠は大賑いでした。

 

 

 

ニリンソウ@屈斜路湖

 

 

 

 

 

 

 

 

湖畔に下りると、ニリンソウがたくさん咲いてて

それはそれはきれいでした。

花が咲いてしまえば、

トリカブトとは似ても似つかない姿ですのに…。

 

道東観光は最高の季節を迎えています。

それでは皆様、よい週末を♪

訓子府町レクリエーション公園

昨日は隠密に命じて、訓子府町のレクリエーション公園を撮影しました。

お天気がイマイチ (^_^;

お山の上は展望台

レクリエーション公園は平成8年に開園し、町民の憩いの施設として愛されています。

芝桜が咲く季節にはお山はピンクに染まります。

芝桜、増量中

芝桜はメンテナンス中。まだ六〜七分咲き?

毎年ここで「しばざくらまつり」が開催されます。今年は6月3日(日)の予定だそうです。

芝桜の向こうは「野球場」

展望台から見下ろしました。

写真には入っていませんが、展望台からは仁頃山が見えます。

 

中にはカフェもあります

こちらは旧ふるさと銀河線訓子府駅。

駅舎には農業交流センター、商工会、ぷらっとカフェ駅茶屋が入っています。

かわいい建物です。

ホームです

 

今日は5月24日(木)号を掲載しました。

クロスワードファンの皆様、「パズルタイム」をお楽しみ下さいませ♪

 

うッそー、北見で雪!

こんにちは。

一昨日の(ど)さんのブログを見て、突如「べこ餅」が食べたくなり、

スーパーへ行ったついでにお菓子売場へ行きましたが、べこ餅は跡形もなく、

しばしその場に立ちすくんでしまった(さ)です。

5月5日が過ぎたら、もう販売しないのでしょうか。

いまや桜餅は年中あるけど。

他のお店に回ってみます。

* * *

先ほどNHKお昼前の天気予報を見ていたら、北見で雪が降っている映像が流れていて、

うッそーと思って窓の外を見たら、降ってました、雪。

朝からの雨が雪にかわったんですね~。

11時の北見の気温は2.9度だったそうです。

明日もこの寒さは続くそうで、日曜日(母の日)から暖かくなり、

来週の予想最高気温は22~26度とのこと。

20度の気温差はキツイですね~

体調に気をつけましょう。

…って、何に気をつければよいのでしょうね。

寒い!と思ったら暖かくして過ごす、体の温まる飲食をするくらいしか思いつきませんが。

昨日、ダウンジャケットをクリーニングに出そうとお店まで持って行ったけど、

やめて帰って来ました。

少なくとも明日までは、防寒着を取っておいた方がよさそう。

もうクリーニングに出しちゃった人はホッカイロがいいかな。

* * *

さっきの話に戻りますが、実は端午の節句に「べこ餅」食べそびれたんです。

温泉饅頭を食べてました。

支笏湖の丸駒温泉に行ってました。

北見・札幌・東京から一家で集合する家族旅行で。

札幌のお姑さん&義妹含めて総勢7名でした。

うちはお正月は北見から動きたくないため、

このメンバーが一堂に会するのは何年ぶりだろう、という感じ。

丸駒温泉にて

フロントでまず「ワー!」と声が出ました。

「お母さん、ここに阿部寛が来たと思ってるんでしょ?」

息子の声。何でわかるの?図星。

よく見たら、『テロマエ・ロマエ』原作者の

ヤマザキマリさんが訪れた、ということですネ。

あー勘違い。

確か札幌在住ですものね。

うそ、シカゴ在住。

あー勘違い、勘違い。

色紙の日付は04/16/2012と見える。

日本滞在中に、この温泉へご登場、ということでしょう。

丸駒温泉は湖畔の露天風呂が有名ですが、生憎の雨模様で、湯温が低く、

足だけ入りました。

脱衣場から露天風呂まで30メートルも裸で板の上を歩くんです。

これが寒いの何の。

行ってみたら、露天風呂のところにも脱衣場があり、なーんだという感じ。

これから丸駒温泉に行く予定のある方、裸で30メートル歩きたくない人は参考にしてください。

* * *

つつじ山

北見へ帰る途中、夕暮れの温根湯つつじ山へ寄りました。

石北峠を頑張って越えてきたので、ちょっとまったりしたかったのですが、

一粒雨が…と思ったら急に雨に!

ピカピカ稲光の中、一目散に帰宅しました。

この日は、茨城・栃木で竜巻があったと、後からニュースで知りました。

竜巻は暖かい日に、上空に冷たい空気が入ってくると、危険性が増すようです。

その目印は突然の黒雲発生。

黒雲を見たら、くれぐれも注意しましょう!

チューリップ

上湧別産のチューリップ、

留守してる間にすっかり咲いていました!

開花に立ち会えず、

ちょっと損した気分なきにしもアラズ。

 

明日は端午の節句

こんにちは。金曜担当・言の葉ミニレッスンの(さ)です。

エゾムラサキツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

庭のエゾムラサキツツジが満開です。

北見のそこかしこがピンクピンクになってきました。

この後、芝桜、エゾヤマザクラと、ピンクの季節がしばらく続きます!

さて北見では「冬あか一掃運動」がすでに終わり、

道路のビリ砂利はきれいになったのですが、

風が吹くと、柏の大きな枯れ葉が自宅前に

ガサゴソ集まってきて、

「春に落葉拾い。いったいいつまで?!」と

ぶつぶつ言いながら拾っていました。

でも!

先月26日号の言の葉ミニレッスンで「ちまき・柏餅・べこ餅」というタイトルの原稿を書いてから、

ちょっと気持ちが変化しました。

「柏は、新芽が育つまで古い葉が落ちないことから子孫繁栄を象徴する神聖な木とされています」

と書いたからです。

柏餅を調べているうちに、柏に対するそういう見方を知り、新鮮に感じたという次第。

柏=神聖な木。

と、考えることで、落ち葉拾いをするときの気持ちが楽になるならば、

まさに「生活の知恵」と言えるでしょう。

単純すぎる?

♪ ♪ ♪

さて、「ちまき・柏餅・べこ餅」の中で、私は「べこ餅」を選びたいですね。

やはり道民ですから(?)

道南出身ですが、べこ餅といえば、じいちゃんが木の型で手づくりしてくれたもの。

私の姉は、べこ餅は手づくりするものであって、市販されていないと思いこんでいたそうです。

今は横浜在住ですが、食べたくてもお店で見かけることはないそうです。

じいちゃんのべこ餅は黒砂糖でマーブル模様になった葉っぱの形でした。

中に餡は入ってません。

♪ ♪ ♪

昨年も当ブログでレポートしましたが、5月といえば温根湯のつつじ山がすごい!

全山野生のエゾムラサキツツジです。

3~6日は「おんねゆ温泉つつじ祭り」開催中だそうです。

山のつつじの咲き具合は未確認ですが、

お花が好きな方、お祭りが好きな方、行ってみてくださいね♪

 

きびご飯に蕗味噌

金曜担当(さ)です。

先週の土曜日(14日)、春風に誘われて女満別方面へドライブしてきました。

女満別道の駅

目的の一つは大空町の道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」。

写真は裏手から撮ったもの。

みんと4/6号の「ひとりごと」に書いた

「女満別・激ウマ届け隊・青大豆甘納豆」

の買出しです。

青大豆甘納豆

女満別の青大豆甘納豆じゃーん!甘納豆です。

あまり甘くないのが味の秘密。

このお店では1袋300円。

生産者の方の写真・名前入り。

いろんな方のお名前があり、

全種類集めたくなります。

道の駅のアンテナショップ「ほのか」には

大空町の特産品がたくさん並べらています。

 

甘納豆の他にも、いろいろ美味しそうなもの、面白いものがあり、

目移りして大変でした。

女満別いなきび

「いなきび」500グラム630円。

雑穀のひとつ。きれいな黄色です。

夫の亡き父が

「(昔食べた)きびご飯が食べたい」

とよく言ってたらしく、

ためしに買ってみました。

ご飯に少し混ぜて普通に炊くのですが、

ふっくらもちもちご飯になりましたよ。

ほのかに味わいもプラスされて…。

きびご飯

※後日談:

何度かきびご飯を食べたあと、

普通の白米だけを炊いたら、

味気なく感じるほど。

やばい、これはクセになりそう。

別にやばくないか…

 

 

蝦夷鹿肉缶詰

蝦夷鹿の缶詰。3缶セットで2,500円。

これは今回は写真だけ。

 

あと買ったのは

採れたて新鮮なアスパラと、

ピンクがかったニンニク。

 

「しじみ醤油」も買ったつもりが、

帰宅して調べると、なぜかナシ。

買い忘れたようです…。

女満別メルヘンの丘道の駅の名前にもなっている

女満別メルヘンの丘。

国道39号線沿い。

フォトスポットになっていて、

駐車スペースが用意されています。

畑の雪はどんどん解けてゆきます。

 

 

さて、女満別へは水芭蕉を見に行ったはずなのですが、

初めに水芭蕉群生地ではない女満別湖畔に立ち寄ったら…

網走湖4月20日

今年は春が遅いようで、

湖がまだこんな状態…。

昨年の今ごろは、

とけた氷が海の方面へ

どんどん流れていて、

見たこともないような風景だったのですが。

 

 

水芭蕉は次回の楽しみにとっておくことにし、

別の目的地(能取湖経由常呂方面)へ回りました。

水芭蕉はこの土日、次の土日あたり、見頃なのではないでしょうか。

ふきのとう

今時期、

ふきのとうがたくさん出ていますね。

ドライブの途中で摘んで

(まだ開く前の若いものに限る)、

夕飯のきびご飯のおかずに、

アスパラとともに天ぷらにしました。

 

 

例年通り、蕗味噌も作りました。

調味液(味噌・みりん)を混ぜる前のふきのとうは、

今まで一度湯がいてから刻んで炒めていましたが、

生を細かく刻んだあと、

時間を置かず、大急ぎで炒めてしまえば(私は白ごま油を使用)、

苦味が緩和されることがわかりました。

いなきびご飯に蕗味噌、それはそれは食が進みます。

というわけで、雪解けとともに、いろいろと楽しみな季節が始まりますね。

よい週末を♪