Archive for category レジャー

第62回さっぽろ雪まつりがはじまりました

毎日寒いですね。北海道に住んですでに18年。

いい加減、慣れてもよさそうなものですが

相変わらず寒いのが苦手な(柊)です。coldsweats01

 

昨日、7日(月)にはじまった「第62回さっぽろ雪まつり」snow

13日(日)までの日程で行われる、

札幌の冬の風物詩ともいえるこの催し、

HPや公式携帯サイトでいろいろなことを確認できます。

 

待ち時間やイベントの変更情報、

交通状況などをリアルタイムで配信していますmobilephone

つどーむ会場のチューブスライダーや氷の滑り台などの待ち時間が

リアルタイムで更新されるのでとっても便利です。

http://www.snowfes.com/

 

以前、ぶんぶんクラブ事務局にいた時には

ぬくぬくしながら、事務局の窓越しに雪像見学ができたんですが。

 

 

で、寒い寒いと叫びながらも行ってきたのは「小樽雪あかりの路」。

こちらも13日(日)までの開催で 17:00〜21:00に

小樽運河や手宮線跡地、小樽市内各所にスノーキャンドルの柔らかな灯りがともります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻想的な雰囲気を楽しんだ後は、もちろん美味しいもの!

ということで、小樽の「かま栄」さんで

「小樽雪あかりの路」 限定かまぼこ「雪まる」(えび・マヨ入り)を購入。

雪だるまの顔をかたどったカワイイかまぼこです(画像左奥)

写真を撮る前に切ってしまいましたwww

 

「えびブロッコリー揚」、「パンドーム」(ベーコン&チーズ入り)も

大変美味しゅうございました。

その場所に行かないと買えない限定品ですが

機会があったらぜひ味わってみてください!

 

オホーツク小さな旅

金曜当番の(さ)ですが、水曜日に、こんにちは。

1月22日に能取岬&常呂に流氷観光に行ったことを、アップしましたが、

先週土曜日(1月29日)もまた行ってきましたよ。

すっかり流氷ウォッチャーです。

北見を出た後、車内のラジオで網走の「流氷接岸初日」が出たと知り、

「やったー!」でした。

まず女満別空港近くの「一心」で腹ごしらえ。

一心味噌ラーメン

味噌ラーメン(700円)。ここのスープ、野菜のエキスを感じる…好きな味。

チャーシューもやわらかくて美味しいし。

「一心」は美幌が本店。北見にもありますよ。

店を出た後、ふと思いついて西女満別駅に寄り道することにしました。

前夜は道新営業部・みんと編集部の新年会(?)だったのですが、

鉄道談義に花が咲き、(ど)の鉄道好きさんに勧められたのが「西女満別駅」だったのです。

何でも全国的に有名な秘境駅のようですが、地元の私は知りませんでした。

駅ホーム

発見しました!西女満別駅。

ここがホームです!単線です。

と思う間もなく、列車が近づき…

流氷特急「オホーツクの風」

札幌を朝の7時台に出るという季節列車「流氷特急・オホーツクの風」でした。

あっという間に通り過ぎ、文字通りオホーツクの風を浴びました!

接岸初日にこの列車に出合えるなんて、サイコーにツイテマス。

西女満別駅舎

こちらが駅舎です。失礼ながらプレハブの物置かと…。

中に入ってみるとベンチがあり、ちゃんと待合室だということがわかります。

ベンチの上に旅ノートが…。

これを読んだら「全国的に有名な秘境駅」なんだということが実感できました。

きちんと畳んだひざかけも…。誰かの忘れ物?いえ、配慮かもしれません。

張り紙があります。要約すると、

「列車が定時刻になっても到着しない場合は、待合室内の電話ボックスから

網走駅、網走駅と呼んで下さい」という内容。

私はこの張り紙を繰り返し読んでいるうちに胸が一杯になってきて、なぜか涙が出そうに…。

(今思い出しても涙が出そうになるので、何か私の「ツボ」なんでしょうね…)

西女満別駅に別れを告げ、流氷の接岸状況を目で確認するため天都山へ向かうことに。

顔の黒い羊

途中で見かけた顔の黒い羊たち。

一列になって飼育小屋に入ろうとしていたのに、

こちらと目が合い、先頭の羊さんの足が止まってしまいました。

ゴメンネ。でも、かわいい。

北浜の流氷

天都山で接岸状況を確認後、今度は北浜へ。

北浜です。海は流氷で埋め尽くされています。

そして、この立て看板!

「誰も泳がないって!」と大笑いしていると…

ノロッコ号

ノロッコ号です!

網走から知床斜里へ向かう流氷ノロッコ号。

西女満別の「流氷特急・オホーツクの風」といい、今日は本当にツイテマス。

鉄道談義をしたおかげで、「鉄道の神様」がよくしてくれたのかもしれません。

ありがとう!神様、ありがとう!(ど)さん。

以上、「オホーツク小さな旅」のリポート。(さ)がお伝えしました。

 読んでいるだけで寒~い!でも、一緒に旅気分が味わえたわ!(有美) 

流氷観光してきました!

言の葉ミニレッスン・漢字クイズ担当の(さ)です。

お急ぎじゃない方&クイズファンの方、

漢字クイズで頭の体操はいかがでしょう?

これは、みんと2009年2月12日号で出題したもの。

【問題】
まず例に従い、上下の漢字と熟語を作る最適な漢字を〇に入れます。

次に①~⑥の〇を組み合わせると、漢字6文字からなる季節の言葉ができます。

その言葉を答えて下さい。

(例)漁〇走→網(漁網、網走)

①明〇記 ②薄〇雨 ③彼〇辺

④最〇孫 ⑤海〇行 ⑥面〇客

答えはこのブログの一番最後に。

rvcar

さて、オホーツク海の流氷のお話です。

今日の正午前のNHK天気予報では

「流氷は雄武町から知床岬のところどころで接岸しています」

と言っていました。

網走の「流氷接岸初日」はまだなんですね。

明日あたり出るかな?

(さ)は先週の土曜日(1/22)、網走から常呂まで流氷を見んとてドライブ。

能取岬流氷

能取岬あたりで流氷に感動のご対面。いつ見ても圧倒されます。

岬の上に、積雪はほとんどなし。

1年中、風が強い場所なので、雪も吹き飛ばされたのでしょう。

この写真は能取岬を降りてから、振り返った風景です。

写っていませんが、流氷帯を航行中の船を発見。

え?おーろら号?ガリンコ号?と思いましたが、漁船のようでした。何そうもいました。

みな無事にシャーベット状の流氷帯を抜け、網走港に帰りついた模様。

漁師さんは、流氷が完全に接岸してしまうと漁ができなくなってしまうんですね。

流氷はたくさんのプランクトンを運んでくるから、

漁業にとっては良いものだと言われていますが、

仕事ができなくなるのは困りものかも…?

海明けの毛蟹、楽しみにしています!cancer

能取岬を後にし、常呂へ向かいました。

途中、能取湖にはオオワシがたくさん。

地元の人によると、能取湖の氷の上にはアザラシもいるとのことでしたが、

(さ)は、よくわからず…。

これから行く方は望遠鏡持参をおすすめします。

常呂は海辺の町ですが、市町村合併で北見市となりました。

常呂流氷

この日(1月22日)、常呂にはまだ接岸しておらず、沖に帯状に流氷が見えました。

この風景、よく見ると、アッレ~?

波消しブロックの辺りに雪氷の壁が…。何なんでしょう?

(※写真をクリックすると拡大します)

一度、流氷が押し寄せ、その時に運ばれた塊がブロックに引っかかって取り残された?

町の人は「まだ接岸してない」と言うし、謎の風景でした。

 

restaurant流氷観光の締めは、レストラン・ブレ(常呂中央町)で、美味ランチ!

温まって、北見への帰路につきました。

cafe さて、冒頭の漢字クイズの答えを発表します。

【解答】流氷接岸初日

(①日②氷③岸④初⑤流⑥接)

上の文章の中に答えがありましたね! happy01