Archive for category レジャー

断チャリ!

金曜日になりました。(さ)です。

先週5月1日(金)のブログには

「さて、残りのGWは、片付け・掃除大会だわ!

暖かいから窓も開けられるし」なんて書きましたが……

 

 

温根湯1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その舌の根も乾かない翌日2日(土)、行ってしまいました。

温根湯つつじ山!

何しろ、北海道天然記念物ですから(言い訳?)

 

温根湯2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の上からのながめ。

つつじまつり開催中で、ジンギスカンしてる人もいて、うらやましかった。

器具・食材ともここで調達できるんですよね。

 

温根湯3

 

 

 

 

 

 

 

 

山の上から、その2。

ツツジ、サクラ、コブシと揃って満開でした。

 

 

 

 

温根湯4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花のトンネル。

夢のような世界です。

祭りは終わりましたが、20日頃までは入山できるはずですので、ぜひ行ってみてください。

軽い山登りで運動になるし、一段高い所から下界を見下ろすと、ストレス解消にもなりますよ。

 

温根湯5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山してから周辺を散歩。

右側の木の下の方、樹皮がなくなっています。

痛々しいです。

エゾシカのしわざか…?

 

 

仁頃山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留辺蘂「すずや食堂」さんで昼食後、まだ帰りたくなくて、富里へ。

仁頃山を少しだけ登りました。

入り口に鏡があるのが面白い。

「笑顔で 今日も 仁頃山」と書いてあります。

アドバイスに従い、鏡を見てニッコリしてから、登り始めます♪

(意味違うかな?笑顔で無事下山しましょう、かな?)

 

エゾノリュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの一合目くらい「ヤナギ村」というところまで行きました。

沢になっていて、エゾノリュウキンカがたくさん咲いていました。

向こうに残雪が少し見えます。

下山して来た人に聞いたら、この日は7合目くらいから先は

登山道にまだ雪がいっぱいあるとのこと。

1週間近くたって、もう雪は消えてるかな。

 

 

 

野付牛公園1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日は何してたか覚えてなくて(汗)、4日は野付牛公園へ行きました。

何年ぶりだろう?しばらくぶりに来たら、いい所だなあ、と思いました。

シダレヤナギが、もうこんなになってますよ!

ボートで遊ぶ家族連れの姿にほのぼの。

 

 

野付牛公園2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラは風に舞い、どんどん散ってました。また来年だね~

* * * * *

……と、このように、5連休、やっぱり出かけてしまい、片付けはあんまり(こんまり、でなく…)。

ただ、かねてよりの懸案だった「使わない自転車3台を処分」できました!

大正のクリーンライフセンターに2往復。

持ち込んで重さで支払うのですが、他のゴミ含めて合計300円でした。

20年物のママチャリとの別れは、ちょっとグッと来てしまいました。。。

ちょっとマシな自転車はリサイクルショップさんに見てもらったら、1000円で売れました。

自転車は、売る前に防犯登録を解除しないといけないのを、初めて知りました。

しかし、自転車屋さんに聞いたところ、この登録は10年で自動消滅だそうです。

(つまり、10年以上乗ってる人は、登録をやり直ししたほうがいいのかも?)

こんな話を、姉に電話で話したら、「断チャリだね!」

ということで、今日のブログのタイトルに貰った次第。

天気予報で「黄砂、花粉、乾燥」の3Kにご注意を!と呼びかけていました。

お天気がいいのに、これじゃ、なかなか窓を開ける気になりませんね。

一雨ほしいところです。ではまた。

津別町の桜アルバム

ゴールデンウイークむさぼり中の(じ)です!

読者から津別の自然運動公園の桜が満開とのメールをもらったので

土曜日、シゲチャンランドに行く途中に寄ってみました。

つべつ木材工芸館

つべつ工芸館には何回も行っていますが

公園に上って見たのは初めてです。

双子の桜

津別の桜といえば「双子の桜」ですよね。

美しい花を咲かせていました。

丘の上は、樹にとっては過酷な環境とも言えるそうですね。

白く光っている枝が見えて樹としては弱っているのかな・・・と思いました。

IMG_5698

道の両側はずっと桜。

シバザクラも植わっていますがまだまだこれからってかんじ。

風に揺れる枝

けっこう風が強かった。

IMG_5700

ピンク色に染まった景色。

桜に囲まれたパークゴルフ場もあるのですが

満開の花の中でプレーするのはいい気持ちいいでしょうねえ。

白いのは辛夷ですね

町を見下ろす良いポイントです(駐車場)

みんなの撮影ポイント

たくさんの人が来て写真を撮っていました。

シゲチャンランドの桜

津別町相生のシゲチャンランドでも桜が満開に。

4/24号掲載のコラム「シゲチャン日誌」に書いてありましたが

今年は雪が2メートルほども積もっていて

除雪が間に合わないかもと大西重成さんは思っていたとか。

 

そんな心配が嘘のようですね。

シゲチャンランドの桜もとてもきれいでした。

 

今日は満月です!

お財布フリフリ、お忘れなく〜♪

 

野幌原始林さんぽ

金曜日です。(さ)です。

5月1日になりましたね!

いよいよGW始まりましたが、ちょっとフライングで、

先週末から、札幌に帰省してきました。

3泊しましたが、今回は一度もマチに出かけず。

北広島、恵庭、江別など、札幌郊外を車でまわっていました。

 

キタコブシ@野幌原始林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野幌原始林のキタコブシ。

「原始林」と言ってますが、正式には「道立自然公園・野幌森林公園」。

1968年(昭和43年)に北海道百年を記念して道立自然公園に指定されたそうです。

とにかく広くて、公園内はホンの一部2~3キロしか歩いたことがありません。

お天気に恵まれ、山ガール・森ガールのいでたちで、歩いている人がたくさんいました。

男の人は山オトコ・森オトコか?!

今風だと、山男子・森男子?

※脱線しますが、NHK火曜夜10時からの『美女と男子』おもしろーい!

声出して笑ってますよ。

今後、スターになるのだろう 向坂遼(さきさか りょう)役の町田啓太氏は

『花子とアン』で、村岡印刷さんの弟・郁弥の役だったんですね。

全然違って見えます。もうビックリだ。

話は尽きませんが、断線終わり。本線に戻ります。

 

 

ヤドリギ@野幌原始林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野幌原始林のヤドリギ。

ずいぶんたくさんついてますね。

 

エンレイソウ@野幌原始林

 

 

 

 

 

 

 

 

エンレイソウ。

オオバナノエンレイソウより花が小さいです。

他にも春の野草がチラホラ咲いていました。

 

 

百年記念搭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近リニューアルオープンした「北海道博物館」に行ってみようかと思ったのですが、

駐車場のクルマの数を見て、「混んでそう。また今度」となりました。

百年記念搭だけ見てきました。

中には入れませんでした。

 

 

百年記念搭・上の部分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百年記念搭・上の部分。

 

ニリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

ニリンソウがきれいでした。

 

 

キバナノアマナ

 

 

 

 

 

 

 

 

この花、「キバナノアマナ」というそうですよ。

27日(月)のブログで(じ)が写真を載せていましたね。

私も、植物の名前は、うちの「植物男子」にその都度、聞いてますから。

聞いても聞いても忘れます。困ってますよ。

去年あたりから「エゾエンゴサク」がスッと言えるようになったので、

植物の名前も、反復練習・訓練訓練なんでしょうね。

* * * * *

さて、残りのGWは、片付け・掃除大会だわ!

暖かいから窓も開けられるし。

ガンバリマス!

なるべく。

(すでに、腰が引けてる…)

 

残雪・白鳥・水芭蕉

金曜日です。(さ)です。

気温の変化が激しいですね。私は、この暖かくなる季節の変わり目が、どうも苦手。

毎年のように、4月に風邪を引くので、気をつけているつもりですが、

2,3日前から頭痛、肩こり、だるさが…。

自律神経の乱れ、っていうものでしょうか。

* * * * *

さて、先週土曜日、いつもの網走湖・女満別湖畔に、水芭蕉チェックに行ってきました。

( ブログ当番が金曜日なので、1週遅れの掲載になってしまうのが何とも…ですが)

 

白鳥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お出迎えしてくれたのは、ハクチョウたち。

雪の上でひなたぼっこ中。

中央の白鳥、足を上げてるけど、何のため?

まさか筋トレ?

 

 

 

水芭蕉@女満別湖畔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開いてました!水芭蕉。

木道のそばはポツンポツンですが、

林の奥の方には、開いているのがたくさん見えました。

今週末からGWにかけて見頃でしょう。

今年は駐車スペースまで車で行けました。

しかし、木道が途中で終わってるので、くれぐれも勢い余って…ということのなきよう。

 

水芭蕉@呼人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは網走呼人の群生地です。

 

 

 

フクジュソウ@呼人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼人にはフクジュソウもたくさん。

 

 

 

アズマイチゲ@常呂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は網走でランチをして、常呂経由で帰りました。

常呂から仁頃へ向かう山の中で見つけた「アズマイチゲ」。

 

 

 

エゾエンゴサク@常呂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾエンゴサクも開き始めてます。

札幌方面は、エゾエンゴサクは、もうたくさん咲いてるみたいだし、

なんせ桜が今週末に満開だと言うのですから、

やはりオホーツクは季節が遅いんですね。

このところは、こちらも20度前後で暖かいんだけどな。

ゴールデンウィークは、水芭蕉見物にオホーツクへどうぞ♪

清々(すがすが)しいこと、間違いなし!

GWには、エゾヤマザクラも咲き始めるのでは?

フクジュソウ咲いた@美岬(能取岬)

こんにちは。(さ)です。

ご報告が遅くなりましたが、22日(日)に美岬(能取岬)にて、

フクジュソウの開花を確認してきました!

※能取岬(のとろみさき)は岬名、美岬(みさき)は地名です。

能取岬の住所は網走市美岬。

「美岬」と言った方が地元っぽいかな、と思って、

かっこつけてみました(笑)
フクジュソウ@美岬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に分布しているフクジュソウの仲間には、

ただのフクジュソウ、キタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウ、シコクフクジュソウという4種があるそうです。

北海道のこのあたりには、ただのフクジュソウとキタミフクジュソウが見られるのですが、

美岬に咲いていたこれは、たぶんキタミフクジュソウでしょう。

日曜日はいいお天気でしたが、その後また吹雪がきて、どうなったかな?

昨日からまた好天ですので、きっと咲いていることでしょう。

 

 

フクジュソウ@美岬2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海からの強い風を受ける、こんな土手にがんばって咲いてるんですよ。

咲いてるはず!と思って目を見開かないと、発見できないかも…。

 

美岬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに引くと、こういう場所です。

1月30日のこのブログで紹介しましたが、

冬には流氷が打ちつけてきていた場所です。

今日の道新に出ていましたが、網走地方気象台発表の今年の海明けは

3月3日だったそうですね。

平年より17日も早かったとか。

北海道付近を2月以降に通過した低気圧の影響で、

南寄りの風によって流氷が離岸しやすくなったそうですね。

あっ、アノ「爆弾低気圧」か!

昨日発表した漢字クイズの答えが出たところで、

ちょうどお後がよろしいようで♪

 

「歌」と「唄」/言の葉番外編

常呂1本の木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。もう夕暮れになってしまいました。こんばんは。

(さ)です。

上の写真は常呂1本の木。

日曜日に、久々に行ってきました。

秋空のもと、知床連山、斜里岳まで見えて、いい眺めでした。

山の上の方が白いの、見えますか?

知床連山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本題。昨日付け「みんと」の「言の葉」は

「歌」と「唄」の違いは?

でした。

今週、NHK朝ドラ「マッサン」で、

♪命短し、恋せよ乙女

って歌ってましたね。

大正時代に流行った「ゴンドラの唄」です。

昭和の子・私も大好き!

それはさておき、この曲は「~の唄」なんですね。

よく似ている「カチューシャのうた」は、どうなんだろう?

と思って調べたら、やはり「カチューシャの唄」でした。

似てると思ったはず、作曲は同じく中山晋平。

歌い手も同じく女優・松井須磨子。

(作詞は、「カチューシャ」が島村抱月ほか、「ゴンドラ」は吉井勇。そうそうたるメンバー!)

そこで、気になり始めて、曲のタイトルが「~歌」「~唄」となっているものを

調べてみました。

【歌の部】

・浜辺の歌(♪あした浜辺を~)

・琵琶湖就航の歌(♪我は海の子、さすらいの~)

ちょっと違うが…

・純恋歌(湘南乃風)

 

【唄の部】

・カチューシャの唄(♪カチューシャかわいや~)

・ゴンドラの唄(♪命短し~)

・五木の子守唄(♪おどま盆ぎり盆ぎり~)

・リンゴの唄(♪赤いリンゴに~)

・お座敷小唄(♪富士の高嶺に~マヒナスターズ)

・青葉城恋唄(♪広瀬川流れる岸辺~さとう宗幸)

・舟唄(♪お酒は~八代亜紀)

・島唄(THE BOOM)

・愛唄(GReeeeN)

以上。

歌を調べて視聴しながらなので、コレだけ調べるのに、すごーく時間が流れました。

しかも、絶対あってるかどうかは不明。。。

ネットだと「歌」「唄」両方ヒットすることが多くて。

「ドレミのうた」「夜明けのうた」「小さな恋のうた(モンゴル800)」は、

平仮名の「うた」のようです。

これらの曲名を眺めるに、「歌」とつけるも「唄」とつけるも、好き好きという感じ。

ただ哀愁・大衆・日本を強調したい場合、「唄」になる感じ。

文部省唱歌とか、正統派音楽の場合は「歌」になる感じ。

「歌」が少なくて意外です。

皆さんも、本紙の言の葉ミニレッスンと合わせて、考えてみてくださいまし。

 

紅葉するブルーベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉するブルーベリー@うちの庭

 

激寒の裏摩周&初・神の子池へ

三連休、終わってしまいます〜・・・。

みんと読者の皆さんは楽しく過ごされましたか?

本州ではまた台風で大変なことになっていますが

明日は道内も天候が荒れると予報されているので、注意が必要ですね。

 

プロ野球クライマックスシリーズ、ファイターズの第三戦も明日に順延。

大谷選手が打席に立つという話もありますね。

明晩も思いっきり応援します!!

 

今年「神の子池、良かったよ〜」という話を聞いて、

そういえば行ったことがなかったと思い、紅葉の時期を狙って

先の土曜日に行ってきました。

小雨に風とあいにくの天気だったんですけど、清里町のパン屋さんが日・月休みらしいので強行。

せっかくなのですぐ近くの裏摩周展望台へも行くことにしました。

IMG_5048

展望台入り口そばの道路に突如あられたトンネルの入り口。

まるで異次元空間への入り口のように、ポッカリと黒く開いた半円がちょっと不気味に見えました。

スノーシェルターらしいです。下り坂を覆っています。

何も見えず

外気温6度。案の定何も見えず。

なんでこんな日に来てしまったのか・・・。

IMG_5025

何台か車が停まっており、皆そそくさと退散しているようす。

風も強くて、凍えそうでした。

IMG_5052

神の子池への入り口は展望台から数キロ清里町寄り。

こんな天気なのに、けっこう人が見に来ていました。

IMG_5082

紅葉はピークを過ぎたもよう。

IMG_5066

オショロコマかな?!

IMG_5084

この池の青さは・・・!!

「蒼い」と漢字で書きたいですね。

多くの人を魅了する色なんですねえ。実感しました。

IMG_5105IMG_5107

帰り道に見かけた風車(と言っていいのか?)すごすぎ!!

自転車の車輪を利用して作っているんですね。

見事な細工です。

 

この日の強行の決め手となったパン屋さんは臨時休業。

清里温泉で夫に温泉に入ってもらって、帰宅となりました。

来年、裏摩周へリベンジに来ようと固く誓う私たちでした。

 

道東自動車道で札幌へ

金曜日、(さ)です。

昨日木曜号の漢字クイズ、解けましたか?

アジア大会、終わってしまうと、選手の名前が出てこない…

でも、そこを何とか!

回答をお待ちしております!

* * * * *

先週の土曜日から2泊、所用のため札幌へ行ってきました。

「石北峠が雪ふりそう、帯広方面は晴天」という予報だったので、初めて道東自動車道で行ってみました。

前に、このブログで(ど)さんの紹介があった足寄の「ヒツジ堂」さんで腹ごしらえしてから高速へ。

 

占冠PA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

占冠パーキングエリアで一休み。

雨上がりの虹が出ていました!

写真をよく見てください。

山のところから虹が始まっていました。

虹の根元を初めて見た!ということでいいかな?

 

道東自動車道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道東自動車道は長いトンネルが多いですね。

トンネルの上に紅葉した木が整然と並んでいて、面白い風景。

 

かぼちゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「千歳東」というところで下りて、江別市内へ。

一休みしたお店の飾り物。ハロウィーンの季節ですね!

 

かむいこたん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌に2泊して、帰りは国道12号線経由で帰りました。

カムイコタンで一休み。

紅葉はまだ始まったところ。

とうきび買い食い、美味しかった!

 

層雲峡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

層雲峡の紅葉は素晴らしかった!

思わず車窓からシャッター。

失敗が多い中、これがましな1枚。

曇りで夕方になってきていたので、きれいな色がイマイチ伝わらないけど…。

しかし、峠を下りたら、北見・留辺蘂の山々、このドライブで最高の紅葉でした。

やはりオホーツクは季節が早いんだ、と実感しました。

* * * * *

北見、昼間は暖かいけど、雪虫がワンワンと飛んでますね。

もうすぐ雪の季節になっちゃうんだなあ。

今のうち、秋を楽しみましょう。

ではまた♪

 

秋桜と波斯菊

こんにちは。言の葉ミニレッスン&漢字クイズの(さ)です。

昨日は、漢字クイズの応募〆切でした。

編集部に行って、葉書&FAXを拝見。

すると、このようなお葉書がありました。

「今、遠軽のコスモス園、満開です…

青森から友達が来るんですが…

21日まで、この状態をキープできませんヨネ…

デジカメに残しておく…

これが一番ですネ(遠軽町/Mさん・50代女性)」

「…」の多い文章で、何となく書き手の不安げな様子が伝わってきます。

消印は9月12日…。

 

コスモス園1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスモス園2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15日(月)敬老の日は、きれいに咲いていました。

実は初めて行ってきたんです!遠軽コスモス園。

午前中に出発し、サロマ湖のキムアネップ岬&鶴沼でサンゴソウを見物。

湧別漁港で海産物を買い、

湧別「リボン食堂」さんで、昼食に生ホタテのお料理をいただき、

その後、シブツノナイ湖、コムケ湖と回り、

北見への帰り道の夕刻、コスモス園に立ち寄ったのでした。

思ったより広大でビックリ。

明後日21日(日)も、大丈夫だと思いますよ。祈っています!

そういえば、コスモス園に中国語のパンフレットが置いてありました。

といっても、漢字が簡体字ではなく繁体字なので、台湾からの観光客の方々向けなのでしょう。

台湾から来る方が多いのかな。

コスモスは台湾では波斯菊(ペルシャ菊)と呼ぶことがわかりました。

日本では漢字だと「秋桜」と書きますが、確かに「桜」ではなく「菊」の仲間ですね。

原産地を調べたらメキシコなのですが、ペルシャの名がついているのが不思議です。

* * * * *

ところで、先週のみんとで出題した【漢字クイズ】、

来週のみんと木曜号と、金曜のこのブログで答えをお知らせしますので、

解いてみてね!

(1)~(4)は北海道に関する記述です。

□に入る最適の漢字(4文字)を組み合わせてできる人名を答えてください。

(1)□和新山は畑の中に突如出現した火山である。
(2)長万□といえば、駅弁「かにめし」が有名だ。
(3)旧国鉄広尾線には「幸□」という名の駅があった。
(4)□達市は気候が温暖で「北の湘南」と呼ばれている。

音更の「小さな鉄道博物館」

昨日思い立って、雑誌で知った「小さな鉄道博物館」に行ってきました。

音更町の穂積規さんが今年2月にオープンさせた小さな私設博物館です。

道内はもとより全国から鉄道ファンが訪れるそうですヨ。

住宅地の中にあります

カーナビを使ったけれど、ちょっと迷って周りを一巡。

穂積さんが笑顔で出迎えてくれました。

IMG_4923

鉄道模型のジオラマが部屋いっぱいに。

(列車は寄付100円で自分で動かすことができます)

オープン時にはレールしか無かったのに、線路のまわりにビルが立ち並び

IMG_4922

山やトンネルもあって、細かなところまでとてもリアルに作られています。

まだまだ未完成で、 常連のファンがジオラマを作り足しに来るのだとか。

ダルマストーブがかわいい

実際に使われていた列車の座席。

昔の列車ではダルマストーブで暖を取っていたそうですが

実物を見るのは初めて。

IMG_4925

トッキュウジャーも飾られていました♪

鉄道に関するあらゆるものが展示されています。

素人には「???』なものもたくさんありますが

穂積さんが丁寧に説明してくださいました。

鉄道愛に満ちあふれていることが伝わってきます。

豊富な知識に脱帽!!

IMG_4929

ここには平成18年に廃止されたふるさと銀河線のコレクションがたくさんあります。

IMG_4946

部屋の隅から隅まで、所狭しと展示されているグッズ。

IMG_4952

 

IMG_4959

マシンで日時を刻印し入札鋏でキップを切る体験もさせてもらいました。

うれしいプレゼントです♪

IMG_4965

雑誌「鉄道ファン」で何ページにも渡って銀河線の写真が掲載されたことがある穂積さん。

10年以上撮り続けた写真には季節感のある絶妙なカットがたくさんあります。

好きな写真を1枚どうぞと言っていただいたので

置戸の秋のカラマツをバックにした銀河鉄道999のラッピング列車の写真をいただきました。

IMG_4962

鉄道以外の骨董品も。

ペコちゃん人形や初代ガンダムの貴重なプラモデルの箱も積まれていました。

骨董品の収集もお好きなようです。

 

入場無料で申し訳ないほど、楽しませていただきました。

 

「小さな鉄道博物館」音更町柳町南区12-7 電話0155-31-8071

開館日&時間/日曜10:00〜18:00(月〜土曜は予約制19:00〜21:00)