Archive for category 日常のつぶやき

明るい介護〜第6回〜とペヤング

おはようございます千葉(有美)です。

千葉もとうもう梅雨入りしました。癖毛の私にとっては
いや〜な季節です。早く夏来ないかな…。

さて、今日は明るい介護の第6回〜「義母のデイサービスに通う」です。

絶対おかしい…と思って診察を受けるように義妹に言い続けて

4年くらい経つのかな。認定調査受けるまでに2年。介護認定受けてサービス受けるまでに2年半くらいかな。

そんな長い前置きを経て、やっとサービスを受けることとなったお話です。

****

義父の葬儀が終わり、さてどうしましょうか…
物で溢れた家の中では、義母、義妹、主人がやれやれといった雰囲気。

そんな中でも、義母と主人の扇風機止める、付けるの攻防は続き、

何気にこれはひとときの「平和」だと私は思った。

義妹と主人は初七日まで義母と一緒にいられる時間をとってある。私は入院前の最終検査が予定としてあったので

では!と、帰ります。

その前に…

さすがに、言いました。

「あのね、貴方達(主人と義妹)は、あと数日しか居られないんだよね?仕事があるものね。

お義母さんの生活どうするの?このまま1人にして帰れるの?」

主人は群馬、義妹は東京、帰らなくてはいけない。そんなことはわかっているのだろうけど

何をどうしたらいいのかわからないのだろう。

「今日、平日だから直ぐに市役所の福祉高齢課に電話して」と、指示を出し連絡しようとしていたら、

義父の死亡届まだ提出してないのによくわかったこと!2月に認定調査をしてくれた

福祉課の方から主人の携帯に電話がきた。

「介護認定受けてから、サービス受けてないけど、その後、お父さんとお母さんは元気にしてますか?」と。

実は…と、義父が亡くなって今、帰省してる旨伝え、義母が1人の生活になることと、それに際して直ぐに介護サービスを受けたいと伝えた。

待ったなし状態を察して、直ぐに義母に必要な「見守り」をメインに通所介護施設(デイサービス)を緊急を要するという

扱いで、自宅から歩いても15分くらいのデイサービスに週3日(月、火、木)通う事にした。

今までは義父がいてケンカしながらも、何とか(多分)食事も作って(私が思うに義父が殆ど作っていたと思う)いたけれど、

これから義母が1人で、どこまで何を出来るのかを見極めていかなくてはいけない。

義母は自分が認知症だと思っていない。
義母は何でも自分でできてると思っている。
心配だから行ってくれ!こんな子供達の気持ちなんて察してもくれない。

そう思っている義母をいろいろ考えた上、主人は、「デイサービスで詩吟の先生として来てもらって、

詩吟を歌って皆んなに教えてもらいたいんだって」と、義母に説明した。

初日のデイサービスに行くこと(お迎えに来)を見守る事なく、2人は東京、群馬と戻ってきた。

本人から早速、主人達に電話が来た。

もう当然お冠です。

「詩吟の先生に来てくれって言うから行ってやったのに何なの!やれ風呂入れだの体操しろだの、年寄りばっかりの集まりでやんなる!」と

とても元気な義母。

おいおい、貴女も立派な年寄りよ…と、心で呟く私(あくまでも個人の義母に対する感想です。)おさらい、義母は80歳です。

激怒している義母の電話の相手をなんとかこなす、そして翌日もデイサービスのお迎えは来ます。そして怒って電話くる。

毎週月、火、木曜とお迎え来ることは伝えても覚えてられないので、義母にとっては

唐突に朝、見知らぬ人が迎えに来て、おそらく身支度も出来ていない中、声かけされ連れて行かれる。

そして、夜には義母の様子を心配して電話する。激怒する義母の文句を「傾聴」する。

この繰り返しをしながら、こうして、義母の介護サービスを受ける生活が始まった。

因みに、義母はそこそこの詩吟の先生をしており、このあたりの管轄の副会長何ぞという役所にもなっていたため、

まあ、気位が高く。「詩吟を教えられる=認知症になるわけがない」だそうです(義母談)。

義母の詩吟の会は、義母が通うデイサービス等、この界隈のボランティアとして無料で教えに行きますよー的な

自治体の広報誌にも載っていて、本人が連絡先にもなっている。

福祉課の方が持参して介護サービスの種類や

外部ボランティア等が情報として、私たち家へ最初にくれた介護の入口誌。

「私が介護施設に伺い、皆さんのために吟じます!」な人が、「通う人」になってしまいました。

悲しいかなコレが現実。

毎日、私たち3人は遠方より、義母に連絡をこまめにとり、私はデイサービスの管理者に義母の様子を常に確認しました。

突然始まった義母の一人暮らし、突然のデイサービス。

何とかデイサービスと契約したからと、あとはお任せ!そんなことにはなりません。

とりあえずは、何とか買い物して何か食べてるようだ…と、確認。あくまでも本人談。

わかってはいたけど、本人談は信用してはいけない…

不安を抱えながらも、いっぺんに認知症のあれこれを義母の今後を想定して2人に言っても

家族は受け入れられないだろうし、義母はもちろんのこと、問題の義妹の様子見することに。

次、帰省したのは義父の四十九日法要の時です。

もう、この時点で何か肩に背負った感…

確か、主人は私に「親の介護はさせないから」と約束して一緒になったはず…

続く

***

先日、東京の息子にご飯作って差し入れに行った時、

こんな毒が置いてあった。3週間前に顔出した時には無かった。会社の人がくれたとか!

思わず「うちの息子殺す気か!」と、私の作ったご飯と交換して持ち帰りました。

持ち帰ったにはいいけれど、コレどうしましょうか…。

感謝!30万人ご訪問

こんにちは。土曜日(さ)です。

昨日の昼下がり、当ブログをチェックしたら、

合計訪問者数が 300,012 になっていました。

ついに30万を超えました。

少し前から編集部内で「もうすぐ30万だね」と

言っていたのですが、ジャスト30万は見逃し…(残念)

あまりの猛暑に調子狂っちゃったかなー。

昨日は、北見最高気温34・5度。

美幌町の34.6度(秋田県横手市と並んで日本一)に

惜しくも(?)抜かれ、2位になりました。

今日は涼しくなりましたが、風が強くて怖いです。

* * *

思えば、みんとブログが始まったのは2010年11月18日。

今年は11年目に入っています。

どうしん情報紙「みんと」ブログ、はじまります

 

私は初め金曜日の担当でした。

一番思い出深いのは2011年3月11日のもの。

 

北見トンネルを求めて

これは未明にアップしたのですが、

その日の午後、東日本大震災が起きたのでした。

その時を境に、すっかり世界が変わりました。

今読み返しても、北見トンネルを探しに、

ご近所ツアーで喜んでいる自分が

この後何が起きるかも知らずに、のんきだなあと思います。

人生、そういうもんですよね。

上り坂、下り坂、マサカ!

未来は「一寸先は闇」です。

あらためて30万という数字に感謝し、

今現在の平穏に感謝したいと思います。

 

【わが家の庭のオダマキ】

オダマキ

 

 

 

 

 

 

 

北見市ほか1市7町に配布 みんと6月11日(金)号を発行しました

こんにちは、(榛)です。

いやー、暑いですね!33度ですか?

マスクの中はもっと温度が高い気がします。

密にならない場所では時々マスクを外すなどして、

熱中症にはくれぐれも気をつけていきましょう。

コンビニで買った「はちみつレモン」水がおいしいこと^^

 

さて、今週号は、

La joie de vivire オホーツクで輝く女性にスポットを当てるコーナーが表紙。

あの、話題のパン屋さんです。

北野えるかさんによる「風便り」にはちょっと笑ってしまいました。

逆の立場・・・なるほど(笑)

 

 

イオンシネマ北見のマネージャーによる「今週の映画!」は「キャラクター」。

セカオワのFukaseくんが、映画初挑戦ということでも話題ですが

マネージャーが特に注目したいのが松田洋治さんとか。

この方、たしか子役時代から活躍されていて、息の長い俳優ですよね。

目の付け所がさすが、映画作品をたくさん見ているマネージャーですね。

 

 

 

 

今週もみんとをよろしくお願いいたします。

 

夏の花

 

去年の今頃、ご近所さんからいただいたお花♪

 

明るい介護第6回 〜喪主の専属介護要員〜

こんにちは、千葉(有美)です。

今日は、明るい介護、葬儀の時のお話です。

義父の葬儀の準備を夫と義妹と3人で進める。

義母は何も考えることが出来ない。

サイドボードの上に飾られた置き物のように座って

大人しく私たちの様子を眺めている。または、まったく関係のない話題を繰り返す。

ほぼ、会話の相手は私。義母の時間を尊重する。

そうすることで義母が不安にならない。よって、まわりが仕事が捗る。

健常なら気になると思うけれど、義母は自分の夫が亡くなって、その夫の葬儀のために、

私たちが帰ってきてることも理解できていないようだ。

義父のお通夜の日は朝から忙しい。

自分のことで意外といっぱいなのに、ここにプラスアルファ義母のことを気にしないといけない。

「物」で溢れている家は「欲しい物」が何処にあるのか、いや、私の表現では「埋もれている」かが、わからない。

「物」で溢れていない家に住んでいる私には、この家で「探す?」正しくは「発掘」するのは至難の業である。

さすがの義妹は、2階の義母の部屋へ喪服を探しに行き、しっかりと見つけてくる。

私には無理だ…。

あの部屋での、喪服の発掘調査は、私が昔観た「川口隊長が出てくる水曜スペシャル」で、

黄金の大蛇を探しに行くレベル。

あっ、あの番組いつも「見つけたいもの」見つからない番組だった(個人の感想です)。

なので、義妹は川口隊長レベルを超えた「発掘王」うーん、レジェンドレベルです。

と、喪服を発掘してきたのはいいけれど、いつが最後に袖を通したのか、2、3着ある喪服、

全てガバガバのユルユル。

何よりも、「これにコレでいいのかい?」と、自分で選んで着ることが出来ず、

肌着が襟口から見えてることも、寒いと履いてる長パンツの上にもこもこパンストを履く。

待って待って!どうしても寒いなら、長パンツ履いてもいいから長いスカートにしよう」、

因みに去年の8月頭、真夏です。

着替えさせたら、今度はバッグ。「今、ここに出してきてあったよね?」

ちょっと目を離すとしまい込む。いやそれこそ「隠す」のです。

バッグも何とか探し出し、この段階ですでに汗だく。

肝心なことは、何も自分で出来ないでいるけれど、

性格も合わさり「こだわり」と言うか「頑固」が過ぎて大変。上にも書いた通り、

真夏なのに、長パンツ、長袖肌着でいるし、1番困るのが窓を開けたがらない。扇風機を回すとすぐ止める。

最も暑がりの夫は、「何で窓開けないの?」「何で回したら直ぐ止めるの扇風機ー!」と

忙しい、暑い、話が噛み合わない…で、イライラは絶頂にきている。

そんな中、お寺さんを迎えて家でする義父へのいろいろを終わらせやっと葬儀場へ。

私たち健常者は、義父が亡くなったことも、今、葬儀だということも、きちんと時系列追って理解しているけれど、

義母は何だか、ほわんとしてます。周りで何が起こっていても、義母には義母だけの時間が流れている。

葬儀という忙しいタイムスケジュールをこなすには、認知症の義母にとって、細かな声かけが必要です。

何にどれくらい時間がかかるか想定して逆算して身支度等の声かけしていく。

声かけする方も、される本人も時間が無いと強い語気になりがち、そのせいで不穏になる。

今と過去が行ったり来たり、会話にもならず、それ以降の行動がスムーズに出来なかったりする。

逆を言えば、お互いが気持ちよく行動を共にするには、傾聴と少しの気遣いの声かけを上手にすること。

簡単なようです難しいんですけれどね。

そう、難しい。そして私以外の家族は身内に認知症の方々いなかったので、

義母の認知症をまだ受け入れられていないから余計だ。

葬儀の事務仕事してる方が楽なので、夫も義妹も義母を私に任せる。

私が介護の仕事経験あるから、安心して任せるようだ。

「いつまで、ほとんどの介護を私に任せるつもりですか?」(私の心の声)

翌日の火葬場でも、お骨になった知らせがあり場内のスロープを歩く際「お義母さん、大丈夫?」と、声かけると、

義母は元気にこう答えました。

「大丈夫!私はゴマちゃん(昔飼ってた犬)の散歩のおかげで足腰丈夫なんだから!」と。

いやいやいや、私の意図した「大丈夫?」の声かけはそうじゃなくて

「気を落とさないでね」の意味合いね。

なんか、心配いらんかったこの人には…と思った瞬間でした。

あっ、「冷たい嫁」。

「心配いらなかった」なんてね。うーん、でも夫婦仲とても悪かったので、本当に「義父の死」より

「自身の足腰の丈夫さアピール」の話の方が重要だったのかもしれないと思いました。

その義母の義父への印象は、今も変わらない気がします。それくらい「お互いへの悪口」が凄かったからね。

と、火葬場行く前の朝のご飯食べさせて、洗面させて、髪の毛とかして、喪主らしい容姿に嫁がお世話して、事務的な葬儀の仕事は夫と義妹。

完全に私、専属介護職員…

普通、葬儀の嫁仕事って別にあるよね?

ただの介護要員…

今まであまり夫の実家に寄り付くことなく、今回から改めて義母と距離が縮まると、

人と成りがよくわかってきます。

この義母の性格等わかった上でのこれから本格的に始まる義母の介護は

想像しただけでも憂鬱で、私の中では「どうしよーどうしよー」しかありませんでした。

そんな私の心配はよそに、夫と義妹は葬儀が終わったことで、全てが終わったような様子。

私の中では、まだ喪服を脱ぐ前から、義母が1人で安心して暮らせるためには何が必要なのか?

それを考えるだけでいっぱい。

申し訳ないと思ったが、亡くなった義父のことでいつまでも悲しんでいられなかった。

次回へ続く

さて、おまけ。

お通夜の夜、葬祭場でお泊まりする部屋に、棺桶もあります。

いくら可愛い娘だから許してくれるとは言え、

義妹、棺桶に上に自分の仕事パソコンを置いていた…絶句 まさにパソコン机…

うーん、こんな日くらい、パソコン置いてこいよ…と思うのは私だけでしょうか…?


週末、夫の前橋へ

今日あたりは前橋30度とか天気予報で言ってましたが、私が行ってた日も暑かったー。

お前橋家の隣のカフェで「カジキマグロのガーリックバターソテー」いただきました。

美味しいお料理は心を豊かにしますね。

カシワの新しい葉が出たよ

6月5日土曜日(さ)です。

昨日は凄い風でしたね。

網走・北見・佐呂間などに暴風警報。

怖くて家の周りの物を玄関に入れました。

風でポリ袋など小さい物が飛んでいましたが、

柏の枯れ葉がほとんど飛んでこなくなった感じです。

柏の落ち葉には春になっても悩まされましたよね。

 

柏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは5月下旬、近くの公園でとった写真です。

カシワ(柏)の新しい葉が出てきています。

 

柏アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯れた落ち葉の茶色くてガサガサした感じとは程遠い姿。

触ると、やわらかくてフワフワした感じ。

カシワは柏餅を包むのに用いられますが、

縁起物なんですよね。

新芽が出るまで古い葉が落ちないという特性から

「代が途切れない」と。

家紋などにも使われています。

本当に、新芽が出るまで落ちないのかどうかは分かりません。

秋から春にかけてずっと飛んできて、家の周りに

たまっていましたので。

ところで、鶏肉のことを「カシワ」と呼ぶことがありますが、

地鶏の羽の色がカシワの紅葉の色に似ているからだそうです。

* * *

昨日6月4日から1週間、「歯と口の健康週間」ですね。

かつて「6(む)月4(し)日」が「虫歯予防デー」だった

ということで。

かつてというのは昭和初期のこと。

でも、今でも「虫歯予防デー」という言葉は

幼稚園や保育園のイベントなどで生き続けています。

やっぱり分かりやすいからですよね。

実は今、奥歯が痛くて、いまいち元気が出ません。

カリントウ系の硬いお菓子を食べたせいかも?

皆さんも歯の健康には気を付けてねー。

ちょっと一息

こんにちは、千葉(有美)です!

先週、予告した「明るい介護」は、次回へ。

仕事の介護から身内の介護のあれやこれや、思うこと伝えたいこと

書いたは良いけど、なんか「何を伝えたい」のかわからない文章になるという

お粗末な展開につき、ちょっともう少しまとめてから

追ってアップすることにします。

* * * *

先日、新聞を読んでいたら、学力テスト(6年生、中3だっけ?)の問題と答えが掲載されてました。

何気にやってみたのです。

小6国語と算数。国語は、まあよく読んだら解けるよねと、若干の余裕を見せた書き方しておりますが、

算数って、こんな難しかったっけー?小学生こんな勉強してるの?

中3問題においては、これはねー私だったら登校拒否だな…と

思うほど難しいのよ。

息子と対峙しながら中3数学を解く。

時間かかって問題に取り組み、「これはねー直ぐ解けたらダメなの。

考える時間かかればかかるほど、脳の血流がよくなって

脳トレとしていいのよ」と、すでに「学力調べる」ということが
目的ではなく「認知症防止の脳トレ」と化してます。

そうなんですよね。

ちょっと介護話しですが、よく施設で計算問題や漢字の書き取り等、人生の先輩からみたら

子供のすることだ!と嫌うかた多いのですが、これを素直に受け入れ

日々「脳」の血流をよくすることが、認知症予防にいいのです。

これは、歳をとってからではなく、若いうちから行うことが肝要とされています。

と、この話から、ぐわ〜っと思うところ書きたくなるけれど、その話はまた別の機会に。

* * * *

そして、いつかの朝ごはんと、いつかの家政婦は見た的なムッちゃんです。

ご飯とムッちゃんが私の癒しです。

竹森さんのコラムとオホーツク北見塩やきそば

こんばんは!5月最後の日曜日が終わろうとしています。

あさってから6月だというのにこの寒さ…もちろん、ストーブON!

明日はもっと寒くて最高気温が一桁の予報です。ホントに6月になるの?

 

アップダウンの竹森巧さんのコラム、更新しました。

今回は、新型コロナウイルス感染に関する話題です。

右のバナーをクリックすると見られますので、ぜひ、どうぞ!

 

話は変わって…28日号のみんとに掲載された(株)ツムラさんの

「オホーツク北見塩やきそば」、作ってみました。

 

 

パッケージはこんな感じです。

蒸し麺と特製ソース、そして割り箸が

各2セット入っています。

具材として用意したのは、もちろん玉ねぎ。

今が旬のグリーンアスパラ、そしてニンジンと

シメジを用意しました。

 

 

 

 

 

 

具材を炒めてからいったん取り出して

同じフライパンで麺を炒めます。

この時、柔らかめの麺が好きな方はお水を。

麺に火が通ったら具材を戻して、

特製ソースを入れます(写真)。

結構大きなホタテの貝柱が入っていました!

それを軽く絡めてできあがり~。

 

 

 

 

 

お皿にとって専用のお箸を添えて出来上がり。

ホタテの風味がしっかりとして、

お店の味とほとんど変わりがありませんでした。

ぜひ、食べてみてくださいね。

購入は、TUMUGU Labo(ツムグラボ)および

ホームページ(「北見 ツムラ」で検索)から。

「(株)ツムラ」北見市豊地26番地26、

℡0157-36-3181、営業時間9時~17時、

土曜は13時、日曜定休

「TUMUGU Labo 」10時~16時、土・日曜、祝日定休

 

 

最後はやっぱりこの話題。

北海道コンサドーレ札幌、勝ちました!

昨日、アウェイで柏レイソルと戦って2-1で勝利!

今年のアウェイのユニフォームは2パターンあって、昨日は黒でした。

これがカッコいいんですよね~。

順位も11位にアップ!リーグ戦はしばらくお休みですが、

カップ戦と天皇杯予選があるので、頑張ってくれることでしょう!

オホーツクからも応援しているよ~!

「貼るマスク」を試してみました

5月最後の土曜日、(さ)です。

緊急事態宣言が延長になりましたね。

今度は6月20日まで。

毎日夕方5時に北海道が新型コロナ感染者数を、

振興局別に速報するので、PCでチェックしますが、

本日は、オホーツク管内はゼロでした。

(しばらく時間がたつと、少し詳しく出ますが、

非公表が多いので、あまり情報は増えません)

このところ多くて心配していたので、

どうぞこのまま…という気持ちです。

先月、図書館から本を借りたので、

北見図書館HPをチェックしたら、

返却期限が6月29日まで延長になっていました。

6月20日までに返却期限が来る方、

あわてて返却に行く必要はありませんよ。

***

今日は「貼るマスク」を紹介します。

張るマスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紐がなくて、両面テープで頬にくっけるタイプです。

美容院で重宝します。

私が行っている美容院では、今年になったあたりから

お客もマスクをするようになりました。

東京の娘は、昨年コロナが流行り始めたころから

「お客もマスク」だと言っていましたが、

お店によってまちまちですね。

耳の周りをカットするとき、

美容師さんがすごくやりにくそうなので、

思い切ってこれを買ってみたんです。

確かトドックで買ったのですが、

3月ごろ、5枚入りで1000円くらいしました。

私にしては、かなり思い切りました。

節約もしたいんですが、どうしても試してみたい性格なんです。

この「試してみたい」で浪費が……(泣)

いまチェックすると、アマゾン・楽天とも送料込みで

600円台です。

普通のマスクよりスカスカする感じがありますが、

テープの所がかゆくなるなどはありませんでした。

(私の場合ですが)

上から毛が入ったりするので、

終わったら即はずして捨てました。

大量に入っているものは割安なので、

「美容院で買ってサービスしてくれるといいんだけどなー」

と心の中で言ってみましたが……(笑)

不織布マスクを加工して、自分で作るのもいいでしょうね。

***

昨日、ネットで出てくるマスクの広告で、

鈴木知事にそっくりな人がマスクをしている画像がありました。

いま確認しようとしても、ネット広告なんて一期一会なので、

出てくるわけないんですが、見た人いないかな?

鈴木知事なわけないでしょうから、

そっくりさんなんでしょうねー。

ではまた。

北見市ほか1市7町に配布 みんと5月28日(金)号を発行しました

こんにちは、(榛)です。

5月最後の週末。

まるで「梅雨入り」のような雨模様の北見です。

北海道は梅雨がないのが良い所じゃなかったんかい!

と空に文句を言う金曜日。

今週5/28号も無事発行いたしました。

 

 

緊急事態宣言?、それならこちらも緊急企画じゃい!

というおかしな意気込み(さっきから口が悪いですね)で組んだ特集は「ちょっと贅沢なお弁当」。

北見市内の人気店のテイクアウト弁当をご紹介しています!

どのお店も味に定評があるところばかり。

この機会におうちでちょっと贅沢に過ごすのもいいかもしれませんね。

 

 

牛タンソルトエイジング弁当

 

 

 

 

 

 

私はタンdeボラーチョさんの「ソルトエイジング牛タン弁当」をさっそく購入。

これこれ、この味!と、お店の味を思い出しながらおいしくいただきました。

 

お店で気兼ねなくおいしいワインと一緒に飲み食いできる日が早く来ないかな~

女子会がしたい(おしゃべりしたい)です。

 

 

そのほか、今回も目のつけどころが素晴らしい!井内法子さんのコラム、

月末恒例の「クイズ☆ランド」などを掲載しています。

 

今週末もお手元にみんとを。

よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

皆既月食とコンサドーレのゲーム

こんばんは!水曜です。そして、皆既月食です。

少しずつ欠け始めた月が20時過ぎからすっぽりと隠れ、

赤銅色というか青白く見えました。

今は少しずつ元に戻り始めています。

写真を撮ろうと頑張ったんですが…(涙)。

月食や日食を見る度に、宇宙の不思議を実感します。

次に皆既月食が日本で見られるのは2033年だとか。

その頃は…。

とりあえず、今夜、じっくり見られたので、よかったです。

 

なんとか撮れた一枚。

上の方が少しだけ明るいです。

やっぱ星を撮るのは難しい。

 

 

 

 

 

 

 

そして、今夜は北海道コンサドーレ札幌のゲームもありました。

相手は現在3位と好調のサガン鳥栖。

後半、菅のゴールで先制!と思ったのですが、

それがオフサイドで、取り消しに…。なんで〜!

何度も攻め込んで決定機も多く、すごくいい試合でしたが、

残念ながら決勝点を決められず、0-0のスコアレスドロー。

勝ち点1を分け合いました。

日曜日の清水戦に続き連勝を期待していましたが、

まあ、ヨシとしましょう!(上から目線?)

がんばれ!北海道コンサドーレ札幌!