Archive for category 日常のつぶやき

今年も始まりました!

今日もたくさん雪が降りましたね。

でも、今年の札幌は北見以上に雪が多いみたいですね。

そんな中、今年も始まりました~!

何がって?それは、もちろんコンサドーレ札幌ですよ~!

昨シーズン終了後には、キャプテンだった石川をはじめ、コンサの生え抜き、

私のめんこちゃん(?)だった、藤田征也、そして西嶋などが移籍を発表…

どど~んと落ち込みましたが、ゴン中山の残留も決まり、

新入団選手や新外国人選手も次々にきまり、

そして、先日16日(日)には、札幌ドームで「お披露目イベント」が行われました。

http://www.consadole-sapporo.jp/news/diary.cgi?no=2730

 

札幌ドームには5000人のサポーターが集まったそうです。

私も行きたかったよ~。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/consadole/268815.html

 

開幕まであと1ヵ月半…今年はどんなチームになるのか楽しみです。

さ、私も準備を始めなくちゃ~って何の?(笑)

B級グルメせんべい汁

あちこちで大雪が降る中、今日も洗濯日和の地、

静岡に住む(有美)でございます。

さて、本日はちょっと我が家のご飯を紹介します。

こう毎日毎日寒いと(こう言うと、(ぷう)に怒られますが…)、

我が家の食卓によくあがるものが具材が豊富な汁物。

定番の豚汁は基より、あら汁やすいとんなど、あとちょっとおかずを作ればいいや!的な

汁物が多くなります(手抜きとも言う)。

と、いうことで本日の食卓にはコレ!

青森県八戸市の「せんべい汁」。B級グルメの大会でも毎年上位のお料理です。

(ぷう)の日記にも書いてありましたが、去年の秋に恐山へ行き、

山ほど、せんべい汁用のせんべいを購入してきました。

それをちょいちょい食卓に出してはホッ♪温まっております。

鶏肉、ごぼう、にんじん、大根、こんにゃく、白菜などなどのしょう油ベースのお汁です。

これに、せんべいを割りいれ5分ほどことこと煮ればできあがりです。

せんべ汁に入れる、せんべいは、南部せんべい。といっても、東方南部地方の

南部せんべい(ゴマ&ピーナッツ)の菓子用ではなく、汁物用に作られた味をつけて

いないものを使います。

まぁ、小麦粉で作られたおせんべいなので、すいとんとあまり変わらないかもしれませんね。

そうはいっても、しょう油&ごぼうを使ったお汁は、とってもおいしくて私にとってのご馳走!

と、他県のグルメを紹介していますが、私の住む富士宮もB級グルメで

だいぶ知られる存在になりました。

ご存知でしょうかね~「富士宮焼きそば」。第一回B級グルメで優勝し、昨年より

殿堂入りしたとかしないとか…なので、もう順位はついてまわりません。

だからなのか、さきほどテレビのローカルニュースで焼きそばに続くグルメ「ギョーTHE 鱒」を

今日、お披露目したとか…。ここ富士宮は鱒の養殖にも力を入れていて、なにやらこの

お料理は、お茶の葉を練りこんだ皮に、鱒の魚肉であんを作った餃子らしいです。

怪しい感じがすでに漂っていますが、私の口に入る日が来たら、改めて紹介したいと思います。

と、いうことでご当地グルメは各地でいろいろと開発されていますが、北見の塩焼きそばは

昨年のB級グルメでいいとこまでいってましたね~。初参戦でここまでやるか~!と

鼻高々♪   でも、私はまだ食べたことがない…今度、北見に帰ったときの楽しみにしておこう!

指あみでマフラーとシュシュ

こんばんは。

月曜日担当の(みぃ)です。

すっかり書き込みが遅くなってしまいましたcoldsweats02

 

長かった冬休みもようやく終わりですね。

一日中賑やかだった我が家も、明日からは静かになりそうです。

この冬休み、娘たちがはまっていたのが「指あみ」。

かぎ針などを使わずに、自分の指を棒代わりにして編み物をするのですが、

とっても簡単で幼稚園児でも編めてしまうお手軽さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、小1の娘が幼稚園時代に作ったものを真似て作ったマフラー。

指あみで1.5mほど編んだものを三つ編みにして最後にポンポンを付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらの写真は幼稚園児の娘が作ったシュシュ。

20cmほどの指あみをただ輪っかにしただけですが、使用した毛糸がふわふわだったので、

これだけで十分かわいく仕上がりました。

このシュシュだと15分ぐらいでできてしまいます。

 

どちらも、ほぼ子供の力でできるので、親はちょっと手助けするだけ。

工夫次第でエコたわしやバッグなどもできそうです。

指先を動かす作業は脳にも良さそうだし、冬の工作にはピッタリ。

もちろん、小1の娘はこれを冬休みの自由工作にしましたhappy01

作り方は、ネットで「指あみ」で検索すれば簡単に見つかりますよnote

あたらしい みかんのむきかた

みかんのむきかたに挑戦している(じ)です。

わたしにとっては、ターバン野口以来のインパクトだったんですけど・・・

先日、書店へ走りcar

「あたらしいみかんのむきかた」を買ってきました。

まずは本のはじめに載っている「うさぎ」に挑戦。

「うさぎ」にむいたよ。片耳がちぎれちゃった

 

あれれsweat02

あまりうまくむけなかったsad

問題は、むいたみかんを誰が食べるのかってことだけど・・・(もちろん、夫が食べる)

それに今年のみかんは値が高いannoy

 

この本の著者、岡田好弘さんはなんと札幌在住なんですって。

C.N.BLUE に会ってきました!

今日はセンター試験2日目…受験生のみなさん、あと少しです。がんばって!

日曜担当の(ぷう)です。今日はちょっと長めの日記です。

前の日記にあったように、12日(水)から14日(金)まで、名古屋に行ってきました。

何をしに行ったか…というと、タイトルにもある「C.N.BLUE」というバンドのライブのため~。

「C.N.BLUE」といってもご存知の方はあまりいませんよね。

彼らは、平均年齢20歳の韓国のバンドです。ツインギター&ボーカル、ベース、ドラムの4ピース。

昨年のみんとのDVD・本・CDコーナーでも紹介したことのあるインディースのバンドです。

曲はほとんどが英語で、日本語の曲も少しずつ増えてきました。

リーダーのヨンファのパワフルな声とジョンヒョンの繊細な声のバランスがよく、

ベースとドラムはj十代ながら、しっかりとした技術を持っています。

その上、平均身長182センチ&み~んなイケメン!(ポイント高し!)

リーダーのヨンファは、先日紹介した韓国ドラマ「美男(イケメン)ですね」のシヌ役を

していた…といえば、おわかりの方もいるかもしれませんね。

このバンド、一昨年の夏から半年ほど、バンドの武者修行のために日本(東京)に滞在。

路上ライブやライブハウスなどで、すこしずつ経験を積んで、昨年1月に韓国でデビュー。

バンド文化のあまりない韓国で注目され、チャートでも上位に…。

同時に日本でもCDを発表し、何度かライブツアーを行ってきました。

その度に申し込んでいたのですが、ことごとく玉砕…今回、初めての生「C.N.BLUE」となりました。

 

いや~、楽しかった~!

久しぶりのライブ、それもライブハウス「ZEPP NAGOYA」。

2時間半のスタンディングはちょっとつらかったけど、よい場所を確保できたので

お目当てのベースのジョンシンとヨンファを、ほとんど等身大で見ることができました。

演奏も上手くて、ジャンプしたり、拍手したりと思いいきり乗って、バラードにはうっとり…

おかげで、2日後の昨日、ふくらはぎが痛かった~2日ごと言うのが悲しいけど…。

興味のある方は、ぜひ聴いてみてくださいね。

名古屋と言えば、はずせない名物がありますね。

それは、東方神起もC.N.BLUEのメンバーも大好きな「ひつまぶし」。

確か(有美)はこれが食べたくて、有名店まで行ったことがあるはず。

実は、私はうなぎが苦手なので、食べられないのですが、今回は友人におつき合いしてお店に行ってきました。

元祖ひつまぶしのお店「あつた蓬莱軒」。本店まで行く時間がなかったので

栄の松坂屋にある支店へ…平日の13時ごろ着いたのに、お店の前は行列…20人くらい待っていました。

30分ほど待って店内へ。友人はもちろん「ひつまぶし」2750円、私1人「天ぷらご飯」(苦笑)

1膳目はそのまま、2膳目は薬味をまぶして、3膳目はお出汁をかけてお茶漬けで…

というふうに食べるのがルールなののですが、女性にはつらかったみたいでご飯を残していました。

名古屋と言えば、他にも「天むす」「みそかつ」「手羽先」「きしめん」「みそ煮込みうどん」「台湾ラーメン」などなど

名物がたくさんあったのですが、時間が足りなくてほとんど食べられませんでした。

次に行った時は、もっと名古屋を楽しんで来たいと思いま~す。(また行くつもり?)

テレビ見てる?web版 「江」

 sunおはようございます。(榛)です。

 みんとでは「テレビ見てる?」のコーナーも担当しています。
昔からのテレビっ子(何歳だろうと、“子”ですから。あしからず)で、

ドラマやお笑い、バラエティーなどが特に好き。

みんとに入ってからも、見た番組につっこみを入れてうるさく語る私を見て(見かねて?)、

(じ)がコーナーを始めたら?と勧めてくれたのがこのコーナーができたきっかけです。

 

実は私、ドラマにしてもバラエティーにしても、その内容以上に、

出演する芸能人のしぐさや、服装、セットの家具や小道具、ロケ地などをチェックするのが好きです。
たぶん、私にとってテレビは「トレンド」を探るアイテムのひとつなのかも。

と、ただのテレビっ子もそういう理由をつけてみたらちょっとは許されるかなと(笑)smile

 

気になるタイトル、新番組はとりあえず録画して、深夜に見ていますよ。
なのでテレビのHHDの整理が追いつかず大変です!

さて、1月からの新ドラマもいろいろ始まりましたね。

 

まずは、大河ドラマ「江」。
第1話は、江の両親(時任三郎、鈴木保奈美)の出会いから、江が生まれるあたりまでが話の中心でした。
正直、話の内容よりも、

時任三郎と鈴木保奈美に「懐かしい~~up」という感情が先に立ってしまいませんでしたか?
特に鈴木保奈美!
復帰していたとは知りませんでした。

その演技にはブランクも感じず、実生活でも母となっているせいか、

強さも加わり、けど見た目はきれいなままで。

大河はキャスト決めが早めだから、出演が決まってから相当努力したのかな~。

それにしてもあの二人のシーンは、なんだか「トレンディードラマ」を見ているような気がしたのは私だけでしょうか?

「カンチ!」とは聞こえてきませんでしたが(笑)happy01

(カンチは今や外交官ですしねflair

時任三郎は、最近、あの「ふぞろいapple」の“その後”みたいなCMにも出ていますしね。

懐かしさということでは回想シーンに合っているということかな?

 

 

 

銀色の道

金曜担当の(さ)です。

昭和を代表する男声コーラスグループ「ダークダックス」のテナーで、

「パクさん」の愛称で親しまれた高見沢宏(たかみざわ・ひろむ)さんが
 
今月7日、77歳で心不全のため亡くなったそうです。

この訃報に接し、自然と頭の中に流れてきたメロディが…。

それは『銀色の道』でした。

「ダークダックス」の代名詞ともいわれる歌で、

作曲したのは故・宮川泰(みやがわ・ひろし)さん。

ザ・ピーナッツの歌や『宇宙戦艦ヤマト』などたくさんのヒット曲の生みの親であり、

紅白歌合戦の『蛍の光』の指揮者としても記憶に残り、

なおかつ宮川彬良(みやがわ・あきら)さんのお父さん。

彬良さんは『マツケンサンバⅡ』の作曲や、

NHK教育テレビの番組『クインテット』の「アキラさん」としてもおなじみ。

さて、宮川泰さんのお父さんは土木技術者だったそうで、

留萌市で生まれた泰さんは全国を転々とする子供時代だったそうです。

『銀色の道』のベースには、

小学生の頃住んだことのある紋別の鴻之舞鉱山の

専用軌道「鴻紋軌道」(鴻之舞元山 – 紋別間)の光景があるのだとか…。

ちなみに、宮川さんは戦前、ここ北見にも住んでいて、

北見北斗高校の前身である野付牛中学に通っていたようですよ。

その頃、先輩の弾くアコーディオンに憧れ、楽器屋さんへよく見に行ったとか。

『銀色の道』が生まれたのは昭和40年代初め。

当時、小学校高学年か中学生だった私は、

グループサウンズ(ザ・タイガース!ご贔屓はドラムのピー!)に夢中でしたが、

今これを歌ったら、いい歌じゃないですか。

途中で明るく転調するところに、希望が感じられて。

いろいろ調べていたら、

アルフィーの『メリーアン』は、この曲を参考にしたという話も見つけました。

『銀色の道』。この季節の北見にもピッタリ。

遠い遠いはるかな道も、何だか元気よく歩けそうな気がしてきます。
 

明日、帰りま〜す

Image091.jpg

こんばんは、夜中に一人でサッカーを見ている(ぷう)です。

おぉ〜、ゴ〜〜〜〜〜ル!
日本先制です!

私は今、名古屋に来ています。
何をしに来たのか…は、日曜日に〜。

こちらは、梅が開花したそうです。
昼間は10度くらいで、北見の4月半ばのような気候…
さすがに夜は寒かったですが、街は春がいっぱいでした。

明日?今日?のお昼の飛行機で帰ります。
午後2時には、またあの寒さに戻ります(>_<)

サッカーを最後まで見ていたら、寝坊して飛行機に遅れそう…。

でも、気になるよ〜(-_-;)

どうしんネットワーク

(ど)さんのステキな部屋に憧れる、“非”断捨離アンの(なお)です。

 

先日、るーと36編集部でも新年会が行われました。

関係各位のみなさんとスタッフ、総勢26名での楽しい会でした。

るーと新年会

現在るーとの担当をしてくださっている、道新のIさん。

この方、何を隠そう元みんとの担当さんだったんですよ〜。

新年会の時にも「(じ)さん元気かな?編集部は憩いの場だったな〜confident」と

懐かしそうに話して下さいました。

私とはニアミスで、私がみんと編集部に入る少し前に転勤されているので、10年前のことだそう。

それを考えると、みんとの歴史やどうしん情報紙のネットワークを改めて実感しました。

人とのつながりって、こんな風に広がっていくんですねhappy01

 

さっきまで晴れていた

千歳・1月13日

と思ったら

急に雪が降り始めてきました。

冬は天気がコロコロと変わる千歳です。

 

皆様も雪道の転倒には十分ご注意下さいね。

 

 ラガーマンのIさんには、当時とてもお世話になりました。懐かしいです〜!(なお)が北見を離れるのはとても寂しかったですけれど、今もこうやってつながっていられます。皆様に支えられての私たちですね(じ)
     

断捨離のススメ

寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日のブログは、あまりの寒さに電気ストーブの前で寝ていたら

布団をこんがり焦がしてしまった(ど)が担当させていただきます(´Д`;)

イベント続きで賑やかだった年末年始も終わった先日の3連休。
気持ちも財布の中も寂しい状況の中で、
お金をかけずに有意義に時間を使えることを探していると、
雑誌に「断捨離(だんしゃり)のススメ」なる特集がっ!

ということで、巷で話題の「断捨離」に僕も挑戦してみたのでした。

断捨離とは、ヨガの「断行」「捨行」「離行」という思想を応用し、
精神的・物理的な意味で現在の自分にとって不要な物を断ち捨てることで、
物への執着から離れ、身軽で快適な生活を目指すこと 
を意味します。

早速実践してみると、、、元来「捨てること」が苦手な性格もあり、
次から次へと不要なものが…。
なかなか捨てづらい「思い出の品」も今の自分にとって不要なもの
は思い切って処分しました!

2日間に渡る格闘の末、部屋はかなりスッキリに♪(画像参照)

※解説・・・(みんと新年号掲載のユリア先生の占いのアドバイスを参考に

水瓶座幸運のカギとなる銀色(=ミラーボール【画像右上】)&新しい家電(テレビ&加湿器)を設置!!)

同時に、ココロの掃除もすることができ前向きで清々しい気持ちになりました。

やる気さえあれば実行できる「断捨離」オススメです。