Archive for category 日常のつぶやき

歩く・・・

みなさん、おはようございます。
本当に早いもので、今月もあと数日で終わってしまします。
バタバタとしてる間に時間は過ぎてしまいますよねー。

ところで、水曜担当の(ど)が何故木曜の朝早くからアップしているの?
申し訳ございません!
水曜担当の(ど)、アップを忘れていました!楽しみにしている方々、本当に申し訳ございません・・・
((ど)のアップなんて楽しみにしていない、かな…)

で、今日は最近気をつけている事を少々。

北見へ来てから、おいしい焼肉をたくさん食べ、他にもいろいろと食べておりまして…
といった結果、内臓へ脂肪が…
となると妻から、「運動しなさい」「もっと歩きなさい」etcと言われ。。。
歩ける時や距離の時には、出来るだけ歩くようにしています。
確かに、ここへ転勤できてからというもの、車の使用頻度が多くなっているのは事実。
そして食べていりゃー、そりゃ脂肪もつくわ!

でも歩くことで、近所の人や建物など車を運転中には気付かなかった物などが目に飛び込んできて、「ほほー」なんて事も…
いろいろ発見があるのです。

最近雪も結構降り積もり道も悪く歩きにくくなっていますが、みなさんもたまには歩いて「ほほー」や「へぇー」を感じてみませんかー?

それでは、今日も一日頑張りましょう!

サケの街からこんにちは

 

 

たくさん書いたのに、最後のボタンを間違えて、いつもいつも消えてしまう(なお)です。

どうしてどうして〜!?

どこを押すんだっけ〜?

 

というわけで、2度目の書き込みです(泣)

 

このところはいいお天気の千歳。

週末は息子とパパがいなかったので、のんびり歩いて買い物にでかけてみました。

駅まで約20分のみちのり。

途中には千歳川が流れています。

冬の千歳川

夕日がキレイですね〜。

 

ここはサケも遡上してくるほどキレイshineな川です。

街中を流れているのにすごいですよね〜。

近くにはインディアン水車もありまして

インディアン水車

私は観光用だと思っていたら、“マジ漁”でしたwink

道の駅や、川底を覗けるコーナーもある「サケのふるさと館」なども隣接していますよ。

 

また、支笏湖に行く途中にある「さけますセンター」では、ふ化場や生態調査を行っている施設、展示館などもあります。

ここがなかなかおもしろいんですよー。

上から除ける水槽に、ど迫力のサケ(デカイ!)が泳いでいたり、こーんなリアルな

さけ模型1

ガブッ

さけ模型2

模型もあります。

重さもリアルsign03

 

ひとつ、豆知識を

千歳にさけますのふ化放流を広めた人物が『しょこたん』こと中川翔子さんのひいおじいちゃん。

なんでも、日本に初めて養殖技術を持ち込んだ方でもあるそうです。

意外なご縁ですね。

しょこたんも、北海道に来た際には必ず千歳に立ち寄り、「サケのふるさと館」にも足を運ぶそう。

写真やサインもありましたよ。

美味しい鮭を食べられるのも、この方のおかげでございます。

 

サケの生態はまだまだ謎が多いそうですが、調べてみるとなかなかおもしろいんです。

サケにはロマンすら感じてしまいますよ〜。

みなさまも、千歳に起こしの際にはぜひサケのお勉強もしてみて下さいね。

 

 

カーリング♪

みんと主催「親子カーリング体験教室」第一回が、
無事終了しました(^_^)

普段使っていない、いろんな身体の部分がすでに痛い(>_<)ですが、
心地良い汗をかき、参加された皆さんともお話でき、気分はとても爽快です!

ちゃんと朝ご飯食べたのに途中ですごくお腹が減ってきて…(^_^;

家についたとたん、ビール[ビールで乾杯]に手が伸びてしまいました;;(^o^)

午後はお昼寝になりそうですZzz

ああ、至福のひととき♥♥

自動掃除機ルンバ

 

 

金曜担当の(さ)です。

先日、札幌にある夫の実家に行ってきました。

すると、見慣れないモノが…。

ルンバ

初めは体重計かな?と思いました。

次に空気清浄機か加湿器か?と思いました。

ところが…翌朝わかりました。

これはナント!自動掃除機「ルンバ」というものだったのです。

姑(82歳)が、床にあるゴミ箱などをテーブルの上にあげ、

ルンバを床に置いてスイッチを入れると、

クルクル回りながら移動してゴミを吸い込んでいきました。

角は自分で判断して回り、物にぶつかってもうまく避けて、

フローリングのリビングをまんべんなくお掃除しました。

その間25分。

姑はたまったゴミを毎日確認して捨てます。

毎回「掌くらい」のフワフワしたゴミが集まるそうです。

普通の掃除機だと、排気が床のホコリを舞い上げてしまって、

それがまた落ちてくるので、どうしてもスッキリきれいにならないのですが、

ルンバだと排気がどこから出ているのかわかりません。

姑はデパートで実演を見て「これはいい!」と思って買ったのだとか。

私も欲しくなりました。

ルンバにリビングを掃除させてる間に、食器洗いや洗濯ができるのではないかと思って。

しかし、姑いわく、ルンバがお掃除している間、その様子が面白くて、

25分間ついて歩いて見てしまう、というのです。

なるほど~。

私もそうなっちゃうかもしれないな~。

外出する前にスイッチを入れて、留守中にお掃除完了というのも魅力ですが、

ますます運動不足になるかもしれないしな~。

うーん、悩ましい。どうしたものか…。

牡蠣の山見て幸せ感じる!

 昨日をもちまして「永遠の36歳」と家族に宣言いたしました(有美)でございます。
と、書くとまたもや(ぷう)に怒られそうですが…

 そう、昨日は私の誕生日でした。新年はとうに迎えていましたが、これが私の
本当の新しい年の幕開けです!

 年をとるのはあまり嬉しくないのですが、これまで家族円満?家族元気に、
これたのも人の支えあってのこと。感謝感謝の誕生日です。

 年のことはそう触れずにこの日の一番の楽しみは~

そう!「牡蠣!」

ここ数年、夫が誕生日プレゼントに「サロマ湖産の牡蠣」をお取り寄せして
くれるんですね~。(牡蠣の他に、先日どこかに落としてきた帽子とうり二つのニット帽、
マフラーもプレゼントしてくました。ポイントアップです!)

 牡蠣はね~こちらでももちろん買えますよ~広島産とか宮城産とかね~
でも、食べ比べるとやっぱりサロマ湖産が一番!小ぶりなんだけれど旨みが
ギュギュギュ~~~~ッとつまっていて文句無しのおいしさ♪
生も好きですが、やっぱりガンガンに入った牡蠣ね~お酒をふってそのまま火に
かけて酒蒸しよね~~♪
これにビールなんか一緒にね~。(あぁ、また食べたくなってきた…)

 そしてラッキーなことにうちの家族、牡蠣あまり好んでは食べない人ばかり。
なのでゆっくりと味わって食べることができるのです…数年前までは…

そう、1人だけ…小学生の息子だけは私に似たのか牡蠣好き…
内心、小学生の分際で10年早~~い!と思いつつ、彼とだけは競って
食べています。もたもたしていたら無くなりますからね!とはいえ、
もちろん貝から身をはずす熟練した技は私の方が断然上!

 そんな大好きな牡蠣と並んで好きなものが「赤飯」。何が悲しくて
自分の誕生日に自分で赤飯蒸しているのだろうか?と思うのですが
赤飯は昔から誕生日にはつきもので、子供の頃から母に「誕生日に何食べたい?」と
聞かれると、必ず「赤飯」をリクエストしていたものです。もちろん小豆のね!
母の作る赤飯は東北出身のせいかいつも甘納豆なのですが、私の誕生日の赤飯だけは
必ず小豆で作ってくれたものです。思い出のお料理のひとつというんでしょうかね。
ちなみに弟たちの誕生日リクエストはいつも「カレーライス!」
何がどうおめでたいんだか、普段の食事と変わらないじゃない!(笑)と、兄弟で
誕生日の話になるといつもそんな話題がのぼります。

 と、いうことで、

牡蠣の酒蒸しをこうしていただき・・・・・

こうなるわけです。

そして、食べた後の牡蠣の山を眺めながら幸せを噛みしめる私なのです~(満腹)♪

月に吠える?

 穏やかに迎えた新年もすでに3週間が過ぎ、(ど)一同もすっかり普段の生活リズム、職場の雰囲気になってします。ただし、年明けからの厳寒と降雪で、気持ちだけ若い体が悲鳴を上げています(涙)。

 1年の計は元旦にあり!?といわれてますが、初夢もよく覚えていない自分としては、どうしたらいいのか、途方にくれていたのですが…ありました!救世主です

 先週の「みんと」の巻頭特集・ユリア先生の「『月のリズム』を上手に生かしHappy」をお読みいただけましたか?

 それによると満月は「人だけでなく…すべてに活力を与えます。『後ひと押し』したい事があるなら、この満月に向かって力を注ぎましょう」とのこと。今年最初の満月が明日、20日です㊰

 さて、(ど)としては、何に「力を注ぎましょうか⇒㊊」

 まずは、これ以上寒くならないこと、雪が降らないこと^^
 次に、年頭から話題になったアレ! そうアレです。宝くじ^^v
 それと今年こそ、ダ○エット成功☆!
 最後に、お小遣いアップ¥

ささやかにと思っていたのですが…(汗)
でもやっぱり、とりあえずこの4つに「注いで」みます♪

皆さんも、今年1年に「力を注ぐこと」を明日の満月に「ぶつけて」みてはどうでしょうか…。
 では、あすの「みんと」も楽しみに待っててくださいね。

今年も始まりました!

今日もたくさん雪が降りましたね。

でも、今年の札幌は北見以上に雪が多いみたいですね。

そんな中、今年も始まりました~!

何がって?それは、もちろんコンサドーレ札幌ですよ~!

昨シーズン終了後には、キャプテンだった石川をはじめ、コンサの生え抜き、

私のめんこちゃん(?)だった、藤田征也、そして西嶋などが移籍を発表…

どど~んと落ち込みましたが、ゴン中山の残留も決まり、

新入団選手や新外国人選手も次々にきまり、

そして、先日16日(日)には、札幌ドームで「お披露目イベント」が行われました。

http://www.consadole-sapporo.jp/news/diary.cgi?no=2730

 

札幌ドームには5000人のサポーターが集まったそうです。

私も行きたかったよ~。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/consadole/268815.html

 

開幕まであと1ヵ月半…今年はどんなチームになるのか楽しみです。

さ、私も準備を始めなくちゃ~って何の?(笑)

B級グルメせんべい汁

あちこちで大雪が降る中、今日も洗濯日和の地、

静岡に住む(有美)でございます。

さて、本日はちょっと我が家のご飯を紹介します。

こう毎日毎日寒いと(こう言うと、(ぷう)に怒られますが…)、

我が家の食卓によくあがるものが具材が豊富な汁物。

定番の豚汁は基より、あら汁やすいとんなど、あとちょっとおかずを作ればいいや!的な

汁物が多くなります(手抜きとも言う)。

と、いうことで本日の食卓にはコレ!

青森県八戸市の「せんべい汁」。B級グルメの大会でも毎年上位のお料理です。

(ぷう)の日記にも書いてありましたが、去年の秋に恐山へ行き、

山ほど、せんべい汁用のせんべいを購入してきました。

それをちょいちょい食卓に出してはホッ♪温まっております。

鶏肉、ごぼう、にんじん、大根、こんにゃく、白菜などなどのしょう油ベースのお汁です。

これに、せんべいを割りいれ5分ほどことこと煮ればできあがりです。

せんべ汁に入れる、せんべいは、南部せんべい。といっても、東方南部地方の

南部せんべい(ゴマ&ピーナッツ)の菓子用ではなく、汁物用に作られた味をつけて

いないものを使います。

まぁ、小麦粉で作られたおせんべいなので、すいとんとあまり変わらないかもしれませんね。

そうはいっても、しょう油&ごぼうを使ったお汁は、とってもおいしくて私にとってのご馳走!

と、他県のグルメを紹介していますが、私の住む富士宮もB級グルメで

だいぶ知られる存在になりました。

ご存知でしょうかね~「富士宮焼きそば」。第一回B級グルメで優勝し、昨年より

殿堂入りしたとかしないとか…なので、もう順位はついてまわりません。

だからなのか、さきほどテレビのローカルニュースで焼きそばに続くグルメ「ギョーTHE 鱒」を

今日、お披露目したとか…。ここ富士宮は鱒の養殖にも力を入れていて、なにやらこの

お料理は、お茶の葉を練りこんだ皮に、鱒の魚肉であんを作った餃子らしいです。

怪しい感じがすでに漂っていますが、私の口に入る日が来たら、改めて紹介したいと思います。

と、いうことでご当地グルメは各地でいろいろと開発されていますが、北見の塩焼きそばは

昨年のB級グルメでいいとこまでいってましたね~。初参戦でここまでやるか~!と

鼻高々♪   でも、私はまだ食べたことがない…今度、北見に帰ったときの楽しみにしておこう!

指あみでマフラーとシュシュ

こんばんは。

月曜日担当の(みぃ)です。

すっかり書き込みが遅くなってしまいましたcoldsweats02

 

長かった冬休みもようやく終わりですね。

一日中賑やかだった我が家も、明日からは静かになりそうです。

この冬休み、娘たちがはまっていたのが「指あみ」。

かぎ針などを使わずに、自分の指を棒代わりにして編み物をするのですが、

とっても簡単で幼稚園児でも編めてしまうお手軽さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、小1の娘が幼稚園時代に作ったものを真似て作ったマフラー。

指あみで1.5mほど編んだものを三つ編みにして最後にポンポンを付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらの写真は幼稚園児の娘が作ったシュシュ。

20cmほどの指あみをただ輪っかにしただけですが、使用した毛糸がふわふわだったので、

これだけで十分かわいく仕上がりました。

このシュシュだと15分ぐらいでできてしまいます。

 

どちらも、ほぼ子供の力でできるので、親はちょっと手助けするだけ。

工夫次第でエコたわしやバッグなどもできそうです。

指先を動かす作業は脳にも良さそうだし、冬の工作にはピッタリ。

もちろん、小1の娘はこれを冬休みの自由工作にしましたhappy01

作り方は、ネットで「指あみ」で検索すれば簡単に見つかりますよnote

あたらしい みかんのむきかた

みかんのむきかたに挑戦している(じ)です。

わたしにとっては、ターバン野口以来のインパクトだったんですけど・・・

先日、書店へ走りcar

「あたらしいみかんのむきかた」を買ってきました。

まずは本のはじめに載っている「うさぎ」に挑戦。

「うさぎ」にむいたよ。片耳がちぎれちゃった

 

あれれsweat02

あまりうまくむけなかったsad

問題は、むいたみかんを誰が食べるのかってことだけど・・・(もちろん、夫が食べる)

それに今年のみかんは値が高いannoy

 

この本の著者、岡田好弘さんはなんと札幌在住なんですって。