Archive for category 日常のつぶやき

平成、あと26日

金曜日、(さ)です。

1日に新しい元号「令和(れいわ)」が発表になりましたね。

翌日の道新朝刊は、何事か!というような斬新なデザインでびっくり。

歴代の元号が書いてあって、読み始めたら、最後まで読んでしまいました。

さて、新元号発表のとき、NHKの特番を見ながら、素朴な疑問がいくつか。

(1)手書きで書くとき「令」でも「ひとやね+テン+マ」でもいいのか

(2)「れいわ」のどこにアクセントがつくのか

(3)アルファベットで略されるとき「R」なのか「L」なのか

他にもアレ?と思うことはありましたが、今ここに書くのは、この3つだけにします。

(思わせぶりでごめんなさい)

* * * * *

(1)については、みんとの漢字クイズが手書きで応募なので気になります。

よく応募してくださる読者の皆さんも気になったのではないでしょうか?

この答え、4月2日の道新夕刊にも出ていましたが、どちらでもいいということ。

20代の息子が小学生のとき「マ」じゃない方を書いてバツにされた、と言ってました。

学校で習うのは「マ」の方ですが、今はどちらでもOKで、バツにされないようです。

(念のため、学校の先生にもご確認ください)

発表のときは、2つを組み合わせたような字形でしたね。

(2)菅官房長官が発表したとき、頭にアクセントがありましたが、

記者が質問するとき平板だったので、あれ?と思いました。

これもどちらでもいいようです。

「明治」も、単独なら頭にアクセントがありますが、「明治時代」と言う場合は平板ですから、

使い方によって変化することがあり、それは許容されるということでしょう。

(3)略字は「R」。

「L」だと数字の「1」とまぎらわしいから、これは良かったです。

「令和18年=R18」が話題になってますね。

* * * * *

1日午後に民放のワイドショーを見ていたら、

「元号が変わる瞬間を体験した街の人たちに、感想を聞いてみましょう」

みたいなことを言っていて、

「元号まだ変わってないよー。1カ月先だよー。

新元号が発表になった瞬間というべきでしょー」などと

テレビに向かって、さんざん文句を言いました。

 

その3日後、昨日4月4日、私は市役所で、とある申請書類を書きました。

まず申請年月日を書こうとしたら、印刷された「年」の前が空白。

一瞬「あれ?」と思い、係りの人に「令和1?」とこそっと聞いたら

「いえ、平成31で」との答え。

またまた「ん?」と思い、事態を飲み込むのに時間を要しました。

後から何度も思い出し苦笑い。

「バカって言った人がバカなんだよー」って孫(5 )がよく言いますが、

その通りになっちゃった。

今月はあちこちでこういうことが起きるんだろうな~(笑)

早く5月になってほしいような、いつまでも4月がいいような…

長くなりました。このへんで。

ビール作り 第2回

3月31日(日)第2回目のビール作りプロジェクトに参加してきました。

1回目は昨年末の12月に大麦を巻いて、芋煮を作って食べるという、

食べるのか蒔くのかどっちがメインなの?という感じでしたが、

今回は!今回もどちらがメイン的なイベントとなり、いずれにせよ楽しかった!と

いうことでした。

さて、畑に伺うと、前回、蒔いた大麦もすくすく育っており、この大麦を横目に

今回は、ホップ苗の定植です。ビールといえばホップ有りきですからね!

ホップは寒い土地で育つと聞きますが、私の勝手なイメージだと東北より北の地域。

でも、北海道に住んでいた時に、一度もホップの畑って見たことなかったなと

改めて思いました。

そもそも、このプロジェクトは「ホップも野菜」そんなくくりから、

じゃ~野菜ソムリエとして「野菜のホップから自分たちでビールを作ろう」という発想に

なったプロジェクトのようです。(ちなみに、去年が1度目のプロジェクトで

今回は2回目)

これは去年のビールです。

今回、定植したホップは、夏に収穫をして仕込みという流れの予定。

ホップは、何やらビール以外の食べ方もできるらしく、収穫したらビールの

仕込み前に天ぷらや、あとは煮詰めて飴にもできるか、喉にいいらしいとのこと。

私がぜひ食べたいのは、もちろん天ぷら。それこそ絶対にビールに合うはず!と

今からワクワク!待ち遠しいです!

さてさて、ホップの定植はあっという間に終わり、今回の畑ランチは

里芋のカレーと石窯ピザです。

私も家では、よくインドカレーを作りますが、このプロジェクト主催者の方が

インドによく行かれる方で、ご当地で食べてきたカレーを教わりました。

ガラムマサラやコリアンダーを入れたいところなんだけど「入れない」。

「カレーは辛いものばかりじゃない」ということを話されてました。

もちろん他のスパイスは入れているのですが、この二つを入れないで

カレーになるのか!と疑問でしたが・・・

うん、あとは好みの問題です((笑))

生のビーツを入れて鮮やかなピンクカレー。「鮮やかすぎる…」と、いうカレーに

ココナッツミルクを投入して、なんとなく中和されてました。

はい、小麦粉コネコネ、ナンを焼き、畑に生えている、草・・・いえいえ緑の葉野菜を

採ってきてピザにトッピング。ピザは上手く焼けてコレは文句無しの美味!

やっぱり石窯だと焼き加減が違いますね~。

そんまな食べるイベント!?が今回も無事に終了し、次回へ続きます!

白花豆どらやきに挑戦 -上-

この間の白花豆料理コンテストからすっかり白花豆にはまっています。

白花豆は白あんの原料としても使われていると聞き、ぴんと来ました。

北見のどら焼きは大丸さんのものをはじめ、たいへんおいしいのですが、これを白あんで作ってみてはどうだろうか。地元産の小麦粉もあります。先日の休日、どら焼き作りに挑んでみました。

まず皮が固いので、豆を煮てしばらく置きました。水につけてひとつひとつ皮をむいていきます。

皮をむいた豆をひたひたの水で、やわらかく簡単につぶれるまで煮ます。水が少なくなったらさし水をして、煮えたら網でこします。こしたものにたっぷりの水を入れ、沈殿するまで待ちます。これを3~4回繰り返しました。

上澄みのにごりがなくなってきたら、ふきんなどに取って強く絞ります。これを生あんというそうです。

生あんができたら、鍋を弱火にかけ、同量の砂糖と練ります。鍋は銅かアルミがいいそうです。ステンレスだと焦げ付くそうです。なるほど、大丸さんの店先に展示していた鍋もそういえば銅でしたね~。でも、どっちもないので、フロン鍋で練っていくと、なにやら餡みたいになってきました。

さて、皮づくりの様子は次週のアップにいたします。果たしてどら焼き作りは成功するのか?

あんこ作りは、和菓子の早稲田屋さんの動画を参考にさせていただきました。

http://waseda-ya.com/original37.html

 

どれもこれも魅力的。

JRタワー1F東コンコースに設置されている、特産品パネル&応募箱。

まもなく締め切りの「えらべる!北海道からの贈りもの CHOICE!HOKKAIDO」という
選で1,790名様に「179市町村の特産品」が当たるというキャンペーン。

期間中、アピア・エスタ・パセオ・札幌ステラプレイスで3,000円(税込)の買い物ごとに
応募用紙1枚をもらえて、好きな景品を選んで応募するもの。

それぞれの市町村の特産品がずらりと並んでいて、
どれにしようか悩みます。

北海道らしく、9割方、食べ物なのですが、
津別は「木の名刺ケース」、
置戸は「オケクラフト」と地域色のある商品で、
なんだかうれしくなりました。

新元号が発表になりましたね

4月に入りました!
新年度です!

そして、待ちに待った新元号の発表がありました。

昨日まで、いろいろな元号を考えていました。
「開明」とか、「安栄」とか、「永和」とか…
智恵を絞ってはみましたが、全くかすりもしませんでした(笑)

 

「令和」

 

一瞬、どんな意味なのかも分からないぐらい、
新鮮な言葉です。
PCで変換しても、すぐには出てきませんでした。

出典は万葉集の「梅花の歌三十二首」なんですね。
古典をろくに読んだことがないので、
ぴんとこなかったのも当たり前です(苦笑)。

 

元号と言えば、漢字2文字だとずっと思っていましたが、
4文字の元号があるのをご存じですか?

先日、博識で有名な某予備校のH先生が、
クイズ番組でそらんじていました。

「天平感宝(てんぴょうかんぽう」
「天平勝宝(てんぴょうしょうほう)」
「天平宝字(てんぴょうほうじ)」
「天平神護(てんぴょうじんご)」
「神護景雲(じんごけいうん)」

全て奈良時代の元号だそうです。

ちなみに、日本最初の元号は「大化」。
「大化」元年から平成31年までに使われた元号は247。
歴代の元号の中で最も長かったのが「昭和」の62年。
最も短いのが「暦仁(りゃくにん)」の2カ月と14日。

元号の歴史もなかなか面白そうです。
この機会に、歴史を勉強してみるのも良さそうですね。

花咲くを待つ・・・

こんにちは!3月5回目の日曜日です。

とともに、今年度最後の日…明日からは4月!そして新元号が発表されます。

あと1カ月で「平成」が終わり、新しい時代が始る・・・。

さみしさとともに、何かが始るようでちょっとワクワクします。

 

テレビでは、「平成」を総括する番組が毎日のように流れています。

ソレを見ながら、懐かしさと同時に「あの時は・・・」「そうそう、あの頃は・・・」などと

自分の歴史に重ねてみたりして・・・。特に歌を聴くとその頃を鮮明に思い出します。

平成になって俄然注目され始めたのは、春を告げる花である「さくら」。

森山直太郎の「さくら」を皮切りに、以後、桜に関する曲をよく聞くようになりましたよね。

金曜号のお便りにもあったように、本州で桜というと主に「ソメイヨシノ」を指します。

道産子の私にとって、桜といえば子どもの頃から見てきた「エゾヤマザクラ」。

花と一緒に葉も開くので「さくら色一色」というよりも、ぼんやりした感じ・・・。

以前、春に大坂に遊びに行った時に、初めて「ソメイヨシノ」を見た時はびっくり!

桜がこんなにキレイなものか・・・と感動したのを覚えています。

 

これは、先日も載せた札幌の某デパート

の入り口に飾ってあった「河津桜」。

静岡県で2月から咲き始めるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、以前、4月に東京へ行った時に

東京ドームの側でみたソメイヨシノ。

もう終わりの頃でしたが、淡いピンクで

はかなげに咲いていました。

 

 

 

 

 

こっちで桜が咲くのは、あと1カ月くらい先のかな?

 

今年は、なぜか桜が咲くのが待ち遠しいです。

というもの、昨日も大敗した北海道コンサドーレ札幌・・・

スタートダッシュは良かったのですが、その後の大量失点での2連敗・・・

まだまだリーグは始ったばかりですが、ドームの側で桜が咲く時期までには

白星がもう少し増えているといいなぁ~と願うばかりです。

こちらも勝利の花を咲かせてくれるのを待っています。

 

最後はいつものように、最近食べたおしいものを・・・

 

「かつ徳」で食べた「アジかつ」。

手のひらサイズもある肉厚のアジ。

隣にあるのはヒレカツですので、

その大きさがわかると思います。

タルタルと「山わさびおろししょう油」で

さっぱりと!おいしかった~!

 

 

 

始めにも書きましたが、明日から4月です。

気分も一新!よりよい紙面をお届けできるようがんばります!

 

久々のちりとてちん

土曜日ですが、(さ)です。

今日は晴れたので、外に物干しをセットしました。

布団カバーを洗濯したく。

竿があるとカバーを外しやすいので。

室内でやると、ホコリもいやだし。

ついでに洗ったカバーを外に干したら、わりとすぐ乾きました。

途中でヒラヒラ春の雪が…でしたが、すぐやんだから大丈夫。

まだ皆さん、外干ししてませんよね。

またしまおうかな、物干し(笑)

* * *

今朝、「まんぷく」の最終回のあと、

「朝ドラ100作ファン感謝祭 思い出の名シーンランキング」が始まりました。

視聴者から募集した朝ドラの名シーンということで、

1位が「ちりとてちん」だったので、思わず拍手!

2007~2008年にかけての放送でした。

もう10年以上経つんですね。

選ばれた名シーンは徒然亭草若(故渡瀬恒彦さん)の高座シーンでした。

私は、「ちりとてちん」なら、

草々(青木崇高)が壁をぶち破ってプロポーズするシーンでしょ、

と思っていたので、ちょっと拍子抜けデシタ。

「ちりとてちん」大好きで、大阪の天満天神繁昌亭にも行ったし、

小浜にも行ったし、喜代美の母・和久井映見さんの歌のCD買ったり…。

10年前は熱かったんだなあ。は~

2位は「半分、青い」の「胸キュン!毛布の中で」。

佐藤健くんはスタジオの男性陣にも人気でした。

3位は「あまちゃん」の「アキVSユイ(の対決)」。

アキちゃん、かわいかった~

6位のカーネーション「綾野剛禁断のひと言(おいも…)」は、

久々に見たら、そうそう、ここドキドキしたな、と思い出しました。

最近は何見ても……(省略されました)

でも、感情を思い出せるだけ、まだマシかな?

 

せとか

 

 

 

 

 

 

 

「せとか」です。

柑橘系のいいとこどりで生まれた新品種!

とか言われてますよね。

初めていただきました。

皮がミカンのように手でむけて、あまりすっぱくなく、

中の薄皮が薄く、ジューシーでした♪

春の雪も融けて

こんにちは。

金曜日、(さ)です。

北見市、昨日は「春の雪」に驚きましたね。

でも、今日は晴れたので、どんどん融けていきます。

 

 

めぶくやなぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やなぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柳も順調にふくらんできています。

大丈夫、春は来ます!(って、誰も心配してないね)

* * * * *

さて、今日発行のみんとでは漢字クイズの答え

「縦横無尽(じゅうおうむじん)」を発表しました。

フィギュアスケート世界選手権に出場した

日本代表6選手の名前にちなんだ問題でした。

「解答について」の欄に、「また来季!」と書きましたが、

今季は4月11~14日、世界国別対抗戦が行われるそうです。

2年に1度開催する「世界トップ6」による団体戦。

日本、ロシア、アメリカ、カナダ、中国、フランスの6カ国。

フィギュアの最強国を決めるという大会ですが、

お祭り的要素が大きいそうです。

会場はまた日本で、「マリンメッセ福岡」です。

日本から、宇野、田中、坂本、紀平の4選手は出場するとのことで、

羽生選手は怪我の治療に専念とのことです。

* * * * *

昨夜はフジテレビ開局60周年特別企画ドラマ「砂の器」を

延々3時間見てました。

終盤にニュース速報で

萩原健一さん(ショーケン)の訃報が流れ、驚きました。

こういうことはテレビならでは、映画館ではありえませんね。

ご冥福をお祈りします。

野菜を食べよう

おはようございます。

そろそろダウンコートはいいかしら?と、春を感じつつも

老いも感じずにいられない寒がりで暑がりな…千葉県より(有美)でございます。

・・・

さてさて、今日は少し野菜の話を(いつもパフェの話ばっかりですので…)。

我が家の冷蔵庫(野菜室)には、これでもか!というほど野菜が

入っています。以前はそんなことなかったのですが、やはりお料理の仕事を

するようになったり、家族や自身の健康のために「体に入れるもの」に

対しての考え方が変わってきたかと思います。

そうは言っても好きですよ「ジャンクフード系」。

死ぬほどポテチ&コーラ(しかも赤ラベルのね)の、ゴールデンコンビを欲する!

と、先日も発病しそうになりましたけどね…。ぐっと我慢。

・・・
話がそれましたが、野菜って「旬」があってその季節に摂れるものがより

栄養素もつまっているといわれています。

現在では、農業技術も進歩のおかげで、季節に関係なくいろいろな野菜が食卓にあがり

生活者としては嬉しいかぎりですね。また、日本は縦に細長い国土なので

作物も南から北へと、リレー方式で収穫できます。流通もしっかりしているので

本当に何でも口に入りますね。

例えばジャガイモ。

九州の方から新ジャガが穫れはじめ、だんだん北上して秋には北海道で収穫の季節を

迎えます。越冬しながら糖度を増し、冬から春には更に美味しく頂けます。

北海道もこれから地物の野菜が穫れるくる季節を迎えますね。

穫れる野菜で季節を感じるのも良いものです。

んっ?アスパラかな?美味しいんですよね!北海道のアスパラ!

と、いうことで野菜の産直を回るのが趣味の私、先日産直にて

「紅くるり大根」なるものと遭遇。

甘酢につけてお寿司にしてみました。

春のイメージでお花に見立てて。

秋から冬に旬を迎える「大根」そろそろ旬的には終わりに近づいてきてますね。

そんな大根の効果と効能と機能は・・・?

辛みのもととなっている「イソチオシアネート」という成分には

消化促進、食欲増進、血栓をできにくくする働き、

抗菌、抗炎症作用があるといわれています。

消化酵素のアミラーゼを含み、胃もたれ、胸やけを予防、改善してくれます。

生で食するのがおススメ!でも、加熱しても美味しいので

いろんな料理に使って沢山食べてもらいたい野菜のひとつです!

事前準備の大切さ。

イライラするときに、
お菓子作り(粉もの計量)をすることで
気持ちを落ち着かせている(柊)。

数か月前に高さのあるシフォンケーキ型を購入したのは、
この3月に届く予定の文旦を使った
シフォンケーキを焼きたかったからなのですが、
文旦が届く3日前に、
7年連れ添ってきたオーブンが、
うんともすんとも言わなくなってしまいました。

内心、「うわぁ、このタイミングで?」と思いましたが、
壊れたものは仕方がないので、
ネットの口コミを読みまくって、
新しいオーブンレンジを、現物を見ずにネットで購入しました。

以前は用途別の天板が3枚もついていて、
パンも2段使って焼くことができたのですが、
大きすぎるのと、重すぎてラックの上段に置くには不安があったので、
少し容量の小さいものに買い替えました。

文旦が届き、オーブンが届き、
休みの日に「さぁ焼きましょう!」となり、
天板に型をのせオーブンの最下段に入れてみたら…。

やばいこれ、ケーキが膨らんだら天井についちゃうヤツ!!!

一般的な型ならスッと収まったはずなのですが、
見栄えを重視してお店のようなトールサイズの型にしたものだから、
このまま焼いたのでは間違いなく上部が焦げてしまいます。

仕方がないので、熱の廻り方が十分でない底の部分の食感はあきらめ、
天板にはのせず、オーブンシートを敷いた庫内に直にのせて焼いてみました。

出来上がりは100点とはいきませんが、
まぁ85点くらい。

卵やバターなど、変化しやすい食材を使うお菓子を作るときは段取りが大切ですが、
それ以前に「もっとちゃんと調べておきなさいよ、自分」と
戒めるよい機会となりました。