北見市ほか1市7町に配布 みんと4月26日(木)号を発行しました。

木曜号を発行しました。

アップダウン竹森巧さんの連載コラム「あの空よりも、高く。」を掲載しました。

早いものでこのコラムも2年めに突入しました!

この1年の間に3回、竹森さんにお会いしました。

2回は北見のライブで、1回はみんとまつりで。

昨年コラムが始まった頃は

毎週木曜日にエアジーで番組「トークイリュージョン」を聴く1リスナーでした。

北見のみならず、網走はじめオホーツクにたびたび来てくださっています。

このご縁がとてもうれしいのです!

ホイアン!

こんばんは。

10月に北見に赴任して以来、極寒しか経験してきませんでしたが、
ようやっと暖かくなってきて、新しく買ったクロスバイクが楽しい限りの(ど)の(な)です。

聞くところによると、
夏は夏で暑いみたいですね。。。
まあ、それもまた楽しみです!

さあ今回は、ベトナム世界遺産の町ホイアンについて書こうと思います。
中部最大都市ダナンからバスに揺られること1時間半・・・

ランタンがロマンチックな町並みが見えてきます。

人口約12万(北見市なみ)のこの町は、
かつて国際貿易港として栄え、徳川江戸幕府とも国交があったとか。
朱印船貿易というやつですね!
その後、幕府の鎖国政策によって関係は途絶えてしまいますが、
日本人がかつて日本町をつくって暮らしており、その名残が残っています。

ベトナム2万ドン(約100円)紙幣にも描かれているホイアンのシンボル来遠橋は別名日本橋と呼ばれています。
日本人が架けたそうです。

鎖国によって外国へ行くことはもちろん禁止され、
ホイアンに住んでいた日本人は帰国を余儀なくされますが、
恋人に会いたくて戻ってきては死ぬまで一緒にホイアンで暮らした日本男児もいたそうで、
その方のお墓が田舎の畑にぽつんと残っています。
なんかロマンチックな町ですよね!

ベトナム人が学びたい外国語として英語についで日本語が挙がる大変親日的な国ですが、
当時(約400年前)から良好な関係だったことがうかがえます。


暗くなるとよりいっそうロマンチックなホイアンでした。

コンセプト。

「履きごこちという名のしあわせを、足もとに」がコンセプトの
ヒルズアヴェニューの靴。
東京・銀座店を旗艦店とする
国内3店舗の直営店を運営している同店。

本州に住んでいる友人が好んで履いていて、
「少し高いけれど買って損はないよ」と薦めてくれたブランドです。

エレガントさと履きごこちを両立する靴って、
中々ありません。

いや、いつもならいいんです。
TPOに合わせて履き替えればいいだけですから。

でもね、例えばあまり荷物を増やしたくない旅行。
それなりに歩きやすい靴が良いけれど、
ちゃんとしたお店で食事するかもしれないから
きちんとした服装で。
そう考えると、やはり靴に悩むわけです。

ポリウレタン樹脂のソールが特徴的で、
履きごこち良さ抜群のこの靴。

残念ながら北海道に実店舗は無いのですが、
先日、三越で期間限定ショップが開設されていたので、
ちょっと覗きに行ってみました。

店員さんに「足馴染みのよいラム革スムースですよ」と薦められ
履いてみたら、うん、気持ちいい。長時間歩いても疲れなさそう。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、
トゥのアクセントがエレガント。
つま先にチェーン模様のステッチを施してあります。
こじゃれたワンピースでも
ラフにデニムでも似合いそう。

見るだけのつもりでしたが、
たまたま、ためし履きしたこのデザインだけ
50%オフになっていたんです。
良い買い物をした!

cacico 始まりましたよ♪

週の始まり月曜日♪

気温が上がった土曜日に、

今年は20日からオープンしたカフェcacicoへ行ってきました。

今年は何回行けるかな!

メニューも、インテリアも、このお店の全てが好き。

いごこちのよい2人席でチョコパフェとコーヒーをいただきました。

春の庭を見ながら至福のひととき。

糖分は気にしない!

ホームページ http://cacico.amsstudio.jp/

金〜日のみの営業なのでハードルはやや高めですが

まだ行ったことの無い人はぜひ!!

負けない・・・ってすごいですよね

こんにちは!4月4回目の日曜です。

すっかり日が長くなって、1日が長く感じませんか?

冬の間、16時くらいには真っ暗になっていましたから、

日が沈むのだけでも2時間以上、1日にするとどれくらい違うのかな?

 

このところ初夏のような気温でしたが、今日は晴れてはいても風が冷たい・・・

最高気温が10度以上違うので体調管理が大変です。

もう少しでゴールデンウイーク。お休みを楽しむためにも気をつけなくちゃね。

 

金曜号のみんとの特集は「上川・旭川エリア」でしたね。

みんとの配布地域から少しだして、遊びに行ってみてはいかが?

私は、コンサの取材で札幌に行く事が多いので、上川・旭川は素通り・・・

今回の記事の取材で、行きたくなっちゃいました。

特に層雲峡温泉は泊まった事がないので、ぜひ行ってみたいと思いました。

朝陽リゾートホテルのレストラン・・・そそられます(笑)

 

この写真は、上川で撮ったもの。

高梨沙羅ちゃんのご実家が営む

コンビニの前からの眺めです・

まだ雪が残っていますね。

この時も素通り?でしたので今度はゆっくり~。

 

 

 

 

 

さて、毎回のことで耳タコかもしれませんが、北海道コンサドーレ札幌情報を!

18日の水曜日にカップ戦「ルヴァンカップ」の予選がありました。

4チームの総当たり戦なのですが、今まで3連敗とふるいませんでした。

しか~し!18日はジュビロ磐田に3-2と逆転勝ち!

準決勝進出に望みを残しました。

そして、昨日はミシャ監督の古巣、浦和レッズとのリーグ戦。

お互いリーグ3連勝、ルヴァンを入れると4連勝中と絶好調同士の対戦。

4万人近い入場者があり、コンサのサポーターも3000人以上集まったそう。

結果は0-0のスコアレスドローでしたが、いい戦いをしたようです。

これでカップ戦も含めて、7戦負けなし!順位も4位のまま。すご~い!

これで残り8試合、怒涛の15連戦も次のゲームで折り返しです。

まだまだハードな日々が続きますが、乗り越えてくれることでしょう。

ガンバレ!北海道コンサドーレ札幌!

半分、クルクル。

こんにちは、(榛)です。

日焼け止めを買いに行って、日焼けした気がします(笑)。

 

初夏ですか?初夏なんですか?北見。

庭で焼肉やらないとダメですか?

北見の辞書には「心地よい暖かさ」という文字は無いのですか?

いきなり暑いです!(苦笑)

 

それでも晴天に恵まれ人々が活動的になってきているこの時季のこの雰囲気は

結構好きかも!

活気がある感じ!

ビールがおいしい感じ!(そこ?)

 

 

 

さて、私の毎日ですが、朝ドラ「半分、青い。」が楽しみで、楽しみでしかたないです。

佐藤健くんが出演しているからに他なりませんが、

朝と昼の2回録画して、2回とも正座して見ていますヨ!

 

 

 

そんな私は昨日、(さ)からこんなことを言われました。

 

 

さ)「健くんさー」

 

(榛))「ん?何?何かあった?LINE繋がっているから伝えるよ!」

注釈:

(公式LINEのこと。登録するとご本人?スタッフ?からコメントが届く。

ついでに、こちらからコメント入れるとちゃんと“既読”になるという、

なんとも勘違いしちゃいそうなサービス・笑)

 

さ)「(朝ドラの)前髪がヘンだよね!パーマかけたみたいでクルクルしすぎ~」

 

(榛))「ん?今回は高校生役だけど、バブルの頃を意識してかな・・・モゴモゴモゴ・・・」

 

 

私の推しメンに対して「ヘン」とは!

(さ)の歯に衣着せぬところは好きだけど、「ヘン」って::;

ちゃんと言い返せない自分にモヤモヤ・・・

帰宅してから録画した番組を見なおしてみました。

 

 

「そんなにクルクルかな~?」

ヘアスタイルって時代を物語るけど。。。

 

 

主人公のスズメも健くんも、高校時代は1989年の設定。

ふくろう商店街入り口のでかい看板(ラジカセの広告)も

いかにも当時ありそうなデザイン。

そして、劇中にも「イカ天」という言葉か出てきたことからもわかりますが

この頃はアイドルからバンドに人気が移る頃。

しぶがき隊がその前年に活動を休止していて

TMネットワークがやけにかっこいい音楽を世に送り出した頃ですよね。

 

 

きっと、律くん(健くん)も、アイドルヘアからちょっと脱出しかけた・・・頃なのかも。

まあ、もっとも律くんは、流行に左右されるキャラではないけどね。

 

 

(さ)に会ったらそう伝えよう!うん、スッキリ!

 

 

その時代を思い出しながら朝ドラを見ている私。

リアルでマグマ大使を知っているのが、なんだか泣けてきます。

 

 

~~~~~~~

 

佐藤健くんが出演する映画「いぬやしき」が昨日から公開しています^^

来週木梨憲武が好きな友だちと観に行く予定です♪こちらも楽しみ!!

イオンシネマ北見にはこんなスペースが。

いっしょに空を飛んでみる?

 

いぬやしき パネル

北見市ほか1市7町に配布 みんと4月20日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました。

今号の特集面は、「上川・泡氷川へ遊びに行きませんか?」。

オホーツクを飛び出して旭川方面へお出掛けするご提案です。

中面では北見自治区の「病院・医院ガイド」を組みました。

また、みんと紙上初の試みで

発行元の北海道新聞北見支社の加藤支社長に

アマチュア鉄道カメラマンの風間諒平さんの写真を見て

ショートストーリーを書いていただきました。

風間さんの紹介もしていますので

ぜひ紙面でご覧になってくださいね!!

北見市ほか1市7町に配布 みんと4月19日(木)号を発行しました。

木曜号を発行しました。

表紙面は数字のパズル「ナンバープレイス」、

イベント情報も掲載しました。

いよいよゴールデンウイークが目前に迫ってきました。

みんとが参考になればうれしいです!!

ホーチミン!


ベトナム最大の経済都市ホーチミン!
約860万もの人(北見の約80倍)が密集したこのまちに暮らしています。

バイクの量があまりに多くクラクションが鳴り止まず、
自分が歩行者でも、バイクに乗っていても、車に乗っていても

俺が俺が!!!!

の精神でなければ、目的地にたどり着くことができません(本当です笑)
教習所では譲り合いの心とキープレフトを徹底される日本とは真逆ですね。。

ところ変われば、、です。

そんなベトナムに私(ど)の(な)は学生時代住んでいたのですが、
そこのアパートのハウスキーパーさんに再会することができました。

無事札幌農学校をあげることができました。

彼女はアリが大量にいるぼくの部屋を毎日掃除してくれました。
言葉がぜんぜん通じなくても毎日会話していました。

別れの夜、
写真を撮ろうというと、はじめて触るカメラに興味津々
なかなかカメラに写る機会なんてないみたいで、
寝る直前なのですが、スカーフをまいて収まりました。。

オイスターバー。

思い込みって怖いなぁ、と感じたこと。

(柊)、出身地がカキの産地で
実家では岩牡蠣や真牡蠣の養殖をしていました。
夏はウニ、秋は定置網で鮭を獲ったり、
初冬にはアワビ漁が解禁になったり。

だからと言って、その土地に住んでいた人皆が
魚介類大好き、というわけではありません。

カキフライや焼き鮭、アワビのバターソテーなど
火を通した海産物は好きです。
でもね、生は食べられません。
生ガキもルイベもアワビの刺身も苦手なんです。
もったいない。よく言われますが、苦手なものは苦手。

先日、歓迎会でオイスターバーに行きました。
「歓迎会をします、何日何時です、参加できますか?」という出欠のとり方で
お店は後日連絡します、とのこと。
行きますと返事をした後に、お店はオイスターバーですと言われた時の
「あぁ…」感ったら。

幹事さんが気になっていたお店だそうで、
なぜか「このメンバーなら全員カキ好きだろう」と思ったみたい。
…。7名参加のうち、「カキは無理」という人が3人。

まぁ、釧路、厚岸、宮城出身ならそう思われても仕方ないかもしれないけど。
けど。
けど。

コースだったのでほかのお料理もあったので結果よし、だったのですが、
事前に確認するってつくづく大切だな、と実感した歓迎会なのでした。