紙幣の人物

おはようございます。金曜日(さ)です。

「雪、少ないよね」

「こんなこと、なかったよね」

「雪かきしなくて済むのは助かるけど…」

「何か…気持ち悪いよね」

北見市民の最近の会話です。

TVニュースでは、畑が雪に覆われないため、

土の凍結などにより農業に被害がでるのではと心配されてます。

雪どころか雨も降らないので、「水不足」は大丈夫なんだろうか、とフト思いました。

雪かきしないと運動不足にもなりますよね。

でも、外は最高気温も氷点下の真冬日で、散歩するには寒いし…。

体育館へ行く、スーパーを歩き回る、室内で体操、

家の掃除(特に拭き掃除が効く!あまりやらないけど!)など

工夫したいですね。

* * *

今日は「みんと」が発行になりました。

私が担当する「手書きで挑戦・漢字クイズ」も1カ月ぶりに掲載です。

コメント欄にも載せましたが

「額に入った紙幣のコレクション」というのがあるんですね。

知らなかったのでグーグルで画像検索して見てみましたら、

ほえー!となりました。

ステキですよ♪

知らせてくれた読者さん、これが家にあるなんて…

文字通り、お宝ですね!

飾っておくのは怖いかな。

時々出してみて、ふふふ…がいいかな。

私個人的には伊藤博文の千円札を見たときに

「きれい!」と思った記憶があります。

急に多色刷りになったような…(トシバレル)。

コメント欄に書いた神功(じんぐう)皇后の紙幣のデザインは

「神功皇后 お札」で画像検索してみてください。

洋風グラマー美魔女で驚きますよ。

明治政府に雇われたイタリア人画家キヨッソーネが描いたものだそうです。

ウィキペディアによると、

キヨッソーネは大蔵省紙幣局の女子職員をモデルに描いたとのこと。

「紙幣デザインが変わる」という突然のニュースがあったのは、

昨年4月のこと。

新元号の発表、新紙幣の発表と続きましたね。

2024年の上半期をメドに、表面の肖像が変わると。

1万円札:福沢諭吉→渋沢栄一

5千円札:樋口一葉→津田梅子

千円札:野口英世→北里柴三郎

このニュースに伴って、「大隈重信じゃないのか」という反応があったと

いうネット記事が印象に残っています。

福沢諭吉→慶応大学創始者、大隈重信→早稲田大学創始者

ということもあり、早稲田大学関係と出身地の佐賀県を

中心に期待されていたようなんです。

そこで、このクイズの答えを見ていただくと…

ガッテンしていただけますか?

皆が大好き「お札」のトリビア話は尽きませんが、このへんで。

興味のある方は、国立印刷局のHPなどを読んでみてね。

***

お正月の東京土産。

まだ1月なのでぎりぎりセーフかな?

令和の初春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和の初春3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港でおなじみ「ねんりん家」のバウムクーヘンですが、

年末年始の期間限定品です。

「令和」という元号の出典が

万葉集「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は(以下略)」

と発表された時から考案してきたのかな?と思いつつ、

美味しくいただきました。

ちなみに、ピンクの部分は苺味?と思ったら、桜風味でした!

他にも「令和」と名付けられた記念スイーツは

全国でたくさん発売されたようです。

ではまた。長々読んでくださってありがとう!

 

池袋で津別

 おはようございます。千葉(有美)です。

たまに北見に帰省するとドライブがてら行く津別「相生の道の駅」。

ここの「クマヤキ」好きで、よく買って食べてました。

以前もどこか忘れちゃいましたが、東京で「クマヤキ」の販売をやっていたような・・・

その時は行けなかったのですが、今回は、東武百貨店池袋店の北海道物産展(15日~18日まで)にて

ブースが出ると聞いて朝から行ってきました。

北海道物産展は、どこの催事でも人気で賑わっていますが、

今回の「クマヤキ」ブースも、まぁ、大行列!一回の購入で5個までとなっていたので、2回並んで10個購入しました。

今回限定のカスタード&生クリーム(200個限定)の「生クマ」というものもあり、もちろん購入です!

なんかやっぱり地元が好きだな~って自分で思いますね。離れて初めてわかるものなんですね~と、

クマヤキを食べながら思う今日この頃なのです。(決して、歳をとったせいではありません!)

フローズンパンツ、再び。

北見はまだ雪が積もらないので、冬って感じがいまひとつですね~。

確かに歩きやすくていいんですけど、ここまで雪が積もらないと心配になります。

そろそろ冬まつりや冬のスポーツイベントができるかどうか、縮小や中止の可能性が取りざたされてきているようです。

そればかりか冬も雪が降らないと、農業もだめなんですね。秋まき小麦は暖かい雪のふとんがないと枯れてしまう危険性もあるそうです。

私も冬になると、北見市東陵公園で歩くスキーを楽しみにしているのですが、雪がないためにいつ貸出ができるかめどが立たないみたいです。

そこで、冬の感じを味わうために、今年もフローズンパンツ、チャレンジしてみました。

コツもつかんだので一応成功しました。でも、昼になるとふにゃってしてしまいました。去年に引き続き、シャツもチャレンジしたのですが、きちんと凍らなくて失敗。

寒さもいまひとつ。しゃきっとしない冬ですね~。

今年もフローズンパンツ! でも日が照ると倒れてしまいました

, , , ,

期間限定。

ブログでも何度か書いていますが、
「期間限定」というワードに弱い(柊)。

先週、ミスタードーナツの前を通りがかったら、
2月下旬までの期間限定販売のお品を見てしまい、
「あー、もうこれは買うしかないよねぇ」と、
新年のダイエットの誓いはどこへやら。

甘い香りに誘われて、
ふらふらと入店したその先には、
フランスのパティスリー「ピエール・エルメ」とコラボレーションした、
「ミスド ミーツ ピエール・エルメ パティスリードーナツコレクション」が。
全6種のラインナップのうち、3種類が並んでいました。

ほかのドーナツも食べてみたかったのですが、
苦手なフレーバーだったので、
今回は、
ガナッシュホイップ、
ガナッシュクリーム、
キャンディングアーモンドがサンドされている
キャレマン ショコラを選択。

サクッとした中に、香ばしい食感。
濃厚なチョコレート。
ドーナツというより、ケーキに近いかも。

次はフランボワーズジャムがサンドされたクロエを食べてみよっと。

今日は成人の日

今日は成人の日ですね。

北見市では、昨日成人式が行われたようで、

新成人の方々、おめでとうございます。

 

TVでは、各地の成人式のニュースをやっていましたが、

最近の成人式って着物も、袴もとてもオシャレできらびやか!

同級生同士で衣装をそろえたり、

オリジナルの装飾品を作って身に付けたり、

工夫を凝らしている方が増えてきているような気がします。

 

うちの子ども達が成人になるのは、もうすこし先。

その頃には、どんな衣装がトレンドになっているのでしょうか?

そもそも20歳で成人式をやるのでしょうか?

18歳成人式も話題になっているので、ちょっと気になるところです。

 

 

 

 

北海道コンサドーレ札幌、今季も楽しみです。

こんにちは!1月2回目の日曜は、3連休の真ん中です。

雪が少なめで「新年を迎えた」という感じが少ないのは相変わらず。

でも、明日の成人式で晴れ着を着るお嬢さんたちにとっては、足もとを

気にすることなく歩けるのでいいかもしれませんね。

成人式か~(遠い目)。あれは、いつのことだったかな?

「もう思い出せもしません…」と、毎年言っているような気がします(笑)。

 

さて、今日の新聞などでも掲載されていましたが、北海道コンサドーレ札幌が

今季の活動を開始しました。昨日、ファンの前で今年の体制をお披露目する

「北海道コンサドーレ札幌キックオフイベント」を開催。

監督や選手のトークショーや背番号の発表などが行われました。

今季の北海道コンサドーレ札幌は、前年度に所属にしていた選手全員と契約を更新。

期限付き移籍した1名を除き、全員が残留しました。これって本当に珍しいことなんですよ。

そこに3名の新加入選手を加えミシャ体制3年目の臨みます。

14日からタイで一次キャンプを行い、2月に沖縄、その後熊本…と続き、

2月21日(土)の開幕は、今季J1に戻ってきた柏レイソルと対戦。

そして、3月7日(土)に札幌ドームで「ガンバ大阪」とホーム開幕戦を行います。

ミシャ体制3年目、どんな戦いを見せてくれるのか、今かから楽しみ~。

ワクワクします。

 

 

 

 

今年も背番号5の福ちゃん(福森選手)

に注目してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム開幕まであと2カ月足らず…指折り数えて待つとしますか。

音楽のある空間

こんにちは、(榛)です。

今朝、つけっぱなしのテレビから、

「道内、どこどこの今日は、2月中旬の気温・・・」

と流れてきて、ふと、「寒いの?暖かいの?」どっち?

と思ってしまいました。

月が進む=春が近づき気温が上がるイメージだけど

寒さのピークは2月、この表現って迷うな、どうなの・・・。

予報士さんはきっとちゃんと伝えたと思うので

最後までちゃんと聞かない私に問題があるのですが(笑)。

 

それにしても、雪の降らないこの状況はさすがに異様。

各地で冬まつりの開催が危ぶまれる中、冬の観光にも影響が出そうです。

 

ただ、冬の風物詩とも言える道路脇の雪山がないのは、

車を運転する者にも歩行者にとってもありがたいことですね。

昨日の(さ)のように、降らないなりの注意は必要ですが。

私の場合、自慢じゃないけど“白線トラップ”は夏でも引っかかります(よく転ぶ)。

 

~~~~~~~

 

車といえば、皆さんは車で音楽を聴きますか?

お気に入りの音楽があれば、長距離運転も楽しいものになりますよね。

最近はスマホで音楽を聴く方も多いので、

bluetoothでリンクさせて車中でも聴くというスタイルが主流でしょうか。

スマホを使いこなせてない私にはよくわかりませんが。

 

私の愛車は中古。カーオーディオもディーラーの営業マンが私物をサービスで付けてくれたもので、

CDの他にMDを入れるところが付いたレトロなタイプ。

そう、いまだにCDで聴きます(MDは使ったことはないですが・笑)。

その調子がどうも気温に左右されることが多くて

寒い日はCDを挿入しても、吐き出してしまうわがままっこ。

車はそのまま、オーディオだけ新しくしていい音で聴きたいところですが

もったいないかな・・・。

でもそれほどまでに愛車の中が好き。

自分だけの空間を満喫できます。

移動中に大声で歌えば、走るカラオケボックス?!

(マスクしていれば口を開けてても気付かれませんよ←ココ大事)

 

ハコカラ

写真はイオンシネマ北見に設置された話題の「ハコカラ」。

1曲100円でカラオケが楽しめるそうですよ。

電話ボックスみたいですね。

私はまだ利用したことはありません。

 

 

 

 

3連休、元気に過しましょう~♪

横断歩道の白い所

1月10日、金曜日になりました。(さ)です。

スーパーでは、もう「節分です!」「恵方巻の予約です!」と

宣伝してます。

お正月気分を払拭しましょう、ということなのかな。

今日は交通安全の話を。

昨日の昼間、クルマを運転してまして、

赤信号で先頭で止まっていたら、

目の前の横断歩道を歩行者さんが次々と通り、

ひとり、またひとりと滑って転びそうになってました。

中学生、中年男性、いろんな年齢層の人たちでした。

共通するのは、横断歩道の「白い所」を踏んだこと。

今年は雪が少なく、横断歩道も露出してます。

雪で覆われていません。

白い所がなぜ滑りやすいかといというと、

アスファルトと違って水がしみこまず氷の膜ができやすい。

路温も、アスファルトの黒い部分に比べて高くなりにくいので、

氷が解けづらい。

…という理由があるようです。

(追記:もともとペンキでツルツルしているというのもありますね)

畳のへりを踏まないとか、敷居を踏まないとかいう礼儀作法の

言い伝えも、元はと言えば、つまづきやすいからだったのでは?

これと同じで、冬は横断歩道の白い所を踏まないようにする、

というのを心掛けた方がいいんじゃないかな。

雨の日も滑りやすいですね。

かといって車道にはみ出して歩くのも危険だし、

大股で歩いて、白い部分をまたげるかな…?

滑りにくい白い塗料もあるようですが、

これが北国に普及するといいですね。

それまでは、おのおの自衛しましょう!

 

ちょこ畳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは北見のラ・ナチュレーブさんの「ちょこ畳」。

お正月に帰省した子供に「北見で何か食べたいものある?」と聞いたら、

「ナチュレ―ブのちょこ畳ってあったよね」と言うので、

「あった、あった」

というわけで、久しぶりに買ってきました。

こちらは1300円(税別)のもの。

ロングセラー。人気あるからですね。

 

 

 

ちょこ畳断面

 

 

 

 

 

 

 

 

「5つの層のハーモニー」というキャッチフレーズなので、

ぜひ断面を…と思って、緊張して切りましたが、

パリパリチョコの層がパリパリと割れてしまいました。

これは仕方ないのかな。

味は申し分なく美味しかったです♪

***

こんなこと書いてると、またお正月モードに戻りそうになるので、

ネジを巻いて通常の生活リズムを取り戻さなくちゃ…

ともかく、横断歩道の「白」には気をつけましょう!

ワインを学ぶ

おはようございます。千葉(有美)です。

のんびりだらだら過ごしていると、あっという間にもう1月も1/3が終わる~!

年々、時間の経つのが早く感じるお年頃なので、忙しい師走も終えてきたのに気ぜわしい・・・

さて、新年を迎えいろんな19の目標を立て、そのうちのひとつに、新しく資格取得を掲げました。

今回、取得を目指す資格は「ワインエキスパート」。ソムリエ!と言いたいところですが、受験資格を満たしていないのと

満たしたとしても、絶対、受かる自信が300%ないものでね・・・

野菜ソムリエプロの時も相当苦労したけど、また大変な思いしてなぜ勉強するのか?

それは、この歳になりお食事に行った際、いつも「とりあえずビール!」、と元気に言う自分を卒業するため。

いやいやいや、ビールを飲まないと言っているわけではなく、ビールのプールで泳ぎたいくらいビール大好きです。

ただたんに「大人の女性」になる!という、自分だけしかわからない「大人の女性像」を目指して!

ワインをオーダーする時に、お店の方にお任せするのではなく、自分でワインを選べられるようになりたいな~と

勉強することにしました。

夕べのオツマミは、スパークリングワインに合わせて。

そして、ワインを始めとするお酒等にも合うお料理を提案できたらな~とも考えています。

まぁ、脳トレにもなると、今年も精一杯脳を酷使していきたいと思います!

どうなることやら!?

浮世絵鑑賞はいかがですか?

年も改まりましたが、皆さんはどのようなお正月を過ごしたのでしょうか?

いま北網圏北見文化センターでは、「歌川広重-二つの東海道五拾三次-」展が開催中です。

浮世絵ってなかなか実物を見る機会がないと思いますが、江戸時代のブロマイドみたいな、庶民に身近なものでした。

今時はブロマイドもないので、今のインスタって言うこともできるでしょうか。

ですから私たちが見てもとってもわかりやすいものなんです。しかも、今回展覧会、東海道の風景で一世を風靡した歌川広重の絵が展示されています。

しかも、保永堂版と丸清版、2種類の五十三次が並べて鑑賞できるんです。版というのは、版元、出版社のことですね。広重は最初、保永堂から東海道五十三次の浮世絵を出版して有名になります。その後、版元を丸清に変えて、また違った風景を描いています。

歌川広重の名前を知らなくても、浮世絵で雨が降る街道を傘や蓑をかぶって走る旅人の姿を見た方も多いのではないでしょうか。

これだけ名の知れた画家の本物の浮世絵を見ることはなかなかできないかもしれません。土曜日、11日午後2時からは学芸員による、ギャラリートークもあります。ただ見るより説明を聞くとより鑑賞が深まりますよ。観覧料は一般800円で2月9日(日)まで開催しています。お勧めなのでぜひご覧ください。

ギャラリートークの様子。実際の絵の前で丁寧に説明してくれます