お盆の海

こんにちは。金曜日(さ)です。

台風が近づく北海道です。

朝は晴れ間もありましたが、午後からどんより曇って、

時々小雨がパラついています。

風も強めで、家の周りを片付けたりしていました。

これから暴風雨が強まるのでしょうか。

 

 

常南ビーチ@北見市常呂町

 

 

 

 

 

 

 

 

これは昨日15日。

今日とは打って変わっていいお天気で、

常呂町の常南ビーチへ海を見に行ってきました。

バーべキューをしているグループ、波打ち際で遊ぶ親子連れ、

けっこう賑わっていました。

午後だったせいもあって、泳いでいる人はいませんでしたね。

私は道南の海岸育ちですが「お盆の海には入るな」と

子供のころから、うるさく言い聞かされてきました。

遊泳禁止の赤い旗が今でも目に浮かぶようです。

常呂町ではお盆に合わせて「ふるさとまつり」も開催されるようで、

帰省した人で街の人口が増えてる感じでした。

 

かもめの玉子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カモメも喜んでるのかな。

大空を飛び回っていました。

ではでは、台風10号の被害が出ませんように!

何事もなく、早く通り抜けてほしいですね。

8月16日(金)、みんと休刊日です

本日は休刊日となっております。

次回の発行は8月22日(木)となりますので

よろしくお願いいたします。

※「ユリアの星占い」は8月9日に2週間分を掲載しました。

今年の夏キャンプ

お盆真っ只中、皆さんいかがお過ごしですか?

私、千葉(有美)は、今年はこちらでおとなし~く関東圏内「筋トレ」するか「食べる」か…

ウロウロ、うだうだしながら過ごしています。

それでもせっかくの連休ですし何かしらしなくては!と、ギリギリでキャンプサイトに予約を入れ

台風の様子を見ながら11日12日に、神奈川県小田原市へ夫と二人キャンプへ行ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お天気は青空全開!気温も35度越え!台風の影響で海沿いのキャンプ場につき、波もサーフィンできるかのような高波。

遊泳禁止なので波の音だけを満喫。キャンプ日和になりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、我が家のキャンプですが、もうかれこれ23年以上でしょうか?

私自身も子供の頃から親に連れられて夏休みはキャンプしていた家だったので、お外遊びは大好き。

自分が家庭を持ち子供も1人増え2人増え、3人増えと外遊びが楽しくなってくると、俄然やる気も出ます!

北見に住んでいた頃は、夫が行けなくても、私1人で子供を連れてキャンプに行くことも多々あったりと

短い北海道の夏を楽しんでいました。

そんな子供たちも大人になり、今となっては老後の2人生活の練習なのか!?と、思いながらも

夫とキャンプに出掛けます。そうはいっても今年はキャンプばかりではなく富士登山にチャレンジしたり、

何とか時間を作ってやっとゴールデンウィークのキャンプに続き今シーズンは2回目。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のキャンプは久々に手抜きキャンプ飯。

いつもは「何を作ろう?」と段取りに時間をかけて抜かりなく出かけるのに、まぁ「雑」。

調理っていう調理をしない!びっくりするくらい調理せず、焼肉にして、燻製作ったくらい。

包丁なんて翌日の朝、コーヒーの袋を開けるのに使ったのが初めてで、ダッチオーブンでパンを焼こうと思ったけど

お肉が余っているからと、朝からまた焼肉。

これは今年のゴールデンウィークキャンプ飯

こちらはこのお盆のキャンプ飯  燻製いろいろ

う~ん、今は流行りの「映える」とは無縁なキャンプ飯。

でも、長くキャンプしていると毎年思うけれど、リビング仕様のそれこそ「映える」キレイなキャンプも素敵だけど

「いかにキャンプ道具を減らすか」これに尽きるようになってきました。

我が家も荷物は、減ってきたとは思うけどまだまだ。

「ワイルドにコンパクトに!」これが目標!

さて、本州はまだまだ暑い夏が続きます。あと何回キャンプに行けるかな?

五所川原立佞武多 

先週、青森市のねぶたの様子をお伝えしましたが、実は五所川原もついでに行ってきました。

五所川原のねぷたは、立佞武多(たちねぷた)です。大きなもので高さ20メートルを超えるねぷたがいくつも街中を練り歩く姿は、異様というのか、なんか「ビルの街にガオー」って感じの大迫力でした(古すぎる・・・)。

五所川原の立佞武多。建物の間を練り歩く姿が圧巻です

ねぶた(ねぷた)は青森県内(元津軽藩の地域)の各地で行われていますが、昔は各地で大きさを競ったりしていたそうです。しかし、それがだんだん、道幅の関係や電線、その他の事情などで大きさが決められ、それぞれ今の形になったそうです。

ところが五所川原市で昔のねぷたの設計図が発見され、それをきっかけに1998年に有志が再現し、街も電線を地中化するなどの地域の努力もあって再び昔のような面影を取り戻したそうです。

五所川原のねぷたには、背の低いねぷたもありました

ところでねぷた(ねぶた)の掛け声は、それぞれ各地で違うということを知っていましたか? お囃子の調子も違うのですが、青森のねぶたは「ラッセラー、ラッセラー」。これは有名ですね。ところが五所川原では「ヤッテマレ、ヤッテマレ」。昔はねぷたの張り合いでけんかもよくあったそうで、その名残だと言われています。因みに弘前のねぷたは「ヤーヤドォー」で、斜里町の知床ねぷたもこの掛け声ですね。

それぞれ見ていると、弘前ねぷたは出陣前の緊張感、五所川原は戦いの最中の高揚感、青森ねぶたは凱旋の喜びを表現しているように、私は思いましたが、どうでしょうか。

五所川原の立佞武多は、高さも迫力ですが、囃子や踊りもいちばんはげしい感じで、規模こそは青森、弘前に負けますが、お勧めです。

 

 

 

, , ,

伝えるって難しい。

友人の誕生日に外食をすることになった。

自分は行ったことのないお店。
 

 

 
友人からお店のリクエストがあった際に、
「なんだか気難しい店主みたい」と注意喚起があり、
少しの嫌な予感と、大きな期待を胸に、
席の予約のために電話してみました。
 

 

 
「席の予約をお願いしたいのですが」
『うちの店を何で知りましたか?』
(え?いきなり?希望の日にちと人数じゃないんだ…)
 

 

「Facebookです」
『どこからつながったFacebookですか。その人のアカウントを教えてください』
「エリアを紹介している個人の方のアカウントですけど…。今はわからないです」
『その方はうちのお店に来たことはありますか』
 
…知らないよ、そんなこと。
と言いたい衝動を抑えつつ、対応。
 
 

『SNSに載ってたあれを食べたいとリクエストされても、
一人でやってるし材料の用意があるかどうかもわからないから
急に出せと言われても難しいんですけど。』
 
とちょっと上から言われ、
(あー、いつもの私ならとっくに切れて、じゃぁいいですっ、
って電話ガチャ切りしてるなぁ)ともうひとりの
(柊)が冷静になっていたり。
 
 

一人当たりの予算と
苦手食材をあげて、
組立はシェフにお任せする旨を伝えて。
 

友人からのリクエストじゃなければ、
まぁ間違いなく途中離脱していたでしょう。
 
 
まさか
日にちと人数と名前と連絡先を伝えるまでに
15分以上もかかるとは。
 
 
いや、アレルギーとか、苦手食材とか、
特別なセレモニーで込み入った内容とか、
そういうのならわかるのですが。
 
 
友人には、
「ちょっとー、あんたのリクエストしてきたお店、
ちょーっっっ面倒だったんですけどっ」
と一言モノ申したら、
ゲラゲラ笑いだす始末。
 
(あー。知ってたのか…)
 
 

とりあえず第一関門をクリアしたので、
本丸に攻め入るのが楽しみでなりません。
 

オホーツクは早くも収穫の秋!?

こんばんは。

先週までの暑さはどこへやら?今日も肌寒い1日でした。

もう夏は終わっちゃったのかなと思いましたが、

今週末にはまた暑くなりそうです。

寒暖の差が激しいので、体調管理には気を付けてくださいね。

 

さて、ここ北見では、日本一の生産量を誇る玉ねぎの収穫が始まりました。

 

今日は私もちょこっと時間ができたので、

知り合いの農家さんのところに朝から収穫のお手伝いに行ってきましたよ。

今日の作業は、畑から拾い上げた玉ねぎの茎と根をカットしながら、

規格外だったり傷んだりして商品にならないものを撥ねるというもの。

機械の前に立って、流れてくる玉ねぎをひたすら見続けて

ハサミを片手にずっとチョキチョキやっていました。

 

実は、GW時期の苗植えの時にもお手伝いに行っていまして、

それから約3カ月。

とても小さかった苗が、立派な玉ねぎになったのを見て、

なんだか感慨深いものがあります。

植えただけでその後の草取りなどは一切やっていませんが、

それでも収穫の喜びを味わえるのですから、

農家さんはきっとこの収穫の時期を心待ちにしていたことでしょう。

 

これまで、家庭菜園で野菜を育てたことはありますが、

農家の方たちがどんな風に育て収穫しているのかは、

まったく知りませんでした。

こうやって農作業体験をしてみると、

今までは「玉ねぎの収穫作業やってるな」ぐらいにしか思わなかった作業風景も、

また違った見え方をしてきます。

 

朝からずっと立ちっぱなしだったので疲れましたが、

とても充実した楽しい1日でした。

小野伸二選手、ありがとう!

こんばんは!8月2回目の日曜は微妙なお天気。

先週までの「暑さ」はどこへ行ってしまったのでしょうか…。

朝晩の冷え込みにストーブが恋しくなるのは私だけ?

確か、先週の日曜はクーラーと扇風機の両方を使っていたような。

北見の夏はもう終わったのかな?(笑)。

 

昨日、8月10日は北海道コンサドーレ札幌にとって特別な日でした。

昨年現役を引退した闘将、河合竜二の引退ゲームが行われたのと、

6年間、コンサをけん引してきた小野伸二がラストゲームを迎えました(涙)。

報道などでご存じとは思いますが、小野選手は沖縄にあるFC琉球へ

完全移籍が決まり、コンサドーレの選手としてゲームに出場する

機会が昨日が最後でした。控え選手としてベンチ入りはしましたが、

残念ながらゲームへの出場機会は巡ってきませんでした。

 

小野選手を初めて見たのは、恒様(宮本)ファンの友人の付き添いで

大阪へガンバ大阪のゲームを観に行った時でした。

当時、浦和レッズに所属していて、私が宿泊するホテルがレッズの

宿舎だったらしく、チェックインの時にレッズの選手と遭遇。

選手が乗ったバスがホテルの前に居て、ふと見ると小野選手が…。

バスが出発する瞬間にファンの方を見て、軽く挨拶をしていました。

その姿がキマッていて、思わず「カーッコイイ!!」。

 

2006年の写真です。

カメラの性能もあまりよくなく

その上、遠かったのでボケ気味。

それでも、若いのがわかりますね。

 

 

 

 

 

 

コンサに来てからは、ドームに行くたびに姿を見かけました。

取材する機会はありませんでしたが、カメラを向けると気づいてくれて

目線を送ってくれるんです(残念ながら画像は載せられませんが…)。

人柄の良さが伝わってきて、大好きな選手になりました。

なので、私のPCの中には小野伸二選手の写真がいっぱい(笑)。

 

今年のみんとの新年号の「ご挨拶企画」にも登場してくれましたよね。

小野選手がいなくなるのは、本当に本当にさみしいです。

これから沖縄で活躍してくれることを祈るばかりです。

そんな小野選手の人柄が垣間見える動画がこちら。

「小野伸二に聞きたい44のこと」

青い所をクリックすると、動画がみられます。

セレモニーの記念写真はこちら→ココ

昨日の夜は、セレモニーの動画などを見ながら涙ぐんでいました。

 

またいつか、北海道に戻ってきてくれるといいな…。

小野伸二選手、本当にありがとうございました。

沖縄でも頑張ってね!

キャンプにおすすめ!

こんにちは、(榛)です。

お盆休みに入りました。

普段の行いが悪いせいなのか、雨女だからなのか、

星空ウオッチングキャンプを計画していましたが

断念せざるを得ないお天気です。

お盆中はどうも雨のよう、上がっても星は見られないかもしれませんね。

 

 

以前から一人でも「ヤレル」と、手応えを持っていたキャンプ。

youtubeを見ればカワイイ女子が一人でキャンプを楽しんでいるし

かわいくはないし女子でもないけど、これはブームに乗ってみるか(笑)

というわけで、久しぶりにキャンプ道具を出して

(最小限に絞ってチョイス)

キャンプ用具

 

 

 

 

 

 

あとはテントの設営を予習(忘れていると思うので)を兼ねて虫干し・・・

なんて準備をしていたのですが残念です。

どこかでリベンジできるといいと思っています。

 

 

キャンプ道具といえば、

私がこれは便利!と思っているものがひとつあります。

それは以前も紹介したかもしれませんがこのミニスノコ。

 

ミニスノコ

 

 

 

 

 

 

A4ファイルサイズ程の大きさなのですがこれがとても便利です!

テント出入口に置くために買ったのですが、

例えばテントから外に出る時、

通常、外にある自分の靴めがけて足を伸ばして靴を履くわけですが

案外不安定でふらついて、もう片方の靴を踏んでしまってありゃありゃりゃなんてことに。

なんなら地面に一旦降りてしまって、結果、足が汚れてしまい

そうなるとテント内にも砂や土が入りこみ、若干ブルーな気持ちになって・・・。

それがこのスノコで解消できるのです。

前室があるような大型テントには必要ないかもしれませんが

2人用など天井が低いテントは特に、

立つ場所があるだけで出入りしやすくなるのです。

テントを使ったことがある人なら出入りの際の「一歩」わかりますよね?^^

 

しかもこのスノコ、小さくてかさばらないからどこへでも持って行けて、

たとえば水遊びして足を洗う時や濡れた足を拭く時にも重宝。

水のポリタンクや荷物を置く台にすれば安定します。

車に積んでおけば、釣りの際の着替えとかキャンプ以外にも役立ちそうですね。

どこで購入したのかは記憶が無いですが、ホームセンターにもあるのでぜひ!

きれい好きなキャンプ女子にもおすすめです。

 

お盆中、少しでも過ごしやすいお天気になりますよーに。

映画「天気の子」でも観てこようかな。

 

では!

昨日は立秋

こんばんは。金曜日、夜になってしまいました。(さ)です。

昨日は「立秋」でしたね。

「暦の上では秋ですが…」というフレーズがつきものですが、

北見は昨日、今日と、文字通りグッと秋の気温になりました。

ありがたいですが、ほんとにありがたいですが、

「32度!34度!夜も寝苦しい」と言ってクーラーつけていたのに、

昨日の最高気温が20度、今日は16度、いきなりすぎますよね。

お風呂上り、湯冷めしそうで、ストーブに手が…我慢!

昨日、スーパーに行ったら「生筋子」が出ていました。

えっ?早くない?

近くにしょっぱい塩漬けの筋子も並んでいたので、

「生筋子」という3文字をマジマジと見てしまいました。

100グラム700円弱という高値でしたが、

お盆の帰省子用に少し買って、醤油漬けを作りましたよ。

秋だなあ。

 

水滴を拡大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレ、何だ?

 

葉っぱの水滴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮の葉にたまった水玉です。

「表面張力」という4文字の熟語が頭に浮かびます。

 

北見市小泉ハスの池

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北見市小泉にある日本最北のハス池です。

雨の中、見物客が訪れていました。

 

蓮の花と蕾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蕾とお花。

蓮の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花のアップ。

はちす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花が終わった後の「はちす」。

蜂の巣のようだから「はちす」。

これが大和言葉の「はす」の語源らしいですよ。

 

それでは、風邪などひかぬよう、よいお盆をお迎えくださいませ。

北見市ほか1市7町に配布 みんと8月9日(金)号を発行しました

新年号に登場していただいた北見北斗高校クイズ研究会が再び紙面に登場!

クイズ企画 夏休みスペシャル「高校生からの挑戦状!!」を掲載しました。

全4問、お楽しみください。

中面には漢字クイズも掲載していますので

連休中にゆ〜っくり楽しんでいただけると嬉しいです。

 

なお今号の「ユリアの星占い」は

2週間分の占いとなっていますのでご注意ください。

※来週8月16日(金)は休刊させていただきます。