ときわ公園に白鳥飛来

こんにちは。金曜日、(さ)です。

「北海道に史上最強クラスの寒波襲来」と言われていてビビッてましたが、

先ほど編集部へ行くため外出したら、意外と普通でした。

「今日は寒いね~」程度。

風がなかったせいかなと思います。

今ふと外を見たら、吹雪いています!

今日の最高気温予想は北見市マイナス12度とのこと。

マイナス11度か12度、そんな感じでしょう。

明日の明け方の最低気温予想はマイナス25度になってます。

気象庁HPの過去の気象データ(1976年以降)を調べると

最高気温で一番低いのは1978年2月17日のマイナス14.4度。

また最低気温で一番低いのは1978年2月17日のマイナス30.9度。

なるほど、同じ日に出てるんですね。

その時も最強寒波が襲来したんでしょうね。

家にいれば暖房があるので、何とかなりますが、

何事もなく平穏無事に、今日が過ぎますようにと祈るばかりです。

 

 

 

ときわ公園1

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、5日(火)の北見市ときわ公園です。

池の凍っていない場所に、鴨(カルガモ、たまにマガモも)は前からいましたが、

白鳥が2羽加わりました。

シベリア方面から寒さを避けて飛来してきたのでしょうが、ここも寒いでしょう?

でも、シベリアはこんなもんじゃないんでしょうね。

 

 

ときわ公園2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ときわ公園3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、柔道の松本薫(かおり)さん引退しましたね。

実はファンなので、昨日の引退会見を動画サイトで見ましたが、

すっかり表情が和らいで、柔道やってる「野獣」のときとは大違いでした。

「本日は寒…くない中…、お忙しい中、ご足労いただき誠にありがとうございます」とか

「第2の人生…アイスクリーム作ります」とか

面白かった!

昨年の試合中、「もう勝ちたくないと思った」という言葉が印象に残りました。

「野獣」スタイルを作るのにものすごく力が要るとのこと。

やっぱり、あれは「素」じゃなかったんですね。

「優先順位の一番が柔道より子供になってしまった」ということで、

子育てしながら「野獣」を作るのは難しいとのこと。

そうでしょうね~と頷きながら、拝見しました。

第2の人生も、第3の人生も、第4の人生も、お幸せに!

ふと、自分は今「第何の人生」にいるのかと思いました。

皆さんはどうでしょう?

北見市ほか1市7町に配布 みんと2月8日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました。

今週の表紙面は「あったかメニュー」。

寒いこの時期にぴったりの

北見市内5店舗のおすすめあったかメニューを紹介しました。

ぜひお店へ食べに行ってくださいね!

読者のお便りでつくるページ「みんとくらぶ」も掲載しました。

今週もお手元に「みんと」を

よろしくお願いします♪

たまに野菜

 
先日、都内のイトーヨーカドーの野菜ブースを覗いてみたら

珍しいスプラウトを発見しました。

ブロッコリーやマスタードのスプラウトなどは、よく見かけるようになりと大分身近な食材に

なってきたように感じます。そんな中、目にとまったのが「アマランス」と「ロックチャイブ」。

このビビットな色合いのが「アマランス」。スーパーフード雑穀のイメージがありますが

こうして発芽させてスプラウトとして商品にもなってしまうのね~!と驚きです。

もうひとつが、先端についている種皮が「石」に見えることから

その名前がついた「ロックチャイブ」。今朝の朝食スクランブルエッグにのせてみました。

いろんなスプラウトがありますが、少量すぎて栄養価が高くてもなかなかこの食材をメインにしたお料理を

作るって大変です。もっぱら私は「彩り」に使うことが多いので今回も彩りに。

先日、都内にて野菜直売所散策していて見つけた茨城産の「サラダほうれん草」で

「生ハムとほうれん草のサラダ」の彩りに盛り付けてみました。

 〇カロテンやミネラル豊富な緑黄色野菜の代表の「ほうれん草」は、
  夏のほうれん草と比べて、冬の露地ものは栄養価も高く、甘くて美味しいんですよね。
  「サラダほうれん草」は、生食用に改良された品種、また水耕栽培されたものでアクが少なく柔らかいので
   サラダにおススメです。

●生ハムとほうれん草のサラダ

【作り方】
食べやすい大きさに切ったり、ちぎったり、割ったり

【材料】
サラダほうれん草・・・一束
生ハム・・・適量
プチトマト・・・4~5個
クラッカー・・・3~4枚

(ドレッシング)
赤ワインビネガー・・・大さじ2
オレンジオリーブオイル・・・大さじ2
ハチミツ・・・小さじ1
粒マスタード・・・小さじ1
粗挽きコショウ・・・適量

※ビネガーは普通の白でもok、なければレモンやお酢で代用可
オリーブオイルでもok
 自分好みの味に調節してね

北見市ほか1市7町に配布 みんと2月7日(木)号を発行しました。

木曜号を発行しました。

表紙面は、「La Joie de vivre〜オホーツクで輝く女性たち」で

編み物講師の近藤美和子さん(北見在住)に登場していただきました。

中面ではパズルタイムをはじめ

イベント情報に、コラム「ロシア通信 サハリンよりプリヴィヤト」を掲載しました。

白花豆を使った料理

いやあ、今年は昨年に輪を掛けて寒かったですね~、厳寒の焼き肉まつり。

その様子が道新ウェブで動画で上がっています。会場の盛り上がった様子がよく分かりますので、興味のある方はご覧ください(↓)。

https://www.hokkaido-np.co.jp/movies/detail/5998052382001

さて、先週金曜日に発行のみんとも豆の話題でしたが、白花豆料理コンテスト、1月いっぱいで締め切りました。応募がどれくらいあるか心配していましたが、なんと33通も応募がありました!ありがとうございます。

そして、今日、審査会があります。どんなレシピが集まっているか、いまからわくわくしています。

レシピの中から数点に絞り、3月2日のみんとまつりで実際に調理してもらい、優勝ほかを決めることになります。

で、審査するからには、自分も白花豆を扱ってみないとわからない、ということで、また白花豆料理にチャレンジしてみました。

カレーはぐずぐずになっていまいちだったので、コロッケにしたらどうだろうと思い、作ってみましたが、固めにゆでてしまい、必要以上にほこほこして食べにくいものになってしまいました。また、一つ一つが大きすぎたのか、揚げも失敗。衣が破れたところがあって、写真は撮らずじまいです。

次にトライしたのか、チリコンカーン。一応、写真に耐えられそう(?)でしたのでアップしてみますね。本当のこと言うと、今度はちょっと煮過ぎた感じでした。もう少し固めでもよかった。

白花豆、なかなか難物ですが、豆自体がやわらかいのでいろいろ応用が効きそうです。

チリコンカンの作り方(3~4人分)
①白花豆(200g)を水につけ(1昼夜)、その後、塩少々を入れた水で40分煮ます
②たまねぎ(1個)をみじん切り、ベーコンをお好みの量で一緒にいためます
③刻んだ缶のホールトマト(2個)を加え、お好みの出汁(200ml)を加え、白花豆を加えて煮詰めます
④お好みの辛さに、チリペッパーを投入。さらに煮込んで水分がなくなったところで出来上がり

, , ,

いよかんの皮で。

 

 

 

 

 

 

 

伊予柑がひと箱手に入ったので、
10数個をお福わけし、
残りをおいしくいただき、
むいた皮をピールにしてみました。

昔、実家に植えてあったユズを使ってピールを作ったときは、
かなりの回数茹でこぼしたのにもかかわらず、
出来上がりが苦くて、美味しくできたとは言い難く、
今回の伊予柑もあまり期待はしていませんでした。

とはいえ、レシピサイトをのぞくと、
伊予柑はほかの柑橘類に比べ苦みが少ないとのこと。
口コミを信じてこしらえてみました。

時間はかかるけど、作り方はいたってシンプル。
表皮を綺麗に洗って、2~3回茹でこぼし、
5ミリ厚くらいに切って鍋に戻し、砂糖を何度かに分け煮るだけ。
これを2日に分けて作業して、網の上で乾かしたら出来上がりです。

画像は1日目の煮ている様子。
上手に乾いたら、チョコレートでコーティングして、
オランジェットに仕上げようと思っています♪

うまくできたらバレンタインに甥っ子に贈ろうかな。

北見冬まつり終了!

週の始まり月曜日♪

2月に入り「冬本番!」と思ったら・・・

今日の北海道はプラス気温多し!です。

ここ北見市は最高気温4.1度。(!!)

日頃は寒いと文句ばかり言っていますが

季節に外れた暖かさには不安になりますね。

 

さて、先週末は北見冬まつりが行われました。

晴天!まつり日和。

天候にも恵まれてたくさんの市民が楽しんでいました。

カーリングの体験コーナーが新設され

子どもたちが楽しそうにチャレンジしていました!

手前は北海道新聞社賞!

北海道新聞社が協賛している「北海道氷彫刻冬季北見大会」。

氷が晴天の空に映えて美しかったです!!

どうしん電子版会員10万人突破記念選べるプレゼントキャンペーン!

こんばんは!2月最初の日曜は、節分です。

金曜号の「お豆の豆知識特集にもあったように、今日は豆まきをして

邪気をはらって福を呼び入れる日です。

大きな声で「鬼は~外!福は~内!」と言いながら、豆まきをしてくださいね。

 

さて、今日は長~~~いタイトルにあるように、どうしん電子版のお知らせです。

昨年11月から新しくなった「どうしん電子版」の会員が、10万人を突破しました~。

(パチパチパチパチパチ~♪)すごいですよね~10万人って!

そこで、北海道新聞では

「会員100000人突破!1040名に当たる 選べるプレゼントキャンペーン」を

2月28日(木)まで実施中です。(パチパチパチパチパチ~♪)

賞品も、お子さんに人気の「任天堂スイッチ」や大人?が欲しい「ハズキルーペ」、

電子版を見ながらおいしいコーヒーが飲める、「デロンギのコーヒーメーカー」と豪華。

外れた方にも、Wチャンスで「Amazonの商品券500円分」という大判振る舞い!

すでに会員の方はもちろんですが、まだ登録していない方はこの機会にぜひ!

詳細は次のとおりです。

 

<応募対象>

①現在、どうしん電子版会員の方(1世帯1回)

②期間中、新規でどうしん電子版会員登録をされた方

※いずれも北海道新聞本紙のご購読(3ヵ月)が条件となります。

新規ご購読を希望される方は、お近くの販売所またはWEBでお申し込みください。

<応募方法>

キャンペーンのホームケージから申し込みができます。

ホームページはコチラ→ココ または、下のチラシの2次元バーコードから。

<応募締切>2月28日(木)

<当選発表>

厳正なる抽選の上、当選発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

賞品の発送は3月中旬~3月末を予定しています。

懸賞チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さ、私も応募しようっと・・・って、何にしようかなぁ~(笑)。

凍る!燃える! 第20回北見厳寒の焼き肉まつり  

 

こんにちは。(榛)です。

根っからのお祭り好きなのか、

それともDNAレベルではまだよそ者気質なのか、

「わざわざそんな寒いところに出向いて~バカじゃない?」

と言われてもやっぱり行ってしまいました。

昨夜は「北見厳寒の焼き肉まつり」に友人と2人で参戦(参加?いや参戦)。

 

闘いは序盤から。

家を出る時にご近所さんとの遭遇。

「あら、あんなに厚着して。きっと焼き肉まつり行くんだわ、この寒いのに・・・」

という(言ってないかも)視線を軽くかわしてバス停へ。ここはまだアウェイ。

 

バスに乗り、シートに座ると

お尻に貼った2個のカイロの感触を確かめること数分で駅到着。

新しくなった駅前のバスロータリーに初めて降りました。

ちょっと都会的になった北見駅に感動したのは

空気が澄んでいたせいかも。

(ぷぅ)が紹介していた「ロコ・ポス」は軽くスルーして

「みんとロード」を渡れば・・・もうそこはホーム。

焼き肉まつり参戦組がウロウロしています。

 

 

今年は記念すべき20回目。

2000枚のチケットは早々に完売と聞いていました。

今回、入場口が設けられ、チケットと肉を交換した上で入場証シールを体に貼るスタイルに。

北見厳寒の焼き肉まつり

 

 

17時30分、2人の宴がスタート~♪

まずは飲み物を。と選んだのはオホーツクビールのホットビール「メイプルなんチャラ」。

甘みが強くてコクがあって・・・(正直そんなに味わってもいられず、ただただ温かい飲み物に感謝しながら)

かんぱーい!

 

 

 

 

 

北見厳寒の焼き肉まつり

肉を焼くのには手袋が邪魔で、でも外すと凍傷になりそうなほど冷たい。

手袋外す、肉を焼く、鼻をかむ、肉食べる、手袋はめる。

ルーティーンができつつあるころ

友人は引き続きホットビール。私は缶ビールに変えて(さらに手が冷たい)

ひたすら肉を頬張ります。

 

 

 

 

 

 

ステージではプロの女性歌手が歌を披露。

その歌詞に「・・・心も凍る~」とあって、2人でくり返しては大笑い。

タレもビールも、気付けば焼いた肉も凍っているけど楽しくて、

これは寒いのさえ耐えられれば、じっくりここで飲むのも案外OK?

と、脳内がハイになってきて・・・(友人曰く「八甲田山だ」)

じっくりやるなら、ホルモン!

コロコロ焼きながらちびちび飲むのも良いよねってことで

ホルモンを網一杯に投入。

最初は良い感じになっていたのだけれど・・・

気付けばご覧の通り。

北見厳寒の焼き肉まつり

「炎があるとあったかいね~」

からの、

「ホルモンが!炭になっちゃう!汗」

という慌てぶり。

結果、2人分のホルモンが・・・残念なことに。

 

 

それでも過去6回くらい参加のうち滞在時間は最長。

食べた肉の量も最大で開場を引きあげるころには満腹に。

気温はマイナス10.9℃程度でしたが

それ以上に寒く感じたのは例年よりも空席が目立ったせい?(私見です)

時折吹く風もいつもなら人が壁になって遮られていたような気がします。

まあ、これだけインフルエンザや風邪が流行していたら

あえてわざわざ寒い中に身を投じるのは敬遠しますよね。

キャンセルが多かったのか、これまでは入場券なしでの来場者が多かったのか・・・さて?!

 

北見厳寒の焼き肉まつり

半月ほど前に風邪を引いて以来、咳が止まりませんが

どうやら「後鼻漏」からくるものらしいです。

もともと慢性鼻炎気味なので。

鼻うがいをしてみたりしています。

流氷接岸、初日は迎えましたが…

おはようございます。(さ)です。

2月になりましたね。

「1月は行ってしまった、

2月は逃げてしまった、

3月は去ってしまった」

この時期になると、頭に浮かぶ言葉です。

4月になってから、浮かぶよりはいいかな?

モロモロ手遅れにならないよう、がんばりましょう!

* * * * *

さて、3日前の1月29日(火)、網走で流氷接岸初日が出ましたね。

ニュースで見たら、網走はいいお天気で、

観光客の皆さん、喜んでましたね!

あの日、北見は雪でした。

2回雪かきして大汗かいたので、覚えてます。

翌日の30日(水)、北見もパーッと晴れたので、

ひとっぱしり見に行ってきました(夫が…)。

 

まずは常呂。

 

ところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常呂の海

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常南ビーチの岩に流氷の欠片(かけら)?

それとも積雪?

流氷は見えませんね。

オオワシがいたそうです。

 

 

 

ノトロ岬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能取岬への道。

灯台の向こうに白線が…

 

流氷@ノトロ岬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、接岸はしていなかったそうです。

 

 

北浜

 

 

 

 

 

 

 

 

北浜の「およがないで下さい」の看板のところ。

やはり沖に白線ですね。

 

北浜から知床をのぞむ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜に下りたら、流氷の欠片がゴロゴロ。

遠くに知床連山が綺麗に見えたそうです。

* * *

このように、「流氷接岸初日」は出ても、

風次第で、次の日にはどうなっているのかわからないのが流氷ですね~

ではまた♪