ツイッター始めました

どうしん情報紙 みんと で、ツイッターを始めてみました。
https://twitter.com/doshinmint

よろしくお願いします<(_ _)>

みんとまつり

大勢の方のご来場ありがとうございます。

ミントリガー登場

未公認ヒーロー、ミントリガー登場

みんとまつり

みんとまつり開催です。

ぶんちゃんハッピを探せ!

おはようございます。(榛)です!

 

いよいよ本日、「みんとまつり2019」の開催となります。

朝から会場で準備して、皆様のお越しをお待ちしております。

みんとまつり2/28号

 

 

 

 

 

 

おととい発行の「みんとまつり特大号」はご覧いただけましたか?

大抽選会に参加できるスタンプラリーの台紙が付いているので

ぜひ会場にご持参ください。

ステージのタイムスケジュール、会場のご案内なども盛り込まれているので

あると便利ですよ。

1面には、北見バスの時刻表を掲載していますので参考にしてくださいね。

 

 

さ~て、私もみなさんにお会いするために、

ドレスに着替えて・・・、ヘアも整えて、メイクアップしなくっちゃ!!

 

な~んてね。裏方なので必要ないですね!(笑)

ぶんちゃんのハッピを着ている中に私も紛れています!

会場で探してみてね。

見つけた時の合言葉は・・・。

 

 

 

「髪切った?」

 

 

 

タモリさん風でお願いします!(笑)

 

 

 

みんとまつりで会いましょう♪

設営完了
2時間ほど前に、端野町公民館で会場の前日設営を終了しました。

編集部もみんとショップを開店し、遠軽町白滝のfu-soraのパン、

夕陽ヶ丘ベーカリーさんのパンにツムラさんのツムラーメンを販売します。

明日はたくさんの笑顔に会えますように!

私たちにぴったりの美しいお花

かつてみんと担当(ど)であり、みんと麻雀クラブ(!)の師匠でもあったH氏からお花が届きました!!

設営時、店名ポップを貼る時に「ここに師匠がいてくれたら・・・・!」と

編集部一同しみじみとしました。(背が高いのです)

師匠の分まで明日、がんばります!!

北見市ほか1市7町に配布 みんと3月1日(金)号を発行しました

金曜号を発行しました。

今号では明日開催の「みんとまつり」をもう一押し、紹介しています。

ステージのゲストはお笑い芸人「アップダウン」のお二人をはじめ

みんとまつりではおなじみスマイルファクトリーレインボーバルーンさんや

鳥戦士ミントリガーほか、楽しい催しを予定しています。

昨日のFMラジオ・エアジーの番組「アップダウンのトークイリュージョン」では

みんとまつりの告知をしていただきました!!

たくさんの方々のご来場をお待ちしています。

今日は午後から編集部総出で設営に行きます!

北見市ほか1市7町に配布 みんと2月28日(木)号を発行しました。

みんとまつり特大号を発行いたしました!

来てね!

ついに明後日の開催となりました。

ステージ、おすすめブースや体験コーナー

北見北斗高校クイズ研究会による「ひらめきクイズ」、みんとの人気コーナー「漢字クイズ」の

クイズコーナーほか、もりだくさんの内容を準備しお待ちしておりますので

ぜひ、端野町公民館へお越しください!!

また今号ではアップダウン竹森巧さんの連載コラムも掲載しました。

アップダウンのお二人は今回もみんとまつりでライブを行います!!

二月も終わりです

 こんばんは、有美です。

なんだか今日はもう二月最終日ですよ!皆さん気づいていましたか?

今から言うのはなんですが「今年もあと10ヶ月ね~」この間、お正月が終わったばかりの

気がして、歳をとったのでしょうか、一日があっという間に終わって、1ケ月もあっという間に

終わってしまう気がします。それこそ年頭に掲げた目標が達成できるのか、今から不安を感じています。

ここで気を引き締めないと!

そんな私の目標のひとつ「懸垂を3回できるようになる」が、足踏み状態。

昔、子供の頃に自宅に懸垂用ではない「ぶら下がり健康器具」があったような・・・

気が付くと洗濯物が干されていた・・・時おりぶら下がってみるものの、

懸垂ができたことがあったかどうかも記憶にないけど・・・

去年の年末に「出来るであろう」とジムでやってみたところ、

全く体がもち上がらなく、だったら逆にバーより上で顔をだしたところでキープする。

それすら力尽きて囚われた宇宙人のようにダラ~ンとぶら下がって終わるのが現在の状況。

「懸垂」を安易に考えていた。お世話になっているパーソナルトレーナーに聞いても、

女性はなかなか懸垂出来ないようだ。だからこそ出来るようになりたい。

綺麗な背中になるんだ!と、日々練習に励んでいます。

お陰様で、まだ出来ませんが、あらゆるところに力を入れすぎて訳わからず練習する度に

あちこち体の部位を傷めています。今は左手の小指から肘までが負傷中。

そこで、早く練習を再開できるよう、魔法のグリップを用意しました。

「引く、押す」の動作がラクに出来る、手首に固定して、舌のような面をバーにかませて使う。

なんて素敵な小道具なのかしら!

だからといって、まだ1回も自力では懸垂できません。

背中、肩甲骨周りの筋肉を使うのが下手で更には、弱いそうです。

そうだろうね~使えない。使わない部位ほど、たっぷりと脂がのりますもの。

そんな美味しそうな背中も最近では、逆三角形に近づいてきて、あとは厚みをとって

懸垂達成を目指すだけ。

いつかそんな日を夢見ています。

懸垂の練習をしていてわかったこと。

「自分の体重って思いの外、重い」ということ。

皆さんも、どこかしらぶら下がれるところがあったら、試してみてください!

意外と上がらないから~。

懸垂ができなくても生活には支障ありませんけどね・・・

湧別原野オホーツククロスカントリー大会

2月24日の日曜日には、遠軽町、湧別町で湧別原野オホーツククロスカントリー大会が開催されましたので行ってきました。

今年でなんと34回目。1000人を超える参加者が80kmを最長とする湧別川沿いの雪原を駆け抜けました。

午後7時半に遠軽町・北大雪スキー場を一斉にスタート。80km先の湧別町・文化センターTOM(トム)にゴールしたときはみなさん、疲労困憊でした。

でも、地元のみなさんのサポートと、いろいろな名物の炊き出しでみなさん、頑張って走り切り、リタイヤもほとんどいなかったようでした。

でも、もっとすごい人たちもいるんです。

道新では、この年度内、クロスカントリー大会のほか「サロマ湖100kmマラソン」「ビホロ100kmデュアスロン(自転車とランニング)」で完走した人に「道新オホーツクトリプルマスター賞」を渡しているのですが、なんと今年は18人もいらっしゃいました。

最後の人はなかなかゴールせず、午後4時30分の関門閉鎖時間も心配になるくらいでしたが、はらはらしながらゴールで待っていると来ました!最後のトリプルマスターのゼッケンの方! うれしくて、特別に支社長から賞品を手渡しし、簡単な授賞式になりました。最後のトリプルマスターは、当別町から来られた方で、トリプルマスターを取るために今回、クロスカントリースキーに初挑戦したそうですが、三つの大会の中で、いちばんつらかったとのことでした。

参加した皆さん、本当にお疲れ様でした!

北大雪スキー場を一斉にスタート

一路、湧別町を目指します

, , , , ,