みんとまつり2018開催します

みんとまつり告知

紙面ではお知らせしていましたが

ブログにUPするのが遅くなり大変申し訳ありません!

あと10日後と迫った「みんとまつり」。

準備作業もたけなわです。

気ばかり焦っていますが(テンパってます)

当日たくさんの読者の皆さまに会えることをイメージして

準備に没頭しています!

詳しくは、来週3月15日(木)に発行する「みんとまつり特大号」を見ていただきたいのですが

今回のみんとまつりは(会場が変わることもありますが)

今までとはひと味もふた味も違います!!

 

今度のまつりはステージが充実。

メインゲストはアップダウンのお二人。

竹森巧さんはみんとのコラムでもおなじみですね。

ついに相方の阿部浩貴さんとお二人でみんとまつりに登場し

お笑いライブ、ぬかづけマンなど楽しいステージを見せていただきます!

もちろん竹森さんの「全国心を繋ぐ150本ライブ」もあります。(何本め?!)

 

そして紙面で、北見のご当地ヒーロー鳥戦士ミントリガーを推してきた編集部。

ミントリガー、遠軽の太陽戦士エンガイザーと紋別の砕氷船士ガリヤーとのユニット

オホーツクヒーロー連合が満を持してみんとまつりに降臨します!!(興奮してきた!)

そのほかスマイルファクトリーレインボーバルーンのパフォーマンス、

北見交響吹奏楽団クラリネット四重奏に

北海道新聞スポーツ担当記者による日ハム&LS北見裏話、

子どもたちのためのお菓子まきも予定しています。

 

3月15日(木)の「みんとまつり特大号」をお楽しみに!

 

今日は木曜号を発行しました。

表紙面の漢字クイズは(さ)の力作です!!

ガリバー旅行記?

(ど)の(ひ)です。

流氷を眺めに能取岬へ行ってきました。
見渡すかぎり、ビッシリ!の流氷に感動でした。
CMをマネた新聞投稿をマネしてみました。
やってみると、けっこう難しいですよ・・・。

世界遺産の日光東照宮を拝観。

先月、栃木に行った際に、日光東照宮を拝観してまいりました。

中学生の時に行って以来、
実に30年以上経ってからの参拝だったのですが、
そのころとは違い、いろいろな経験を積んできた
いい(加減な)大人としては、
実に興味深い内容でした。

日光東照宮に数多くある彫刻の中でも有名なのが、
「見ざる、聞かざる、言わざる」の「三猿の彫刻」ではないでしょうか。

日光東照宮には、「神馬」(しんめ)と言う神様に仕える馬がいます。
その神馬が休む「神厩舎」(しんきゅうしゃ)と呼ばれる馬小屋の屋根の下に、三猿の彫刻は彫られています。
そして日光東照宮の神厩舎には、「三猿」だけではなく、ほかにも猿の彫刻があるのです。

神厩舎を囲むように配された猿の彫刻。
「三猿」は「8面の猿の彫刻」の内の1つの彫刻になります。

まずは、母猿が手をかざして子猿の将来を案じて見ている様子と言われている親子の猿。

次に、聞かざる、言わざる、見ざるの順番でならぶ三猿。
叡智の3つの秘密を示しているといいます。
この三匹の猿はまだ幼い子ども猿。
本来の意味は、「子どものときは、世の中の悪いことを見たり、聞いたり、言ったりしないで、素直なまま育ちなさい」という教育論的なものだという説と、
大人になってからの処世術で余計な事は見たり聞いたりしても、むやみに他人に言ってはいけないと言う戒めだという説もあるようです。

その次が、座っている猿の姿。一人立ち直前の若い姿を表していると言われています。

そして、若い猿が大きな志を抱いて天を仰ぐ姿。
青い雲が「青雲の志」を暗示していると言われています。

やがて、人生に挫折する厳しさを味わっている姿で、
そんな時も励ましてくれる友や仲間が大切だと言う教え。

若い猿も恋の季節がやってきて、
物思いにふけっている状態。

やがて結婚した2匹の猿。
大きな荒波の彫刻は、これから訪れる荒波で夫婦で乗り越えて行くと言う教えを表しているそうです。

最後は、色々経験を積み、やがて大人になり、
次の世代の子供を宿し母となってはじめに戻るそうです。

8面で、ひとまわり。
猿で表現していますが、人生とは、を考えさせられる彫刻になっています。

うーん、奥が深いですよね。

明朝冷え込みます

週の始まり月曜日。

今日の道路のズブズブ具合といったら・・・・ものすごいことになっていましたが

明朝はマイナス17度とか?!

くれぐれも足元にご注意を。

車を降りるときの第一歩も、滑るのでお気をつけください!

そして軒下にも注意です。

昨日は屋根から雪が落ちて、その音に飛び上がるくらい驚きました。

雪が重た〜くなっています。

これも春を迎えるための準備ってことだと思って辛抱ですよね。

気づかなくてゴメン!(笑)

こんにちは!3月最初の日曜はポカポカ陽気。

春が来た!と勘違いしそうですが、明日もプラスの気温らしいです。

確実に春は近づいているんですね。

 

以前、私のPCで「はるがきた」と入力すると「榛が来た」と変換される

と書いたくらい(榛)が好き?なのに、昨日のブログにあった

ちょっとしたイタズラには、全然気がつきませんでした。

ゴメンよ~許しておくれ~(笑)

 

編集部は17日のみんとまつりに向けて大忙しですが、私はその前にもうひとつ

大きなこと、そう!北海道コンサドーレのホーム開幕戦が控えています。

先日、来週10日に迫った取材のために、コンサの広報担当者の方に

書類の送付をお願いしたのですが、返信メールに

「みんと編集部さんから書類の送付依頼が来ると、ホーム開幕が近いと感じます」

と書かれてありました。もはや、私のメールも季節の風物詩?になってるのかな(笑)。

2日(金)にあったセレッソ大阪戦では、0-2と先制されながら2–2に追いつき、

2-3と引き離されてもあきらめず、3-3に追いついて貴重な勝点1を手に入れました。

タイのメッシことチャナティップをはじめ、得点した3選手が全員Jリーグ初ゴール!

益々、10日のホーム開幕戦が楽しみになってきました。

 

 

この写真は札幌ドームのピッチです。

冬の間は外にあって、雪が積もるので

毎年、サポーターやボランティアが開幕にあわせて

除雪をするのですが、今年は積雪が少ないので

除雪をしなくてよいそうです。

10日はこの上を走り回る選手の姿が見られます。

 

 

 

今から楽しみだわ~!

 

 

誰か気付いて~

おはようございます!(榛)です。

3月17日(土)!みんとまつり開催に向けて

編集部は猛烈に忙しくなっています!!

 

連絡事項やら、作業準備やらでてんやわんや!

若干空回りぎみの私ですが・・・

周りのみんなが冷静なので、安心してテンパっていられますが!(笑)

 

そんな私にできること・・・と、場の空気をちょっとでも和ませられたらいいなと思い

実はあることを仕掛けたのですが・・・。

 

 

・・・・・・・・・。

 

 

これが誰も気付かない!!!

一向に反応がない!!!

 

 

ということで自ら言っちゃいます!!

 

 

ワニが…汗

 

 

 

 

 

ワニが・・・

 

 

 

 

 

カエルが…

 

 

 

 

 

 

カエルが・・・

 

 

 

 

 

 

編集部のマグネットでちょっとイタズラ。カエルの表情まで変えたのに誰も気付かず5日ほど。。。

 

 

いい気分転換になったのは私自身でした(笑)

 

そんな感じで「みんとまつり」。

すでに告知も始めていますが、今年はステージショーが面白いことになりそう!

 

詳細は3月15日(木)号の特大号をご覧ください♪

 

 

この間食べたのが「更來(さらい)」の「もり(黒&美)」と「かしわぬき」

お蕎麦大好きです!!

 

もり(十割&美幌)とかしわ抜き

北見市ほか1市7町に配布 みんと3月2日(金)号を発行しました。

編集部の窓から見る限りですが雪と風が収まったようです。

大変な思いをされた方も多いと思います。

予報では急な天候の変化に注意と呼びかけていたので

もうしばらく注意した方がよいですね。

もう3月ですけれど真冬なかんじなのが残念・・・

でも春はきっと、もうそこまで来ているにちがいありません。

3月ですから。

 

さて、金曜号を発行しました。

表紙面は「春の彩り お祝いご飯」と題してレシピを紹介。

千葉在住の(有美)が担当しました。

中面では広告企画「もうすぐホワイトデー!!」

ホワイトデーの準備はお済みですか?

紙面を参考にしていただければうれしいです!

 

北海道新聞北見支社報道部 中橋記者のコラム「平昌五輪日記」は最終回です。

取材の裏話が読める特別なコラムになりました。

中橋記者、ありがとうございました。

北見市ほか1市7町に配布 みんと3月1日(木)号を発行しました。

予報どおり雪がだんだん降り積もってきました・・・。

事務所の窓から見ると

今の風はそんなに強く無さそうだけれど

明日はスムーズに出社できるのかドキドキしています。

読者のみなさんもご注意下さい。

 

木曜号を発行しました。

クロスワード「パズルタイム」、

アップダウンの竹森巧さんのコラム「あの空よりも。高く。」ほかを掲載しました。

北海道新聞北見支社報道部の中橋記者のコラム「平昌五輪日記」は3回めです。

金曜号に最終回を掲載しますのでお見逃しなく。

 

大雪注意!!

ランプレドット!!!

みなさんこんばんは。(ど)の(な)です。

突然ですが、みなさんイタリアン好きですか??
ピザもパスタも最高ですよね!!
ボンゴレとか特にそうですけど、
素材の味を生かす感じが日本食と共通するのでこれだけ日本で広まったのかなーなんて思ったりします。
そんなイタリアのフィレンツェを旅行したとき衝撃的なウマさに驚いた料理があります。
それがランプレドット!!

なんかもつ煮をオリーブオイルとかバジルで炊いたみたいな感じなんですけど、食べてびっくり激ウマ!!!

こんなおっさんが屋台でささっと作ってくれます。
値段も確か300円かそこらだった気がします。
これが、どこの日本のイタリアンレストランに行ってもないんです。。。東京にはあるっぽいのですが、、、
もしフィレンツェに行かれる際はぜひ!!!

日本から近く、人気の旅行先。

友人が台湾土産にパイナップルケーキと凍頂烏龍茶をくれました。
凍頂烏龍茶はちゃんとした湯温で丁寧に入れると本当にいい香り。
それにパイナップルケーキの絶妙な酸味がよく合います。

パイナップルケーキはsunnyhillsというお店のもの。
台湾の言葉だと「微熱山丘」だそうです。

サクサクとしたクッキータイプの生地の中には、
繊維質が感じられるパイナップルの果肉がたっぷり。
しっかりとした外側の生地としっとりとしたパイナップル餡との
酸味と甘みのバランスが良く、つい手が伸びてしまう美味しさです。

生地はニュージーランド産のバターと日本産の小麦粉を使用しているそう。
パイナップル餡は、季節により甘さの度合いに変化があり、
冬は酸味が強く、夏は甘味が強いそうです。
自然の甘さをいかしてあまり手を加えないというのがいいですね。

【DATA】
微熱山丘
住所:台北市民生東路五段36巷4弄1号1F
電話番号:(02)2760-0508
営業時間:10:00~20:00