北見市ほか1市7町に配布 みんと7月22日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました!

今号は、北見市民に愛されている「仁頃山」を特集しました。

草刈りやごみ拾いをしたり登山道を整備したりという活動を長年にわたって行っている

「仁頃山愛好会」の佐藤喜作さんにお話をお聞きしました。

http://www5.plala.or.jp/nikoroyama/

そして日本野鳥の会オホーツク支部長の川崎康弘さんのコラム「四季鳥々」。

(川崎さんは「みんとまつり」で野鳥のお話をしてくださいます)

そのほか催し情報、子育ておしゃべり広場「あおぞらカフェ」など

今週も「みんと」を家族で読んでいただければ幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日発行の7/21号から始まった新コーナー「ブラキタミ×ラブキタミ」。

月1回のペースで北見市総務部の市史編さんから情報を発信します。

ぜひご愛読ください!!

「みんとまつり2016」開催します

みんとまつりweb用

7月21日(木)号を発行しました!

紙面でお知らせしたように

今年は「みんとまつり」を開催いたします。

イベントの内容は追って紙面でお知らせしますので

まずは想像をふくらませてお待ちください♪

 

「みんと」は8月5日に3000号を発行し、9月に創刊30周年を迎えます。

この節目に、読者の皆さまに感謝を込めて特別企画として催します。

当日は会場でお会いしましょう。

北見ぼんちまつり花火大会

IMG_4354

(ど)です。

北見に来て4度目の夏を迎えました。

天気にも恵まれ、花火大会を鑑賞してきました。

短い夏を楽しむかのように、惜しむかのように、

多くの人たちが笑顔で夜空を見上げてました。

それまでの疲れが吹き飛んでしまうような、

そんな贅沢な時間が流れていきました。

 

季節の味。

ずんだをご存知ですか。
 
 

ずんだは、枝豆をすりつぶして作る緑色のペースト。
ずんだに甘みをつけ、お餅とからめるとずんだもちになります。

 
 

「づんだ」「じんだ」「じんだん」とも呼ばれ、
宮城や山形、秋田、岩手、福島などの東北の一部地方と栃木などで見かけられる郷土料理です。
 
 
 

今は冷凍技術が発達し、一年中冷凍枝豆が販売されていますが、
(柊)が小さな頃は、枝豆が出回るこの時期ならではの食べ物でした。
お盆の時期は、あんこやきな粉、ゴマとともに、
ずんだおはぎがお供えとして用いられることも多く、
お墓参りの前に、親戚総出で作ったものです。

 

父は8人兄弟で、(柊)には、いとこが20人以上いました。
枝からもぐのは小さい子の役目、
塩ゆでした枝豆をさやからだし、薄皮をむくのは小学生たち、
すりこぎで枝豆を擦るのは中学生のお姉ちゃんたち、
味付けは伯母たちで、総監督は祖母でした。

 

すりこ木とすり鉢に憧れていましたが、
競争率が高くなかなかその役目が周ってくることはありませんでした。
そのうち子供たちの部活や勉強が忙しくなり、
お盆の時期に親戚が一堂に会する機会が無くなり、
おのおのの家庭で作ったものをお供えするようになりました。
…。今思えばこれも時代の流れなのだなと思います。

 
 
 

先日、亡き母のご友人から冷凍のずんだもちが送られてきました。
毎年この時期に頂き、都度、お気遣いの無いようにと申し出ているのですが、
お母さんからだと思って食べなさい、と言っていただきありがたく頂戴しています。

 

十数年前、知人に手作りのずんだもちのおはぎをふるまった際に、
「え?だって豆のジャムをご飯にまぶすみたいなものでしょう。気持ち悪い」と言われてしまい、
かなり気落ちしたことを思い出しました。

 

その時には手作りのものだし、嗜好もあるしと思っていたのですが、
後日その知人が豆大福を食べているのを見て、
「…同じような材料だよ。小豆×もち米か、大豆(枝豆)×うるち米の違いだよ」と思ったものです。
えぇ。もちろん以降疎遠になりましたとも。

 

機会があればぜひ召し上がってみてくださいね!
オイシイですよ!

シゲチャンランドへ

連休最終日です!

先日は津別へ行ってきました。

コットンコレクションプチさんでお願いしてあった帆布のバッグを受け取り

今季初訪問のシゲチャンランドへ。

IMG_7093

IMG_7092

シゲチャンにはいろいろとお願いごとがあって、打ち合わせをしました。

楽しいことになりそうなので、具体的になったらブログでもお知らせしますね。

 

結局時間が足りなくなってしまって、道の駅あいおいは次回のお楽しみになりました。

 

休みの日は時間が過ぎるのが早いな〜。

 

 

映画館へ行こう!

こんにちは!7月の第3日曜は三連休の中日。

北見では「ぼんちまつり」が行われています。

銀座通りには屋台がいっぱい・・・らしいですね。

今日は最終日、夜には花火大会が・・・。

と、書いていますが、私自身はほとんど行った事がない。

金曜日には、20代の知り合いから「お祭行って来ました~」とラインが・・・

大人になると「面倒だから・・・」のひと言で済ませて家でゴロゴロ・・・

困ったもんですね~(苦笑)。

 

夏休みもすぐそこ、ということで金曜号の特集はこの夏、話題の映画でした。

夏はアニメなどお子さんと一緒に楽しめる作品が多いようですね。

特にこの夏は「続編」や「シリーズ物」が多いように感じました。

「ニモ」の続編の「ドリー」、「アリス」や「インディペンデンス・デー」も続編。

そしてお馴染みの「ワンピース」や「ゴジラ」、「High&Low」はドラマなどとのシリーズ。

みなさんは気になったものがありましたか?

 

映画といえば、ド派手な告知や宣伝が話題になることが多いようですが、

これらは、去年の秋に札幌に行った時に目に付いたもの。

進撃の・・・こわい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「進撃の巨人」。札幌ファクトリーのアトリウムの壁にかかっていました。

迫力満点?というよりも、「怖っ!」っていう感じでした(笑)

そして、地下歩行空間でみつけたのが、こちら。

バクマン 神木

 

 

 

バクマン 健くん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構大きな神木隆之介くんと佐藤健くんが・・・

思わず立ち止まってパチリ・・・と撮ってしまいました。

確かこの映画、(榛)は3回くらい観に行った?ちがったっけ?

 

話はいつもの話題に・・・コンサは昨日の夜ゲームがありました。

相手は現在4位のファジアーノ岡山。

頑張りましたが0-0のスコアレスドローに終わりました。

これで、上位対決3連戦の2戦が引き分けに・・・

2位と3位が勝ったので勝点では並んで、辛くも得失点差で首位を守っています。

次ぎは20日(水)に強敵・松本山雅とホーム、札幌ドームで闘います。

J1昇格のためには、絶対に負けられないゲーム・・・

みんなで応援しましょう!

がんばれ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は「海の日」。海・・・こちらも行ってないなぁ~(笑)。

どこかに遊びに行きたいよ~!

浴衣美人が増えますように

おはようございます。

今日から3連休と言う方も多いのではないでしょうか。

この週末、北見では「ぼんちまつり」が行われています。

昨日の夕方、街中に車を走らせていると

浴衣を着た女の子とお母さんを見かけました。

浴衣姿っていいですよね~。

私にも娘がいたら絶対着せていたと思います!

ただ、最近の浴衣姿にちょっと違和感を覚えるところもあります。

髪、盛り過ぎ!ではありませんか?(あくまで私個人の意見ですが)

 

そもそも浴衣って字の通り「浴衣」。

湯あがりに着る、日常着。

自分でサッとまとめる(風)が断然ステキだと思うのです。

着物(晴れ着)と勘違いしているような盛り方は不自然ですよね。

羽根まで付けちゃったりして(笑)

もっとも、浴衣自体を現代風な柄にしたり、下駄でなくサンダル履きにしたりと、

和装の原形をとどめないくらいのものなら

そんな髪型も良いかもしれませんが。

ワックスでがっちりまとめた(ような)ものは浴衣には・・・ネエ。

 

お手本になるのは、テレビCM。

浴衣姿の女優さんのヘアスタイルは意外にシンプルですよ!

 

 

さてさて、中日の今日は、すでに縁日は始まっていますね。

私もこれから銀座通り界隈に遊びに行きます!

 

私の目的はコレ。

トリプルキング

 

 

 

 

 

 

ヴィーナスで19時から開催される「トリプルキング」のライブですけどね♪

王様、菅沼孝三さん、永井敏己さんが出演。

大人のまつりはこっちでしょ!(笑)

 

では良い週末を

 

 

北見市ほか1市7町に配布 みんと7月15日(金)号を発行しました。

花火の音がパンパンと響いてきました。

舞踊パレードが始まりましたね。

 

金曜号を発行しました。

恒例の映画特集「家族揃って映画館へGO!」を掲載しました。

この夏話題の映画を紹介しています。

そのほか催し情報、読者のお便りで作る「みんとくらぶ」も掲載しましたよ〜!

夏から初秋のスタアの装い?!

こんにちは。金曜日(さ)です。

今回の漢字クイズは海の歌特集でした。

私が今気に入っているのは浦島太郎(桐谷健太)の『海の声』です。

youtubeで、フルバージョンが見れますので、時々視聴してます♪

海の歌はいいのがたくさんありますよね。

話変わって、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」見てますか?

ついに花山さんが編集に参加しましたね。

ダメ出しの連続に3姉妹はしょんぼりしたり、ムッとしたり。

私も30年以上前のライター駆け出しの頃、編集長に提出した原稿用紙を、

クシャクシャポン!と捨てられた苦い思い出がありますヨ。

這いつくばって拾い集めたものです。

昔の編集長というのは、そういうショック療法みたいなのがお家芸だったのかな?

まあ、いいとして…。

花山さんの考えた見出しは「夏から初秋の明るいワンピース」でしたね。

雑誌は飛ぶように売れるようになったけど、

タイトルが「スタアの装い」そのままだったのが、ちょっと意外でした。

* * * * *

夏から初秋の…と言えば、先日3週間も東京方面に行っていたのですが、

暑くて暑くて、着るものに困りました。

初めは10日間の予定だったので、持って行ったのはジーパンと細身のパンツ。

しかし、朝から汗をかいているので、ピタッとしたズボンをはきたくないわけです。

近所に「しまむら」さんがあったので、飛び込んで綿の楊柳のステテコ(七分だけ)を買いました。

これで一息ついたのですが、これじゃ外に出られない!となり、

再度「しまむら」さんで、「スカーチョ」というものを買いました。

花山さんが、文字だけで説明することの分かりにくさを、鳥居の例を出して、言っていましたので、

写真を撮ってみました。

 

 

スカーチョ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうのを買ったんです。

「スカーチョ」というのは、スカート×ガウチョパンツのネーミング。

「スカンツ」というネーミングもあるそうで、こちらはスカート×パンツ。

写真のものはどちらなのかわからないけど、

スカンツはスカンクみたいでイヤなので、

ここではスカーチョにしておきます。

これは風通しがよくて、蒸し暑い時でも着心地よかったです。

私は、ガウチョパンツは見た目が苦手だったんですが、

こういう薄手のスカーチョならOKでした。

写真の品はポリエステル+レーヨン+ポリウレタン。

綿や麻でも、薄手のものは探せばあるのでは?

マキシスカートでもよさそうなものですが、

中で足と足がペタッとひっつかないところがいいんです。

夏から初秋のサワヤカな装いとして万能のようなスカーチョですが、

難点はトイレの時でした!

何も考えずにズボンと同じくずりさげたら、裾が床について、ヒーッ!となりました。

裾をたくし上げて、膝ではさんで、何とかなりましたが、

ネットで調べたら、ウエストを持ってくるくる巻き上げるという方法が出ていました。

サルエルパンツのように股下が深いので、これが可能なんです。

さらに裾をたくし上げて膝ではさむと完璧です。

今日は、長々と、スカーチョについて語ってしまいました。

皆さんもよかったら、試してみてね♪

特に、暑い地方に旅行する予定の、ふだんはズボン派の方におすすめです。

飛行機の中でも、くい込む部分がなく、リラックスできました。

着たことのないデザインを試すには、プチプラはまことにありがたい~

 

北見市ほか1市7町に配布 みんと7月14日(木)号を発行しました。

木曜号を発行しました!

言の葉ミニレッスン&漢字クイズに

のんのん食堂でご活躍の井内法子さんのコラム「おもしぇーの見えだげ?」

ユリアの星占いに催し情報も掲載しました!

今週末はいよいよ北見ぼんちまつりが開催されます。

別刷りの特集号もご覧になってくださいね。

ポピーかな?

とある場所で見つけたド根性なお花。

ど根性のシリーズは過去にも→コチラ