みんと4月28日(木)号を発行しました。

ゴールデンウイーク・イブ(?)ですnote

明日からお出掛けする方、お気を付けていってらっしゃい!

レジャーは近場で・・・とお考えの方、

今日発行のみんとを参考にしていただけると嬉しいです。

ゴールデンウイークのいろいろなイベント情報を掲載しましたヨcar

中面では、8年目となる今季の(ぷう)のコンサドーレ札幌応援日記も始まりました。

津別町相生にある「シゲチャンランド」でおなじみ、造形作家・大西重成さんの

「シゲチャン日誌」も今号掲載です。(シゲチャンランドは5/1オープン)

そのほか各コラムや読者のお便りページなど、盛りだくさんの内容となっていますので

今週も紙面のチェックをよろしくheart04

なお、今週の発行は明日が祝日のため月28日(木)号のみとなります。

また、5月5日(木)も発行を休ませていただきます。

 

我が家の福寿草

写真は、我が家でやっと咲いた福寿草。

ささやかな春が来ましたhappy01

スイーツ続きですが…

「みんと」ご愛読のみなさん、こんにちは!(ど)です。
最高気温が10度上回るようになり、オホーツクも春本番です。
今週末には、道南から桜開花の「便り」が聞かれるのでしょうか…
オホーツクの花の季節は、もう少し先になりますが、
この黄金週間、できることなら…桜を見に北東北や道南に出かけたいですね…

さて、「端午の節句」間近ですね。このところの「みんと」にも「こどもの日」スイーツの広告が…! 
(ど)の場合は、和製スイーツ好きなので…やっぱり、そんなことを書いてしまいます(以前「桜もち」のことを書きました)

柏の葉にくるまれた柏餅と、白と茶の模様が特徴的な「べこ餅」。
レトロな餅菓子で、お花見にはちょっと地味ですが…北見ではこの季節
に出回りますね。

どうでもいいお話ですが、(ど)が育ったマチが北海道の南の方だった
せいか、個人的には「べこ餅」フリークです。
どうして、そんな地味なフリークになったのか…

それは、季節を問わず年中、街中のお店で売られていたので、自然と?
そうなってしまったようです。
店それぞれで個性的な「べこ餅」を味わいことができ、お店巡りも楽し
めました。

一説には牛の模様がその名前の由来ともいわれる「べこ餅」ですが、
よく見るとホントーにさまざまです。
白と茶模様のべこ餅にそんな違いがあるのかって?
あるんです、それは…

模様では白と茶の割合。ほとんど白っぽいものもあれば、白茶折半型、
ほとんど黒糖の塊みたいなこげ茶系も。歯ごたえもオーソドックスな餅
ベースのものもあれば、上新粉ベースでライトなもの。
甘さも、砂糖をしっかり感じるものから、砂糖はほんのり、糯米の甘さ
を感じさせるもの。黒糖の風味が強かったり、弱かったりー
そんな中から、自分のお気に入りのお店を見つけたものです。

夜景が有名なそのマチには餅屋が20軒?とも30軒とも?あると
いわれます。
百聞は一見にしかずではありませんが、ぜひ、そのマチを訪れた際は
夜景鑑賞のついでに味わってみてはどうでしょうか…。
ただし、お土産にして持って帰ろうとすると、ちょっと難物です。
餅なのですぐに食べないと硬くなります。
(ど)のお勧めは夜景を見ながら潮風に吹かれ「べこ餅」を食べる!
マチの雰囲気を味わい尽くす!といってはオーバーでしょうか…

またまた、長くなってしまいました…
本当はもっと「べこ餅」を語り尽くしたいのですが…
またの機会にします。
皆さま、楽しい黄金週間をお過ごしください。

日本味めぐり

 

 

お菓子の頂き物が続いています。restaurant

 

 

「パウンドケーキ」は北見の「大丸」さんのもので

ほっちゃれや、レモンケーキとともに

編集部(じ)からいただきました。

 

茶色のは東京土産の「キースマンハッタン」の

「ローストナッツブラウニー」。

たしか本社は愛知県だったはず。

 

そして京都「京はやしや」の

「抹茶バウムクーヘン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうね、毎日が「ひとり日本味めぐり」状態(笑)happy02

 

スイーツは大好きです。

でも、「このおなか周りのお肉、どうにかしなくちゃ」と

決心しようとしたその時に

こんなにオイシイものたちが続くと

どうも作為的なものを感じてしまいます。。。

 

 

そしてオーダーしたことをすっかり忘れていた本が届きました。

その名も「ホームベーカリーで作る高加水パン&ドイツパン」。

我が家では比較的ホームベーカリーが活躍しているのですが

そのレシピにもマンネリ気味。

 

作る欲&食べたい欲に勝てず購入した本なのですが

なかなかやる気がおきません。

 

計量してあとは機械におまかせ!の簡単レシピなのですが

材料が…。凄いんです。

どのレシピも強力粉だけで3種類使うのです。

多いものは4、5種類の複雑な配合になっています。

 

うーん。美味しいものを食べるってやっぱり大変なのね。

 

 

GW期間中には頑張って作りたいと思います!

アゲハチョウ

こんばんは。(みぃ)です。

すっかりアップが遅くなってしまいましたcoldsweats01

 

さて、だいぶ春らしくなってきましたが、今、我が家では元気にアゲハチョウが飛んでおります。

かなり季節はずれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年秋、娘が学校からアゲハの幼虫を持ち帰り、ニンジンの葉っぱを餌に与えながら飼っていました。

幼虫はすくすくと育ち、立派なサナギに…

 

と、ここまでは良かったのですが、

蝶など飼ったことのなかった私はサナギをどうしたらいいのか分からず、

とりあえず虫かごに入れて、冬の間中ずっと娘の部屋に置いていました。

娘の友達には、「部屋の中じゃなくて、外で大丈夫だよ」と言われたのですが、

北見は真冬に氷点下20度にもなる極寒の地。

サナギが凍っちゃったら…と思うと、どうしても外には出せませんでした。

 

で、4月中旬ごろ、そう言えばサナギは生きているんだろうか?と心配していたら、

ある日、アゲハチョウになっているではありませんか!!

 

「生きていたんだ!」という喜びも束の間、さてこのアゲハチョウをどうしたものか?という悩みが出没。

というのも、まだ外はアゲハの成虫が生きていけるほど暖かくはなく、

外に離すことができなかったからです。

 

結局、室内で飼うことにしたのですが、蜜をあげても飲んでいる様子はなく、

やはり花がないとダメなんじゃないかということで、パンジーの苗をいくつか買ってきて衣装ケースに入れ、

そこに蝶を離すことにしました。

この作戦は大成功?!で、いま、3羽のアゲハチョウが元気に育っております。

ただ、やはり蝶には狭いようで、早くに成虫にしてしまって可哀想なことをしちゃったなぁと反省。

娘の友達の進言に従い、外に出しておけばよかったんじゃないかと…

考えてみれば、野生の蝶はどんなに寒くても、ちゃんと越冬するんですものね。

 

生き物を飼うというのは本当に難しいなぁと、感じています。

春麺

110423_192314.jpg

こんにちは!
札幌はポカポカとした春の陽射しが戻ってきました。

北見も暖かいかな?

まだ、札幌をウロウロしている(ぷう)です。
都会は歩く…昨日はドームの中を走り回ったのもありますが、
万歩計を見たらなんと、14000歩!
おかげで足がパンパンです。
コンサの結果は、もうご存知だと思いますが、
これで勝っていたら「心地好い痛み」だったのに(T-T)

昨日は、ゲームが終わったあと、恒例のラーメンを食べに行きました。
今回は、エスタのラーメン共和国が「春麺フェア」を
やっていたので、その中から選びました。

これは、白樺山荘という味噌ラーメンが有名なお店の一品。
塩味であっさり、野菜もたっぷり。
途中でレモンオイルを加えるとイタリアン風に!
美味しいかった〜。

GWに札幌へ行く予定の方ははぜひ〜(^o^)

いよいよです!

110423_141034.jpg

札幌も寒い!
でもドームの中は熱い…いや暑い(笑)

待ちに待ったコンサのホーム開幕戦まで、あと1時間余り[サッカー]

このスタンドが赤と黒に埋まる…はず

応援日記は来週掲載ですが、うれしいレポートが書ますように

ああ〜ドキドキだわ。

 

 

 

 

追記/ゲームが終りました。結果は・・・(涙)

 

フレッシュ!新人さん

こんにちは(榛)です。
新年度が始まったかと思ったらもう来週はゴールデンウィーク!
なんだか4月はあっという間でした。
前半はとても暖かく「一気に春へ?!」upと期待させたかと思えば、
後半は雪が舞うほど寒い日が続き・・・「やっぱりな」downと。
緩み始めた私の気持ちを引き締めてくれる「ツンデレ」な北見の気候に、
振り回されつつも“風物詩”を感じ、
頬を打つ冷たい風にちょっと喜ぶM体質な私です。

春の訪れはさておき
編集部には毎日いろいろな方が訪れます。
中でもほぼ定期的に来てくれるのが宅配業者さん、宅配パン屋さん、
そして郵便配達員さん。
近頃では階段を駆け上がってくる足音で
「あ、●●さんだ」となんとなくわかってしまうほどおなじみの方たち。
(仕事サボっているって?ハハハ・・・・ドキッcoldsweats01

実は、郵便配達員さんが先週くらいから替わりました。
最初の一回だけ先輩配達員さんと一緒に来て、それ以降は一人で来ています。
たぶん、この春学校を卒業したばかりなのでしょう。20歳前後の青年です。

(トントン・・・カチャ。ドアの音もなんだか正しい響き)
「こんにちは!日本郵便ですっ!郵便物をお持ちしましたっ!」

ちょっと、いやだいぶ緊張しているのか、
頬を赤くして入ってくる姿が、それはそれは初々しいのです。
封筒を手渡されるこちらもなぜか緊張してしまうほど。
ちゃんと目を見て挨拶してくれるのも気持ちいい!!

「よくできたね!はいアメあげるね」って
おつかいができた子どもを見るような目になっている私がいます(笑)
いいねいいね♪新鮮ですね~♪
ほんの十秒たらずのことですが、その瞬間、編集部の中をさわやかな風が通りぬけるようです。

昔、上司が話していましたが、
「社内の空気を変える。それが新人の最初の仕事」
まったくその通りだと思います。
「新人さん」の存在はいい刺激になります。
キャリアと引き換えに失ってしまいがちな緊張感とか純真さ。
そういうものを思い出させてくれます。

郵便配達員さんも今のままの笑顔で進んでほしいなあ・・・。

ごほうびにアメあげるからさ。

カンロ ナッツボン

カレーラーメン

金曜当番の(さ)です。

子供たちが進学のため、家を離れて、1年がたちました。

夫婦2人になって一番変わったことは夕食の献立かも…。

和食の回数が多くなり、カレーライスをトンと作らなくなりました。

末っ子(息子)がカレー好きで、カレー頻度が高かったのですが…。

このためか、ときどき無性に「カレー食べたい!」と思います。

だからと言って、そこから作っていたのでは間に合わないのがカレーライス。

家で作る昼食はカレーチャーハン。

外食ランチでは、カレーライスやスープカレー。

というように、機会があれば「カレー分」を補うよう努めています。

そんな私が最近はまっているのがカレーラーメン。

最近はインスタントもありますが、

一番好きなのは北見「たんぽぽ」さんのカレーラーメン(750円)。

カレーラーメン

ここはよく行くラーメン屋さんで、カレーラーメンがあるのは知ってたんですが、

今年の2月ごろ、みんとの紹介記事で読んで、初めてチャレンジしてみました。

まず、ス―プをひとくち。

こくがあって美味しい。

ベースは味噌、というのが味のポイントなのかも。

次に麺を。

すると懐かしいような気のする麺の香りを感じました。

というわけで、「たんぽぽ」のカレーラーメンのリピーターになっています。

週に1~2度、カレーを食べる習慣は認知症予防に役立つ?!

という説もあります。

カレー粉に含まれるウコンの成分クルクミンがいいらしいですよ。

カレー好きの方、近ごろカレー不足と思ってる方、一度ためしてみてね。

メニュー♪

「たんぽぽ」北見市緑町3丁目8-2 電話0157-36-8008

みんと4月22日(金)号を発行しました。

いよいよゴールデンウイークまで後1週間 happy01

木・金曜の週2回発行の「みんと」ですが

編集作業が早まっており、スタッフ皆がんばり中の編集部です。

今日は4月22日(金)号を発行しました。

紙面ではレジャーの提案をさせていただきました。

オホーツクの各地で行われるイベントもさまざまshine

ご家庭で参考にしていただければ幸いです run

たけのこ

 

桜の見ごろもそろそろ終わろうとしている静岡の(有美)です。
皆さんご無沙汰しておりました!

我が家では、子供たちの卒業式や入学式、家庭訪問に
進学説明会などなど何かと忙しい日々を送り、気がつくと
4月も後半になってしまいました。

やっと、少し気持ちもヒマ!?になったかと思うと
毎年のことながら私を泣かせる恒例行事が・・・

そう、我が家の春の風物詩でもある筍祭りの時期が
やってきたのです。

季節折々の野菜を頂くことが多い夫の仕事の関係上
嬉しいことでもありつつも、頂き物(同じもの)が続くので
けっこう続くとキツイんですよね。贅沢な話でもありますが・・・

ということで、一昨日に第一陣の筍が夫の帰宅と共に届きました。

「筍もらってきたよ~!」

「もちろん、水煮になっているよね~?」

こんな会話の後に、だだ~~んと目の前に広がっていたのは

掘りたてホヤホヤの筍・・・

すでに時計は夜の11時を回っており、処理をする気分にはなれず・・・

この日、筍と向き合うことは強い拒否とともに睡眠優先!
翌朝、あらゆる台所家事を済ませ、アルミの大鍋を出して
筍タイムの始まり!キレイに土を落とし、筍の先を落とし切れ目を入れ
湯の入った鍋に投入!米ぬかと唐辛子を入浴剤代わり(灰汁抜き)に
一時間ほどコトコト・・・そして火を止め半日放置。

皮をはがし筍水煮のできあがり。大量の皮と米ぬかの掃除を済ませ
やっと調理に入ります。ここまできたらあとはラクチンです♪

この日の夕食は、筍ご飯に若竹煮に若竹椀とその他のおかず。
さんざん文句を言うわりには、筍好きなんです私・・・
とりあえず毎年のことながら、基本的な筍メニューで初日を送り
この後は、アレンジ筍メニューが続きます。

しかし、これで終わらないのです。

やっと筍尽くしが終わった~と思ったころに、また筍はやってくるのです。
ここからが本当の祭りがやってきます。
筍は食べ過ぎるとニキビが出やすいといわれ、娘あたりは一気に筍から
遠ざかり、食べる専門は夫と私のみ・・・
もう祭りどころではありません。やっつけで戦っていると言っても過言では
ないくらい。そう、てっとり早く作れる筍ご飯などは、普通に朝から作って
食卓に並び始め、内心、勘弁してよ~という感じ・・・

ということで、今夜も筍ナイト!でございます・・・

 

 うらやましい!(食べるときだけ)筍ナイトに参加したい!(じ) 
 

 大鍋がふたつもあるのはさすがです!私も参加したいです!(榛)