最終話・ゴーヤ106日目と運動会

 また、台風が接近中・・・の静岡(有美)です。こんばんは!

 強い日差しから我が家を守り、台風にも耐え抜き、たくさんの実をつけ

食卓をも賑わせてくれた我が家のゴーヤたちも、本日お役目ごめんの日を

迎えることとなりました。

約100日の栽培期間、お世話係の私の手をわずらわすこともほとんどなく

毎日の水遣りと数回の追肥だけで終わりました。収穫も小さいものを入れて

25個ほどでした。実のひとつは熟させ種を収穫。来年は種まきから挑戦です!

 台風が接近中ともあって大分枯れてきたゴーヤを、本日お片付けすることに。

ツルものの片付けは、またこれが大変で夫と二人がかりの汗だく作業。

最後2つのゴーヤを収穫し、これが今シーズン最後のゴーヤ料理に。

今まで、いろんなゴーヤの料理を作ってみましたが、家族全員一致で

「美味しい!」といってくれ箸がすすんだのが本日のメニューです。

それは、「ゴーヤのかき揚げ」。

ゴーヤの天ぷらはよく作るものの、苦味がどうしても子供たちに

受け入れられず「苦い・・・」と言われ続けてきました。

(ゴーヤは苦いからゴーヤであって苦くなければゴーヤじゃないのに・・・)

と、いうことで、スライスゴーヤに塩をふり、いくらか苦味をとりのぞき

玉ねぎスライスとスイートコーンでかき揚げに。コーンと玉ねぎが入っていることで

甘さが引き立ち、ゴーヤの苦味を抑えられるようです。カレー塩で食べると

なおいっそう美味!オススメです!

  さて、話は変わりますが、昨日は中学校の運動会でした。

北海道では5、6月の春先に行いますが、本州あたりでは秋に行うのが

普通なのでしょうかね。残暑が厳しく、生徒席テントもなければ日陰もない校庭で

水筒、帽子を持参し、カンカン照りの中の行事。この日は、雨と雨の合間の

晴れ・・・気温32度、前日の雨で湿度も高め。応援する親のほうも、日傘に

帽子に日焼け止めにと完全防備でいざ出陣です。

当時、こちらに越してきて初めての運動会にはいささか驚きがありました。

私の知っている北見での運動会との違いになりますが、

まず、開会式に国歌の演奏とともに国旗掲揚がある。

何も知らない私たち夫婦は掲揚ポールの

真下にいて、一斉に生徒と父兄がこちらを見いいった時には焦りました~。

翌年からその場所にはいないようにしてます(汗)。

それから、応援合戦(この為に応援団が結成される)というプログラムがある。

この暑い暑い中、制服である学ランを着て三三七拍子など赤軍、白軍に分かれて

行う。吹奏楽部もコンバットマーチを演奏し、なんだか甲子園のアルプススタンドにでも

いる感じになる。

最後にこれ!騎馬戦(男子のみ)がある。

名前は知っているし、どんな種目かも知ってはいたが、なかなか目の前では

見た事がなかった。北見では今はやっているのでしょうか?

なにやら、この種目、やはり思春期の血の気が多いお年頃にさせるには

危険が多いらしく、何年か前まで中止になっていたらしかったのですが

熱い熱い父兄の要望が多数あり復活したとか。これと並び、

「棒とり(これまた、熱くなりやすいらしい)」という種目もあって、

昔は運動会にパトカーがよくきていたらしいとのこと。

そう、聞いていると経験の無い私としては、子供を騎馬戦に参戦させるのは

少々戸惑いもあるのです。

上の子(すでに卒業してます)が、転校してきて参加した年が、騎馬戦復活の年で

息子は馬の先頭。眼鏡っ子だったので、ぶつかり合いには不安を感じましたが

なんとか怪我無く終了。他では・・・・足だの手だの出て止めるのが大変でしたが・・・

今年は、下の息子が中学に入学して初めての騎馬戦。しかも騎手(体が小さいので)、

しかも、これまた眼鏡っ子。

私は騎馬戦に出る息子にこうアドバイスをしました。

「とにかく逃げろ!」「体の大きな子に指なんてさされたら、一目散に逃げるのよ!」

そんな私のアドバイスを少し聞きつつも、結果二戦2騎落としたようでした。

途中、眼鏡は落とすは、首に手はかかるは、親としてはハラハラドキドキ。

この種目、落下に伴う危険防止、ケンカに発展しないようにと教師と父兄が何人も

グラウンドに入ります。熱くなりやすい年頃の子供たちに、わざわざ危険を伴う

ことをさせるが不思議・・・おそらく、そう思ったのは私だけかも・・・

いずれにしても怪我なく終了してくれたので良かったというものです。

とにかく暑い一日で、もう少し時期を考えてもらえたら・・・と。毎年思うのであります。

カレーライスマラソンに参加しました

おはようございます。
三連休、みなさんはいかがお過ごしですか?

わたくし(みぃ)は昨日、かねてより憧れだった「たんのカレーライスマラソン」に
お友達の家族と一緒に参加しました。
「食材を走って取りに行って、外でカレーライスを作る???
わざわざそんなことするなんて、何が面白いの?」
という意見の方もいるようですが、
道内はもとより、本州からも飛行機代をかけて参加する人もいるという
端野の名物イベント。
参加した人の話を聞くと、なんだかとっても楽しそう♪
やっぱり1度は体験してみないとねっ!

 

昨日は、朝から生憎の曇り&小雨の空。
どんよりとした天気ではありましたが、
野外レクには暑くもない寒くもないちょうどいい気温でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場には、鍋やコンロ、キャンプテーブルなど大荷物を抱えた選手たちが、
ぞくぞくと集まってきて、これからキャンプでも始めるかのような雰囲気。
中には、設営早々、開会式も待たずに持ち込んだ食材で
カレー作りに勤しむチームも…。
お相撲さんやミッキーマウス、カエルなど、仮装をした人たちもいて、
それぞれのチームが思い思いのスタイルでイベントを楽しんでいるようでした。

 

そんな中、いよいよマラソンの始まりです!
走り出す前にまずは準備体操。もちろん、ラジオ体操でしょう~
と思っていたら、なんと始まったのはエアロビ!!
音楽に乗って、体だけでなく会場全体が温まってテンションUP
楽しいぞムード全開です。

そして、ピストルの合図とともに開始。
私は、歩いてジャガイモを取りに行く2kmコースに行きました。
タイムを競うものではないので、5歳の娘とお友達の小2の女の子と一緒に
ゆっく~り歩いてお散歩を楽しむ感じ。
途中、畑にあるジャガイモを拾って袋に詰めて持って帰ります。
カレーに使うだけなので、3~4個あれば十分なのに、
みんな必死にイモ掘りをして、渡された袋にいっぱい詰め込んでいました。
もちろん、帰り道は重い!
袋のヒモが手に食い込んで痛いのなんの。欲張った罰ですね。

 

  

 

 

 

 

会場に戻ると、既に肉コース(4km)と、
にんじん・玉ねぎコース(3km)を
走ったメンバーも戻っていて、急いで調理開始。
全員女の子なので、なかなか手際も良くて、
あっという間においしいカレーができあがりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで作ったカレーはなんだかとっても美味しい♪
煮込んでなくても、格別な味ですから不思議ですね。

たんのカレーライスマラソンは、噂通りとっても楽しいイベントで、
いい思い出になりました。
また来年も参加しようかな~~。
 

コンサの取材は楽しい!

こんにちは!秋の2週連続3連休が始まりましたね。

今日は、1回目の3連休の中日・・・なのにどよ~んとしたお天気で

午後からは秋雨もしとしと…日が暮れるのも早くなってきて

やっと本格的な「秋」になった気がします。

そんな中、北見の端野自治区では「カレーライスマラソン」なるものが行われ

北海道新聞北見支社報道部の記者の皆さんも参加されたようです。

明日の朝刊の記事が楽しみだわ~。

 

朝刊といえば今日の朝刊!ご覧になりましたか?

何をって?もちろん「コンサドーレ札幌勝利」の記事ですよ。

これで3連勝、そして今節は単独2位です。

26日号のみんとには、前節の栃木戦のリポートを掲載しました。

今日は、紙面では紹介できなかった取材時のお話を少し・・・

でも、夕食の時間が迫ってきたので、続きは「キーマカレー」を作った後で~。

ということで、少々お待ちください(笑)。

 

さて、お腹もいっぱいになったので、続きをば…

この日は久しぶりの取材、その上大事なゲームだったのでちょっと緊張していました。

いつもより少し早めに出たのですが、新札幌から厚別公園競技場へ行くバスも混んでいて

ゲーム開始1時間前にはゴール裏はサポーターで埋まっていました。

しっかりお昼ごはんを食べて、いざゲーム開始!

いつものように選手の集合写真を撮って、

 

定位置のゴールの右側に陣取り、カメラを構えていたらゴールを決めたジオゴが

私の目の前にやってきて「勝利のカラスの舞い」のパフォーマンスを!!!

もう、びっくり!ほとんどの選手はゴールを決めるとベンチのある左側で何かしらの

パフォーマンスをするので、テレビカメラや報道などのカメラマンの皆さんは「左側」に居て

写真や映像を撮っていますが。私はそんな皆さんの邪魔になってはいけないと思って

空いているゴールの右側で他の2~3人のカメラマンさんと一緒に撮影をしています。

なので、この日は本当にびっくり!ジオゴだけじゃなく、次々に選手も集まってきて

慌ててシャッターを切ったうちの1枚が紙面にこの使った写真です。

ゲーム中は、毎回400枚くらいの写真を撮りますが、紙面で紹介できるのは7~8枚…

取材規定で、紙面以外に写真の使用ができないので、他の写真は私の「宝物」となっています。

ゲーム中、カメラを構えていると時々、ボールが飛んでくることがあります。

実際に、私も何度か当たった事がありますが、結構痛い…(涙)

もちろん、選手が蹴ったボールではなく、こぼれ球やバウンドして出てきたボール。

ある時は、家に帰ってからゲームの録画を観ていたら、ボールに当たって痛がっている

自分の姿が映っていて、顔から火が出るくらい恥ずかしかったことも…

しかし、私にボールが当たったゲームは、全部勝っているんですよ(笑)。

かといって、コンサ勝利のために、自分からボールに当たりに行くわけにはいかないしね…。

 

大事なゲームに勝利した時は、サポーターも選手もみんな笑顔。

ゲーム後にサポーターの前で歌う「ススキノへ行こう」で雰囲気は最高潮に達します。

90分走りきって疲れているはずの選手も飛び上がって踊ってくれます。

こういった選手とサポーターの一体感は、テレビではわかりずらいので、

ぜひ、スタジアムに行って体験してほしいと思います。

 

で、先週の札幌旅行で買ったものをひとつご紹介しますね。

それは、これ…

以前から、みんと編集部内でも話題に上っていた2冊の本です。

現在、私が長谷部の本を、(榛)が長友の本を読んでいます。

そのうち、みんとの紙面で感想を紹介するかもしれません。

ちなみに、長谷部の本は面白いです。やっぱり売れているだけあるわ~。

 

そして、最後は同じく26日のみんとにあった「パフェ特集」の番外編?

札幌の大丸デパートの3階にある「アフタヌーンティー」で食べた「シューラスクのパフェ」

サクサクのシューラスクの食感と濃厚なアイス&ソフトクリーム。たまらな~い!

もちろん、みんと紙面に紹介されていたパフェもおいしいですよ~。

夏の総決算。遅っ!

おはようございます。
3連休初日となる土曜日、朝から蒸し暑いですね。
昨夜は久しぶりにゴルフの「打ちっぱなし」に行き、筋肉痛になった(榛)です。
ゴルフもシーズンが終わるまで残りふた月ほどになってしまいました。
短っ!

さて、この「短っ」のような「っ」の多用について、
先日、ニュース番組でやっていました。
「寒っ」などは若者に限らず抵抗感が少なく、使う人も多いようです。
流行の原因として、
「ひとりごとめかしておくことで、
たとえ同調されなくても(自分が)傷つかなくてすむから」と
若者の心理を深く読む解説者。

へえ、そんなに奥が深いことだったとは!
ちょっと意外でした。
単純に、「形容詞」に「感嘆符」を付けたら縮まってしまったと思うのは私だけでしょうか?(笑)

さて、私、これまでもケータイで写真を撮っていましたが、
ブログをきっかけにさらに頻繁になりました。
何か面白いネタな無いかと、常にキョロキョロ。
だんだんデータがたまってきたのでここらで放出したいと思います。

きゅうりのなる紅葉

 

息子がおねだり・・・

欲しいのはこれ息子が誕生日に欲しいのは・・・ 庭のぶどう

 ぶどう?

空気清浄機

ああこっちね。

 

コンビニのやきとり

いつかみんとでご紹介したいけど・・・秘密にもしたい(笑)おいしいやきとり。

編集部ある日のおやつ

おいしいものがあると仕事、がんばれますっ!

 

 

っと、こんな具合に“総集編的”に夏を締めくくろうとしていますが、
昨日の暑さはナンでしょう。ジリジリとした痛い暑さでしたね。
これじゃ「寒っ!」なんてセリフ、当分使いそうにありません。
首のあたりに汗をかいて「やばっ!」またあせもが出来そうですっ!!

札幌→北見、初めて一人で

言の葉ミニレッスンの(さ)です。

ブログ更新遅くなりました。

rvcar先週末から車で札幌に行ってきました。

行きは夫の運転だったのですが、滞在中、夫が風邪を引き、

どうも具合が悪いというので、帰りは私が運転することに。

今までも、途中で運転を代わったことはあったのですが、

札幌→北見、通して運転したのは初めて!

なんせ免許を取ったのが、北見に転居した45歳なので…coldsweats01

高速道路は苦手なので使わず、

札幌→当別→月形→雨竜→深川→旭川→石北峠→北見のルートで

7時間半かかりました。

当別でガソリンmoneybag

月形むつみ屋でラーメン

白味噌ラーメン@月形・むつみ屋

 

 

 

 

 

 

 

 

カムイコタンで休憩

カムイコタン売店

 

 

 

 

 

 

 

 

層雲峡・陸万ドライブインで休憩cafe

・・・と、途中4回休んだので、

正味6時間くらいでしょうか。

「正面衝突予防のため、2時間に一度は休憩しましょう」

とか書いた看板が、国道のあちこちに立っていましたが、

私の場合、2時間は長すぎる。1時間半に一度が楽です。

具合の悪い夫は早く家に帰りたそうで、気の毒でしたが…。

rvcar通して運転してみて、やはり札幌市内と石北峠が緊張しました。

でも、札幌の高校時代、歩いて通った通学路を、自分の運転で通るのは、

感慨深いものがありました。

ン十年前、学校帰りにおはぎを買い食いした「サザエ」さんも、まだちゃんとあったし。

石北峠は後ろのコンテナが恐怖でしたが、やっとの思いで降りて、

留辺蘂、相内、卸町…と、だんだん家に近づいてきた時には、嬉しい気持ちでいっぱいに…。

夕方5時半に帰宅後、テンション高止まりで、

夕飯の支度から掃除・洗濯までやれてしまったのには、われながら驚きでした。

house

9月16日(金)号を発行しました。

おはようございますsun

今日の北見地域は気温が上がるそうですが・・・

みんと9月16日(金)号には、そんな日にピッタリの美味しい企画があります。お楽しみに!

また、(ぷう)渾身の取材記事「戦え、コンサドーレ!」も久々の掲載。

三連休のお供に「みんと」をよろしくnotes

みんと9月15日(木)号を発行しました。

秋晴れです!

太陽さんが出ているので、室内温度はけっこう上がっているかんじ!

今週末は三連休、編集部では作業が早まってまして

ちょっとタイトに働いています!

忙しさの向こうには三連休が・・・・みなさんはどんな予定を立ててらっしゃるのでしょうか?

予定は未定のかたには今週のみんとがお役にたつと思います!

紙面のチェック、お願いしますshine

「いつまでもファイターズにいてほしい!!」と言ったら

息子に「メジャーで活躍するダルビッシュを見たくないわけ?」と言われました。

見たい気もするけど・・・。

ロケ見学 テレビ見てる?web版

皆さんこんばんは!今朝に引き続きミーハーな(有美)が

またもや投稿です!

みんと紙面にて「テレビ見てる?」コーナーがありますが

この夏のドラマもいよいよ大詰め。最終回を迎える時期となりましたね。

我が家でも家族揃って毎週楽しみに見ているドラマがあります。

瑛太さん・満島ひかりさんが主演の「それでも生きてゆく」。

このドラマは静岡県東部が舞台になっているということで

私の住む地域でもロケがありました。

すでに放送になった分でもあったようなのですが、

それについては、どこがそうだったのかよくわからないで放送終~了。

週末の夜、富士宮でロケがあるという話を耳にし、満島ファンの夫を筆頭にロケ現場へ。

もう、ミーハーっぷり全開・・・(汗)おとなしく見学。

ロケ現場は我が家から車で5分ところの浅間大社(せんげんたいしゃ)。

前にもお話ししたことあるかもしれませんが、この浅間大社、通称、お浅間さんは、

静岡県のあちらこちらに「○○浅間神社」という名前でたくさんあります。

富士山頂上に奥宮があり、多くの登山者は、下の大社でお参りしてから

登山に発ち、登頂して奥宮でお参りするようです。

そんな、お浅間さんの一角で夜間ロケ。なにやら上から吊るすマイクや

照明さん、メイクさんなど・・・、一般人の私からすると、「ほ~~これがドラマ撮影か~」と

感心するやら緊張するやら・・・

「本番いきますのでお静かに~」、「はいOK~」なんて言われるとドキドキものです。

あ・・・・主演の二人について何も語っていませんが・・・

まとめると・・・瑛太さんはいい男でございました♪

と、いうことで、この撮影は最終回分だったので、明日の22時からの放送を楽しみに

したいと思います。ちなみに夜のベンチで二人が会話する・・・そんなシーンがお浅間さんです。

さて、私自体がそのシーンをわかるだろうか・・・?

○○○○を探せ!

「みんと」ファンのみなさん、おはようございます!

水曜日。(ど)でございます。

 

今日の北見地方は秋晴れ!! 見事なオホーツクなブルーが空一面に広がっています。

9月に入り、今年は残暑が長引くのかな…と思ったら、台風が脇を通過したら…めっきり秋らしくなりましたね。

郊外ではタマネギ、ジャガイモの収穫も終盤。街中の木々も…ナナカマドの実は色づき始めたし、クリの実もりっぱなイガを身にまとい道端にころがっています。

 

 さて、そんな秋の一日に誘われて?身近なお散歩ならぬ探検をしてみました。

 テーマは、○○○○を探せ! 

 要するに、マンホールふた巡りなのですが…^^;

 そういえば9月10日は下水道の日とか…

北見市内でも、車道、歩道に無数のマンホール(のふた)が目に付きます。

そのふたに描かれているのは…北見にまつわる建物が多いようです。野付牛町役場、薄荷工場、ハッカ記念館、ピアソン記念館、とん田兵屋、植物のハッカ…、大中小とサイズもさまざま。

その中で(ど)の目が釘付けになったのは…

 

 今年中には解体が始まる北見市役所。今の内に目に焼き付けておきましょう。街中でその姿を目にするのは、これだけになるのでしょうか…?

 

 

 

 4条通りを歩いていると…ちょっと風合いの違う「ふた」が!

 絵柄は「旧北見駅舎」。鉄製が多い中で、これは材質が違うようです。通行人に磨かれて光っているところと、錆びているところのコントラストがいいですね。

 

 

 

 マンホールのふたではないのですが…

 中央通の車道と歩道の間の雨水などを集める側溝を覆う「ふた」にも模様が! 

ちゃんと「ハッカ」と説明書きが右脇に! 北見らしさをさりげなくアピール!

 

 

 

そして、見つけたのが、これ! 「ミント君」登場です^^ 

(ど)が中心部で見つけられた「ミント君」はこれ1つだけでした。まさに、「やっと会えたね」という、感動ものです。

ミント君を囲んで「KITAMI CITY」と市名もアピールしてます。

 

 

 

 …と、下ばかり見ていて、こ、腰がきつくなってきました…

 子どもの頃はうつむき歩きをしながら、偶然硬貨を見つけたときには、ラッキー!だったのですが…

 今や腰痛を気にする「哀愁」いっぱいのオヤジのうしろ姿ですねぇ~きっと…

 

 ではでは、あすの「みんと」もお楽しみにぃ~^^/

芸術の秋とディズニー

残暑厳しい静岡(有美)です!おはようございます!

昨日は、暑いながらも空を見上げればなんとなく秋空なのでしょうか、

いささか空が高いような気がする1日でした。

さて、秋といえば「○○の秋」といろいろとありますが

私は「脱!食欲の秋」ということで、たまには「芸術の秋」を

少~しだけ楽しんだお話をしようと思います。

とは、いうもののとてもミーハーな話で恐縮ですが、

先週末に舞台なるものを初めて観てきました。

その名も「ドリーム ボーイズ(帝国劇場)」。

ka-tsun(ジャニーズ)の亀梨くん、田中くん、中丸くんの3人の舞台です。

ライブは行ったことあっても舞台か~と、あまり期待していなかったのですが

何が何が何が~「素晴らしい!」ドームのライブと違って、会場が劇場なだけあって

舞台との距離が近すぎる!裸眼でよく見えてしまう。

そんなことよりも何よりも、お芝居が上手い!ジャニーズjrの小さい子も一生懸命の

演技で感心してしまうほど。共演者として、鳳蘭さんと真つばささんも出演していて

変な話、このお二方のキレイな立ち姿、歌唱力に鳥肌が立ってしまうほどでした。

衣装も素晴らしく、羽といいミラーボールのごとくピカピカ輝くのが似合うのは

鳳蘭さん以外いないでしょう!と、妙に納得してしまいました。

なんだか、ジャニーズと宝塚をいっぺんに観たようで得した気分でした。

まずい・・・宝塚にはまるかも・・・危険危険・・・

とにかく、舞台いいですよ~。これは次回も何かしら舞台・・・観にいってしまいそう(汗)。

と、舞台を堪能したあとは、夜にディズニー・シー、一泊して翌日にはランドと、

体にムチ打ち遊びまくって次の日は筋肉痛で一日寝て曜日・・・

年には勝てませんね・・・

そして、ランドでの失敗話をひとつ。

私・・・何を隠そう、方向音痴なんです。みんとの仲間内でもそう思われている?

自分では、そんなひどい方向音痴ではないと思っていなかったのですが、

今回はやっぱりそうなんだとこれまた納得・・・

ランド内のショッピングアーケードで、友人と個々にお買い物を楽しんでいると

ハロウィンイベントで鼓笛隊の方たちと遭遇。「ハッピーハローウィン♪」なんて

声かけられると、なんだかウキウキしてしまい、鼓笛隊の最後尾、太鼓のおじさんに

なぜだかくっついていってしまい、演奏に聞きいってしまいました。

さて、演奏も終わり・・・ハッ!あれ、ここどこ?私はいったいどこにいるのだ?

そう、私は迷子になっていたのです。

見渡しても友人の姿は見えないし、どうしよ~と思いながら、携帯電話を

見ると、不在着信が6件・・・折り返し、電話してみると、「いったい、あなたは

どこにいるのよ!決してそこから動かない!」と、優しい?お言葉が・・・

まもなくして、お迎えがまいりました(ホッ・・・)。

「太鼓のおじさんについっていっちゃだめでしょ!」と友人。

ん?なんだかどっかで聞いたことあるような・・・

「知らないおじさんにはついていっちゃだめよ」 あっ、子供によく言って聞かせた

言葉だわ・・・そんなことをアラフォーになって言われる私って・・・(涙)。

と、まぁ、迷子にになりつつも楽しい時間を過ごしてきました。

こうして遊びに出してくれる家族に感謝ですね。

ちなみに、ビッグサンダーマウンテンのことをずっとブルーサンダー~と言い続け

家族にぜんぜん土産話が伝わらなく、涙・・・でした。