フルーツタルトうまし♪

フルーツタルト専門店「フルーツケーキファクトリー」。
札幌市内に10店舗ほどあり、総本店は中央区南1条にあります。
エスタや大丸札幌店にもテナントとして入っているので
ご存知の方もいると思います。

さてこちらのお店、フレッシュフルーツを使ったタルトを扱っており、
四季折々の旬の果物を使ったタルトを楽しめます。

写真は「ももいちごのタルト」(950円)。
え?なに?950円?
ホールの価格ではありません。
1ピースのお値段でございます。

このお皿が特別大きい訳でもありません。
普通のケーキ皿です。

実はこの「ももいちご」、幻のいちご、という異名を持つほど
生産量が限られている稀少なものだそうで。

徳島県の佐那河内村内のわずかに36戸の農家のみでの生産という、
超地域限定生産で、収穫期間も短い為、
なかなか手に入りにくいそうなのです。

もうね。それだけで食べる前からプレミアム感ありありです。

え?味?
果汁がじゅわと溢れる感じでおいしかったです。

このお値段はなかなか勇気が必要でしたが
何事も経験♪

機会があったらぜひご賞味あれ。

みんと親子カーリング体験会、次回募集は

今週発行のみんとに、2月19日(土)に開催する 
2回目の「親子カーリング体験会」の応募要項を掲載します。
今回日程が合わなかった方、ぜひ次回ご参加くださいませ。

参加してくれた方には、北見市常呂町「せぞん」の
「ヒット&ロールケーキ」をプレゼントしますので〜(1組に1つ)sign03

 

1月22日(土)、北見市の河西カーリング場で行った
みんととして初の試み「親子カーリング体験会」。sun

河西カーリング場は「ミントくん」が目印

詳しくは、後日のみんと紙面で報告しますが
6組17名の皆さんに2時間みっちりとカーリングを楽しんでいただきましたhappy01

編集部からは(榛)(みぃ)が参加。
2人とも、みんと編集部(なんちゃって)カーリングチームとして
今シーズンは体験取材に挑戦していますが、今回なかなかいいかんじに見えましたよ!

コルクのランチを食べてきました。

こんばんは~。そとはすっかり暗くなってしましました。

お休みもあと少し…と思うとさみしい(ぷう)です。

と言っても、何をしているわけでもなく、ただただのんびり…

テレビを見て、パソコンでゲーム(アプリ)をして、ご飯を食べて…

ちなみに今夜の夕飯は「シチュー」の予定です。

 

昨日は、(榛)の日記にあったように「みんと親子カーリング教室」でした。

私は参加はしませんでしたが、様子をのぞきに…みんな上手でびっくり!

2月にもありますので、ぜひ、参加してくださいね。

 

そして、その帰りに先日のみんとでも紹介した「コルク」でランチを食べてきました。

「コルク」は、みんと編集部がお気に入りのお店のひとつ。もう10年近いお付き合いになります。

普段は、夜のみの営業でワインによく合うイタリアン&フレンチ味わえるのですが、

冬季(1~3月中旬)だけランチタイムも営業します。

先日のみんとで紹介したのが、こちら「ラム肉のトマト煮込み」(1180円)。

じっくり煮込んだラムは口の中で、ほろほろと崩れるくらい柔らかくてびっくり。

ラムの旨味が染み出た濃厚なトマトソースもおいしいかった~。

 ラムのトマト煮込み

 

で、土曜に食べたのがコレ「ロールキャベツ」(980円)

どど~ん大き目のロールキャベツをあっさり目のトマトソースで煮込んであります。

柔らかくてあま~いキャベツがたまりません。ボリュームもたっぷりです。

同じトマトソースで煮込んであるのに、味が違っていて感激しちゃいました~。

もちろん、ソースはパンにつけてひとつ残さす平らげてしまいました(笑)

ロールキャベツ

 

一緒に行った(じ)は、きのこのドリアを食べていましたが、これまたおいしかったそうです。

ランチには夜のメニューにはない、ハンバーグやオムライス、ナポリタンやミートソースなどもおすすめです。

しつこいようですが、ランチは冬季限定ですよ~。

 

もちろん、夜は夜でおいしい料理がいっぱいありますので、

ぜひ行ってみてくださいね。

 

「洋食工房コルク」北見市北斗町3丁目(NHK北見放送局向かい)、0157-69-7777、

営業時間/11時~15時(オーダーストップ14時)、17時~22時、月曜、第2・3火曜定休

サケの街からこんにちは

 

 

たくさん書いたのに、最後のボタンを間違えて、いつもいつも消えてしまう(なお)です。

どうしてどうして〜!?

どこを押すんだっけ〜?

 

というわけで、2度目の書き込みです(泣)

 

このところはいいお天気の千歳。

週末は息子とパパがいなかったので、のんびり歩いて買い物にでかけてみました。

駅まで約20分のみちのり。

途中には千歳川が流れています。

冬の千歳川

夕日がキレイですね〜。

 

ここはサケも遡上してくるほどキレイshineな川です。

街中を流れているのにすごいですよね〜。

近くにはインディアン水車もありまして

インディアン水車

私は観光用だと思っていたら、“マジ漁”でしたwink

道の駅や、川底を覗けるコーナーもある「サケのふるさと館」なども隣接していますよ。

 

また、支笏湖に行く途中にある「さけますセンター」では、ふ化場や生態調査を行っている施設、展示館などもあります。

ここがなかなかおもしろいんですよー。

上から除ける水槽に、ど迫力のサケ(デカイ!)が泳いでいたり、こーんなリアルな

さけ模型1

ガブッ

さけ模型2

模型もあります。

重さもリアルsign03

 

ひとつ、豆知識を

千歳にさけますのふ化放流を広めた人物が『しょこたん』こと中川翔子さんのひいおじいちゃん。

なんでも、日本に初めて養殖技術を持ち込んだ方でもあるそうです。

意外なご縁ですね。

しょこたんも、北海道に来た際には必ず千歳に立ち寄り、「サケのふるさと館」にも足を運ぶそう。

写真やサインもありましたよ。

美味しい鮭を食べられるのも、この方のおかげでございます。

 

サケの生態はまだまだ謎が多いそうですが、調べてみるとなかなかおもしろいんです。

サケにはロマンすら感じてしまいますよ〜。

みなさまも、千歳に起こしの際にはぜひサケのお勉強もしてみて下さいね。

 

 

カーリング♪

みんと主催「親子カーリング体験教室」第一回が、
無事終了しました(^_^)

普段使っていない、いろんな身体の部分がすでに痛い(>_<)ですが、
心地良い汗をかき、参加された皆さんともお話でき、気分はとても爽快です!

ちゃんと朝ご飯食べたのに途中ですごくお腹が減ってきて…(^_^;

家についたとたん、ビール[ビールで乾杯]に手が伸びてしまいました;;(^o^)

午後はお昼寝になりそうですZzz

ああ、至福のひととき♥♥

花も凍る!北見は厳寒の街

おはようございます!

土曜だというのに、息子が模試のため登校となり、
早朝からお弁当作りに悪戦苦闘している(榛)ですsweat01

1月20日(木)号のみんとでは、「シネマLand Scape」movieを掲載しています。

今回の映画は、1995年公開の「Love Letter」(中山美穂主演)です。
冬の小樽を舞台にしたこの映画はこの時期にピッタリではないかと選びました。

花の店タマキ、高間早紀子さんによるフラワーアレンジは、スイセンとユウギリソウlovely
ユウギリソウには、人口雪を施して雪山をイメージしているんですよ。

今回、撮影場所には、あえて屋外を選びました。
広い雪原にたたずむスイセン、というイメージで。

風もなく好天ということもあり順調に撮影は進み・・・と思いきや!

あれこれ、アングルを考えながら撮影することわずか数分、
同じ角度のはずがシャッターを押すたびにスイセンが”哀しげ”になっていき・・・。
後でスイセンを触ってみたら、カチカチpenguin

あっという間に花が凍っていました!!

掲載した写真は
最初の一枚。

奇跡の一枚となりました。

風はなく穏やかに感じられたのですが、ここは厳寒の北見。
その日は特に気温が上がらず、マイナス10度以下だったようです。

そんな撮影裏話でした。

さて、今日このあとは、
みんと主催の「親子カーリング体験教室」ですnote

読者さんとのふれあいを楽しみにしています。

ストレッチしておこっとhappy02

みんと1月21日(金)号を発行しました

明日1/22(土)はいよいよ、どうしん情報紙みんと「親子カーリング体験教室」の開催日sun
当紙初の試みです。事後に報告記事を掲載しますので、お楽しみに!
また、来週の紙面に「親子カーリング体験教室」第二回(2/19開催)の募集告知も掲載しますので
今回日程が合わなかった方、ぜひご応募くださいませ。

さて、本日は1/21(金)号を発行しました。
特集記事は、あったか企画第二弾「はふはふ、あつあつ・・・おいし〜!」ですhappy01
あたたかくておいしい食べ物飲み物を紹介していますnote

DSCF0161

おしるこ&甘酒のレシピは(有美)担当です。

 

・・・・・前投稿の(さ)の「ルンバ」、なんだかとってもイイ!!

自動掃除機ルンバ

 

 

金曜担当の(さ)です。

先日、札幌にある夫の実家に行ってきました。

すると、見慣れないモノが…。

ルンバ

初めは体重計かな?と思いました。

次に空気清浄機か加湿器か?と思いました。

ところが…翌朝わかりました。

これはナント!自動掃除機「ルンバ」というものだったのです。

姑(82歳)が、床にあるゴミ箱などをテーブルの上にあげ、

ルンバを床に置いてスイッチを入れると、

クルクル回りながら移動してゴミを吸い込んでいきました。

角は自分で判断して回り、物にぶつかってもうまく避けて、

フローリングのリビングをまんべんなくお掃除しました。

その間25分。

姑はたまったゴミを毎日確認して捨てます。

毎回「掌くらい」のフワフワしたゴミが集まるそうです。

普通の掃除機だと、排気が床のホコリを舞い上げてしまって、

それがまた落ちてくるので、どうしてもスッキリきれいにならないのですが、

ルンバだと排気がどこから出ているのかわかりません。

姑はデパートで実演を見て「これはいい!」と思って買ったのだとか。

私も欲しくなりました。

ルンバにリビングを掃除させてる間に、食器洗いや洗濯ができるのではないかと思って。

しかし、姑いわく、ルンバがお掃除している間、その様子が面白くて、

25分間ついて歩いて見てしまう、というのです。

なるほど~。

私もそうなっちゃうかもしれないな~。

外出する前にスイッチを入れて、留守中にお掃除完了というのも魅力ですが、

ますます運動不足になるかもしれないしな~。

うーん、悩ましい。どうしたものか…。

牡蠣の山見て幸せ感じる!

 昨日をもちまして「永遠の36歳」と家族に宣言いたしました(有美)でございます。
と、書くとまたもや(ぷう)に怒られそうですが…

 そう、昨日は私の誕生日でした。新年はとうに迎えていましたが、これが私の
本当の新しい年の幕開けです!

 年をとるのはあまり嬉しくないのですが、これまで家族円満?家族元気に、
これたのも人の支えあってのこと。感謝感謝の誕生日です。

 年のことはそう触れずにこの日の一番の楽しみは~

そう!「牡蠣!」

ここ数年、夫が誕生日プレゼントに「サロマ湖産の牡蠣」をお取り寄せして
くれるんですね~。(牡蠣の他に、先日どこかに落としてきた帽子とうり二つのニット帽、
マフラーもプレゼントしてくました。ポイントアップです!)

 牡蠣はね~こちらでももちろん買えますよ~広島産とか宮城産とかね~
でも、食べ比べるとやっぱりサロマ湖産が一番!小ぶりなんだけれど旨みが
ギュギュギュ~~~~ッとつまっていて文句無しのおいしさ♪
生も好きですが、やっぱりガンガンに入った牡蠣ね~お酒をふってそのまま火に
かけて酒蒸しよね~~♪
これにビールなんか一緒にね~。(あぁ、また食べたくなってきた…)

 そしてラッキーなことにうちの家族、牡蠣あまり好んでは食べない人ばかり。
なのでゆっくりと味わって食べることができるのです…数年前までは…

そう、1人だけ…小学生の息子だけは私に似たのか牡蠣好き…
内心、小学生の分際で10年早~~い!と思いつつ、彼とだけは競って
食べています。もたもたしていたら無くなりますからね!とはいえ、
もちろん貝から身をはずす熟練した技は私の方が断然上!

 そんな大好きな牡蠣と並んで好きなものが「赤飯」。何が悲しくて
自分の誕生日に自分で赤飯蒸しているのだろうか?と思うのですが
赤飯は昔から誕生日にはつきもので、子供の頃から母に「誕生日に何食べたい?」と
聞かれると、必ず「赤飯」をリクエストしていたものです。もちろん小豆のね!
母の作る赤飯は東北出身のせいかいつも甘納豆なのですが、私の誕生日の赤飯だけは
必ず小豆で作ってくれたものです。思い出のお料理のひとつというんでしょうかね。
ちなみに弟たちの誕生日リクエストはいつも「カレーライス!」
何がどうおめでたいんだか、普段の食事と変わらないじゃない!(笑)と、兄弟で
誕生日の話になるといつもそんな話題がのぼります。

 と、いうことで、

牡蠣の酒蒸しをこうしていただき・・・・・

こうなるわけです。

そして、食べた後の牡蠣の山を眺めながら幸せを噛みしめる私なのです~(満腹)♪

みんと1月20日(木)号を発行しました

ついに昨日、流氷初日を迎えましたねnote
北海道新聞北見支社報道部の北波記者による、流氷の空撮写真に
いよいよ冬本番の意識を高めました。
やっぱり来るものが来なくては、オホーツク観光の冬は始まりません。

さて、本日1月20日(木)号を発行しました。
読者の人気高い「パズルタイム」を掲載しています。お楽しみください。
また、高間早紀子さんによるフラワーアレンジメントのコーナー
「シネマランドスケープ」も表紙面に掲載。
毎回、高間さんの豊かな発想に感心します。詳しくは紙面で!

DSCF0152