エコな?!カップラーメン

こんにちは。(みぃ)です。

先日ふら~っとスーパーの陳列棚を眺めていたら、カップラーメンのリフィルなるものを発見しましたsign03

じゃ~ん、これです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃、あまりカップラーメンを食べない私。

なぜって、便利だけれど食べ終わった後の容器がもったいないから。

でも、このリフィルならゴミも少なくなる?と思い、早速購入してみました。

お値段は普通のカップタイプより10円ほど安かったです。

陳列棚には、リフィル専用のマグカップなるものもありましたが、

こちらは家にあるミニどんぶりで代用できると思い、ひとまずリフィルのみ購入して家路へ…。

 

ためしに、まずはカップヌードルをいただいてみました。

リフィルを開けるとこんな感じです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺の底にかやくや調味料が入っています。

これをカポっとどんぶりに入れて水を入れ、ラップやお皿などでフタをしてレンジでチン♪

それほど面倒ではなく、楽しく作れました。

 

で、できあがったのがコレ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとどんぶりが大きすぎましたが、おいしそうなラーメンのできあがり♪

味はもちろん、カップヌードルそのものでした(笑)

興味のある方はスーパーで探してみてね。

手帳のお話

暖かだったお休みももうすぐ終わり…

各地で冬のイベントが行われていますが、お出掛けにはぴったりでしたね。

北見や網走の冬のイベントは10日あたりからなので、雪像が崩れない程度に暖かいといいですね。

そろそろ夕食の時間。テレビを観ながら家族団らん?

「ちびまるこちゃん」や「サザエさん」を観ると、

「明日からまた頑張らなくちゃ~」って思います。

 

今日は私の使っている手帳について…

最近、手帳が注目ですよね。みんと編集部でも時々話題になります。

スタッフは、それぞれの個性にあった手帳を見つけ出して使っているようです。

私もその中の一人ですが、今年はこの2冊を使っています。

1冊は、西洋占星術の鏡リュウジさんの「Sun&Moon Diary 2011」。

そして、もう1冊はとっても簡単なカレンダー式の薄い手帳。

「Sun&Moon Diary 2011」は、月ごとの星の運行がホロスコープになっているほか

星座別の運勢やその月のラッキーポイント、重要な日のアドバイスなどが書かれてあります。

もちろん、新月・満月などの月の運行表もあって、みんとのブログの横でつぶやいてくださっている

ユリア先生のアドバイスと合わせて毎日の参考にしています。

これがあれば、毎月の「新月の願い事」も忘れずにできるので、私の強い味方です。

先日の3日の新月のお願いはね…ナイショです。

北見市高校生美術展

こんにちは。(みぃ)です。

しばらく晴天が続いていましたが、今日は久々に雪が降っていますね。

雪が降り始めると、どれだけ積もるのかが気になるところですが、

今日は大丈夫そうなので安心です。

 

さて、今日はこの土日、2月5日・6日に北網圏北見文化センターで開催されている

「北見市高校生美術展」に行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この展覧会は、北見市内の高校美術部員の作品を展示していますが、

今回初めて企画された新しい催しです。

看板は高校生たちの手づくりだそうで、

道路からの入口と、館の玄関、そして会場入口と3個設置されています。

それぞれ絵柄が違っていて凝っています。

 

下の写真は展示風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生が自分たちの作品を発表する場と言えば、高文連か学校祭などで、

作品を一般の人々に見てもらえる機会はあまり多くはありません。

しかも、『美術館』に展示する機会など、めったにないようです。

 

「若い才能のために何かできることはないだろうか…」という話から開催に至ったこの展覧会、

北見市内の高校美術部が一堂に会し、7校から136点の作品が展示されています。

作品にはそれぞれ生徒自身による解説が添えられていて、

どんな思いで制作したのか、どんな風につくったのか、苦労した点や工夫した点などが書いてあり、

読みながら作品を観てみると生徒の思いが伝わってきます。

 

若者のエネルギーが満ち溢れる、すばらしい展覧会。

開催は明日までですので、お時間のある方はぜひお出かけください。

入場は無料です。

 

「北見高校生美術展」

2011年2月5日(土)観覧時間10時~17時

       6日(日)観覧時間10時~15時

会場:北網圏北見文化センター(北見市公園町1)

道産語(どさんご)

こんにちは

 

1月が、50日くらいあったかのように長く感じた(榛)です。

 
さて、北海道生活も12年を超えたら、いい加減慣れてもいいものですが、

まだまだ知らないことのほうが多くて・・・。

 
先日の(ど)のブログにあった会費制の結婚式などもそうですが、

北海道の風習というか、習慣というか

埼玉県出身の私としては驚くこともたびたびあります。

 
 

 

 
言葉の違いもいろいろ気付きます。

 
みんとのミニコーナー「今日の道産語(どさんご)」では、
道外出身の(みぃ)と私が、日ごろの会話の中で気づいた“北海道弁”をあれこれ紹介しています。

道新みんと コーナー

 

過去に掲載したものは、

「おだつ」(はしゃぐ)

「おばんでした」(こんばんは、“でした”がツボ)

「投げる」

「ちょす」

「(テレビが)入る」

などなど・・・。

 
ちょす(いじる)や、投げる(捨てる)は、だいぶ耳馴染み、使うこともありますよ。

 
私の故郷、埼玉は、アクセントに違いこそあっても
(それはそれで東京に出てカルチャーショックでしたが)

言葉がまるきり違うということはあまりなく、

その点も北海道弁ってかわいいなあと思います!

「なまら」(とても)のように女子高生が使いたい気持ち、わかります。

 
これからも「道産語」探し、してみようと思っています!

 
 

みんと2月4日(金)号を発行しました

節分も終わり、バレンタインデー気分も盛り上がって来た(じ)です。(私だけ?)

さて、2月4日(金)号を発行しました。

今日のみんとでは、特集「みんと流バレンタインの楽しみ方」を掲載。

(ぜひ昨日発行の2/3号の中面企画と併せてご覧ください)

また「冬のイベントに行こう!」として

今週末と来週末に催される冬のお祭りを特集しています。

週末のレジャーは、みんとをチェックしてからお願いしますネhappy01

戦国武将クイズ

言の葉ミニレッスン・漢字クイズ担当の(さ)です。

先週に引き続き、漢字クイズをひとつ。

みんと1/27号で出題したもので、昨日が応募締め切りでした。

配布地域の皆さんからたくさんのご応募をいただいています。

いつもありがとうございます!

正解と当選者発表は2/10号のみんと紙面で発表しますので、しばらくお待ちを。

みんと配布地域以外の方々も、しばし頭の体操はいかがでしょう?

特にNHK大河「江〜姫たちの戦国」または戦国武将ファンの方々、

お時間の許す方々におすすめします。

正解しても何も出ませんが、

解けた時のスッキリ感だけはプレゼントできます。

 

【問題】

並んでいる漢字を組み合わせると、有名な戦国武将(6人)の名前になります。
余った漢字を組み合わせると、戦国武将ではない人名が…。
その名前は?(漢字は一度ずつしか使いません)

 

長田智家

井川政臣

達長康人

徳光利明

秀伊就信

吉元直秀

豊毛浅織

 

正解は2/11号のブログ当番の時にアップします。
1週間後をお楽しみに♪

小料理「津軽」

引き続き(じ)による投稿、失礼いたします。

おせちの重箱を返すというのを口実に
(重箱を返却するとキャッシュバックがある、津軽さんのおせちです)
家族でゆうべ、大好きな料理屋さん「津軽」へ行ってきました。

かき酢と蝦しそ揚げ

夫のために愛を込めて(?)「カキ酢」を注文。
カキのおいしさは大人になってからわかりました。
右側は「蝦しそ揚げ」。

里芋の揚げ出し

必ず注文する「里芋の揚げ出し」。

玉葱グラタン

「玉葱グラタン」。

お品書き

店主の前田さん&奥さんと世間話をするのも楽しみのひとつ。
今のお店に移転してから11年経つのだとか。
わたしが初めて行ったのは、前のお店になります。
あれから我が家では、節目節目に「津軽」へおいしいものを食べにいきます。
いつか津軽でフグを食べるのが夢happy01

 

小料理「津軽」
北見市北6条西3丁目山下通沿い  電話0157-61-6868
営業時間17時〜23時(オーダーストップ22時30分)
定休日/基本的に日曜日

2月3日(木)号を発行しました

今日は節分。

節分とは関係ないですが、今朝テレビでは小清水原生花園の海を映し

流氷が遠ざかったと放送してました。

今日の気温はあたたかいですが、夜になったら凍ると思うと

喜んでいられない(じ)です。

 

さて、本日2月3日(木)号を発行しましたheart04

中面でバレンタインデーの企画を掲載してます。

チョコに関する豆知識とチョコ選びのアドバイスの記事を載せました。

そろそろ準備を・・・とお考えの方、参考にしてくださいね!

おなじみのクイズ・ナンバープレイスに

子育ておしゃべり広場「あおぞらカフェ」を掲載しました!

あおぞらカフェでは、随時お便りを募集中です。

(メール投稿の際はこちら

DSCF0234

結婚披露宴に行ってきました。

先日、親戚(新郎)の結婚披露宴が札幌であり、参加してきました。

30代も後半になると、結婚の案内をもらうことも少なくなり、久しぶりの披露宴。しばらくぶりに礼服を出しみると、ウエストがきつくなっておりました。北見に来てから車ばかりの生活。気付かないようにしていたけど、やっぱり太ったなぁ~と実感。

午後の披露宴なので朝のJRで当日移動。雪での遅れを心配しましたが、時間通りに札幌駅に到着。会場のホテルに向かいました。

会場に行くと、会費は 15,000円也。10年ほど前の自分の披露宴では、12,000円でも「ちょっと高いね!」と友人に言われましたが、会費制もどこまでいくのでしょう。いつかは招待制と変わらなくなるのでは?

あと、会費制の披露宴ながら、発起人などはいないスタイルは、最近多いのでしょうか?合理的で良いと思うのですが、自分の時は、「自分達で招待して、会費を集めることを『失礼』と感じる人がいますよ!」などとホテルの人に言われ、友人に無理やり世話人になってもらい、世話人名で案内状をだしたことなどを思い出しました。

さて、肝心の披露宴です。幼い頃、かわいい男の子だった新郎も、30歳を過ぎ、恰幅のいい別人のような姿になっていましたが、人柄は昔同様で、アットホームで素敵な披露宴でした。

ちなみに、親戚の実家は水産関係の会社なのですが、披露宴の最中に「まぐろの解体ショー」があり、大変美味しいマグロの握りを食べることができました。普通の人にはなかなかできない演出ですが、盛り上がるし、握りも好評でした。オススメです。

久しぶりに参加した結婚披露宴。ただ新郎、新婦のお祝いというだけでなく、しばらく会っていない人と会えたり、最近の結婚トレンドが分かったり、美味しい料理を食べたりと、非常に有意義な一日でした。

オホーツク小さな旅

金曜当番の(さ)ですが、水曜日に、こんにちは。

1月22日に能取岬&常呂に流氷観光に行ったことを、アップしましたが、

先週土曜日(1月29日)もまた行ってきましたよ。

すっかり流氷ウォッチャーです。

北見を出た後、車内のラジオで網走の「流氷接岸初日」が出たと知り、

「やったー!」でした。

まず女満別空港近くの「一心」で腹ごしらえ。

一心味噌ラーメン

味噌ラーメン(700円)。ここのスープ、野菜のエキスを感じる…好きな味。

チャーシューもやわらかくて美味しいし。

「一心」は美幌が本店。北見にもありますよ。

店を出た後、ふと思いついて西女満別駅に寄り道することにしました。

前夜は道新営業部・みんと編集部の新年会(?)だったのですが、

鉄道談義に花が咲き、(ど)の鉄道好きさんに勧められたのが「西女満別駅」だったのです。

何でも全国的に有名な秘境駅のようですが、地元の私は知りませんでした。

駅ホーム

発見しました!西女満別駅。

ここがホームです!単線です。

と思う間もなく、列車が近づき…

流氷特急「オホーツクの風」

札幌を朝の7時台に出るという季節列車「流氷特急・オホーツクの風」でした。

あっという間に通り過ぎ、文字通りオホーツクの風を浴びました!

接岸初日にこの列車に出合えるなんて、サイコーにツイテマス。

西女満別駅舎

こちらが駅舎です。失礼ながらプレハブの物置かと…。

中に入ってみるとベンチがあり、ちゃんと待合室だということがわかります。

ベンチの上に旅ノートが…。

これを読んだら「全国的に有名な秘境駅」なんだということが実感できました。

きちんと畳んだひざかけも…。誰かの忘れ物?いえ、配慮かもしれません。

張り紙があります。要約すると、

「列車が定時刻になっても到着しない場合は、待合室内の電話ボックスから

網走駅、網走駅と呼んで下さい」という内容。

私はこの張り紙を繰り返し読んでいるうちに胸が一杯になってきて、なぜか涙が出そうに…。

(今思い出しても涙が出そうになるので、何か私の「ツボ」なんでしょうね…)

西女満別駅に別れを告げ、流氷の接岸状況を目で確認するため天都山へ向かうことに。

顔の黒い羊

途中で見かけた顔の黒い羊たち。

一列になって飼育小屋に入ろうとしていたのに、

こちらと目が合い、先頭の羊さんの足が止まってしまいました。

ゴメンネ。でも、かわいい。

北浜の流氷

天都山で接岸状況を確認後、今度は北浜へ。

北浜です。海は流氷で埋め尽くされています。

そして、この立て看板!

「誰も泳がないって!」と大笑いしていると…

ノロッコ号

ノロッコ号です!

網走から知床斜里へ向かう流氷ノロッコ号。

西女満別の「流氷特急・オホーツクの風」といい、今日は本当にツイテマス。

鉄道談義をしたおかげで、「鉄道の神様」がよくしてくれたのかもしれません。

ありがとう!神様、ありがとう!(ど)さん。

以上、「オホーツク小さな旅」のリポート。(さ)がお伝えしました。

 読んでいるだけで寒~い!でも、一緒に旅気分が味わえたわ!(有美)