厳寒の焼き肉まつり&ラッピング

こんにちは。
親指にバンドエイドを貼るとコンタクトレンズを目から外すことが出来ない(泣)…
と思う(榛)です。
手荒れがひどくなり右手の親指、左人差し指に加え、
先日は、包丁が当たって左親指を負傷。
3ケ所もバンドエイド(サビオ?カットバン?言い方色々…)を貼っています。
手肌があれる季節は本当に苦手です。とほほ。
さて、昨日は「北見厳寒の焼き肉まつり」でしたね。
寒い季節でもコレは好き!
今回は残念ながら写真だけ撮影に行きましたが、手袋を忘れてしまい
車から降りて5分も経たないうちに、手が冷たくなってしまいました。
と~~~っても寒かった~~~。
(たぶんいつもは、ビールやお酒を飲んでいるから寒さを感じないのかも?)
焼き肉の良い香りが漂い、シラフであの場所にいるのはお酒飲みにはつらい!

たくさんの人が今年も参加していました。報道では1500人!
今回は、ドラム缶を使った立ち食いスペースもあると聞き
それも楽しみにしていたのですが
実は私が想像していたのとはちょっと違いました(恥)。
私はてっきり、ドラム缶を縦に使うのかと思っていて
何となく「立ち飲み屋」を勝手にイメージしていました(笑)
ひじ付いて…(あ、でもそれはそもそも無理ですね)

実際は、ドラム缶を縦半分に切って、それを横に寝かして脚を付けた形でした。
そりゃそうですね。

立ち食い焼き肉台 

 

 

 

 

 

 

さて、
金曜日号のラッピング術はご覧いただけましたか?
掲載にあたって何度も何度もリボンかけに挑戦してみました。
だんだん手がなれてくるとリボンかけがもっとやりたい!衝動に駆られ…
今週、発送した読者プレゼントは、まさしく”プレゼント仕様”です(笑)
届いた方、気付いてくれるかな?(わくわく)

読者プレゼント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、今日は結婚記念日でした、私!
忘れないように建国記念日にしたのに毎年忘れています。
土曜日の祝日というのがさらに印象を薄くしています。

 

 

氷濤(ひょうとう)まつり開催中です

ご無沙汰しております。

千歳在住、元みんと編集部の(なお)です。

北見は今晩「厳寒の焼き肉まつり」なんですね。

私は、残念ながら一度も参加したことはないのですが、今や北見の名物になりましたよね。

さすが、焼き肉のまち!

 

こちら、千歳では冬の一代イベント「支笏湖氷濤まつり」が開催中です。

支笏湖の湖水を汲み上げ、吹き付けて凍らせたたくさんのオブジェが並びます。

昼は“支笏湖ブルー”と呼ばれる、自然な淡いブルーの氷。

夜は、ライトアップされたオブジェが色とりどりに輝きます。

土日は花火大会も行われ、オブジェ越しに見る冬の花火が格別なんですよ。

とーっても寒いですが、寒さがなければ見る事のできない“厳寒の芸術”です。

2/12(日)まで開催中ですので、こちらにお越しの際にはぜひ足を運んでみてくださいね。

支笏湖氷濤まつり

 

 

みんと2月10日(金)号を発行しました。

小雪が降って来た北見市です。

今日は2月10日(金)号を発行しました。

今号の特集は、(榛)渾身の企画「贈り物を包むラッピング術」です。

「ほどきやすく裏が出ないリボン結び」をマスターして

かわいくラッピングしてくださいね。

「丸かぶり」って?

こんにちは。金曜担当・言の葉ミニレッスンの(さ)です。

今週2/9号の「みんとのひとりごと」は(じ)と(さ)の担当でした。

このコーナーは、編集部のうち2名のランダムな組み合わせによる当番制です。

校正を見るまで、相手が何を書いているかわかりません。

同じ内容だったらどうしよう…と、実は内心ヒヤヒヤものです。

今回(じ)が書いていたのは…

「恵方巻きを丸かぶり」というのはおかしい、丸かじりの間違いだろうと思っていたが、

実は「丸かぶり」とは「丸かじり」と同義だったという内容でした。

私が教えたことになってますが、

私もネットで調べるまで、丸かぶりが関西弁で「丸かじり」を意味する言葉であると

はっきりは知りませんでした。

「かぶる」を辞書(goo辞書)で引くと

「気触る」

「被る」

「齧る」の3つが出てきます。

★「気触る」は「かぶれる」の文語形。

★「齧る」と書く「かぶる」を見ると、「かじるに同じ」と出ています。

「かぶる」は「かじる」の関西方言ですが、どうも「かじる」の古語のようです。

★「被る」と書く「かぶる」には、帽子をかぶる以外にもさまざまな意味がありますが、

(言動や特徴が)人と同じであるという意味も出ています。

「キャラが―・る」

「保護者会でAさんと洋服が―・ってしまう」

「前の人と発言内容が―・る」

といった用例が辞書に出ています。

いろいろ検索してみたら、この用法で「かぶる」を初めて使ったのは麻雀の世界だった

という説がありました。

同じ牌がくることや、捨てた牌と同一の牌でツモった時に言うそうです。

私は、てっきり若者言葉かと思い、使うのをなるべく遠慮してましたヨ。

ところで、先日、編集部で(榛)と会ったら、全く同じシャツをきていました【実話】

思わず「アッ、同じ!」と言いましたが、「アッ、かぶってる!」でもいいんでしょうね。

これがもし、上から下まで全部同じ服だったら?

「丸かぶり」と言っていいかも。

しかも、このことを同時に「みんとのひとりごと」に書いたら?

これも「丸かぶり」かも!

 

みんと2月9日(木)号を発行しました。

めんこちゃんのコーディネイトは(榛)担当♪

いよいよ明晩の(ウワサの)「厳寒の焼き肉まつり」を皮切りに

今週末は、オホーツク各地で冬のイベント本番を迎えますネ。

 

地元北見市では、「第42回北見冬まつり」が行われます。

メイン会場は北見駅南多目的広場ですが、今年はもう1カ所、特設会場が北見駅前広場に設けられます。

今年の冬まつりのポスターは、モザイク調の雪だるまのイラストがかわいいですよね。

おまつりは、大滑り台やグルメコーナーなど楽しい催しがいっぱいです。

おでかけ予定のみなさま、安全運転&防寒対策万全でお出掛けくださいませ。

 

今日発行の「みんと」にも今週末のイベント情報を掲載しましたので

参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

厳冬を楽しむ? 煙が目にしみるかも…

 みなさん、こんにちは、水曜担当(ど)です。

 少しずつですが、日が長くなっていましたね。午後5時でも、まだ、西の

空には薄明かりが見られます。

 

 お日様の活動時間は日に日に伸びていますが…気温の方は…まだまだ、厳

しいようです。北見地方の今週末の予想最低気温は、氷点下20度をさらに下

回るとか(大汗…も凍りつきます)

 

 オホーツク海を南下していた流氷も、既に着岸しています。管内各地の冬

祭りも始まり…まさに冬の観光シーズンのトップシーズンを迎えています。

 

 既に先週3日発行の「みんと」の「冬まつり」特集第2弾で、各地の「冬

まつり」情報をご覧になった方もいらっしゃいますね、きっと。

ここ北見地方では、この週末11日(土・祝)から「北見冬まつり」が開催

されますが、その前日、10日(金)の夕方、「北見厳寒の焼き肉まつり」が

行われます。

 

厳しい寒空の下で焼き肉を味わうというイベントです。(ど)もお手伝いの

後に実食しますが…

これまでの経験から言えば―焼き肉をすぐに口に入れないと凍りつく。タ

レがシャーベット状になる。七輪からの煙でひたすらいぶされる。ビール

が冷えすぎて、味が分からなくなる。足が冷たくなり、靴を脱いで七輪に

押し付けるが「ぬくもり」を感じられないくらいマヒ?する。寒さのせい

かもっぱら食べることに集中し、会話がなくなる。開催時間2時間が「終

わりのない」時間のように長く感じられる…など、凄まじい思い出は枚挙

にいとまがありません(涙)

昨年の様子。なんと神輿が

今年は先の予報から、この5年で最も「寒い」焼き肉まつりになると思わ

れます。(ど)周辺の有志は、悲壮な覚悟で臨みます。

 

暖かい?お話といてば、来週は「バレンタインデー」!!

(ど)も先週の「みんと」バレンタイン特集を見て「妄想」をたくましく

しております。

 

といっても、なんの「アテ」もなく「妄想」するくらいが関の山ですが

…あっ! そうだ。某スナックから「愛の手」があるかなぁ~。この日

は「巡回」してみようかなぁ~。

バブルの頃はよかったなぁ~(ボソ)

 

バレンタイン難民(ど)のボヤキでした^^;

では、明日の「みんと」をお楽しみにぃ~

ちょっぴり贅沢ランチ♪

 

最近のブログにアップする話題が

食べる話と飲む話に偏っている(柊)です。

 

 

女子3人でステキなお店でランチをしました。

最近はあまり情報交換していませんが

以前は「ぶんぶん女子マンガ部」なるものを勝手に設立しw

事務局内で自分の興味のあるマンガを「オススメ&貸す」という

なんともゆるい感じの活動?をしていたメンバーです。

 

2日のブログで(じ)がオススメしているマンガももちろん制覇。

 

ちなみに「神の雫」と「バンビーノ」もオススメですよ。

バンビーノは読んでいるうちにイタリアンを食べたくなる魔法にかかります。

たまーに行く酒屋さんで「神の雫に掲載!」とポップの付いたワインを見た時には

思わず購入しちゃいましたw

 

 

 

ランチの話に戻りますね。

友人が予約をしてくれたので

テーブル席でゆっくり出来ましたが

平日の13時過ぎだというのにほぼ満席でした。

 

この日いただいたのは「八彩(やさい)弁当」。

まずは前菜の野菜を使った炊き合わせ。ん~、優しいお味♪

続いて、見た目も美しいお惣菜8品。

そして野菜握り。色どり鮮やかな小さめに握られたお寿司です。

 

 

野菜握りは、魚ではなく野菜を使った握り寿司です。

トリュフ塩が効いている「しいたけの握り」や、

昆布出汁の風味香る「トマトの軍艦巻き」などの6種。

これに椀物とコーヒー、

デザートが付いて(この日はストロベリーアイス&イチゴのプレザーブ)で1575円でした。

 

少しずつたくさんの種類が可愛らしく美しく、というところが

女子の心をくすぐりますねぇ~

たまの贅沢、お値段以上に愉しめたランチでした♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本料理 まるやまかわなか
【住所】札幌市中央区南1条西25丁目 PACKET地下1階
【電話番号】011-643-7727
【営業時間】11:30~15:00、17:00~23:00
【定休日】火曜日

http://maruyama-kawanaka.seesaa.net/category/10855463-1.html

 

雪道の運転

こんばんは。(みぃ)です。
娘のインフルエンザもすっかり良くなり、
心配していた家族への感染もなさそうで、
ホッと一息ついているところです。

昨日、今日とずいぶん暖かく、
雪解け水で道路には大きな水たまりができていました。
昼間はポカポカで運転も楽ですが、
気温が下がり始める夕方は要注意ですね。
スケートリンクのようにツルツルに凍ったりするので、
こんな日は早く帰宅するに限ります。

実は先日、夫の車がかなりスピードを落としていたにもかかわらず、
交差点で止まり切れずにやむを得ず路肩に突っ込んで停止しました。
スピードが出ていなかったので、幸い車も人も怪我はなかったのですが、
雪にはまってしまって立ち往生。
通りがかりの車に引っ張ってもらって、
何とか脱出できたという事件がありました。

雪道では、どんなに気をつけていても、
どうしようもなく滑ったり、止まらなかったりということがつきもの。
細心の注意をはらって運転したいと思います。

そして、先日主人を助けてくださった方々。
その節は本当にありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

懐かしいあの人・・・

こんにちは!毎日寒い日が続いていますね。

今日は少し暖かかったかな?

 

昨日(2月4日)の道新朝刊の地方面に掲載された写真はご覧になりましたか?

早朝の北見市内を「けあらし」が包んでいるという幻想的な写真。

みんとの「あおぞらカフェ」でも子ども写真の上手な撮り方の連載を持っている

道新北見報道部の北波(きたば)カメラマンが撮影されたもの。

横長でまるで昔あったパノラマカメラで撮影したのかな?という感じでした。

今日、北波カメラマンに会ったので「どうやって撮ったんですか?」と聞いたら、

笑いながら「普通に撮って、上下をカットしたんだよ」と教えてくれました。

そうか~撮る時に「どう見せるか」を考えながら構図を考えることが大事なんだ~。

今更ながら、自分の写真の撮り方を反省・・・やっぱり写真は難しいわ~。

 

さて、タイトルの「懐かしいあの人」についてですが、それは山口百恵さん。

私達世代にとってある意味、あこがれ?伝説?の人です。

夕べ、たまたまつけていたCS(スカパー)の某チャンネルで

伝説の引退のコンサートが放送されていました。

最後のマイクを置くシーンなどは、よく放送されていますが、

フルに観た(途中までは寝ていましたが・笑)のは初めて!

まず、シンプルなステージにびっくり!バンドとマイク、ちょっとしたセットのみ。

会場は武道館のはず、ホントにシンプル・・・観客のみなさんもおとなしく座って観ています。

今じゃ、ステージは、豪華なセットに大型のLEDスクリーン、

ライブは「立って観る」のが当たり前、なんか新鮮?に感じちゃいました(笑)

 

次に、21歳とは思えない貫禄・・・本当に21歳なの?と思っちゃいました。

途中のトークでも「21歳」と言ってましたから、間違いはないはず・・・

そして、今更ですが「歌がうまい!」

百恵ちゃんは「としごろ」でデビューして、「青い果実」「ひと夏の経験」などの

ちょっと危ない?歌詞で、実年齢よりも大人っぽい感じだったのを覚えています。

当時、歌詞の意味もよく知らずに大声で歌って大人に怒られた・・・なんてことも。

「イミテーションゴールド」「ロックロールウィドウ」「プレイバックPart.2」などの激しい曲や、

「冬の色」「いい日旅立ち」「秋桜」などのバラード系まで多くのヒット曲がありますね。

ライブの中でもこれらの曲はもちろん、「絶対絶命」や「謝肉祭」「愛の嵐」「横須賀ストーリー」

「湖の決心」「禁じられた遊び」などを歌っていました。

いや~、懐かしい~!なんて思いながら、一緒に歌っている私・・・

これって、1980年10月のコンサート・・・ってことは30年以上前?

百恵ちゃんが全盛だった当時、私がいくつだったかは内緒ですが(苦笑)、

うろ覚えながら、メロディーと歌詞を記憶している自分にびっくり!

(最近のことはすぐに忘れるのに、なぜ?・笑)

 

「百恵ちゃんは歌が上手かった」いう印象は、あんまりないのですが、

改めて聞くと上手です。ロックからバラードまでどれも聞かせてくれます。

約2時間半、百恵ちゃんワールドを堪能、改めて「山口百恵」ってすごい!って思っちゃいました。

再放送もあるみたいなので、録画しようかな?

 

そうだ!次の飲み会のカラオケは、「百恵ちゃん」しばりでどう?

 

 

 

 

しあわせのパン

・・・ぉはようございますぅ~(スターの寝起きドッキリ風に)

(榛)です。
昨日は節分でしたが、最近の我が家では豆まきはご法度。
何せ、なんでも食べてしまう愛犬Pちゃんが、豆をまいた端から掃除機のごとく吸引(食べて)してしまうからです。
鬼のお面をつけさせて鬼役にしようという発想も今では家族の誰も言い出しません。
静かに過ごした節分でした。

 

さて金曜日の「しあわせのパン」特集は楽しんでいただけましたでしょうか。
どのパンもおいしそうでしょう。
紙面からパンの良い香りがしそうですね~。

 

映画「しあわせのパン」はもうご覧になりましたか?
10ページで触れていますが、ディスプレイコンテストで優勝したという、ワーナー・マイカル・シネマズ北見の「しあわせのパン」ディスプレイ。私も見てきましたよ。
実際に目にしてその完成度の高さに驚きました。
特に細かい部分が、スタッフの方々が一生懸命に、そして楽しんで手作りしたことをうかがえるものでした。
 まるでカンパーニュ

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、本物みたいでしょ?
カンパーニュ、クロワッサンにフランスパン…。
スープもフェルトでできているんですよ。
あたたかさが伝わってきますね。
ああ、こんな時間からお腹が空いてしまいました(笑)

フェルトを手縫い。実に細かい!