北見市ほか1市7町に配布 みんと4月19日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました。

今号の特集面は

今春開校予定の新しいタイプの学習塾「SCHOOL」の塾長、西野寛明さんと

北海道新聞北見支社 加藤利器支社長の特別対談

「学びの楽しさ 知ってもらいたい!塾で見つける未来」です。

P3〜P5は保存版「病院医院ガイド」を掲載。

今週も「みんと」をお手元に!!

続くパフェ活

木曜日!

一週間の中、木曜日の朝を迎えると俄然意味なく元気が出る千葉(有美)です!

さてさて、本日はパフェ活のご報告です。

今年の目標を2019年の1年のうちに「パフェ100個食べる」を目標に

掲げたのですが、今日でやっと20個なんです・・・。

計算上だと1週間に2個ずつ食べて年間96個と100個に届かないところ

コンスタントに食べ進めることができないここ最近、焦りが出ています。

でもでも、この「パフェ活」は私の日々の日課となっている「ジム活」と相対するもので

もう、どっちの為にこの2つの部活をやっているかわからなくなってくる始末・・・

だからといってどちらも止められない・・・とりあえず今年1年は継続だけはしなくては!

と、自分に言い聞かせながら、本日も「パフェ活」しかも、ホテルビュッフェからの部活・・・( ̄▽ ̄)

はい、ということで今回のパフェは前回も伺った

「パティスリー&カフェ  DEL’IMMO(デミーモ」さんの

桜パフェとショコラパフェ。

(左)桜パフェ (右)ショコラパフェ

春らしく桜をフレーバーのアイスやメレンゲクッキーを添えて横からのアングルも真珠に見えるショコラが

何とも芸術的かつ可愛い!いつも紅茶をおともにパフェをいただきますが、今日はシャンパンをおともに贅沢気分!

ショコラパフェもショコラと相性の良い、ベリーソルベと柑橘系が一緒のグラス。美味しい美味しいと食べすすめ

あっという間に幸せ時間も終わってしまう・・・

そんな贅沢な幸せ気分を堪能したので、朝から燃やすべく「わがままボディの脂肪」と戦ってきます!

トコロ貝塚―縄文のくらしと文化の変遷― ミニ企画展

北網圏北見文化センターで、「トコロ貝塚-縄文のくらしと文化の変遷-」が展示中です。

実は私、考古学ファン。札幌でも、とある縄文の会に入会して活動していたくらいです。札幌って遺跡が200以上もあるんですよ。もちろん全道一なんですが、それだけ開発が進んでいるということです。調査してすぐ壊されてしまいます。

実はオホーツク、北見はそれ以上にすごいんです。札幌は縄文時代は海の中。中心部で見つかる遺跡は続縄文から擦文文化のものが多いのですが、オホーツクは地形が安定しているおかげで、旧石器時代からの遺跡がばんばんあるんです。とくに常呂は旧石器から縄文早期、続縄文、擦文、オホーツク、アイヌと弥生以外のすべての遺跡が連続してそろっているんです。

もちろん同じところからいろいろな時代の遺跡が見つかっていて、常呂の森遺跡は、いろいろな時代の出土物や住居の復元が一ヵ所で見られて、北海道のどこにもない素晴らしい遺跡なんです。それどころから、東京大学の考古学分室があって先生が研究しています。なんと、北見に東大があるんですよ!

今回のミニ展示はその研究成果の一部を展示しており、黒曜石のナイフや土器が展示されていてなかなか見ごたえがありました。常設展の中なので、入館料(大人660円、中学生以下無料)がかかりますが、常設展の展示もなかなか考古学ファンには見ごたえがあります。ぜひ一度、ご覧になってください。ミニ企画展は5月12日(日)までです。

トコロ貝塚から出土した土器。底の平らで「北筒式土器」というらしいのですが、大体のピースがそろっているのも私にとっては「すごい」です

旧石器時代の石器です。細石刃は、骨器などに埋め込まれて使われ、いわばカッターの刃のようにしていました。北方の文化の影響が見られます

, , , , ,

新しいパソコン。

皆さんは最近何かに驚いたことはありますか?
(柊)はパソコンに驚きました。

少し前にパソコンが新しくなったのですが…。

それまで使っていたものはOSも古く、
まもなくサポートも切れてしまうもので、
みんとブログを書くにも、
ログインのたびにエラーが起こるという
低スペック仕様。

まぁ新しいパソコンのサクサク快適ったら。

ほんと、技術の進歩ってすごいですね。
たちあがりも格段に速いし、
何の作業を行っても、
処理能力どうなってんの?これ?状態。

こんなにストレスが軽減されるのなら
もっとはやく対応すればよかった~。

高校生用の電子辞書はすごい

新学期が始まって一週間が経ち、

子どもたちは新しい生活に少しずつ慣れてきた様子です。

 

先日、4月から高校生になった娘が電子辞書を欲しいというので

書店で高校生用のものを購入してきました。

 

これまで電子辞書を使ったことはなく、

いろいろな辞書がたくさん入っているとだけ思っていたのですが・・・

 

国語系だけでも、通常の国語辞典に類語辞典、カタカナ語辞典、

古語に漢語、ことわざ、熟語…、

そして日本語発音アクセント辞典なんていうのもあります。

もちろん、英語系もたくさん入っています。

 

学習サポートツールもあります。

数学公式集や化学反応式集、世界史用語集といった日々の勉強に使えそうなもや、

日本史一問一答集や英検・TOEIC対策など試験勉強に重宝しそうなものも!

英語の発音をチェックする機能や、英会話番組まであって驚きです。

 

他にも、スペイン語やフランス語、中国語、韓国語など

16言語の基本表現を収めたコンテンツもありました。

「泊まる」「食べる」「ショッピング」などのシチュエーション別に

よく使う言葉が収められており、海外旅行時に重宝しそうです。

 

こんなに至れり尽くせりの機能があるのですから、

娘にはぜひ使いこなしてフル活用してもらいたいものです。

けっこういいお値段しましたしね(笑)。

昔は重たい辞典を何個も持って学校に通ったものですが、

便利なものがあってうらやましい、

今どきの高校生は恵まれているなぁ~と思うのでした。

スマートな大人になるぞ!(十分大人ですが・笑)

こんにちは!4月2回目の日曜が終わろうとしています。

この時間になると、「お休みも終わりだなぁ~」とさみしくなります。

それって「サザエさん症候群」とかいうんでしたっけ?

 

昨日・今日と本来の春らしい日差しが戻ってきて、ポカポカと気持ちが

よかったですね。天気予報によると、今週は暖かい日が続くようです。

とはいえ、桜の花が咲くのはまだまだ先・・・1日でも早く咲いてくれるといいな。

 

桜・・・といえば、昨日、北海道コンサドーレ札幌がやってくれました。

セレッソ大坂を相手に、アウェイで1-0での勝利!

J1リーグでは3連敗中だったので、本当にうれしい勝利です。

相手のセレッソには、去年までコンサのエースだった都倉が在籍。

その都倉をしっかりとおさえて、去年と同じ進藤がゴールを決めました!

インタビューで進藤は、「長居公園の満開の桜を枯らしてやろうと思った」

とジョークを飛ばしていました。これでコンサの桜も少し開花したかな?

GWの頃には、満開の桜とともに勝点の花も咲いてくれることでしょう!

がんばれ!北海道コンサドーレ札幌!

 

これは、私のバッグについている缶バッヂ。

コンサのエンブレムとDFの福森選手です。

「福ちゃん」の愛称で親しまれている彼の

芸術的なキックが、何度コンサを救ったことか。

ちょっとトボけたキャラも好きです(笑)。

 

 

 

 

 

さて、話は変わって・・・タイトルについて。

昨日(榛)も書いていましたが、金曜号の特集は敬語についてでした。

いくつかの例題がありましたが、その中で私が一番気になるのは

「こちらが、●●になります」という使い方・・・「こちらが●●の方になります」と

いうよりていねい?なのもよく耳にします。その度、

「なりますって何?じゃ、元はなんだったの?」「●●の方」ってどっちの方角?

とツッコミたくなります。きっと本人はていねいに言っているつもりなんでしょうが…。

素直に「●●です。」だけでいいのにね。日本語って本当に難しいですね(笑)。

だからこそ、きちんとした敬語を使えると、スマートで大人~って感じに。

チコちゃんに「敬語をさらっと使えるカッコいい大人って、だぁれ?」と聞かれて

「ハイ!」って胸を張って手を揚げられるようになりたいです。

 

最後は恒例となった、先週食べたおいしいものたちです。

 

こちらは、ケーキショップ「ティンカーベル」

の文旦タルトです。甘酸っぱくて瑞々しい

文旦は口の中ではじけます。

バターの風味のきいたタルトも絶品!

おすすめですよ~。

 

 

 

 

 

さ、今週も始ります。あと2週間ほどでGW突入です。

今年は10連休という方も多いでしょう。編集部はその前に・・・がんばります!

「ねえねえ、この中で『正しい敬語』が使える大人ってだあれ?」

こんにちは、チコです。じゃなかった、(榛)です。

 

4月も2週間が過ぎ、新生活にも少しは慣れたところでしょうか。

新しいことの連続で緊張しっぱなしという方は

この週末でしっかり休めると良いですね。

お天気も良く、気分も上がりますね。

 

 

さて、昨日の特集は「正しい敬語」についてでした。

特集を組むきっかけは、私自身の体験から。

 

 

とあるお店に取材のアポ電をかけたときの会話です。

(榛)「社長はいらっしゃいますか?」

(従業員)「社長はいらっしゃいますが、ただ今、接客されておりまして・・・」

(榛)「それでは後ほどかけ直しますね」

(従業員)「携帯電話のほうに直接かけていただければ・・・」

(榛)「あ、携帯電話にかけても(問題ないのですね)、お出になられますか?」

(従業員)「はい、お出になられます」

 

・・・。私の言葉をそのまま繰り返す、若い従業員さん。

つられてしまったのでしょうね。私も時々やってしまいます。

もしかしたら、敬語には敬語で返さなきゃと思っていたのかもしれません。

そんないきさつがあり特集で取り上げました。

 

紙面で紹介した言い間違えは、よく耳にするものを選びました。

《拝見させていただく》などの三重敬語は、私自身も日常的にメール等で使っていて

気をつけねばと実感しました。

《拝見しました》

《見せていただきました》

で良いのですね。

 

原稿を見直しながら、「敬語って難しいな~」と思っていたところ、

みんとの「言の葉」や「漢字クイズ」を担当する(さ)が一言、

いい事を教えてくれました♪

 

「最後を丁寧にしたら、とりあえずいいんだよ」

「なるほど!」頭の上の電球が光った感じ!(笑)に納得できました。

《見せていただきました》

がいい例ですね。

 

それともう一つ、これも(さ)が教えてくれたこと。

「《了解しました》って使いがちだけど、

了解というのは、ちょっとなれなれしい印象。

友達なら問題ないけれど、取引先や目上には《承知しました》というほうが好印象なんだよ」。

勉強になりました!

日頃はつい「了解!」と言っちゃうし、

LINEなどでは「り」とか「りょ」で済ませちゃう(笑)けど

いざというとき、正しい敬語が使える大人ってステキですよね。

ちょっと意識しようと思います!

みなさんも自分の言葉遣い、ちょっと振り返ってみませんか。

 

 

この特集で参考にしたのはこちら。

「よく使う敬語の言い換え表現」も一覧になっているので、手紙を書く時などにも役立つ一冊です。

[ 正しい敬語 (末岡 実)]阿部出版オンラインショップ

わかめは春の季語

金曜日になりました。(さ)です。

NHK朝ドラ、「まんぷく」から「なつぞら」にバトンタッチして2週目ですね。

なつの小学校の先生として、岩崎ひろみさんが登場。

朝ドラ「ふたりっ子」のヒロイン香子(きょうこ)です。将棋の…。

懐かしい!

と思って調べると、1996~97年に放送された朝ドラだったんですね。

23年前ですか…。

熱心に見てましたよ。

お父さんが、オーロラ輝子について行ってしまう、まさかの展開が辛かったなあ。

朝ドラでこういうのいいの?! って真剣に怒っていました。

ウィキペディアによると、お父さんの中の人である段田安則さんに、

舞台の仕事が入っていたために作られた設定であるそうです。

ひどい、ひどすぎる。。。

ところで、香子が結婚して離婚した、やはり将棋指しの相手って誰だったんだろう?

と、思い出そうとしても思い出せない。

ということで…すぐネットで答え見ちゃう。

役名:森山史郎、中の人:内野聖陽さん。

エーッ!まじ?と思ったけど、確かにそうでした。

記憶がよみがえりました。

すっかり「ふたりっ子」の話題になってしまいましたが、

「なつぞら」でした。

なんと、農林水産省畜産部がHPで、「なつぞら」のストーリーに合わせて

畜産や酪農について豆知識的に解説しているんです!

「なつぞら 農林水産省」で検索してみてください。

ちなみに昨日4月11日は「バター」の巻です。

確かに、ストーリーに連動しています。

水曜日の当ブログで、どら焼きの皮を焼いている写真がありましたが、

翌日の「なつぞら」では、ホットケーキを焼いているシーンがあり、

既視感ありました。

前作の「インスタントラーメン」に続いて、今作は「乳製品」なんですね。

前作はインスタントラーメンがよく売れたらしいけど、

今度は乳製品が売れまくるのでしょうか?!

 

 

 

わかめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロローグが異常に長くなってしまいましたが、

今日は「わかめ」のことを書こうとしていたのでした。

釧路の友達が送ってくれた徳島鳴門のわかめ。

今年は海苔やわかめなど海藻類が不作だそうで、

そんな中、ありがたいお福分けでした。

塩蔵わかめ、冷凍保存できるのご存じですか?

食感変わらず、食べられますよ。

キッチンバサミで細かく切ってから冷凍する人、そのまま冷凍する人、

水で戻してから小分け冷凍する人、方法はいろいろあるみたいだけど、

私は一番簡単な「そのまま派」です。

わかめは、いま話題の万葉集にも歌われているほど、

日本人には古くからおなじみの食材。

漢字は、若布、和布、和可米、稚海藻、和海藻、いろいろあります。

また俳句では春の季語。

ここで1句…といきたいところだけど、悲しいかな、思いつかないので、

またいずれ、ということで、左様なら。

北見市ほか1市7町に配布 みんと4月12日(金)号を発行しました。

金曜号を発行しました♪

今週の表紙面では「敬語」を特集しました。

自分たちがふだん使っている何気ない言い回しについて考えてみませんか?

編集部内でも「アレこれ誤りだった!」という発見がありました。

紙面ではほんの一例しか取り上げられませんでしたが

新社会人の皆さんはじめ、自分の言葉づかいについて

今一度考えてみませんか?

春を食べる

先週末、久しぶりに南房総へドライブしてきました。

房総といったら菜の花が一面に広がっているイメージが強いのですが、

その景色も暖かい日が続いたので、そろそろ終盤でしょうかね。

さて、房総へ行く道中、野菜の直売所巡りもしてきました。

今の時期はなんといっても「筍」!

千葉県夷隅市大多喜町は「筍」で有名のようで、すぐ売れ切れてしまうほどの人気。

開店と同時に数分で棚は空っぽになるほど。

早起きしたかいあり私も三本ゲットです!

朝堀の新鮮な筍はアク抜き不要。すぐに土鍋で筍ご飯を炊き、ホイル焼きにもしました。

文句無しに美味しかったです。その日に全部は食べれないので

アク抜き処理して、分葱と合せてヌタにしたり、天ぷら、若竹汁などにしました。

春はまだまだ美味しいものがいっぱい!

直売所で買った野菜を使って作ったのは、これも春の代表でしょうか。

ヨモギ餅も作ってみました。

子供の頃は、このヨモギの香りが苦手だったのですが、大人になると嗜好が変わり、

意外と苦いものや香りの強い一癖あるようなものが好きになりました。大人って不思議…

そして今夜は、春のお鍋です。

今が旬の小松菜の菜花や、春キャベツ、広島県産のレモン(これも今が旬)を使って「春のレモン鍋」です。

コンソメベースにレモンの酸味にブラックペッパーをきかせてさっぱりな仕上がりに。

さて、次は何が旬野菜の出番かしら?