Posts Tagged ハスカップ

ハスカップ狩り2020

私の恒例行事、厚真町にハスカップ狩りに行ってまいりました。

今年も山口農園さんにお邪魔してきましたが、昨年は一昨年9月の胆振東部地震の傷跡が生々しかったのを覚えています。

今年はどうかな~と見てましたら、まだ土砂崩れの生々しさはありましたが、大きく崩れたところは砂防ダムが作られていたり、道路も大方復旧していたりで、だいぶ復興は進んでいる印象でした。

今年もたくさんの人がオープンに押しかけていましたが、やっぱり感染対策はきっちり取られていて、手のアルコール消毒、検温を済ませてからマスク着用で畑に入らなければなりません。

ハスカップはなっている木によって、甘さなど味が違うため、食べながら採取するのが醍醐味なのですが、マスク着用になるといちいち外さなければなりません。ちょっと勝手が違いましたが、訪れた人はいつも通り、夢中になってハスカップ狩りを楽しんでいました。

私も2パックほどゲット。今年もたっぷりハスカップを楽しむことができます。

ハスカップ畑の様子。山肌にまだ地割れの後を残しています

ハスカップの実。今年はちょっと小ぶりで数も少なめでした

,

厚真町ハスカップ狩り

ハスカップ、ご存知ですか。とんがったブルーベリーのような果実ですが、この間、厚真町・山口農園にハスカップ狩りに行ってきました。

毎年、行っていたのですが、昨年は厚真町で震災が起こり、どうなったか心配していましたが、山口農園さんにも被害がありましたが、なんとか今年も収穫が見込めることで、常連さんを中心に案内を送ったようです。

行ってみると、確かにそこかしこに土砂崩れの後が見られ、重機もたくさんありましたので、まだ完全に復興していない状況でした。

山口農園さんの当たりも山が崩れた後がありましたが、畑やご自宅はなんとか無事のようでした。

山口さんによると、今年は地震のためというより、当たり年の裏に当たり、もともと収量が期待できなかった上、開花時期に風が吹いたため、実りが少なく、実も小さいけど、その分、味が濃くなっているとのことでした。

ハスカップは背の低い潅木で、枝に実がついているのですが、木によって、甘かったり、酸っぱかったり個性があるんです。だがら、食べてみて、美味しかったらその木を集中的に取る、ということをしています。

山口さんが小ぶりだと言っていましたが、私にとっては結構大ぶりな実でおいしい実がなる木も多かったような気がしました。

まだ、ハスカップ狩りは指定された日の限定開園のみのようですが、たくさんの人がハスカップ狩り来る、元気な厚真町になってほしいと思いました。

ハスカップ狩りを楽しむ人たち

ハスカップの成っている様子

まだ農園の周りのあちこちに山崩れの跡が残ります

, , ,