Posts Tagged 北見

美里洞窟探検記

私が縄文好きだということは、常々公言していたところですが、本当に北見、オホーツクには本格的な遺跡が多いです。

コロナで審査が遅れているようですが、世界遺産に申請中の北海道・北東北の縄文遺跡群に、ひとつも入っていないのが、今からでも異議を唱えたいくらいです。

シブノツナイ遺跡のように、とても規模の大きなものがそのまま残っていたり、時代も旧石器から縄文、擦文、アイヌ文化期に、オホーツク文化まで実に多彩なんです。

その中でも、この間、気になっていた、北見市美里洞窟に行ってきました。

道道7号線を北上し、途中、上仁頃への道を左に曲がって、美里の集落に向かいます。途中、道が細くなり、それこそ、ぽつんと一軒家状態になったので、車を止められそうな場所に置いて徒歩で向かうことにしました。

洞窟は、仁頃山の中腹にありますが、通常の上り口とは違って、東側の沢沿いを上っていきます。上りはぜんぜん大したことないのですが、熊が出そうな雰囲気がありありで、熊鈴をりんりん鳴らしながら歩いていきました。

農地がまだあるところくらいから歩いているのですが、結構距離があります。40分くらい歩いて、ようやく洞窟への案内板にたどり着きました。道は細いのですが、行き会う場所もちょこちょこあって、入口には車2~3台くらい止められそうでした。まあ、トレッキング代わりだからいいか。

そこから、沢を渡る橋を渡り、結構急な山道でしたが、2~3分で洞窟にたどり着きました。

入口を見ると、立派な洞窟です。説明板を読むと、この洞窟は北海道で最初に発見された鍾乳洞だそうです。残念ながら、鍾乳石はすでに折られてしまってありませんでしたが、中をちょっとのぞくとちょっとしたくぼみがあって、2LDKといった感じでした。ただ、入口からは確認できませんでしたが、中はさらに11メートルくらいの奥行きがあるようです。

ここを古代人たちは、狩猟のキャンプ地として使っていたようです。中からは、縄文時代や、アイヌ文化期、中には旧石器時代と思われる遺物が出土しているようです。

この日は暑い日だったのですが、洞窟の中はひんやりと涼しく、縄文人たちなどが寝泊りに使ったのもよく理解できました。

そう言えば、今日(9月16日)の道新朝刊に、伊達・北黄金貝塚で世界遺産登録の審査が再開されたとの記事が載っていました。北海道・北東北縄文遺跡が世界遺産に登録されれば、ここは指定遺跡ではありませんが、来る人も増えてくるのかもしれませんね。

車でも洞窟までは急な山道ですし、虫もすごかったので足元、虫よけを準備して行ってみてはいかがでしょうか。

急な登りの上に洞窟はありました。案内板の下には記帳ノートもありました

結構、本格的な洞窟です。入口からの見た目より奥が深いようですが、洞窟探検は今回、遠慮しました

 

, , ,

#みなきたみ 助け合って行きましょう!!

いよいよ4月1日。本格的な春の訪れが感じられる日々ですが、どうもうきうきとした気分になれません。

新型コロナウイルス。北見ではなんとかクラスターが潰せたようですが、今度は東京など道外が心配になってきました。また、海外も悲惨な状況が続いている国があり、自分のところがよくても、ほかの地域がよくならなければ、またいつ感染者が出てくるか、心配が尽きません。まさにみんなが幸せでなければ、自分も幸せになれないことを実感します。なんとか収まるのを祈るしかありませんね。

また、自粛で人の動きも止められて、経済も落ち込んだままです。もしかしたら、いままで私たちが経験した以上の状況になるのかもしれません。でも、いつまでも身をすくめてばかりはいられません。

飲食店のテイクアウト情報や在庫SOSなど困っている人たちを救う企画がネットでもいろいろありますが、今、北見市内のいろいろな団体が連携し、市内、市外のたくさんの人に助け合いのきっかけを作るために、企業やお店などの情報をまとめたサイト、「#みなきたみ」が開設されました。(ページには下の写真をクリックしてください)

それぞれがいまできること、やっていることの情報がここにあります。もしみなさんに少しでもできることがあれば、みんなで応えて、みんなで一緒にこのつらい状況を乗り越えて行きましょう!

, ,

KITAMINT HALL(キタミントホール)見学

この間、取材があったので北見ハッカ通商さんにお邪魔してきました。

北見ハッカ通商さんでは、昨年、オフィス兼工場を新築オープンしましたが、とっても素敵な場所になっていましたがみなさん、ご存じでしたか?

KITAMINT HALL(キタミントホール)として、自由に見学できるんです。中は吹き抜けの広いホールになっていて、ハッカの栽培の歴史などが一目でわかるようになっているほか、ハッカ油の製造工程がガラス越しに見ることができます。

取材時は残念ながら製造作業は行われていませんでしたが、ハッカ油の瓶詰作業と細かなごみを発見するチェック作業が行われているそうです。

そのほかホールでは、北見ハッカ通商で製造するハッカ製品や関連グッズなどの販売コーナーもあります。観光客も時々訪れているそうなので、一回見学してみてはいかがでしょうか。北見にお客さんが来たときなど、喜ばれると思います。

キタミントホール

北見市卸町1丁目7番地3 0157-66-5655

※予約不要、日祝休み

北ミントホール。北見市卸町にあります

キタミントホール見学コーナー。北見のハッカの歴史がわかるほか、ハッカ油の製造工程を見ることができます

キタミントホールの販売コーナー。北見ハッカ通商の商品や関連グッズが購入できます

, , ,

フローズンパンツ、再び。

北見はまだ雪が積もらないので、冬って感じがいまひとつですね~。

確かに歩きやすくていいんですけど、ここまで雪が積もらないと心配になります。

そろそろ冬まつりや冬のスポーツイベントができるかどうか、縮小や中止の可能性が取りざたされてきているようです。

そればかりか冬も雪が降らないと、農業もだめなんですね。秋まき小麦は暖かい雪のふとんがないと枯れてしまう危険性もあるそうです。

私も冬になると、北見市東陵公園で歩くスキーを楽しみにしているのですが、雪がないためにいつ貸出ができるかめどが立たないみたいです。

そこで、冬の感じを味わうために、今年もフローズンパンツ、チャレンジしてみました。

コツもつかんだので一応成功しました。でも、昼になるとふにゃってしてしまいました。去年に引き続き、シャツもチャレンジしたのですが、きちんと凍らなくて失敗。

寒さもいまひとつ。しゃきっとしない冬ですね~。

今年もフローズンパンツ! でも日が照ると倒れてしまいました

, , , ,

ジュニアスポーツチャレンジ! 2019

15日(日)、北見市の道立体育センターで、ジュニアスポーツチャレンジ! 2019が行われました。

このイベントは小学校3年生から6年生までの子供たちに、野球、サッカー、バスケットボールの3種類のスポーツに挑戦してもらう、というもので、北海道日本ハムファイターズ、北海道コンサドーレ札幌、レバンガ北海道から現役の選手やコーチが来て教えてくれる、というものです。これまで道内各地で行われ、今年は北見で開催だったのですが、この日は日ハムの鶴岡慎也選手やコンサドーレ札幌のゴールキーパー、阿波加俊太選手、レバンガ北海道からは斎藤拓也コーチが来て、120人ものお子さんたちが熱心に指導してもらってました。

会場は3カ所に分かれ、それぞれの場所で30分ずつ、いろんなゲームやプレイを通じてプロスポーツの選手、コーチに実際に指導をしてもらえますが、バスケットは手拍子を入れたり、リズム感あふれる練習をしてたり、野球は遊びを通じて動体視力や反射神経をみていたり、サッカーは実践を中心に実際に試合をしていたり、それぞれがそれぞれのポイントで子供たちにアプローチしている様が興味深かったです。

子供たちもいろんな適性があると思うので、このようにいろいろなスポーツに触れるということはとてもいいことだと思いました。

このイベントはサッポロビール、JAL、北海道新聞社の共催。始める前、各企業の偉い人が挨拶してます(写真ぼけぼけですみません)

 

 

 

, , , ,

「ひとりぼっちで恋をしてみた」

道新の記事にも取り上げていたので、ご存じの方も多いと思いますが、「ひとりぼっちで恋をしてみた」の大看板が北見市北5西3のロータリー広場に設置されています。

北見市在住の漫画家・田川とまたさんが月刊ヤングマガジンに連載中の「ひとりぼっちで恋をしてみた」。第一巻の表紙絵がそのまま看板になっています。

北見市の女子高校生が主人公で、漫画の中にも北見の風景がここかしこに出てきます。ちょっと根暗で引っ込み思案の女の子がうまく恋を伝えられないことで悩み、あることかきっかけでとんでもない行動に・・・。ちょうど第二巻が10月に発売になっていますので、まだ読んでいない人はぜひ手に取ってみてください。

この漫画がきっかけで、若い人が北見に来てこの看板の前で写真撮影をする姿が見られるようになればいいですね。

ロータリー広場の「ひとりぼっちで恋をしてみた」の看板。絵と同じようにもうすぐ雪の風景になりますね

, , ,

河川敷ラグビーグラウンド

いや~、ラグビー日本代表!  すごいですね~。サモアにボーナスポイントを付けて三連勝!!

ここまで強い日本を見せてくれるとは思いませんでした。

ところで、日曜日、あまりに天気がいい朝だったんで、常呂川から無加川の堤防をウォーキングに出かけました。

すると、南町の河川敷ラグビー場で練習する人たちが。よく見ると、高校の部活らしいものと、もうひとつのグループは、ラクビー教室でしょうか、子どもたちが一生懸命練習していました。

北見は昔からラクビー合宿が盛んで、こういうスポーツができる環境が近くにあるというのは本当にいいですよね~。

この中から、将来のラグビー日本代表が出てくるかもしれないと思うとワクワクします!! がんばれ!!!

南町の河川敷ラグビーグラウンド。雨の翌日にもかかわらず水はけもよさそうでした

, , , ,

日本青年会議所北海道地区大会 北見大会

今年、日本青年会議所北海道地区大会が北見で開かれ、土曜日に公開フォーラムがありましたので行ってきました。

いつもだと理事長の長い挨拶から始まるのかな、と身構えていましたら、アメミヤのステージが始まり、次いでフォーラムが始まったのですが、ステージがバーになっており、元テレビ朝日アナウンサーの宇賀なつみさんらのMCがバーテンダーとしてゲストを迎えるという形になっていました。理事長は最後に「オーナー」として軽く挨拶。斬新で面白い企画になっていました。

最初、本橋麻里さんとロコ・ソラーレが出てきて自然な形で会話のセッション。そこにロバート・キャンベル教授や、幻燈舎でヒット作を連発する箕輪厚介氏が絡んで、持続性のあるチーム作りやイノベーションの大切さなどを話し合っていました。

内容も素晴らしく、ためになるし楽しい時間を過ごさせてもらいました。北見青年会議所のみなさん、お疲れ様でした!!

バーを模したフォーラム。壇上では、大樹町でロケット打ち上げに成功したインターステラの稲川貴大氏、地方再生で活躍、多数の著書を持つ木下斉氏、ブロックチェーンの可能性を説く実業家、坪井大輔氏でしたが、そのほか多士済々のフォーラムでした

, , ,

北見市民温水プール

いつも北見市民温水プールを利用しています。

実は北見に来る前は、まずプールがあるか、探したくらいなんです。

札幌でもプールをよく利用していたので、そこから確認して、住む場所も会社とプールに近いところを選びました。

週に2~3回は利用しているのですが、とてもすばらしいプールです。設備も使いやすくて、とてもきれい。25メートルプールと多目的プールがあり、25メートルプールは水深が変えられるようになっているので、こどもや初心者にもやさしく、また、長距離泳ぐ人、泳ぎを練習する人、歩く人、また子供が遊べる場所にがそれぞれじゃまにならないように使えるように設計されています。

採暖室も低温、高温の二つがあり、バブルプールもあってリラックスできる場所もいっぱいあります。また、プールだけでなくて、ジムもあってスポーツ全般OKです。それで料金も札幌などに比べても安いです。

北見はこのように、いろいろなスポーツ施設が充実していて、とても使いやすい。とっても暮らしやすい街だと思います。

北見市民温水プール。概観もとても素敵ですよね

, , ,

仁頃山初登山。

この週末は絶好調の天気でしたね。

私、日帰りハイキングが好きなのですが、このいい天気にいても立ってもいられず、初めて仁頃山に行ってきました。北見で登山と言えば、必ず勧められる山だったのでいつかは登ってみたいとも思っていました。

登山ルートもいくつかあるようですが、ちょっと冒険して「東尾根ルート」を選択。距離は長いのですが、尾根歩きならだらだら登っていけばいいかな、と軽く考えたのが大失敗。山頂までにはいくつも谷越えがあって、補助ロープが張られているような急坂も結構たくさんありました。ピークを登り切っても山頂はまだ向こう、また下るという場面が何回かありました。

でもおかげで山歩きをしっかり楽しめました。あまり人が通らないルートのようですが、しっかり藪払いがしてあって、案内板も分かりやすく道迷いすることはありませんでした。

やっとたどり着いた山頂は、風がとても気持ちよくて、少しもやっていましたが、大雪山系から斜里岳、サロマ湖も一望できて、最高の眺めでした。

下りは時間短縮で管理者道で帰りましたが、まだ登ってくる人にも結構会いました。道脇の草にもところどころ名前の札が付けられていて勉強にもなりましたし、何よりも大事にされている山だな~と感動しました。私も好きな山のひとつになりそうです。

登山初心者にもオススメですし、ちょっと山歩きが好きな人も楽しめます。でも、山登りの際は、クマ、ダニ、ハチにはくれぐれも気をつけてくださいね。

東尾根道入り口付近で二輪草の群落に迎えられましたが、その後は・・・

やっとついた頂上。吹き渡る風が心地よくオホーツクを一望できる風景に癒されました

, , , ,