Posts Tagged 旭

りんごのコンフィチュール

最近、ハマっているものがあります。

それが「りんごのコンフィチュール」。

最初、聞いたとき「コ、コンフィ?」、二度目、三度目も正しく言えないくらい、初めての言葉でしたが、フランス語で「ジャム」という意味だそうです。

北見市で果樹園を経営するオホーツク・オーチャード㈱の篠根代表が、りんごの加工品を作ろうといくつかの種類でこのコンフィチュールを作り、販売しています。

りんごジャムというと甘くてベタベタとしたイメージを私はもっていてあまり食指が進まなかったのですが、実際食べてみると「!」。とてもさっぱりとした口当たりと、ほどよい甘さとふくよかな香りが一緒に口の中に広がる感じで、すっかりとりこになってしまいました。

いまでは毎朝、ヨーグルトにかけるなどして食べています。種類も「旭」「ジョナゴールド&紅玉」の2種類あって、それぞれ風味が違います。

本当は「アカネ」で作ったコンフィチュールが今年、新発売されたのですが、この間テレビで紹介されてもう在庫がないそうです。果肉が赤くておいしそうだったのに残念!  でも、今年の「アカネ」の収穫で大増産するそうですから来年楽しみですね。

1個760円(税込)です。お求めは、パラボやレストランエフロードなどで販売しているそうです。みなさんもぜひご賞味ください。

写真は「ジョナゴールドと紅玉のコンフィチュール」。金文字のラベルがとてもおしゃれになりました

, , , , , , ,

りんごの美味しい季節です。

天気がよかったので、篠根果樹園(北見市昭和213番地)さんにりんごを買いに行ってきました。

道道7号線を常呂方向に向かい、右に入ってしばらくすると果樹園があります。

篠根果樹園さんは、除草剤を使わず有機肥料を主体にりんごを育てているそうです。これも冷涼なオホーツクならではなのではないでしょうか。

ここでは昔懐かしい「旭」も栽培されています。もうほとんど作る農家さんもいなくなってしまったそうです。

このりんご、英名を「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」といいますが、あのアップルのパソコンの名前もここから来ているんですよ。アップルで新しいパソコン事業部を立ち上げた人が自分の好きなりんごの名前をつけたのが始まりだそうです(スティーブ・ジョブスではありません)。

篠根果樹園さんでは、この「旭」を使った「旭りんごのシードル」を発売したところ、国際品評会「ジャパン・シードル・アワード」のテイスティング部門で、日本勢最高の二つ星を獲得しました。あわせて、ボトルもグッドデザイン賞に輝いたそうです。

残念ながら、りんご狩りはもう終わったそうですが、りんごの販売は11月中は続いているようです。午前8時30分から、平日は午後1時まで、土日祝は午後3時30分まで直売店は開いているそうですので、おでかけになってはいかがでしょうか。

篠根果樹園 北見市昭和213番地 TEL & FAX : 0157-25-5502

収穫時期を迎えた「ジョナゴールド」

, , , , , ,