Posts Tagged 網走

Making of “So” (蘇を作ってみた)

毎日、心配になるニュースばかりで気がめいりますね~。

でも、この時期にできることがあればなんでもやらなければなりません。

とは言っても、なかなかできることは限られるのですが、最近、学校給食がないので牛乳が余り気味で困っているそうですが、牛乳消費支援の意味で、SNSて“蘇”作りが流行っているというのを聞きました。

“蘇”というのは昔から気になっていたのですが、奈良から平安時代まで作られていたという、幻の珍味で牛乳を煮詰めることでできるものです。その先には“醍醐”味で有名な醍醐ができるようなのですが、残念ながらそのレシピは残っていません。

煮詰めるくらいなら簡単そうなので、蘇作り、チャレンジしてみました。

まず、牛乳を二リッター買ってきました。もちろんオホーツク網走牛乳。

“蘇”に使うのはもちろん「オホーツク網走牛乳」。成分無調整、低温殺菌なので加熱はもったいない気がしましたが・・・

鍋に入れて、煮立たせないように火をかけ、ひたすらかき混ぜます。牛乳の膜ができないよう、一生懸命かき混ぜました。

さあ!これから煮詰めます。2リットルは結構量があります

でもレシピを読むと最低2時間はかかるみたいです。一応覚悟はしていましたが、1時間を超えても何も変化は起こりません。これはだめかな~とくじけそうになりました。

それでもかき混ぜ続けていると、1時間半が過ぎたくらいからなんとなく手ごたえが!!

1時間をはるかに超えてようやくここまで粘りが出てきました

少しずつ固まってきて、最後にはカッテージチーズのようになりました。食べてみるとほんのり甘い! とても上品な味の、まさにカッテージチーズでした。

ようやくできた“蘇”。2リットルからやっと100g程度でしょうか

その味わいから、ピンと来たのでこれを生クリームの代わりにホワイトシチューに入れてみたら、とってもクリーミーで甘いシチューになりました。まだ余っているので、ポークチャップとか隠し味的な調味料としていろいろ活用しています。長い時間、鍋の前にいた苦労は報われた感じですが、昔の人は今では考えられないくらいの手間ひまをかけていたんですね~。

牛乳も大量に消費できますし、お時間がある方はぜひお試しあれ。

, , ,

オーロラ号、初体験!

急に雪が降ったり、いきなり寒くなったり。みなさん、体調に気をつけてくださいね。

厳寒焼肉が終わって、ほっとする間もなく、仕事で釧路に行ってきました。

その際、釧網線に乗ってみよう、と目論んだのですが、その話は後に回すとして、流氷砕氷船「オーロラ号」に乗ったこともなかったので、釧路行きが決まってすぐ、ネットで予約を入れてみました。

昨年はすぐに予約がいっぱいになって乗ることができなかったのですが、今年は不謹慎ながらコロナウイルスの件もあるのでもしや、と思ったら簡単に予約が取れてしまいました。

しかし、まだ流氷がいつ来るかどうかわからない時期でしたが、偶然、網走の着岸日ぴったりの昨日11日に乗船することができました。

中国人観光客が減少していると言っていましたが、台湾から来た方なのか中国語が行き交っていましたが、日本人観光客も結構乗っていました。

ちょうど着岸したばかりなので、港を出ればすぐ流氷原に到達します。まるで地平線が見える雪原を大きなバスで進む感覚で本当に絶景が広がっていました。

また、オーロラ号は二隻が同時に運航するので、すれ違う瞬間が何度かあるのですが、砕氷船の進む感じが客観的にわかってこれも醍醐味だな、と思いました。

いやー、オホーツクの冬っていいですね。いい体験をすることができました。ちなみに今日(12日)の北海道新聞にオーロラ号をヘリで撮影した写真が使われていましたが、この船に乗っていたんですよ。

どこまでも広がる雪原のような流氷群。北海道が大陸の一部になる感じでしょうか

 

すれ違うオーロラⅡ号。どうやって船が進んでいるのかがよくわかります

オーロラ号には、かもめさんたちが遊びに来てくれました

, , ,

網走・北浜駅旅情。

最近、オホーツクの各地に行っています。

先日は網走・北浜駅に行ってきました。これも恥ずかしながら初めてです。

国道244号線を網走から小清水町へ向かう途中、駅がありました。

海に一番近い駅、釧網線・北浜駅。右脇の丸型ポストもレトロですね

流氷時期などシーズンは込み合うそうですが、平日だったこともあってか、あまり多くはありませんでしたが、それでも何組かの観光客がいました。

海に面したホームから知床連山が望めます

ホームに出ると、ホントに海のそばです。流氷シーズンには、流氷がすぐそばで見ることができるので観光スポットとして最高なのがよく分かります。

この日は残念ながら曇っていましたが、晴れた日は知床連山が一望できてきれいなんでしょうね~。

古い車両の座席を利用した瀟洒(しょうしゃ)な「停車場」の店内

もちろん、お目当ては駅にあるレストラン「停車場」です。昔の列車の座席に座って海を眺めるごはんは最高ですね。この日は、おすすめのポークチャップにしましたが、とてもおいしかったです。昼時は作業着の人も結構来て、普通においしいランチの店といった感じでした。

こんな素敵なスポットですが、残念なのは列車の本数が少ないことですね。駅なんだから車で行くというのはどうかと思います。存廃の論議がかまびすしいですが、素晴らしい景観を走る、またとない線路ですから、うまく活用してほしいと思います。

, , , , , ,